グロースファクター
激写 その1

 ハメ撮りするには、通い続けられる嬢に出会って、被写体にしたいと心から願うようになり、その嬢がこれに応諾する寛い度量であることが必要だ。
 入浴した嬢が通う気になる嬢であった確率が20%、該当嬢で写真が撮れるなら撮ってみたいと思う容姿である確率が90%、その中で嬢がハメ撮りに対してとてもお堅い考えではない確率が50%、私の場合はこんなものかなと思う。3つをかけると9%になる。
 ざっくり考えるとこんな感じかと考えたが、念のため確認した。平成8年デジカメを使うようになってから会った嬢が金津園と池下のヘルスを併せて多分 110人ぐらいで、被写体の嬢が22人だから、率が丁度2割になった。存外に比率が高い。
 ということは
 0.2×0.9×0.50=9% ではなくて
 0.3×0.9×0.75=20% ということか
 ハメ撮りは結果であって、撮影を意図して入浴したことは全くない。撮るのを第一の楽しみとして遊んでいたら恐らく3割は撮影できたろう。私が女遊びで狙うことはよがらせることだ。そして、それ以外の卑猥な狙いのすべてはよがらせたことの副次的効果として期待する。
 私は上玉にしっかり親密さを醸成できて、撮影の願望が湧いても、相手がこれを認めそうにない性格だと判断すると、もう全く願望の言葉を発しない。かなり消極的だ。
 しかし、可能性があると思うとハメ撮り写真を披露したりして反応を窺う。それで“脈あり”と判ずると希望を述べる。成功率(対申し出件数)が極めて高かった。成功率が高いのは“脈あり”の判断が厳格だからだ。ハメ撮り写真を披露して“脈なし”と思えば、願う言葉を出さない。
 ハメ撮りを長年していると私もアイデアが増え、エロ光景への誘導も上手になって、いろいろ愉快な写真が撮れた。
 私が考えるハメ撮り写真の最高峰はM字開脚で中出し流出を披露するシーンだ。使用前マムコと比べて使用後マムコのネチャッとした風情がなんともたまらない。最近の無修整ファック動画の最後が必ずこのシーンであることから同意する人が多いと思う。(よって、ゴム着必須の嬢をハメ撮りしてもちっとも面白くない)
 しかし、私は60歳が近づくと、発射液が会陰に垂れてくることがなくなった。これは何ともやるせない。
 我が国のネット画像は猥褻性の判断基準がとても厳しくて、その手の華麗な画像はしっかり修整を入れてもなかなか出す気になれない。
 無修整動画や少しぼやけさせただけの修整動画が見たい放題に見られし、『女性器』で画像検索すればモロ画像が見られるのに、サブディレクトリだった我がサイトの(そこそこぼかしを入れた)画像に昔サーバー元から大変圧力がかかった経験から、同じことができないのが大変残念だ。“激写”の写真の最たるものが全然出せない。
 肝心なところを隠しても、一目見て性交中を撮ったと判断できるものは駄目らしい。陰部にモザイクやぼかしを入れた程度では、サムネイル画像に存外露骨に陰部の形状が出てくる。それは不可ということだ。また、機械(画像データ判別ソフト)を使った自動チェックで容易に“いかがわしい可能性のある画像”として取り上げられ、誰かの目視チェックを受けることになる。
 だから、女性の股間を
 良性記
で覆って隠した。
 猥褻画像指弾に対抗する効果があるかどうかはわからない。不可の場合でも、これまでの無料サーバーの時のようにいきなりサイト全体を消されることはなかろう。当該写真を没にするだけで良いと思う。
 とにかくスカパーですごいエロ動画(モザイクが甘い)が見られるのに、国内サーバーの個人サイトの画像や動画の猥褻性には異常に厳しいのが許せない。IS勧誘や児童ポルノや脱法薬物・爆発物・自殺の方法などのサイトならともかくねえ。
 検索『エロ画像サイト』で出てきたリンク集サイトから適当に選び、最初にアクセスしたものの猥褻性?を調べた。http://gamanjiru.net/archives/25694 だ。
 探ると国内サイト(お名前.comでドメイン取得)で、中の画像には旧良性記や旧陶酔記に載せていたら、サーバー提供者からアウト判定を受けたに違いないものが多々ある。
 事例のサイトはドメインを得たから、この程度の軽いぼかしで存続できるのだろう。一目見て性交中を撮ったと判断できるものもある。
 ならば“軽いぼかし”ではなく、“圧倒的隠し”をかけたこのページの画像は存在が許されるだろう。

 私が撮る写真は(1) 嬢の全裸像、(2) 女性器が露骨に写るもの、(3) フェラチオのシーン、(4) 性交シーン遠景、(5) 性交の結合部接写、(6) キスシーン、(7) 放尿シーン、こんなものばかりで、着衣姿の普通の写真や下着を着けた穏当な写真が実に乏しい。
 そのことは、対面の想い出をなぞりたくなるとやはり悔やまれる。
 とにかく嬢の下着姿を撮ったことがかなり少ない。対面の冒頭、嬢が脱衣の前(要するに、互いの興が高まっていない時点)に撮るのは撮影回数を重ねないと頼みにくい。性交役務の提供が終わった段階でも頼みにくい。私はそういう性格だ。
 嬢が下着姿になると「ついでに全部脱いじゃってよ」と必ず言ってしまう。一方、遊興が終わると嬢が下着を着けるが、そこでカメラを構えたくなったことは殆どなかった。
 というわけで、撮影回数が数回の嬢では対面時の着衣の姿や下着姿の写真がない。まあ、マムコや性交中の写真ばかりで自分の品性が残念でならない。

 画像の盗用とリンク貼り付けはお断り!

 テーブルの上にバージニアスリム。ライトメンソールの発売が平成2年。私がヴィーナスのマユミ嬢からこれを勧められて常用するようになったのが平成2年か3年だ。
 となると、この時は愛用しだしてから10年後になる。
 平成30年の今私は71歳。2年前にバージニアスリムを買うのをやめた。この頃が本当に遠い想い出になってしまった。
 私が買ったデジカメの初代のものの画像で残したものは割れ目のドUP写真1枚だけだ。
 2代目のカメラで撮った写真から保存枚数が増えたが、やはり画質が良くない。


 これは3代目のカメラで撮った写真だろう。

 この建屋には昭和61年頃に1度入ったが、部屋の狭さにがっかりした。
 ベッドの横に鏡があったのを覚えてなくて、この嬢との初会では鏡に映る淫らな姿を見て亢奮した。
 この頃使っていたカメラは照度が乏しいヘルスの店でもよく撮れたな。

 今何をしているか気になる子だ。


 良き家庭を築いていると信ずる。

 ヘルスの店だ。部屋が明るかった。

 ベッドの高さは金津園一だろう。この高さで、男が床に立ってかかるのが大変結構だ。
 特に巨女対小男の場合痛快さひとしおなのではないか。
 金津園でベッドの壁についた鏡が一番立派なのはこの店ではなかろうか。
 今振り返ると鏡に写る眺めを楽しんだ記憶が全くない。この頃は私の助平度が低かったようだ。
 名古屋のソープ店かな。


 この建屋は廃業したから寂しい。
次へ  金津園遊びの実録  初会の金津園遊び  トップページへ戻る
(千戸拾倍 著)