スケベエッセイ 1

 いにしえの名文
 いにしえの名文を愛撫していただきたく、是非音読されるようおねがいします。

 交接は百代の佳境にしてイク女人は皆菩薩也。金津園に生涯をうかべ、女の口すひて老をむかふる者は日々交接して交接を栖(すみか)とす。古人も多く交接によがるあり。予もいづれの年よりか片雲の風にさそはれて、女体の思ひやまず〜
……奥の細道より
 今は昔クリ舐めの翁といふ者ありけり。多くの女人と交じりて、クリを舐めつつよろづの快楽をうむとなむいひける。
 そのクリを舐めしとき、そのしたの溝よりみすぢの汁が垂れることありけり。翁、いぶかしがりて寄りてなむるに、いとあやしきかほりなりけり。
……竹取物語より
 イク女の愛液の流れは絶えずして、しかもただの細胞内水分にあらず。よどみになる膣内老廃物は女の亢奮とともににおひ増して、久しくとどまることなし。
……方丈記より
 つれづれなるままに、日中からソープに入りて、目の前の豆をそこはかとなく舐めぬれば、怪しうこそ物狂ほしけれ。
……徒然草より
 いづれの御時にか、ソープランドに、顔出し女、非顔出し女あまたおりたまひけるなかに、いと美しきお顔にはあらぬが、すぐれていろめきたまふありけり。
 はじめより我はと思ひ上がりたまへる御方がた、めざましきものにおとしめ嫉みたまふ。月に一度のミーティングのたびに、指名の多きこと怪しむとぞいふ。なまにてさせたまひしやと、怪しみいぶかしきことといひたてられて、いとはしたなきこと多かりき。
……源氏物語より
 あゝハメびとよ、君を泣く  君イキたまふことなかれ
 エロに生れし君なれば    親にエロさはまさりしも
 親はチンコを濡れさせて   女にハメろとをしへしや
 まんこを舐めてイカせよと  大人になるまでそだてしや

 名古屋の街のサラリーマン  1男1女のおやじにて
 良妻持ちし君なれば     君ナメたまふことなかれ
 金津の道の広がりて     店うせるとも、何事ぞ
 君は知らじな、ハメびとの  未来に望みなかりけり

 Mの字割りて伏して吸う   あえかに喘ぐ娼婦とて
 女にちがひはなけれども   君わするるや、人の言ふ
 娼婦のまんこはきたないぞ  公衆便器と思ひみよ
 この世ひとりの君ならで   浪費癖はいかんぞよ
 君ハメたまふことなかれ
……与謝野晶子のあの詩より
 濡らしまんこを突きだして  をとめのごとき君なりき
 濡らしまんこに指入れて   わらべのごときわれなりき
 わらべとをとめよりそひぬ  ただ相舐めのひとときを
 うれしくふたり巴取り    かひなきことをただ夢み
 割れ目のなかに出る液は   ありやなしやとただほのか
 金津のこひのはかなさは   濡らしマンコの火なりけむ
……佐藤春夫殉情詩集 「海べの戀」より
 なせばなる  なさねばならぬ何事も  ならぬは人の なさぬなりけり
 舐めればイク イカせねばならぬ何人も イカぬは人の 舐めぬなりけり
……上杉鷹山だがや
 鈍感力と鋭敏力
 テレビを見ていたら、作家の渡辺淳一が野際陽子にふるさとを案内しながら鈍感力の必要なことを語っていました。男が女を攻略するに当たって鈍感力は確かに必要です。
 でも、私は鈍感力がなくて鋭敏力ばかりです。鈍感力がないから、失敗を恐れて、女性にモーションかけることができない。そのかわり鋭敏力があるから、女性が私にドーンと関心を寄せているのかどうかがよくわかります。
 鈍感力のある人が、嬢と対面して早々に「アナルの即舐めをやって」とか「アナルセックスがしたいな」とか、どの嬢にもねだっていたら、顰蹙を買うだけで、成功率は極めて低いと思います。
 何と初対面で、嬢に「アナルの即舐めをやれ」とか「アナルセックスをやらせろよ」とか「写真、撮らせていよ」とか「キミとは相性ぴったりだ。ご馳走するから外で会おうよ」などと求める横着な客もいるんですねえ。ひどいものです。
