ソープ遊興の道しるべ

 以下のソープ遊びのアドバイスはすべてのソープ客とソープ嬢に当てはまるとは限らない。おおむねの傾向として論じたのであって、ケースバイケースである。
 基本的には、情緒あるスッケベを愉しみたい願望に合わせたものである。
 当たり前のことを並べているが、それでも自分のこととなるとなかなか実践できないのが人間である。
 スッケベ精神のない人、ソープ嬢=肉便器意識の人、ソープ嬢との個人的つきあいを切望する人、それに射精だけが目的の人はこのページから去って欲しい。
 おこちゃまの遊びをしている人には、自分というものに内省のきっかけを提供しうる論であると思う。

退きの章
仲間の名前を出して悪口をじゃんじゃん言う女は退け
性格の悪い女は、所詮遊べる女ではなく、貴方も必ず悪口を言われている
何度か本指名かけて会っても、相手が自分にさほどの関心を寄せていないと思ったら退け
どの女でもそうなってしまうなら、ソープ遊びはやめた方がいい
何度も指名かけても、営業トークさえも出てこないのなら、害悪をまき散らしているだけ
顔出し美人の売れっ子の心を自分に向けることは難しいと知れ
顔出し美人の超々売れっ子からは、お金を出してくれる射精棒にしか見えないことがある
自分が願うプレイが実現困難だと思ったら退け
ソープ嬢は客を嫌う権利があり、客はリピート相手を変える権利がある
過度にフル出勤の女には何かがある
月間の総出勤時間数が著しく少ない女は選ぶな
不定休の女は避けろ
ひいきの常連客を掴む気なし→フルの接客あり得ない
全くの新人はSTDの面で危険なことがある
病気持ちの可能性が高いから、検査結果を本人が入手するのを待て
対面が少ないのに相手からメール戦略が繰り出されたら100%退き
メール戦略を繰り出すソープ嬢に本当のサービスはない
エロに過度に退く女はこっちが退け
常連からいろんな物をプレゼントされている女は退け
何でも贈呈できる財力があれば別

考察の章
マットプレイの用意・自己シャワーなどをしているときの表情を
見ていないそぶりをした上で、こっそり観察しろ
人は、自分だけの世界に浸りきっているときに本心が出てくる
料金を受け取るときとその後の(2人が離れるまで)表情を観察しろ
そして、スタンバイで顔を合わせたときの一瞬の表情を読め
相手にさほどの関心を持たれておらず、営業的好意の範囲内だと思ったら、遊びを遊びとして受け止めて、その遊びを楽しめ
初対面と裏を返した時とで、接客品質が向上しなかったら退け
初対面と裏を返した時とで、接客品質が向上しないことが、どの女でも続くなら、
→→→自分に相当魅力がないとわかれ
3回対面してディープキスの仕方が全然濃厚にならなければ退け
それは、相手が貴方を殆ど認めていないということが如実に表れている
部屋持ちなのか個室待機なのか見分けろ
わがままが起因の単なる個室待機なのに、部屋持ちの人気嬢かと誤認しないこと
スタッフに好意的に見られている女なのか探れ
他の女との比較よりも、その女の応対の時系列比較のほうが大切だ
自分への好意やうち解けの上昇を感じて愉しむのが女遊びである
また、エロ商売をしているとは思えないようなお堅い女が、次第に自分の思う方向に変わっていくことを感知して嬉しがるのが女遊びである
従って、この女はフェラチオが下手だとか、ディープキッスがつまらないとか、マイナス面だけを取り上げて、あっさり切り捨てる必要はない
未熟なほど『大変貌』のさせ甲斐があるのだ!

押しの章
店長とかマネージャーとか先輩姉さんについて感謝の言葉などを言ったら押せ
見かけではなくて気だてで本指名が多いとわかったら押せ
業界歴3年6年の嬢はプラスの評価をせよ
ヘルス出身の嬢は勃たせ上手
ペニスの愛撫が上手な女に意欲を燃やせ
会話していて愉しかった女は押せ(だけど器量が……、という心を消せ)
定期検診を月1回励行の女、更にもう1回確認する女、これはゴー
初対面…チン汁吸わず、本指名…チン汁飲み込んだ〜押し
3回会って3回とも愉しませ方が少しずつ違っていたら大いに押し

年間24回以上行く人の章
財布に余裕があるなら、とことんリピート、そしてダブルの遊興
親しくなってダブルで入ったら、おしっこを見せて貰え
ソープ嬢に、金銭的に評価できるプレゼントをするような遊びは絶対にするな
あきたと思ったら、相手を利用してあきを解消せよ
馴染みの女といつも淫乱なプレイができないのなら、もう玄人遊びをやめなされ
それだけ遊んで特定の女にリピートできないなら、人間であることをやめた方がいい
表の生活があって、裏の愉しみがある
女のことは女に聞くのが一番で、スタッフは肝心のことは何も知らない
女は他人の噂をするのが好きだから、それを情報収集に利用せよ

年間10回〜20回程度行く人の章
おまんこをなめろ(正確にはクリトリス)
お尻の穴は舐めろ
冬なら、5万10万のコートを着てゆけ(一着しかなくてもわかりはしない)
指名数を増やすために来訪を乞われたと思っても、そのことだけで白けるな
相手は『職業』で対面している
いやらしくない猥褻を勉強しろ。猥褻が一番垣根を取り払う
相手から品物を渡されたときに、自分への好意だと早合点するな
いかなる言葉が添えられていても
指名こそが好感を引き出す基本の手だて
エッチプレイをリードするぐらいになれ
隣のバラは赤い〜の現象に注意
花束やケーキの差入れは考え物だ
それをするに適した客にまでなっていないこと多し
金玉のマウスマッサージをさせよ(毛をカットしておけ)
ピストン時のよがり声はウソだと思え
相方は他人の女性器を滅多に眺めたことがない。平均とどこがどう違うのか論評せよ
イク女には通いつくせ(イカせる能力のある男の場合の話)
「僕は部屋が明るいのが好きだ」と言ってみたら
相手の好意を探るために、相手にとって不快な要望を口にするな
相手に嘘を言わせない客になれ
身の上調査はほんとうに親しくなってから

