ルミガン通販
スケベエッセイ 2

 素晴らしい景色
 この世の中でもっとも素晴らしい景色は何かと考えました。
 山や海などの自然の景色や人の制作・建造物の見事な造形美も良いけれど、もっと身近なもので結構な景色はいくらでもあります。第1位から順に挙げます。
( 1) 昂揚してラビアが開いたまま私の中出し液が垂れている陰裂。
( 2) 私の要望に従って1日以上洗わずにおいて、ご本人が自ら指で開いたマンコ。下り物がたまっている。
( 3) 本気のオナニー中の、指踊りでラビアが歪んでいるマンコ。
( 4) 後ろの孔からウンコを出している最中のマンコ。
( 5) ご本人が自ら指で開いて、その中から小便が出ているマンコ。
( 6) アナルに私のペニスが入っている時の、寂しげなマンコ。
( 7) 私のペニスが入っているマンコ。
( 8) 私の中指がアナルに入り、人差し指がバギナに入っているマンコ。
( 9) クンニリングス後の、ダラダラに汁を出しているマンコ。
(10) クンニリングスなどせずにチンコピストンをやり尽くして、会陰まで濁り液が垂れているマンコ。
(11) 熱心に私のペニスをしゃぶっている女の口許。
(12) 会ってすぐに、私に3分間フェラチオしただけで濡れているマンコ。
(13) アナルにローターが入っている時のマンコ。
(14) 仰向けでM字開脚姿勢になって挿入やクンニリングスを待つ女の全身。
(15) 後背位の姿勢でペニスを待ち受ける女の尻と割れ目。
(16) クリトリスの指攻めに揺れる女の美しい足。
 こういう素晴らしい景色を堪能するために、私は金津園の店では部屋の明かりを最強にしてもらうし、差し支えさえなければ窓のブラインドを開けて外の陽光も入れます。
 素晴らしい景色を私に見せて嬉しがる嬢は必ず部屋を明るくすることに協力してくれます。
 昔の駄文
 2ちゃんねるでは存分にけなされながらも、良性記は2002年6月でアクセス数が15万件になりました。
 いろんな掲示板で千戸拾倍が話題になればなるほど、この名前と良性記の知名度が上がり、掲示板でしか自分の考えを述べられない未熟人間たちにもセックスにおけるクンニリングスの大切さが認識されるとなれば、私は大変結構なことだと思います。
 考えてみれば、あの金津園ワールド質問コーナーも、1年前は現在の投稿数の精々6割ぐらいだったような記憶です。ある意味では、私の投稿をきっかけにして、あちらもこちらもアクセス数が増えているのかもしれません。
 しかし、良性記は、エロさが全くなしに、たとえば堅い話だけでエッセイをまとめておれば、少々個性的な意見であっても、アクセス数は2千件にも達してはいないでしょう。だから、セックスをテーマにしたものというのは人が集まるものだとつくづく思います。
 さて、2ちゃんねるを訴えた人に、損害賠償として4百万円が認められたという判決が出たそうで、私は結構なことやと考えます。私も2百万円ぐらい請求しようかと思いますが、何しろ面倒なことがきらいで二の足を踏みますねえ。
 しかし、2ちゃんねるの制作者よりは、そこの金津園関係の掲示板に巣くう男たちの、尾張弁で言えば「どクソだわけ」ぶりには怒れてきますよ。どクソだわけというのは最高の罵倒の言葉で、私の亡父が時々発声しておりました。これは毒素だらけに通じますね。
 たわけというのは、小学校5年の時に担任の先生から説明を聞きました。
 たとえば男子が3人いる時に、狭い田を分割相続させて、次子と末子にも分けてやる行為をしておれば、いずれ家はつぶれるから、決して田を分けてはいけない。次子や末子は他家の養子になるか、長男の使用人になって人生を送ればいい。親の愛情を優先する田分けは、家をつぶす馬鹿な行為だ。
 そういう説明でした。
 江戸時代の、貧乏農家の次男坊以下は、嫁も取れずに、兄嫁が厠に行けば小便が落ちる音を耳を澄ませて聞いてその出口を妄想し、満月の日には兄嫁のファックをこっそり覗き、これを思い出してはセンズリをかいていたのですねえ。まるで2ちゃんねらーのようです。兄が急死して、その嫁をもらうことになれば、弟は妄想が現実化して、もう歓喜でしょう。