 鋭敏力のある男性のほうが、女性が協力してあげようという気になる確率が高いです。相手の感情を読み取って嬢にこういうことをおねだりするから、成功率が高いのです。
 私は何事にも成功率重視の考え方です。低い成功率に立脚した成功なんてちっとも美しくありません。短い性交時間に立脚した性交と同じです。それで、多回数射精するとなると、マンコをオナニーグッズとして利用しただけで、女性には惨劇というものです。
 鈍感力のある男性は嬢と“格別なエロ行為”が果たせたとしたら、それは、嬢が『しかたなく』やらせるケース・根負けして応じることが多くなると思います。
 それに対して、鋭敏力のある男性が嬢と“格別なエロ行為”が果たせた場合というのは、嬢が喜んですることが多くなるでしょう。その違いは大きいです。
 私自身、鈍感力のある男というのは昔から嫌いで、鋭敏力のある男に好感が持てます。
 渡辺淳一氏が『鈍感力』という本を書いているというのは最近知りました。
 中身は全く読んだことがないけれど、氏は作家だから恐らく鋭敏力のかたまりで、その上で───女性に対してぬけぬけしゃーしゃーで当たれば上手くいく───ということを説いているのかなと思っています。
 女のおしっこを見たい方に
 女のおしっこを見たい方はたくさんいると思います。
 でも、たとえばソープ遊びで、これを鑑賞するのは相当に難しいことです。次の条件がいくつか重ならないと無理でしょう。
(1) 言い出す人が、中高年で、ソープ嬢が安心してバカがやれること。
(2) 言い出す人の助平さに、ソープ嬢が共感すること。
(3) ソープ嬢が男に親密感を抱いていること。
(4) おしっこ鑑賞させた男がそこら中で言いふらすことはないだろう、と女が認識すること。
(5) そのとき、女がおしっこをためていること。
(6) 女が、男の通った頻度に感謝の気持ちを持っていること。
(7) ダブルやトリプルの時間で入って、和気藹々で部屋を出にくいムードになっていること。
 これは喩えて言うなら、ソープ嬢がベッドに寝たとたんに、明るい部屋で両足を思いっきりM字型にさせて、そこで貴方が、いきなりアナルをねぶるようなことをして、その女がキャッキャッと嬌声を上げる、こんな関係になっていないと、女のおしっこを見ることはなかなか難しいと思います。
 ところが、ヘルスやソープで遊ぶ人のかなり多くが、ご自分が先にベッドに寝て、それでご奉仕を受けるという手順ではないかと想像します。それでは、心理的におしっこショーには遠いです。
 陽性助平であることが必要です。大体が、女はおしっこを排出した上で仕事にかかりますからね。
 で、こういう条件にまるで該当しない人が、エロビデオとか、ネットのおしっこ画像とかを見たり、良性記を読んだりして、「おれも、女のおしっこ、見るぞ!」なんて願望します。
 でも、成就のための条件を何もセットせずに下手な言い方で頼んで、女に嫌われているシーンが大変多いようです。「初対面で『おしっこ、して〜ぇ』なんて、こいつ、たわけか〜ぁと思ったわ」という報告を私はよく聞きます。バカですねえ。
 それと、2ちゃんねるの吉原関係を見ていて気がついたのですが、ダブルトリプルで入浴する人は、やはり女の放尿を見学する人が多いようです。そういう人は、リピートで通っていて、相方から好感を抱かれているものですからねえ。
 面白い遊びというのは、リピート通いでないとなかなか形成されませんですよ。傾城相手ではね。
 考えてみれば、3時間以上男と一室にいて尿意を感じた時、相手が多少の好感を感ずるような男であれば、おしっこするところを見せてあげようかとちらっとも思わない女性は、変です。おまんφを見せつけ、ペニスを挿入させるお仕事をしながら、あまりにもエロ精神がなさすぎます。