極めてナイーブな人のための章
自分の全裸の姿を恥ずかしいと思うな(肥満体なら、死ぬほど恥ずかしがれ)
相手の全裸の姿は感動の顔つきでまともに鑑賞しろ
相方がウンコをする姿を想像して、願望は物怖じせずに口に出せ
女は、素人でもそうだが、男にまんこを見せるために生きていると思え
生物界を広く観察せよ。くだらない羞恥は人間だけだ
おまんこは嬉しそうに穴が開くほど見つめろ
相手は短小も仮性包茎もたっぷり見ている
射精するときはオーバーに声を出せ
相手は毎月たくさんの男に嵌めさせている事実を忘れるな
虚飾の世界を楽しもう
如何に清純に見えても、好みの上客には
手マンコも放水も割れ目オープンも、AV女優のように披露すると理解せよ
対面したら、タイミングを計ってさっさと服を脱げ
貧乏だからそんなにこれないと発声するな
部屋を真っ暗にしてセックスするのはやめろ
女に幻滅するな。それが女だ
相手に感動しすぎるな。上には上がいるものだ
素人よりもソープ嬢のほうがおまんφはきれいだと思え
相手はおまんφで仕事をしている。ボディラインを讃えるなら、おまんφも讃えろ
裸姿を見たとたんに勃起したら、その事実を突きつけろ

当たり前の章
ソープは指名をかけて遊ぶところである
本当に親しい関係というものは、一朝一夕で築けるものではない
女によっては、1年の『指名かけ』が必要になるケースもある
また、一発で肝胆相照らす場合もある
自分が相手の女にどこまで接近できたのかは、客観的に見つめよ
相手は自分よりも年収が多いことを忘れるな
相手が自分よりもはるかに年収があっても、決していじけた言い方をするな
1timeの終わり時刻には、きちんと終わろう
余裕を持って最後の射精を果たすこと
靴には金をかけろ。靴と下着が大事だ
予約時間は絶対に守れ。守れるかどうかわからないような予約をするな
目の前の女が5歳年下でも、15歳年下でも、小娘だと思うな
男女のことについてはアンタを凌いでいるものだ
初対面や5回の本指名ぐらいで恋人的仕草を願望するな
恋人的仕草は自分への好感でかちえるものだ。自分からの好感は無関係
お喋りが楽しいだけなら単なる男女交際
お金については、とにかくきれいに遊べ
時間についても、とにかくきれいに遊べ
こぎれい、できればセンスのいい、更に、金持ちそうな格好をせよ
よくソープに来ているらしいと相手に誤解させろ
乳房攻めはオーラルで
女体には限りなく優しく
初対面で指入れを願望しない
指入れを絶対に拒む女もいることを理解せよ
ソープ嬢は、既婚者よりも独身者に関心があるなどと勝手に思うな
ソープ嬢と客とは、人生において大きな差?があることを認知せよ
STDの危険を承知で遊べ。感染しても相手を恨むな
目の前の姿は、実態よりも美化すべく演技が入っていることを理解せよ
演技であろうが、いいものはいいという心を持て
何かを求めて(やって)拒絶されたら、ごちゃごちゃ言わずにあっさり退け
抜き回数よりもプレイの質を楽しめ。少なくとも心の接触を
相手の欠点に着目せず、長所のみクローズアップする心で
自分で腰を振れ
非デカチンコ、非遅漏を相手は歓迎する
道でばったり会ったら、相手から呼びかけられない限り他人だと思え
道でばったり会った時、相手から呼びかけられるのが当然だと思うな
風俗遊びには、とってもむなしくなる対面もあるものだと理解せよ
体調の悪いときに出撃するな
下痢便、水虫、疥癬、鼻水、咳、2日酔いなどは、消滅の上で出撃せよ
包皮を前後に動かすオナニー、幹のところを強く圧迫して前後させるような
オナニーは有害につき、方法を変更せよ
日常生活でいつもチンポをきれいにしておく習慣をつけろ
汚れたパンツを穿いていないように気をつけろ
小便は、剥きあげて放つ癖をつけろ
タバコなどを貰ったら心から喜べ
折角ソープのような良き趣味を持ったなら、金のかかる他の趣味はやめよ