 私はオモロイ話と受けた屈辱はなかなか忘却しないという人間です。
 このところ2ちゃんねるに巣くう男の愚かしいところを熱心にぶっ叩いていますが、大勢の方からやんややんやの喝采のメールを頂いて、日本は捨てたものではないなぁと嬉しくなります。
 ああいう若者が自分の愚かな言動に早く気づくといいんですがねえ。
 とにかくあの連中は、仲間同士の私的な会話とインターネット上の投稿による会話とを同一視しているから良くないです。全国公開の欠席裁判にすぐになってしまう後者というものは、当然制約がたっぷりあると理解すべきですよ。これは言論の自由とは別の次元の問題です。
 それに、賀茂真淵という人を批判するときに、過藻麻縁と漢字を変えれば免責だとする根性がよろしくないです。真性包茎がサックを被せたって臭く感じるのと同じです。
 中田氏がやたら出てくるから、どういう重要な人物なんだろうと思っていたら、中出し願望なんだからいやになります。中出しとゴム出しの違いを云々できるほどのセックスをしておらず、そして、女に好感を抱かせる、人間の魅力というものが全く備わっていないのに、願望だけ一人前。で、多田万とか氏ねとか、もうそういう神経がイヤ。
 私はS戸に変身します。どう言い換えようと、公の場で特定の人を名指しで賞賛していることにはかわりありません。
 2ちゃんねるでアホロートルにけなされたら、これはもう賞賛です。馬鹿に理解ができないのだから、むちゃくちゃな馬鹿か、すごい傑物かどちらかです。なお、アホロートルを知らない人は是非ネットで検索してください。実物の写真が出てきます。幼形のまま成体になったおかしな生き物です。

 さて、一文字変えるとすごい言葉になるものがあります。千戸がS戸になるよりも華麗な変身です。
 柳生一族の陰謀〜「ぼ」を「も」に変えると、何せ一族だから、すごい量になりますねえ。
 抱負の乏しい女〜新入社員研修を打ち上げて、新人に抱負を語らせると、ろくすっぽ表現できないお嬢さんがいます。「ふ」を「ひ」に変えると、滓がたまりにくくていいですねえ。
 品格のいい女〜「ひ」を「い」に変えると、ラブプレイがとっても愉しくなります。
 仲立ちの成功事例〜「ち」を「し」に変えて、これが知りたい。
 匂いのあるお新香ほどおいしい〜「し」を「ま」に変えて、なるほど〜。
 幹部を集めて釘をさしておこう〜「か」を「い」に変えると、大量猟奇殺人です。
 言葉の遊びって面白いです。
「へんなおんなのこがせんろのうえでいんぶがかゆいのでまたをひろげてかいていました」
 これは、私が平成5年にWINDOWSパソコンを使いだしてから、漢字変換の変換力をチェックするときに入力するおふざけの言葉です。全部いっぺんに打ち込みます。これで、MS−IMEとATOKの変換センスをチェックします。
 貴社の記者は汽車で帰社した、なんていうのは出来すぎてつまらないです。
「言語の神聖より発し、言葉の高揚においてその頂点に達し、魂の叫びに終わる。これが真の雄弁であります」
 これは、大昔に弁論部という組織に入っていたときによく口ずさんでいた文句です。誰の言葉だったか憶えていませんが、尾崎顎堂だったかギリシャの哲人だったか。
「性愛の神聖より発し、淫汁の高揚においてその頂点に達し、肉体の叫びに終わる。これが真のアクメであります」とするとオモロイですね。
 通勤途中は、こんなバカなことでも考えていないと、人生がつまらないです。
 口臭について
 金津園ワールドを見ていると、ソープ嬢から客の口臭の話がよく出てきます。
 女の気持ちもわかるけれど、男というのは20歳を過ぎれば、殆ど誰でもが口臭を発散するから、私としては、我慢してほしいと思います。
 現実に職場で仲間と間近に喋れば、皆すごいにおいを出しています。規定整備、業務改善、意識改革、合理化、事業構造改革、人員削減、基本の実践、挨拶の励行、目標達成、経費事前伺出、残業カット、セクハラ禁止、PCの私的利用禁止、代金完全回収、官官接待禁止、自己研鑽の推進、倫理遵法、報・連・相……と、口やかましくて厳しい職場は皆そうなります。
 お役所なんかで働いている人は、皆あまり口臭がしないことでしょう。