 さて、ソープ嬢と仲良くなって、放尿ショーを実演いただけることになったら、とにかくいろんなポーズでやっていただくように工夫してください。
 仰向け、四つん這い、片足上げの立位、高い位置での蹲踞(和式トイレのウンコスタイル)、いずれにしても明かりが当たっていることが大切です。
 私が一番好きなのは、完全に抱き合って、キスしながら、二人が同時に放尿することです。互いに腰の角度を変えるようにして、相手の股間に小便をぶっかけるのが愉しいです。勿論相互飲尿も好きです。
 あと、そういうことが絶対に嫌な女もいます。相手の性格を見通して自分の言動を考えなければ、嫌われるだけです。客の放尿をニコニコ眺めてくれる女でないと、放尿ショーを頼み込むものではありません。
 私も、会った女に万遍なく頼んでいるのではありません。

 さて、先にソープ嬢の放尿を見るための七つの条件を書きましたが、他に重要な必須要件があります。
 それは、男が女の前で放尿を見せておくことが必要です。男がこれをやらない限り、女はそんな“ふしだらな”ことができるはずがありません。
 ところが、買春行為のような剛胆?なことをする男でも、とにかくつまらない客が多くて、このシーンがあんまりないのです。
 ソープで対面中に客が尿意を催したことを表明したとします。で、ソープ嬢が「ここでしたら?」と言ったとします。すると、驚いて“ふしだらさ”を咎める人がいます。
 そうなると、女は「ここでしたら?」という言葉を発したことを悔やみ、もう女としての正常な感覚を失っていると思われてしまったのかとすっかり恥ずかしくなります。
 その後はもう、どの客がおしっこをしたいと申し出ても、トイレに導きたくなります。
 あるソープ嬢に聞いたら、対面中におしっこがしたくなった客に対しては、一応はトイレでの排出をお願いしていて、すると、男の9割は正規の場所でおしっこを出すそうです。
 男がトイレでおしっこをしている限り、女が股を開いておしっこをする麗しい光景は見ることができません。
 女に「トイレでしてきてね」と言われない関係にならなければ、聖水ショーも見分できないし、エロさたっぷりの親密関係も築けません。作り込んだようなよそ行きのトークばかりで、柄の悪い口調が全く出てこないというのでは、女の示す親密さはうわべのものであり、おしっこぶっちゃけには至りません。
 女の放水ショーは見るもまばゆいものなんですが、そのことにそれほど値打ちがあるわけではなく、そこまでふざけ合える関係というものに無上の価値があります。
 女のおしっこ
 女のおしっこは男には大変興味深いテーマだから、前項とソープ嬢の演出おしっこショーでこれについて考察しています。
 ここでは、女のおしっこの散らかしについて考えます。
 女性の尿道は男性の尿道よりも広いから、おしっこの水流が太いです。女性の尿道口は結構開いているから、おしっこは体外に排出されたとたんに、左右の尻たぶや肛門の後にまで散らかることがあります。
 それだけではありません。尿道が男性のものよりもかなり短いから、充分貯めている時にはバシャッという感じでおしっこを放ちます。
 そして、女性の尿道口は、男性のように伸びた肉筒の先になくて窪地に鎮座しているだけでなく、出口が綺麗な形をしていないことが多いです。
 豊満な外陰部の脂肪層に包まれて、また、出口の秘肉が部分的に盛り上がり、その尿道口がひしゃげていたり、派手にラッパ状になっていたりします。素敵ないびつさがあっておしっこが拡散しやすいだけでなく、更に、その尿道口を含む割れ目全体を小陰唇が覆って、放水の邪魔をします。
 小陰唇が充分に突き出していてその形に張りがあれば、女性がウンコ座りをすると、おしっこは存外直線的に出ます。二つの扉が揃って垂れ下がっていますからね。
 しかし、そうではないとき、たとえば両扉がくっついていたり、扉が小さかったりすると、尿道口を飛び出た女性のおしっこは、本来向かうべきところにはちっとも向かわず、まことに野放図な道草をします。