ごった煮の章
料金が高い店ほどゴージャスな遊興が成就しやすくなる
これは当たり前で、なるべく高い店を狙うのがよろしい。でも、
より安い店で高料金店のレベルの交流を成立させるのが男の腕ぞ!
行く店はある程度絞った方がいい
年3回程度の財力なら、的をソープからヘルスに変えた方がよい(同じ女3度なら別)
ソープ嬢にとって、フリーでついた客は、単なる客候補である
こぼれるような笑顔があっても表面づらだけで、抜き工程にすぎなくなる
裏を返すときは、できることなら、1ヶ月以内に入れ
相方が欠陥(例:貧乳)と深く深く認識していることを絶対に指摘するな。言及するな
相方が欠陥(例:アナルが真っ黒)と軽く軽く認識していることは
徹底的にジョークに使え
自分の願望を口にするのは、相手が了承する可能性が高いと読んだときにせよ
自分がもしソープ嬢だとしたら、その時にされていやなことは、相手に要求するな
一応お願いはしてみるものだ
お願いの仕方とタイミングをどれだけ工夫できるかです
ソープはエロと猥褻を楽しむところである
きたない噂話をするな。きたないところを舐めろ
女に対して男は話を聞く側が基本的スタンス
おもろい話をせよ。ジョークをしこめ
自分の仕事の話はするな。難しい話もするな。バカになれ
墓守とか死刑執行人とか法医学の現場従事とかの、変わった職業なら別ですがね
話題に困ったら、相手の仕事についてまな板に載せろ
対面する前に、会話の内容を考えることぐらいはしておけ
当意即妙のセンスのある会話を不断に心がけろ
笑顔を見せろ
所詮通いの数が得られる好感度に比例するものだとたまにはひがんで、対策を考えろ
妻帯者かと誤解させろ
自分から、独身であること強調する必要はないという程度のこと
ソープ嬢に純真さをやたらと求めるな(例外はあるが)
女はとにかく褒めろ。男は女を褒めることが仕事である
褒めて損をすることは一つもない
相手が自信のあることは必ず褒めろ。但し、あっさりと
相手があんまり心にとめていないことを、意表をつく表現で褒めまくれ
相手が絶対に大自信のあることは言葉を尽くして褒めまくれ
自分が性的に気持ちよくなることを大いに狙いとするならば、
如何に自分に対する関心を呼び起こすかに心を砕け
やる気をかき立てて頂くことが一番大切
相手が性的に気持ちよくなることを大いに狙いとするならば、
自己の技術の向上と共に、如何に自分に対する関心を呼び起こすかに心を砕け
女の快感は男と違ってそんなに物理的なものではない。その気になって頂くことが一番大切
貴女に出会えてほんとうに愉しいと演技せよ
顔や首は基本的には舐めるな
本指名をかけてほんとうにうち解けたことを確信するまでは、
相手の唇が唾液でベットリ濡れるようなキスをするな
巨根で遅漏の人は、相手の容器のことを考えろ
同じ女に二度入る遊び方はしないと思わせるな
同じ女に二度入る遊び方はしなかったけれど、君は別だと言え
2人が無言の瞬間をつくるな
但し、マットプレイではなるべく静かに(きっもちいいわ〜ぁの程度)
成人男性は息がくさいのが当たり前
口臭が気にならない関係をどうやって構築するかだ
相方が内心一番興味あるのは、同業者の話。くさしでないように語れ
他の女の話をするときは、長所と短所を等量に扱って並べろ
他人のけなし話は耳障りがよいが、自分もけなされないかと警戒する
純真な男だと思わせろ
さわやかな人だと思わせろ
知的な人だと思わせろ
思いやりのある人だと思わせろ
釣り銭不要とかまけてよとか言わない
本指名はフリーの場合とどうしてこんなに差があるのかと不満げに言わない
史上最低の相方だったと思っても、射精を果たしたなら、感謝の言葉で去ろう
店外デート願望を募らせない
今対面している女は、常連客に対しては信じられないことをしていると理解せよ
セックスの上手下手には、イチローと一般人の野球能力の差のようなものがあると知れ
何年も真面目に求道しておればうまくなる
独身男性はやっぱりセックスが下手なことが多いと知れ
自分の相手に対する関心度を反芻するよりも、相手の自分に対する関心度を計測せよ
自分の好みを勝手に限定するな。バラエティを楽しめ
女のアナルを舐めた口でキスをしようとして拒まれたら、
アナタが好かれていない確率は9割
女がペニスを咥えたりアナルを舐めたりした後の口にキスができないなら
プロの女と遊ぶのはやめた方がいい
肉欲厳禁の宗派の僧侶になりなさい
この支払金額に見合った遊びを!と、りきむな
客がりきめば、初対面の女は先ず退く
ペニスの前後運動で、本気によがってくれないことを残念に思うな
年に3回しか現れなくても、
ソープ嬢が対面を心待ちにするような男もいることを考えろ
初対面などにおいて自分のペースで女をリードして遊ぶと、女は我慢して
従っているだけで、女の本性も女が自分をどう見ているのかも見えなくなる
相手が今何を思っているのかを考えながらプレイをしよう


 私がソープやヘルスで初めて会った女の心に如何に食らいつくかについては初会の金津園遊びなどに実例を書き込んでいます。
 また、リピートで通っているソープ嬢の気持ちを如何に掴み込んでいるかについては、金津園遊びの実録を読んで頂ければ、おわかりいただけるかと思います。
 私はイケメンとほど遠い小男で、しかもたっぷり老人という巨大なハンディがあっても、ソープ遊びでここまで懇親を深め、毎度の親しさが自分でも信じられないぐらいです。世の中には、“嘘っぱちを書き連ねている”とまで言い切る人さえいます。
 でも、私の成就した親密さは、文章で表現している以上のものです。
 私のやり方は、ほかの人が真似しても必ずしもそこまでうまくいくとは限りません。でも、基本思想は誰にでも通じると思うから、これを以上の通り短い文でまとめました。短い文だから、そこの主張にかなう条件下での話だと理解して頂きたいです。
 総括すれば、人の心を掴むのは『こぎれいな心情』なんです。“pretend to”の話も書きましたが、勿論これはその人の『本態』的なものであらまほしきことを逆説的に書いただけです。
 大切なのは『心の交流』、人と人はよほどうち解けないと『心の交流』の正面ゲートを開きません。
 ソープ遊びの初対面で、「フィーリングがピッタリだー!」とニンマリしたって、側面ゲートの狭い扉が開いて「多少の心」が行き交いしているだけです。でも、初会でこれが成就しただけでも大成功です。なかなかないことですから。
 男女関係では、こういう小交流は、女が「この人、いいひと!」と感じるところから始まります。
 そして、何度か会っているうちに「営業姿勢」以上の歓待が実現します。
 世の中の素人交際では、女に「この人、いいひと!」とせっかく思われても、全然肉体関係まで進まないことがよくあります。それぞれの引っ込み思案、極端な道徳観、結婚相手として不適切の判定、こういった事由によりファックまで至らないのです。
 ソープでは、先にファックありき、ですから、熟した性器が無視されるむごい仕打ちの心配がありません。
 金銭を対価として肉体を許してしまっているだけに、通常の接触の場合よりも女が『心の交流』の正面ゲートを開きにくいこともあるし、先に、一番動物的な姿がわかってしまっているだけに、うまくいけば『心の交流』の正面ゲートが早めに開くということもあります。
 これは、男と女の組み合わせ次第ですね。
 以下、更に私の考えを詳述します。