 一方、金津園の女と会っていて、口臭を感じることがほとんどありません。手入れがいいのか、もともと若い女はそういうものなのか、たいして仕事がきつくないからなのか、よくわかりません。
 私は、若い女と会話とかFUCKとかしているとき、要するに顔が近接しているとき、よく女にこう言います。
「ねえ、ハァーして! 僕の顔に、君の素晴らしい息をかけて!」
 女の反応は、(1) 恥ずかしがって、やらない (2) 躊躇いながらも、実行する (3) 当然のように堂々と実行する の三つのケースです。
 大方の印象は、女は面白がっているということです。更に、芳香には素晴らしいものがありました。FUCK中の湿気を帯びた息は最高です。
 私はこうやって親密なプレイを愉しんでいるのに、ある時ガッカリしました。
 テレビのCMで、神田うのが同じことをしているのです。神田うのが大きく口を開け、男が鼻を突っ込んで口の中のにおいを嗅いでいます。
 私は、「まねすんな!」と罵りました。(このCMは平成14年になると流されなくなったようです。あまりにもどぎついからでしょう)
 女の割れ目を開かせているのですか
 女の割れ目を開かせているの?というのは、二つの意味があります。
 一つは、女性の割れ目は、普段小陰唇がピッタリくっついているタイプでも、ご本人が欲情すると、自然にパックリと開き気味になるものですが、そういう光景を自分の性行為で見たことがありますか?、という問いかけです。
 エロ雑文でそういう情景はよく出てきますが、現実に、自律的にパカッと来たおまんφを見る人が大変少ないのではないかと危惧しています。
 私はドッキングの前に、壮烈なまでにクリトリスを吸い舐めまくりますから、さあ嵌めようとばかりに、女性の開いた股間に入ると、眼下に見える摩訶不思議な着色地帯は、先ずもって開いています。
 もう20年間、欲情して開いたおまんφばかり眺めています。
 女の割れ目を開かせているの?という問いのもう一つの意味、それは、女性に指で膣口を開かせていますかという質問です。
 私はセックスの相手には、できるだけあそこを指で開かせるべきだと思っています。女性はそれを愉しんでいます。
 クンニリングスを始める前、クンニリングスでイッた後、ペニスを突き込む時、中出しで放った後、小便をする時、ありとあらゆる機会を捉えて、女性には指を使って可憐な秘溝をオープンさせる、これが助平行為の基本です。
 陰裂のグランドオープンショーの視姦、これこそ、性愛の華です。
 女の自慰
 ソープやヘルスの嬢で毎日のようにオナニーしているのはあんまりはいません。でも、時々オナニー愛好家に対面することがあります。
補足:
 2ちゃんねるだったら、即座に「お前、どうしてそう言いきれるんだ!」と返されるでしょう。
 どうして私がこの一文を言い切れるのか。初対面の嬢でも、私は実態を先ず聞き出しています。性的交遊において未熟な人には話の虚実が理解できません。
 やはり次のような人は聞き出せないと思います。
(1) 若い人 (2) 話が真面目な人 (3) 性行為が下手な人 (4) どエロの用語が出せない人 (5) イカせる意欲のない人 (6) 裏が返ることが期待されなかった人 (7) 横柄な人 (8) 店外デート希望のにおう人 (9) 部屋を暗くしたままでセックスする人
 こういうのと対極的な人ですと、うまく話題を切り出せば、嬢から本音が聞き出せます。
 また、関心を覚えた客に本音で語ろうともしないソープ嬢は、カタイカタイ“売れない女”です。
 オナニーを常習しているソープ嬢に対面すると、愉しいですねえ。実に攻め甲斐があります。きちんと攻めれば、必ず燃えに燃えます。性感が深いんですね。とても羨ましい。
 オナニーを覚えるのが遅かった女性はやはりアクメが浅い感じがあります。
 さて、女の自慰で私が一番ショックを感じたのは娘のを目撃した時です。
 幼稚園に通い出す前ですが、机の角に股をリズミカルにこすりつけて、大汗をかいていました。
 幼稚園に通う頃になると指を使うことを覚えたようで、娘の昼寝姿を何気なく覗いてみると、俯せのまま少し両脚を拡げ、両手を股ぐらに差し込んだまま寝入っています。