 特に水圧がかかっていない初期と勢いが落ちた終末段階では、ラビアの垂れ下がりの有無にかかわらず、女性のおしっこはとんでもない方向へ伝い狂うことがあります。おしっこがあのきれいで弾力のある見事な尻たぶを伝い、ぐるりと周回したりして、見事に美肌を濡らします。そして、和式便器の所定の窪みに尿が必ずしも落下しません。
 トイレの盗撮ビデオを見れば、便器も自分の体も自由奔放にいろんなところを濡らしまくる女のおしっこには驚きます。尿検査のために紙コップに尿を取る時、女性は一体どれくらい紙コップの濡らさなくてもよいところを濡らしまくるのか、研究があっても良いと思います。

 男性は皮被りのペニスでない限り、小便を必ず目的地点に一直線に飛ばします(実は……という問題がありますがそれは後で)。チンコをつまむ指先を濡らしたり自分の太腿や尻たぶを濡らすことが滅多にありません。
 もし、そのようなことが起きれば、男性はとんでもない大事件が起きたという気分になります。自分のおしっこでも不潔感に襲われます。驚愕の失敗をしたとあわてる人もいると思います。
 ところが、女性は勝手な方向へおしっこが飛ぶことになれていて、自分のおしっこが自分の美肌につくことをちっとも厭いません。もし、おしっこが性器以外の肌のどこかについても、一拭きで済ますか、ぬぐいもしないか、のどちらかです。
 後始末は極めていい加減なもんです。どんな美女でもね。
 あの魅力的な女のパンティ。クロッチの部分だけでなく、白いぷよぷよの尻たぶに接する部分でも、結構おしっこがついていることがあります。(こういうのは男には驚愕の大事件勃発になるのですがね)
 そこを認識すれば、自分のおしっこが体につくことを激しく異常事態視する男性から見たら、女性の股ぐらと尻たぶと陰毛は驚愕の汚さなんです。
 どんな美女でも尿道口から30cm以内の距離の肌も体毛もおしっこだらけ。まさしくおしっこまみれ。
 しかも、尿道口のすぐ隣には膣口というものがあって、ここからは下り物が出てきます。これでダブルパンチです。
 まんこがくさいのは、ひとえにこの事実に尽きます。
 よって、女性は、おしっこプレイについては男性ほど違和感がありません。おしっこをするところを他人に見られたくないなら子供を産めません。
 そもそも、おしっこを毛嫌いしているようでは、子育てができません。襁褓の赤子はおしっことウンコのかたまりです。
 というわけで、あの摩訶不思議な尿道口を真剣に見つめる癖を男性はつけたいものだと思います。私は、ソープ嬢にチンコを嵌める時、ソープ嬢がオナニーショーをする時、ソープ嬢が放尿ショーをする時、必ず正面から尿道口を拝観します。
 女性をおしっこプレイに誘うことについても遠慮は不要なんです。女は、おしっこまみれ、下り物まみれの生き物なんです。

 女のおしっこについて大変失礼なことを書いた以上は、男のおしっこについても論述しておきます。
 2006年3月にテレビ東京の『所さんの 学校では教えてくれないそこんトコロ!』を見ていたら、男性の洋式トイレ、小でも座ってしなければいけないの?という問題提起がありました。
 何のことかと思ったら、家庭の便器は大小兼用の洋式便器(腰かけ式)が多いのだけれど、これを使って男がおしっこをする場合に「座ってするのか?」という質問です。
 私は──エッ、座っておしっこをする男なんているの?──と思ったけれど、世の奥様族から言わせれば、立っておしっこをするのがブーイングなんですね。
番組が調査した結果、洋式トイレで小を座ってする男性は、なんと約24%! トイレが汚れるから、というのがその理由らしいということで検証したところ、実は男性の尿はトルネード状に出ていることが判明!トイレの周りや床に、予想外に多くしぶきを飛ばしていたのだ!