余談1:
 ソープの遊興とは何か。擬似恋愛に浸るとかいろいろな狙いがあるでしょうが、第一義的には次です。
 日頃女房や恋人などとはできないエロいことをして愉しむところである。
 要は、単なるファックならば、女房なり恋人なりとできます。女房とか恋人とかはなかなかフェラチオもM字開脚もしない場合もあるから、実質的にはちっとも親しくなっていないのに、エロいことをいきなり受け入れていただくところに、ソープの存在意義があります。
 あの高い値段は当然だと思うべきでしょう。
 従って、女房とか恋人とかには必ずできる『キス』や『乳揉み』などにさほどの意義を見いだす必要はありません。
 また、エロいことが何もできないお堅いソープ嬢は、「嵌め男」にフィッタブルな単なる「嵌め女」と認識すればいい。
 ソープでは『並のフェラチオ』なら当たり前として、それ以上の猥褻行為(例:強烈なフェラチオ、相互ペッティングetc)を2人が愉しく愉しむためには、心のうち解けが必要です。
 だからこそ、リピートの通いが重要になると思います。
 また、エロさの成就には、ソープ嬢の心根を頼るだけではうまくいかないです。ソープ嬢といえどもうら若き女、初対面でいきなりM字開脚して、「見て見て!」と吠えたりはしないでしょう。
 だから、男には女をその気にさせる何かが備わっていなければならないです。たとえば、よく通る声、はっきりしたものの言い様、自己に対する確たる自信、そして、優しさと気配りなどですね。
 要するに、触媒、ホルモン剤、人品、媚薬、誘導の巧みさ、こういったものを身に備えて、疑似の、或いは、本物の親密関係を導く。それが男の腕なんです。

 ソープに一年間で3〜6回程度しか行かない人は、所詮親密関係を育むことはできないのだから、『抜き』をしているだけであって、『情緒を楽しむソープ遊び』ができる可能性は極めて乏しいです。
 精々、瞬間疑似情緒にニンマリしているぐらいでしょう。
(そんな程度の人がいっちょ前の顔をして、店や女についてしげしげとBBSに意見を書き込んでいるからオカシイです。質問ならいいけれど、御意見なら笑止千万です。誤意見にしかなりません。一方、一年に30回も60回も金津園に行く人は、よほどの自己誇示型でない限り、BBSに頻繁に意見を入れたりはしないのではないでしょうか)
 極くたまにする遊興なもんだから、ソープ嬢と対面して、「俺はこんな大金を消費するんだから、相応のことをして貰わねば……」なんて気持ちが言葉の端々に出てくる男は零点。
 また、「こんな若くて美しい人に僕のチンポをしゃぶって貰えるなんて……」と思って、恐縮と場違いなほどの感動の気持ちがにじみ出てくるのは30点。
 私は、妻帯者なら、10人の女、そして50回遊んで、また、独身者なら、20人の女、そして150回遊んで、ようやく玄人ファック遊びというものがわかるのではないか、と思っています。
 本当にソープ遊びとソープ嬢とがわかって、見事に遊び、しっかり誘導もでき、相方が感嘆するようになるのは、女がその気になるような振る舞い方を真剣に考え、自己の言動を内省的に振り返っている男が、300回とか500回とかの遊興をやってからぐらいではないですかねえ。
 ここまで到達した人の中の何割かが69をフェラチオの体位でなく、クンニ&フェラの相互歓喜の体位に変えられます。そして、『絶対的NG行為』が、その男に対してだけは限りなく縮小します。
 そうでない人は『抜き』を楽しんでいるだけで、女に、あれはダメこれはダメと言われて、ソープ遊びとはそういうものだと思うことになります。
 まっ、『抜き』を楽しむだけで充分という考え方もありますがね。

余談2:
 綺麗だねえ、美乳だねえ、ウエスト括れているねえ、歯が綺麗だねえ、程度のほめ方では能がないです。にやけた顔でこんな当たり前の言葉を投げたって、なんにも迫力がない。
 女のほめ方、美しさの形容のしかたを上級のものにするためには、不断の努力が必要です。
 たとえば、雑誌などで女の裸の写真を見た時、その美をどう表現するのか日頃練習し、表現力を少しでも磨いておけと言いたいです。ユニークな表現がいいです。女が後で思い出し笑いをするような。

 胴の長さの割に面長でないとか、骨盤の横幅の割に顔面の幅が狭いとか、上肢の長さの割に下肢が短いとか、骨盤の出発点の位置が高いけれど骨盤自体も縦長であるとか、骨盤の肩の所の肉づきだとか、ヒップトップの位置が低い(垂れ尻)とか、尻たぶの色が清々しいとか、大陰唇のふくらみが顕著だとか、恥毛の形だとか、下腹の脂肪ののり方とか、そういう特徴を瞬時に見て取り、平均像との違いを説明できる眼力と描写力が欲しいです。
 その眼力があればこそ、女の体の特徴をさらっと指摘できます。また、マイナス要素の指摘が入っていても、言葉を尽くして、ユーモアを入れれば、嫌みには聞こえない。褒めるスタンスで発声すれば、ビシッと決まる。
 とにかくユニークな発言をして、スパッと切り込む、相手に「オヤッ、この人は!」と思わせる、居合いの気迫、落語の間合いが必要です。
 どこかで書きましたが、初対面と裏を返した時というのは真剣勝負なんです。よく遊ぶ男と、「この客はよく遊んでいるようだな」と思ったソープ嬢にとってはね。
 自分の容姿のみすぼらしさは会話力で補うのです。
 毎度のお調子者のリピーターやつまらないフリーの客にうんざりしている女の気持ちを、一発でこちらに引き寄せる話術と表情、そして声の抑揚の飾り付けです。