 陰阜の下にどちらかの掌が当たっているから、その分、もっこり小さなお尻が持ち上がっていました。横を向いている顔を覗き込むと、やはり大汗をかいて、髪の毛が額に貼りついていました。
 父親としてはそんな生々しい光景は大変いやですが、何しろもうその頃は金津園の嬢のおまんφを盛んに舐めている頃ですから、女性の性感がイヤというほどわかっていて、ほほえましい気持ちにもなりました。
 私が女性のオナニーで感動したものに次があります。
 右手をジャンケンのパーの形にして、中指だけを内側に折る動作を繰り返してください。
 その動きをクリトリスに向けてするのですが、クリトリスに当てる箇所は、中指の先端の腹のところではなく、薬指側の横腹です。
 それで、剥き豆の頭を刺激するのです。ズーッと中指を60度ぐらいの振幅で往復させます。中指以外の指はピーンと張ったままです。当てるのは指先の横腹だから、こすりの力加減はかなり弱いことでしょう。
 女が美しいから、私はグッと来ました。やりたかったです。エロビデオの女であることが残念でたまりませんでした。
 このことから、クリトリスの愛撫は相当優しくしなければいけない、とよくわかるでしょう?。
 女性のオナニーシーンって、本当に愉しいです。自分の娘でなければ。
 上手な手こき
 男女間のエッチプレイにおいてペニスの手こきというのは大切な技だと思っています。
 人間の動作というものは、野球でもパチンコでも3分スピーチでも、どんなものでもその人のセンスの善し悪しが大いに巧拙を左右しますが、ペニスの手こきというのは特にそう思いますね。
 ソープやヘルスの嬢を見ていると、ファックとかフェラチオがうまくても、手こきとなると何故かうまくやれない嬢がいます。
 うまい手こきというのは次で表現できます。
  (1) 同じ動きが持続的にできること
  (2) 厳しく穂先をこすれること
  (3) チンコ汁とか唾を使って工夫ができること
  (4) ペニスの穂先がこすりのポイントだと理解していること
  (5) 左手の補助を工夫すること
  (6) 変化する動きができること
  (7) 表情などを淫らっぽくできること
 (1) の持続的に同じ動作をするというのはやる身になってみればなかなかつらいことなのですが、せっかくの良い動きが短時間で他の動きに変わってしまえば、ペニスの芯に漲りかけていた高揚がすーっと退いてしまいます。持続的に同じ動きをしていないとすぐに原点復帰してしまいます。
 クンニリングスと同じで、一つの動きは、口や顎や舌がつらくても、快感がたっぷりしみ渡るまで続けることが必要です。
 (2) は、ソープやヘルスでもなかなかこれができる嬢がいません。女性器は厳しくこすられたらとてもつらいけれど、ペニスはそうでないということが、なかなか女性にはわからないのですね。
 (3) は、オナニーを好む女性ならわかるはずです。強い圧迫でも、滑りの良いことがより一層の快感を呼びます。
 (4) は、イカせるためには、ペニスの幹をしごくことを必要とする男性が多いので、女性はカリ首だけを攻め続けることをせずに、指を幹のところまで伸ばしたがります。でも、これは間違いです。
 快感はカリ首で生まれるので、その丸みだけを厳しくこするのがよろしいのです。幹をこすらないと射精できないというパートナーには、その癖をなくさせなければなりません。
 (5) は、左手で金玉揉み、金玉の圧迫、アナルの刺激などを工夫するのが思いやりのある助平心です。
 (6) は、本当に相手に快感を愉しませてやりたい心があるなら、自ずから摩擦の動きをいろんな方法でやってみたいものでしょう。持続が前提の上での技の切替です。
 (7) は、たとえばフェラチオでしたら、お口がカリ首に固定されているので、女性は男性の顔を覗き込むことも、淫語を発することもしにくいけれど、手こきであれば、顔と口がフリーで言葉もかけやすいし、表情も工夫がしやすいです。その工夫が大切です。