 同番組のサイトにこのようにまとめてありました。約24%というのはTOTOの調査です。
 で、TOTOの説明によれば「男の尿道の断面は円形でなく縦に伸びた形をしていて、おしっこがトルネード状に出るから、かなり広範囲に飛び散る」ということです。
 私はそれも重要な要素だろうけれど、おしっこの出口を包皮で覆ったまま放つ人が多くて、それでおしっこが飛び散るのではないかと思っています。どう考えても、こちらのほうが放水に影響が大きいです。
 それにしても約24%の男性が座っておしっこをすることに驚きました。
 私は「(老人的に)おしっこにまるで勢いがない」ことと「足が短い」こと(着水までの距離が短い)、そして、「いつもズル剥け状態で放つとともに、一歩前進を心がけている」ことからから、座って小便をする必要がないと思っています。
 その番組を見てから、私は洋式便器で小用をした後、便座の縁に小便がかかっていないのかを必ずチェックするようになりました。万一滴を落としたら拭き取ります。
 私の息子が同居していた頃洋式便器の縁によく滴を落としていました。皮を被ったまま小便を放ってはいないのかと気になります。
 エロい女
 エロい女というのは、エロい男から見ればじゃれ合うにおいてとっても楽しいです。
 女性が羞恥心でがんじがらめになっていてはセックスを楽しく進行させることができません。女性が性行為において、好奇心を拡大し、羞恥心を消して、快感を求めて能動的に動作すれば、男はセックスを楽しく進められるし、これはもう必ずと言っていいほど『エロい女』に昇格します。
 エロい女の基準点をぐーんと甘く考えれば、ソープ嬢なんていうのはその9割が、また、ヘルス嬢はその8割が『エロい女』ではないでしょうか。(あくまで、嬢をのせることが巧みな客からの視点ですよ!)
 彼女たちは一見の客とか若い客には完全に本性を隠して、慎ましやかに振る舞いもし、逆に、客から一切よけいなことをされないように誘導的に出たりもします。『エロい女』の判定以前に仕事として意図的に攻勢的に振る舞います。
 リピートの客にしようと思えば仕事として射精支援行為に頑張るけれど、しかし、状況が整えば彼女たちは気持ちの上でも性的意欲をかき立てて、『エロい女』に変わることは間違いないです。よく遊んでいるソープの客もソープ嬢にはエロさを求める男性が多いと思います。
 射精支援に頑張る女が『エロい女』というのではありません。仕事をマジメに遂行すればするほどエロさとは離れることがあります。心がエロいかどうかです。
 ネットを見ていると、ソープ嬢が単に射精支援に奮闘的に努めているのを「××はエロい女だ」と書いているケースばかりですね。心が絡み合った上でエロい行為に没頭できた場合というのは、男がネットに嬢の名前つきで書き込まないでしょう。
 ソープ愛好家が求めるエロい女の代表的なものは、ネットの書き込みを見ていると、これから個室に入ろうとする廊下や階段やエレベーターの中などで、ズボンのチャックを開けてペニスを咥えり、そのまま合体に誘ったりするような女ですね。
 でも、私はこの考えには賛同できません。何故かというと、ソープ嬢が客とする限りにおいてそれはかなり演技・演出だと思われるからです。
 本当にエロいことが好きならば、女はたとえ風俗の仕事をしていても、心おきなく安心してエロに専念できる場所でエロいことをするものです。専念しておれば、エロい言葉もそんなには出しません。
 店の廊下で「私、これを待っていたのよ」と取り出したペニスに話しかけはしません。「私、今これが欲しいの!」と言えば演出です。
 このケースで本当にエロい女は、露出癖がある場合ですね。ならば、店の仲間に見られるのを期待して、廊下でいちゃつきたがるのが理解できます。(でも、こんな接客を許す店なんて金津園にはないでしょう。警察に睨まれます)