 きみは頬も額もなんだかファンデーションが決まっているような感じがするよ。うーん、いい香りがする。ベースにはいいもの使っているねえ。ローション荒れなんかしない体質のようですねえ。

 君の歯の並びは、y=ax2の放物線の先っちょみたいな、標本にしたいようなむちゃ綺麗なカーブだね。なかなかいないよ、こんなきれいな歯並びは。僕はその歯の歯垢になりたい。ほんとに美しい歯だ。唇開いて、イーッとして、綺麗な歯をよく見せて。……あっ、そこにちょこっと歯垢がある。それ僕に頂戴。

 こりゃ、またまたまた、股の位置が背丈の割にうーんと高いわ〜。足の長さが釈由美子、しゃくだね。それで、大人の香りが桃井かおりクラス。僕は元の大阪府知事みたいにノックアウトだぜ。

 ヒップトップの位置がなかなか高いんだねえ。20年前の由美かおるみたい。なかなか見ないよ、こんないいお尻は。それでボトム、椅子に座った時に、椅子に当たるところ、全然固くなっていない。スベスベのムッチムチ。スッバラシイ曲線美だ。たまんないねえ。(ゆっくりと背後に回って)真後ろから水平に見ても、アナルが見えちゃう。もう最高にセクシーな、アップテンポのケツです、これは。

 この垂れ気味の、横から見ると直角のような日本人的ケツが最高だよ。柔らかくて温かくて、眺めていて心が落ち着くねえ。ポンドガールにはなれないけれど日本人の男にはこの形が良い。とっても安心感がある。太いウンコが出そうだねえ。

 骨盤が大きめで、それなのに第二次性徴の女的脂肪がうまく乗って、骨盤の形を隠して、そしてそしてその上は、ガーンとウエストが括れちゃって、すっごい曲線。ちょっと体を横に傾ければ、そこにお皿が載りそう。もう一目見たら鼻血ブッハァーだぜ。

 君はスリムだから、パンティのクロッチのところが窮屈でない感じがして、僕はこのクロッチになりたいねえ。クロッチになっても全然息苦しくない。アンネの時だけ疎開させてもらう。

 内腿の肌がスベスベで、むっちりして、白くて、その奥の変色地帯との色の落差が最高だ。足も腕も、シミとか血管が浮き出ているところなんて全然無くて、こんな綺麗な肌を見ていると、僕はちんこの血管が浮き出そうになるぜ。ほらっ、大きくなっているだろっ。

 こんなトークがとっさに出せる訓練が必要です。石塚秀彦のお喋りをボーッと聞いていてはいけません。
補足1:女遊びをするからには、『クロッチ』という言葉ぐらいは知っていて欲しいです。
 知らない人は、パンティ+クロッチで検索してください。
補足2:一般的に女の最大の関心事は、『自分がどう見られているか』です。
補足3:会話が女を瞠目させるものであっても、たとえば、黄ばんだ下着や破れた下着を着ていたり、
 爪が汚れたりしておれば、瞠目して貰えません。

余談3:
 金津園愛好者には、たとえば次のように考える人がいます。
「あの店は上がり部屋でアイスクリームをだしてくれた。そして、ボーイさんが、ゆっくり休んでいて下さいと言って、その日の遊びの満足度についていろいろ聞いてくれて、また、他の女の子についていろいろ説明してくれた。上がり部屋でも愉しむことができて、こういう店は本当にいい店です」
 いい投稿です。性格の良さが現れています。
 でも、こういうことも考えて欲しいです。
 後から上がってくる上客を単独で先に岐阜駅まで送るために、時間調整しているのではないかと。

 要は、リピート客は別格なんです。そして、その別格の客は殆どネットの場に出てこないでしょう。
 その手の客は、もうその他の客とは遊び方が違います。エッチプレイの仕方も違います。いい女は、そういう客を絶対に複数掴んでいます。
 そのソープ嬢はその手の客に対しては、プレイへの気合いの入れ方が、一見のミーハー客とは雲泥の差になるものです。
 高度の気配りを示さねばならない客は、要するに、粋な遊びをし、いわゆる通人なんです。並の客とは全く存在感が違います。
 ネットでは、ミーハー的客と三軍・二軍レベルのソープ嬢が投稿の中心なだけに、そこで読み取れる情報は、かなり一面的なものです。