 私は、見事な手こきをしてくれた風俗嬢を何人か挙げることができます。ソープやヘルスで手こきというと違反プレイのように考える人がいるかと思いますが、それですぐに射精してしまう人でない限り、そうは思わなくても良いのではないでしょうか。
 ソープ嬢やヘルス嬢の手こき=手抜きとする客は、軟弱ペニスの持ち主か、猥褻を楽しむ心のない、貧しい心のお人なんでしょう。
 一方、亀頭にフェラチオなんかされてもくすぐったいだけ、ガンガン幹のところでハンドを往復して貰わないとダメという人も気の毒です。これでは女性とまともなエッチができません。
 セックスの良き体勢
 私はもう長らくこのサイトで、次が結構だと説いています。
  (1) 嬢をベッドの端や角のところに尻を置かせて、自分は床に立って、仰向けの嬢に立位で交わる。
  (2) 嬢を仰向けでベッドの端に尻を置かせて、自分は床にしゃがんでクンニリングスする。
  (3) ベッドで二人が逆向きに脇を下にして横になり、69をする。
 この三つは嬢から必ず好評を得ます。どれも、エロいし、肝心なところに当たる角度がよく、間違いなく気持ちいいです。姿勢として、互いに無理がないものばかりです。
 ところが、未だにどの嬢と対面しても、これが嬢には初めてで、戸惑いを見せられるばかりなのです。
 良性記のアクセス数はもうかなり行っているのに、私の主張を採用してこれを実際にやる男がなかなかいないのですねえ。ものの上達はすべて真似から始まるというのに。
 読者からのメールでは、これを試してみて、良かった、と報告されたことはあるのですが、試みる男性が少ないようです。
 まあ、 172cm以上の背丈であれば、(1) のファックや(3) の69はやりにくいとは思いますが、その背丈でも、嬢が 160cmの背丈があれば(3) は難しくないし、(1) も腰の下にタオルの重ねたのを宛がえばすんなりできます。
 よほど女上位が好きなのですかねえ。
 それに、ペニスが15cmもあれば、嬢は(1) で嵌められるのは嫌かもしれません。奥を突っつかれるのを防御できないですから。
 男のイキ
 ハウツーセックス物を読んでいると女性のイキに関する論議ばかりです。おかしいですね。
 男にいろんなイキがあることを認識しないと、女にいろんなイキがあることが認識できません。
 これを認識できていないから、女性の見事な中イキばかりを夢に描き、中イキまで導かないセックスを幼稚なセックスとしている。
 そのような論者の藤田徳人氏、加藤鷹氏、アダム徳永氏などを私は本当にとろい男だと思っています。
 ソープ嬢に、男がバギナにピストン運動してのイキについて尋ねるとなかなか面白いです。
 曰く、「遅漏の男性はどっちかというとあまり騒がすにイクことが多いのに対して、早漏の男性は腰を動かし始めてすぐに、喘いだり唸ったり叫んだりする男が多く、イク時も大きな声を出して表情がまるで変わってしまう」ということです。
 これは、遅漏の男性はペニスの摩擦による快感がにぶい傾向にあることを示していると思います。快感がにぶいから、声も出ないし、射精を遅らせることができます。早漏の男性は感度がよくて幸せなんです。
 確かに、AV男優(概ね遅漏でデカマラ)の中出しシーンを見ていると、わざとらしい「イク」の声とペニスのピクピクだけで、気絶しそうな射精快感に浸っているという印象がまるでありません。
 ペニスが太い男は遅漏が多い、というのも、私が嬢からよく聞くことです。亀頭の表面と毛細神経の間に脂肪や肉質がありすぎて、鈍くなっているのです。
 だから、遅漏は、女性にとってだけでなく本人にとっても不幸のかたまりのようなものです。遅漏男は生涯性交回数が傾向として、早漏男に対し減少するのではないかと思います。
 私はバイアグラやシアリスを使うと、ペニスの快感が殺されることにあきれます。射精する時の気絶しそうな快感も喪失します。ただ、ピストン運動だけが長くできます。腰が疲れるだけです。AV男優化現象です。
 レビトラですと、それほどペニスの快感を喪失しません。服用しない時と比べると雲泥の差で厳しい手こきに耐えられるし、その後でも、ピストン運動が非服用時の3倍も長くやれます。しかも、バギナとの摩擦感触が失われず、イク時も激しく呻けます。