 後は次のようなプレイです。
即アナル舐めをする。ベッドルームから浴室に行く時に勃起チンポを握ってそのまま引っ張るようにして、助平椅子までペニスを握ったまま案内する。マットプレイから、互いにローションにまみれたままベッドプレイに持ち込む。69の体勢で、上になった女が腰を浮かせて、指でオナニーしながらフェラチオする。ペニス型バイブを取り出して遊ぶ。精液を口で受けて飲んでしまう。
 即アナル舐めについては、女が男にそんなことをしてご本人が亢奮するわけがない。これも100%演技・演出です。
 仮に、アナルをある程度くさくしておいて、それでもって女が楽しそうににおいを嗅ぎ、いかにも強く舐め、陰裂を濡らしているのであれば、これはもう正真正銘の「エロい女」と認定します。このケースは、嬢が常連客の男からエロいことをされてそれが楽しめる場合にあり得ます。
 私はこれをもうかなりの数の金津嬢で実現しています。
 どうしてここまでできてしまうのだろう!と私自身不思議でなりません。
 嬢のほうがただ一方的にエロいことをするなんていうのは基本的にはあり得ません。(月に8本の指名をかければ、上述の見せかけの「エロい女」の行為が、客の持ちかけ方によっては引き出せます)
 そのように考えれば、作られたエロに感激している人は多そうです。作られたエロにも出会えない人よりは幸せですが。
 私がエロい女を定義すれば、(女がその気になって)次のような行為ができることです。
(1) これからまさに嵌めようとする瞬間や、まさにクンニリングスを受けようとする瞬間以外の状況で、
  かつ、部屋の明かりが最強の状況で、M字開脚をする。
(2) 男の前で割れ目を開きながらおしっこをする。(尿道口まで見せるのが前提)
(3) 長時間手こきをし、そのやり方が、手のひらでカリをさする方法で、しかも、楽しそうに指を動かし、
  かつ、大変堂々と唾の補給をしたり、男のよがり顔を眺めたりする。
(4) アナルとバギナの両方にそれぞれ指の挿入をさせる(二本刺し)。
(5) 中出しの精液が垂れるところを観賞させる。
(6) エロ話に楽しんでつきあえる。
(7) オナニーが大好きでよくやっている。お喋りしながら、相互ヘビーペッティングをする。
(8) 性器愛撫やペニスピストンに快感反応が濃厚である。
(9) マルチオーガズムの体質を如実に披露する。
 全部に該当する必要はありませんがね。でも、(1)や(7)や(8)は必須でしょう。(7)の自宅でするオナニーだけでなく、職場の客の前でオナニーして気をやってしまうなんていうのは最高です。
 また、エロい女にはイキ方が深い女性が多いです。(女が男に惚れていればやりたくなる動作が多いことに注目してほしい)
 エロいソープ嬢は、同じ店のエロい女を話題にするのが好きな傾向があります。恥毛をかなり控え目にする傾向があります。性格は陽性タイプが多いような感じです。そして、仲間のソープ嬢には「エロい女だ」と認識されています。
 なお、ペニスがバギナに突入する状況での発言──欲しいの、早く嵌めて、硬いのを頂戴、すぐ来て、太いわ、硬いわ──この手の言葉は「エロい女」の証明にはなりません。95%は商売上の演出です。
 私はたくさんの「エロい女」に逢い、充分エロさを引き出していますが、皆こういう段階では無言で行為に浸っています。喘ぎ声があるのみ。
 風俗嬢が主語(省略あり)、述語の構成の言葉を発すれば、男の気分を高めるために計算尽くで意識してひねり出されたものです。(素人の女性でも性交経験をそれなりに積んでいる場合は全く同様です)
 エロい男が大勢いるのと同様に、風俗嬢にはエロい女がたくさんいます。しかし、そのエロさを客にまともに見せることはそんなに多くはありません。女をのせるのが上手で、かつ、エロさが輝いている男というのがそんなにたくさんはいませんから。