 一般的に言えば、「本当にいい女」しかも「気だてがいい女」なら、たっぷり上客がついています。
 本指名数が多くて、その総数の1割から2割を供出している客が必ず1人か2人います。これに準ずるリピーターも何人かいます。だから、そのソープ嬢は本指名の数が40〜70になるのです。
 すると、並のリピーターなら、女からは殆ど重要視する存在にはなりません。第二次リピーター群として尊重されるだけです。
 そんな状況において、セックスも会話も容姿も財力もすべてにわたって何ら特色のない「並の遊興人」が相手の『姫』に、自分に対して本気の好意を抱いて頂くことを心から願っているなんていうのは、明らかにナンセンスです。
(この手の勘違い客が随分おります。全部が並で、会話と性的動作を磨く心もないのなら、求愛活動なんかせずに、ソープ嬢の技を楽しむだけにしておいて、射精活動に専念しておればいい)
 なお、リピート度によって打算で歓待するのか!この淫売女郎め、と白けるのはかなり間違っています。
 女も男も、しょっちゅう対面するからこそ親密感が増します。ソープ嬢から見れば、数限りなくいろんな男と対面して、ファックまでしている状況において、2ヶ月や3ヶ月に一度の対面の男を「準恋心」でもって会え、なんて無理です。
 その1times でかき立てた親密感なんて、次のお客を取って2時間もすれば完全に忘れてしまいます。人気の高い女ほどそうなります。
 常連客は毎月必ず一回、もしくは、それこそ翌週か翌翌週にまた親密感をかき立てにやって来るのです。並のリピーターはまるで勝負になりません。
 だから、私は昔も今も超一軍の女にはさほど意欲を燃やしません。嵌めさせて貰っただけではしょうがないです。
狙い目;これから一軍に格付けされそうなソープ嬢を、二軍時代に応援すること。
 初期の頃から贔屓にしていると、自分よりリピート度の高い客が何人もできたとしても、(月1本の指名でも月に5本の指名をかける客と同様に)変わりなく大切にして貰える可能性があります。店外希望さえ出さなければね。

余談4:
 ソープには本指名が取れない女がかなりいます。そんな簡単なことができない女がたくさんいます。ファックさせることから一歩も出ていないんです。
 よく遊びを知っていて、いつも濃密な逢瀬を成就させている男性なら、その手の女と遊ぶと、お金を損したような気分になることは間違いありません。
 残念ながら4割はその手の女です。厳しく見れば6割がそうです。
 そういうソープ嬢は、ダブルで入る客がいないし、本指名が少ないし、年配の常連客がついていません。
 そうなってしまうのは、プレイが作業的に流れがち親密感を出してくれない会話がなってない、フェラチオが下手、ファックにムード無し、そもそも見かけほど可愛くない、仕草が洗練されていない、女らしくない、チンピラふうである、キスがなってない、言葉遣いが悪い、客の好みに合わせることができない、工夫も教養も一切ない、警戒心をなかなか解かない、裸姿に魅力なし、などの欠点がいくつか備わっているからです。
 このなかで、太字のところは先ず当てはまりますね。
 ソープ情報誌の写真の顔で選んでいては、その遭遇率がアップします。フリーの客を呼び込むことを戦略としている店でも遭遇率はアップします。はっきり言って、顔出し美人オンパレードの店はダメです。

 私に言わせれば、P指名本数なんていうものは一切関係なし、ソープで6ヶ月もまともに出勤して働いていて、本指名が10本を下回るなら、もうその女はソープ嬢たる資格なしです。
 本指名が15本の女ぐらいを気に入ってしまうなら、それは『蓼食う虫も好き好き』の範囲に入ります。
 しかし、本指名が5本のソープ嬢が気に入ったなら、もうその男は、(1) ソープ遊興のレベルがかなり低い (2) 女を見る目がまるでない としか思いようがないです。
 私は初対面の女の本指名数を推定して、大きくはずれることは絶対にありません。
 私にとっては、本指名が20本以下の女はどうでもいい存在です。本指名数がわかってそう判断するのではなく、惚れて通った女が、結果的にどれも皆いい指名実績を上げているのです。どちらかというとまるでP指名の乏しい女ばかりでした。
 どっちみち虚飾の世界。虚飾でも、気分良くしてくれて、一生懸命対面してくれる子が一番良いです。
 男にとっては大変残念なことには、女も男と同様に、倫理的な抵抗感さえ生じなければ、複数の異性に同時に「恋心」や「準恋心」や「疑似恋心」を持たせることが生物学的には歓迎です。
 この本態を活用し、共にスッケベを愉しむようになれば、もう虚飾の世界などという醒めた言葉は思い浮かばずに、思いっきり淫奔に享楽を愉しめます。

 P指名は顔で取れますが、継続的な本指名は『心映え』で取ります。

余談5:
 私は普通の客があまりしないことをソープでもヘルスでもしています。ヘルスでは本番をするし、ヘルスでもソープでも、アナルいじり、アナルセックス、ハメ撮り、おしっこショーなどをしてしまいます。
 でも、馴染みになってから、自らのエロプレイに驚いている彼女たちに、通い始めの頃の私の印象を聞くと、皆同じ事を言います。
 どう表現するかというと、「すっごく紳士の人」、「おとなしくて、変なこと(要求)を言わない人」なんです。
 物欲しげな顔をしているとなんにも得られない。成果は自然と落ちてくるのを待て。好感を引き出さねば何も成就しない。リピートして親しくなることと共感してあげることが大切。
 私の経験はこういうことを教えてくれていると思います。
【現実】ソプ嬢と客の関係を再認識するスレ【妄想】より
 701 名前: 名無しさん@入浴中 投稿日: 04/03/14 18:39
ソープの客
@割切派
 何でもいいからただ抜いてもらいたい。
 姫が何を思っているか感じているかは無頓着。
 当然、彼氏がいるとかは全く興味なし。
A嫁探し派
 ソープに嫁(彼女)を求めて通う。
 姫にいかに気に入ってもらえるかに心を砕く。
 彼氏がいるかどうかが最大の関心事。
Bバランス派
 その時だけの恋人気分を味わうが、それ以上は求めない。
 二人して気持ちよくなろうと気は使う。
 私生活に必要以上に立ち入らない。
どれもソープ嬢にとっては、同じ客。