 薬を使うことによって多彩なペニスの状況を体感することができたから、遅漏の男性が、私のレビトラ服用時ではなくて、バイアグラ服用時と同じ状況なら、しかも、初めての精通の時から、そのように鈍い射精感しか得られず、射精するまでの長い摩擦の道のりが必要ならば、本当に気の毒なことだと思います。
 なお、勃起不全治療薬の効き方は人によります。
 私と違って、レビトラだと摩擦快感が薄くなるけれど、バイアグラならそういうことがない男性もいます。
 レビトラやバイアグラだと摩擦快感が薄くなるけれど、シアリスなら具合が良いという男性もいます。
 膣内でイケない男の哀しみというのは2ちゃんねるでもよく目にします。
 勃っているのに感覚が麻痺してくるか、感覚が増大せずに中折れしてしまうかのどちらかです。
 エロ動画で射精をフェラチオで果たさせるシーンをよく見かけますが、棹男優に対するフェラチオがどれもこれも本当に長いです。あきれますね。あれだけしっかり勃起しているというのに、その起動の遅さに。
 ソープやヘルスの嬢からよく聞くことは、早漏の客が多いということです。20代、30代で遅漏の客は殆どいないらしいです。
 性感豊かで幸せな男性が多いのだけれど、嬢に言わせれば、それだけ早ければ、ペニスピストンで女が気持ち良くなることはない、となります。
 ということで、ペニスの代用としてペニス型バイブを使いたがる男性が多いのだけれど、それは間違っています。
 ペニスの肉感と肉質と温度がおもちゃにはありません。力を入れて握れば無茶苦茶堅いのに、そっと触れば柔らかいという、人肌と血液と肉で構成された絶妙な物質とはまるで違っています。陰毛やタマキンや下腹が接触する合体感もありません。
 そして、人工ペニスには『男のイキ』という女性にとって楽しい現象もなければ、男の昂揚の息を顔にふっかけられる臨場感もありません。
 上手な69
 金津園ワールドに次の質問が載っていました。私が回答を入れたくなる結構なものですが、文案を考えているうちに、他人のサイトへ投稿するのがもったいないと思うようになりました。
 だから、ここに掲げます。(このブロックは04-1-4記。だから、質問が出たのは多分03年の末と思う)
 私、ヘルスで働いて1年ちょっとになるんですが、『69』が下手みたいなんです。
 ひざが立たずにベタ〜ってなって、お客さんによくおしりを持ち上げられます。やっぱり、これって『69』が下手なんですか?どなたも文句は言われないけど、最近気になってます。みなさんどうなんですか?『69』をうまくやるコツなんかあれば、教えてほしいですね。
 なんと言っても、ヘルスで『69』は“メインディッシュ”ですから。
【回答】
 男が69をうまくできる場合と、そうではない場合では、答が違います。でも、ヘルスやソープで69をうまくできる男なんてかなり少ないから、このケースはどうでもいいのかもしれません。
1.男が69をうまくできない場合
 男が69をうまくできる場合は、貴女のヒップが巨大でない限り、男がおまんφの位置を調整してくれるはずです。だから、貴女が「ひざが立たずにベタ〜って」なって、貴女の陰阜が男の顎に載るぐらいの大胆さを見せれば、クリ舐めがしやすくて丁度いいです。
 しかし、男が69をうまくできない場合にそうなるのは、大変良くないです。「お客さんによくおしりを持ち上げられます」というのは、
(1) 性行為能力や性的精神がまだ発達不足で、おまんφを舐めるよりも眺めたい。
(2) 性行為能力や性的精神がまだ発達不足で、おまんφを指でいじりたい。
(3) ゆがんだ潔癖性で、アヌスが鼻先に来るのが嫌である。
(4) 正しいオーラルプレイがわかっていないがゆえに、内腿やラビアや大陰唇を舐めたがっている。
 ──よがらせたい気持ちがあるのに、クリトリスを舐めずに、内腿にチロチロしたいお馬鹿さんです。
(5) 多毛により、顔面に当たる毛先が鬱陶しい。
(6) おまんφににおいがある。
という心だと想像します。
 (5)と(6)は、自分で改善してください。