 一番肝心なことは、自分にだけ特にエロさを発揮してくれること、これです。
 多くのソープフアンが「エロい女」に出会うことを願望しますが、断じて、初めにエロい女ありきではありません。心からの親密さが人を本能通りに振る舞うことを許すのです。
 男がまともな人柄・容姿であれば、どんなに堅そうな素人の女でも、親近さ・誘導・快感の三つを揃えることによってエロさを引き出せます。大学で教鞭を執っている女性だって、40歳を超えてもオナニーしているのはいるんです。
 男は、女の本来のエロさを引き出してやろう、というしっかりした意気込みと技術と見事なチンボの勃起が必要です。
 エロマンコ
 前項の「エロい女」に挙げた条件を全く満たさなくても『エロマンコ』の持ち主であれば「エロい女だ」と思う男性もいると思います。
 ネットでは『エロマンコ』という素晴らしい言葉をよく見かけますが、これは一体どういう意味で使われているのでしょうか。
 多分男をエロい気分にさせる女性器という意味で使われているのではないかと私は思います。それはマンコの機能的な意味で言っているとしたら、上手に執着心を持ってマンコを愛撫して欲情ギラギラのマンコに導ける男性がそんなに多くないからには、これは疑問です。
 ということは、これはきっとマンコの外観から来るものなのでしょう。マンコの外観を見て、男が「エロい」と感ずるのはかなり個人的なことです。外観がエロなマンコとはどういうもので、それはどれくらいの分布率なのか、というような研究があると良いですねえ。
 しかし、そんなものはエロ文献を多数眺めている私でも見たことがないから、私の経験をもとに書けるだけ書いてみましょう。
 私が外観から「特別にエロい」と感ずる女性器は次です。
(1) 多毛でないこと。
 パイパンであれば当然エロマンコの栄誉を得る可能性がぐーんと高くなります。
 とにかく毛もじゃであれば、何がどうなっているのかわからないからエロさからは離れていきます。
 多毛でも、マン毛が細くてストレートに揃っているとか、綺麗に均一にカールしているとかの特徴があると、エロマンコに近づきます。
(2) 並以上のサイズであること。
 陰裂の長さが例えば5cm以下の小さいものですと、卑猥さがかなり消されてしまいます。
 たとえパイパンにしてあってもエロマンコにはなりにくいです。
(3) 小陰唇の形に特徴があること。
 上下に長い。突出が見事(前後に長い)。肉厚。極薄。薄手で扇状(高低差がある)
 綺麗なナイフエッジ。先端にねじれ。奇妙に先太。激しく左右非対称。素晴らしいほど左右対称。
 見事に色黒。色白。皺だらけ。醜く垂れている。張りよくピーンと突き出ている。
 小陰唇下部(会陰側)がつながっていて、Uの字の堤を作っている。……
 小陰唇が大陰唇の裂け目に隠れて全く目立たないとなると、私はエロマンコとは思いません。
(4) 陰核茎部に特徴があること。
 長い。太い。突出が見事。張り方がしっかりしている。(クリトリスの根元の形状についてです)
 陰核が露出している。陰核包皮が拡がった形をしている(包皮が肉厚)
 クリトリスを正面から見た時の直径がデカい。クリトリスを上から見た時に長い。……
(5) 色彩に特徴があること。
 黒い。赤黒い。着色薄し。陰部の色の変化が激しい。まだら模様。……
(6) 形に特徴があること。
 陰裂の内側がベローンと露出しやすい。尿道口がパカッと大きい。膣口がグニャッと変形。
 膣口が美的にヌルッと真円形。舟形の窪みが複雑怪奇なまでにゴチョゴチョしている。
 陰核茎部の下部と小陰唇の上部の接続が二重三重の襞になっている。──マン滓がたまりやすそう
 陰核茎部下端から小陰唇が伸びているのが明確になっている。──の形がくっきり
 膣の直径がしっかりあって中が見渡せる。処女膜の残骸が目立つ。
 全体に著しくふっくらした感じになっている。大陰唇が皺だらけになっている。