 どれもソープ嬢にとっては、同じ客、ということは絶対にありません。
 @はやる気の起きない客で、Aは腹立たしい客になり、Bは歓迎できる客になります。Bの客ならば、会話もエッチも愉しい客の場合に特に、渾身のサービスもする気になります。
 ソープやヘルスの女から客を見ると、嫌な客か好感を寄せられる客か、この2つしかなくて、中間の客というのはあんまりいないと言います。そして、嫌な客のほうが圧倒的に多くなります。
 嫌な客というのは、要求が先行する男が代表例でしょう。情緒も女心も手順も何も考えず、言いたいことを言ってやりたいことをしたがるタイプです。それと、ハートに男性として魅力がない人ですね。どう考えても絶対に女にもてないタイプですかね。

 よろしいですか。再度繰り返します。
 ソープやヘルスの女と馴染みになってから、初対面の日の私の印象を思い出して語らせると、皆必ず「随分おとなしい紳士の人だわと思ったぁ!」と言います。今じゃ、こんなすごいことをさせているのに〜ぃ、という顔つきで思い出し笑いの表情をします。
 初めチョロチョロ、中パッパ、という言葉がありますが、女遊びもこの通りです。
 初めは、女が「この人、オットナシイ人」と思うぐらいでいいんです。口はおとなしくてはダメですよ。どんどん喋らなくては。話にユーモアがあって、そして過激で、行為がおとなしいのがいいのです。
「この人、オットナシイ人」と思えば、警戒心が消えます。何年この仕事をやっていても、初対面は何がどうだかわからないから、女は不安なんです。その気持ちを理解してあげなければ。
 最近は、私は豹変するのが早くなりましたが、昔はなかなか慎重で、3度5度と対面しなければ、或いは、半年も通わなければ豹変しなかったです。豹変というのは、超々卑猥遂行路線の発揮です。
 でも、指入れとかディープキスを初会で迫るのは、今でも遠慮していますね。
 女遊びは、とにかく如何にして好意を引き出し、珍奇な行為が成立するかです。私の場合の珍奇な行為・スペシャルな応対というのは、放尿とか、ハメ撮りとか、アナルプレイとかであって、『無料店外』は入っていません。
 その出発点が、警戒心の飛ばしと、指名への期待です。この客は安心して対応できると思わせる、現にその通りの結果になりますが、この心が一番大切なんです。
 補足!〜初会でのおとなしさの程度
  (あんまり)しないこと:顔と顔とを接近、女の手を握ること、女の体にベタベタと触ること
 いきなり抱き寄せること、陰部のフィンガータッチ、キスの請求
  (ほとんど)しないこと:NS挿入依頼、バギナへの指入れ、乳揉み
 いやだと言われたことをもう一度粘ること
 というか、おとなしいから、「いやよ」という言葉や仕草が出てこない
  なお、初会で存外にやっていて、先ずOKが出ること:(クンニ中の)アナルへの指入れ

 勿論、初会でもう何でもOKという対面をしたこともあります。
 対面して最初の30分はおとなしくても、どこかでフィーリングがぴったしの感じになり、こちらが欲望丸出しになっても、相手がそれを受け入れれば、自然と、ハメ撮り、放尿ショー、口内つば垂らし、精液ゴックンドリンクなどに至ってしまいます。
 いくら遊び慣れていても、初会となると私は目を丸くしますが、その相方の性格やその時の会話を考えれば、私以外の人がそんなことを初対面で達成できるとはほとんど思えません。

 女遊びは、女に気持ちよくさせるということが一番大切です。アクメのことを言っているのではありませんよ。
 ついこの前、初めての飲み屋に入りました。中区錦3丁目の、若い女を10人も抱えた立派な店です。
 そこで、ママと若いホステスから名刺をもらいました。ホステスのほうは別に話が大層弾んだわけではないけれど、一応私についていたから名刺をよこしたのです。
 翌週、客を二次会に連れて行くことになり、私はその店に予告の電話を入れました。電話は誰にしたか。
 たいていの人はママにかけるのではないですか。いい座席といい女の確保、そして、場合によっては予算交渉を狙いとして。
 私は若いホステスにかけました。
 翌日、彼女から来たメールには「応援してくれて、とってもありがとう。嬉しかったわ」という言葉が入っていました。予告を彼女にしたことで、私は“彼女が捉えたお客”という位置づけになり、彼女の成績が上がったのです。
 チンコとクリトリスと風俗の女の顔はたてるものです。
 その結果、すっかり親近的な応対を受けるようになりました。2回の遊興で、私のすべてのジョークを出し尽くしたから、かなり印象的な客になってしまったようです。

 名古屋の錦3丁目や住吉町の高額な飲み屋に初めて入った男は、立派な会社の地位のある人でも、ホステスの胸・尻・足などにやたらと触りたがることが非常に多いです。
 私はそういう店で猥談をバンバンしても、ソープでの非ファックタイムと同様に、女の体にベタベタと触ったり抱き寄せたりすることは一切しないから、一緒に行った連中は、こいつ遊び方を知らねえなとか、口ほどにもない内気な奴だ!とかの顔つきをします。
 それどころか、私についているホステスに対して「おい、××さんは口ほどにもなく初なお人だから、この人の手を取ってアンタの胸のところに持っていってあげなよ。この人に胸を揉んで貰いなよ」なんてだみ声を上げます。
 私は、ホステスの、服をまとった肉体に対して能動的に動いたところで、しょうがないと思っています。
 それに、私と一緒に店に入った連中は、抱いた女の数なんて、私の百分の一にも達しないでしょう。もう、チンボの生殖機能なんて無くしているのかもしれません。
 連中が、会社の交際費で中学生程度の女遊びをしているだけのことに対して、私はなんと100%自分の所得で、たゆまずバンバンファックしてきて、毎度記念のヌード撮影までしています。
 私は内心嗤っています……ボトル1本下ろすだけで2万円、それで、他に一人当たり12,000円の料金が必要な店で、たかが布地越しのタッチに情熱を燃やすなんて……と。
 私の内心のあざけりなんて何もわからずに、連中は、咎められても咎められても服越しに女の体にタッチしようとしています。
 とっても見苦しい光景で、女がいやがっているのをわかろうとしない男ばかりです。スナック・クラブのたぐいでこんなだから、ソープやヘルスの店では、ひどい男がいっぱいいそうだとは想像できます。