 男がクリトリスを口に含みたいという意思で、貴女の尻を持ち上げるのであれば、「2.男が69をうまくできる場合」を見てください。
 そうでない限り、上手な69は、69の体勢でうまくフェラチオをすることと理解すればいいです。
 男がクンニリングスをしたいという気持ちがあっても、嬢ががんがんフェラチオをすれば、男はペニスの快感に没頭してしまって、クンニリングスなんてどうでも良くなるのが普通です。
 貴女はヘルス嬢なんだから、性戯が下手くそな男の場合はそれで良いのでは。クリトリスに歯を当てたり、もぎ取らんばかりに吸ったり、バギナにいきなり指を突っ込む男がなにせ多すぎるのだから。

 69の体勢でうまくフェラチオをするにはどうしたらいいか。
 ペニスがより悦ぶのは、裏筋側です。69の体勢の場合は、上唇でカリの裏をこするように動かす必要があります。通常のフェラチオが下唇と舌で裏筋側を刺激するのと比べると、もし、上唇でのこすり方が足りなければ、快感の程度がやや落ちます。
 時々横から裏筋側に舌を這わせることもすべきです。ペニスが裏向きになっているから、カリの溝を半円に掃いてあげる技も結構です。後、顔を股間に突っ込んで、タマキンをマウスマッサージしてあげる。この時、先走り汁やつばをカリによく塗りたくって、手のひらで揉むこともしてあげればいいでしょう。
 とにかく、右手と左手のどちらかとお口はお休みしていてはいけません。単純にフェラチオで首振り運動している時も、片手でタマキンを包んで押し上げるとか、二つの玉の間を軽く押すとかのマルチプレイを心がけるべきです。
 男のペニスが強い場合は、ペニスを足先のほうに傾けるという動作も結構です。通常へそのほうに傾く勃起ペニスを、反対に足先のほうに曲げると、カリはテラテラになります。そこで、つばをぶっかけて、手こきをしてあげるとか、強くフェラチオをするとかは、ペニスの芯にガンガン刺激が入ります。

2.男が69をうまくできる場合
 男がクリトリスを上手にオーラルすることができる時は、女はそれを楽しめばいいです。そのためにはきちんとクリトリスを男の口に預けることが必要です。
 それは、膝を立てていてはうまく届きません。膝を開いてぺたーんとなっても、男がべろべろや谷間の中ばかり舐める時は、心の中で「こいつ、アホか」と思いながら、したいようにさせてあげてください。
 愚にもつかない行為をして、それで亢奮し、満足しているなら、バギナに指を突っ込みたがる男よりはるかに結構です。
 男がクリ舐めに来るのであれば、自分も片手を股間に伸ばして陰阜の皮膚を引っ張り、クリトリスを剥き上げて男の口に預けるという淫らな動作をすると、相手に喜ばれます。
 こうなれば、腰はベタ〜となるのがいいです。そうすると、男はクリトリスを舐めながらアナルとバギナに指を入れて楽しむこともできますね。かなり腕が窮屈ですがね。
 クリトリスを口に含みたいという男が貴女の尻を持ち上げるのであれば、クリトリスをうまく男の口のところに持っていっていないのですね。
 オーラルプレイの上手な男の人と出会ったら、互いに横寝の形で69をするといいです。これはお互いに位置の調節がしやすいし、お口もとっても使いやすくなるし、女上位の時のように女の腕と男の首が疲れません。
 それで、側臥の形の69でイカせてくれるほどのうまい男だったら、思い切って、女が下、男が上の、特別サービスの69もしてみましょう。
 これは、女が天井にアナルを見せつける形で、お尻のふくらみが目一杯強調されて、ボディの底がまことに優美に見え、猥褻です。
 女からも、男のアナルがもろ見えで、タマキンがだらーんとして、極めて猥褻です。寝ているままでペニスが口に飛び込んでくるから、首もそんなに疲れません。
 好ましい男でしたら、タマキンを掴んでペニスの付け根毎根元に押すようにして勃起度を高め、激しく吸いたてましょう。もう、先走りの粘液もたっぷり飲んであげられます。
 男が上の69のよいところは、身長差が大きくても対応しやすいことです。
 女の身長>>男の身長、女の身長<<男の身長のいずれにおいてもです。

次へ  『えろえろ考察』へ  トップページへ戻る
(千戸拾倍 著)