 陰阜のところが鋭角的に角張っていて、恥骨がペニスを押さえつける。……
 以上のいくつかに該当すればエロマンコです。サイズが大きくて、M字開脚して小陰唇を開けた時、指を放してもその割れ目が開きっ放しになっているようなのは視覚的に完璧にエロマンコになります。
 しかし、この視点からのエロマンコというのは、私の風俗遊びの経験ではそんなにたくさん出くわしているわけではありません。やはり平凡でおとなしい形のものが多いです。
 対戦したことのないマンコですと外観だけで判断せざるを得ないですが、一戦を交えたことのあるマンコでしたら外観以外のことも判定要素になります。
(1) イキマンコであること。
  対戦した時にイッてくれないと、どうしてもエロマンコの美称は差し上げにくいです。
(2) 濡れやすいこと。
  感じてくれるのがエロマンコです。
(3) 愛撫中に果てしなく汁を流すこと。
  女性に果てしなく汁を流させたことのある男だけがこれを理解できます。
(4) 硬くなるのがよくわかるクリトリスであること。
  これはもうペッティング好きな男が亢奮します。
(4) マンコの持ち主が大股開きをよくすること。
  恥ずかしい……の硬い態度に終始されたらもうエロマンコには該当しません。
(5) 匂いに特徴があること。
  無味無臭ではちょっと価値が薄れます。
(6) 次が伴えばエロマンコと称えやすくなります。
  扉を開くと閉じるのに時間を要する。快感で極まると腰や下肢が痙攣し、マンコの風情が良い。
  マンコの持ち主が、舟形の窪みを露出して放尿拝観させるような性格である。
  愛液が濃厚・粘性大である。バギナが襞に富んでいる。バギナの締め付けが良い。
  バギナがペニスに吸いつくように絡む。マン滓がついている。
  ペッティングしていると、扉が開き、舟形の窪みの底が盛り上がり放しになって、滴で光る。……
 以上のいくつかに該当すればエロマンコです。
 エロマンコって本当に素晴らしいです。開いた陰裂を形容して、「ザクロのようだった」と言うことがありますが、これはエロマンコの筆頭ですね。20代の女性ではなかなかお目にかかることはありませんが。
 機能的にエロマンコというのはセックスをしなければわからないけれど、外観的にエロマンコというのは写真や映像を見ただけでわかります。
 これで私が思うのは、エロビデオに出ている女優には「外観的にエロマンコ」の存在率がかなり高いということです。これにはあきれます。
 私は金津園や名古屋のヘルスでたくさんの女性器を見ているけれど、ごく普通のおとなしい形をしているのが多くて、「外観的にエロマンコ」の存在率はAV女優に圧倒的に負けます。
 エロマンコ形状の女性は、自分の局部が他の女性よりもイヤらしい形をしていることが誘因となって、子供の頃からオナニー経験が豊富になり、セックスへの想いをかきたて、その結果『助平な女』に育っていく傾向があると思います。それで、AV女優にはマンコの形がエロいのが多くなるのではないでしょうか。
 これは、ソープ嬢よりもAV女優のほうが根っからの助平が多いという持論に基づきます。
 長谷川京子や東ちづるや川島なお美などは「外観的に非エロマンコ」ではなかろうかと想像します。
 エロチンコという言葉を女性は使いませんが、ソープ嬢の話を聞いていると、この単語を使わなくてもそういう概念は間違いなくあります。
 女性はやっぱり形の良いペニスが好きなようです。カリがしっかり露出し、エラが張って、すっきり伸びた陰茎です。そして、チン汁を流すとか、勃起時と非勃起時のサイズ等変化が激しいこととか、角度がきちんとつくとかですね。
 参考:AV女優のエロマンコの吟味

次へ  『えろえろ考察』へ  トップページへ戻る
(千戸拾倍 著)
St herb ナノ ブレストクリーム