余談6:
 最初に2ちゃんねるの書き込みを引用します。
【ソプ嬢】切実な悩みを相談するスレ☆9【限定】より
 431 名前: 名無しさん@入浴中 [sage] 投稿日: 04/03/21 17:18
顔みるだけで嫌な本指名客。
あたいの嫌な本指名客はやたら口が湿っぽくてキスすると鳥肌が立つ。
鼻をなめたり(つばがクサイ)顔にキスしたり(口が湿っぽいからブチューって感じなのだ)
とにかく気持ち悪い。
後、目にもキスしてきやがる。(私の前髪を手で押さえながら)マジはきそー。
しかも帰りぎわにキスをしたあと肩や鼻をまたなめたりする。
せっかくシャワーはいったのに。もちろん脱脂綿で拭くけどさ。
何か生理的にその人のことが嫌なのよ。
出禁にしたいけど理由がないんだよなぁー。禁止行為はまったくしないので。
あ、あとさぁー初めのシャワーで洗い終わった後
  「じゃぁ○番で先に待っててくださいね〜」と言った後に
  「トイレどこ〜?」て聞くチンカス野郎!!ハァ?って感じ。
シャワーに入るって行為の意味わかってんの?あーちょっとすっきりした!!
 439 名前: 422 [sage] 投稿日: 04/03/22 17:51
(略)
私は営業ってニガテです 嘘がつけない人間なので、感情が態度に出てしまいます
嫌いな人に対して、悟られないよう平静を保つのに精一杯
楽しかったり良いお客さんには「楽しかった」って言って名刺渡すけど、
思ってもみないお世辞とか色恋営業な事はよう言えないです
色恋営業無しで普通に接客して楽しいと思ってくれたお客さんだけでいい・・・とか、
次も来て欲しいと思わない人に、仕事の為に気に入ってもらえるように
無理に営業するくらいならお茶退いてもいいやー ・・・・て考えじゃ
この業界生き残れないのかな?

この間も、お客さんがすごい私を気に入ってくれたみたいで、「次は指名するよ」って
嘘かホントか一応言ってくれたんですけど、私はちょっと・・・・
お風呂の最中に「オシッコしていい?」って排水溝のとこでやり始めるし、
ベットが終わってチンを洗った後にまたオシッコするんですよ!
それだったら帰りにトイレ行きなよーっ!
マットの技もまだロクに持ってない新人で、
指名するって気に入ってもらえるのはありがたいって感謝しないといけないんでしょうけど・・・
こういうのはどうやって乗り越えればいいの?

 この投稿はある意味では大変ごもっともです。
 ここで挙げられている『客の放尿』は、エロプレイではなく、単なる生理現象なんですね。女から顰蹙を買うだけで、まことにつまらない。
 ソープ嬢の気持ちを引き寄せてもいないのに、愚かな行為をしていやがられている客が多いです。
 相方に放尿を見て頂く、見て頂くだけでなくホースを指で支えて頂く、進化した段階では、放水後に『後舐め』をして頂く、こういうことは、相方に気持ちよく実行して頂けるようにならなければいけません。
 私の場合は、次の通りです。
(1) 初会の場合〜事前の排尿を励行しています。
(2) 何度か指名した後〜女の性格を見て、放尿という猥褻なプレイが可能かどうかは見極めています。
 見極めているから直前の排尿はせずに対面して、相方から好意的な反応を必ず得て実行します。
 私は、放尿ぐらいニコニコして見ているような性格の女でないと、裏を返しません。
 それぐらいの奔放さがなければ、何をしてもつまらないです。
 これは、『性格』と書きましたが、必ずしも女の性格でもありません。女との関係がそこまでの親密さに至るこちらの努力と腕があって、その結果醸成された親密感を言っているのです。(努力とはいっても、もう身についてしまっているものです)
 極端な話、女には放水ホースという器官がないからこそ、交尾器官としての興味から一歩離れた関心もあるのです。排尿によって陰部全体が汚れないようにしてくれる放水ホースというものが、大変羨ましいのです。
 でも、親密感がこれっぽっちも生まれていない客に対して、そんな気持ちを向けるはずがありません。それどころか、横着にそういうことを実行したなら、腹立たしくなるのが当たり前です。
(3) 120分で入浴して、事前の排尿を済ませていても、尿意が生まれたとき
 初会または極く浅い回数のリピートでの話ですが、120分ですと、女の手取りは2.5〜3万円。
 ここまでとなると、女は、手取りが立派だから、男が部屋の中で小便をしたって文句を言うべきではないという意識になることが多くなります。
 私は、初会であろうと、必ず女の気持ちを引き寄せているから、小便をして、女に嫌々の心というのを感じたことがありません。

 大切なことが一つあります。心配りです。
 親しき仲にも礼儀ありで、私は排尿する前に必ずたらいを手にします。そのたらいで風呂の湯を汲みます。
 これは余談5に書いた“初めはおとなしく”に通じます。その気遣いに嬢が共感します。
 私は 120分であれば何も声をかけずに、そして 100分であれば「おしっこ〜!」と声をかけて、湯を汲みます。
 湯は、小便をしながら床に落とし、最後は股間にかけます。ここが、先の投稿で罵られている客とは全く違うところです。
 勿論、リピート嬢で初めての放尿ですと、もう嬢がシャワーを出してくるし、というか、出終わるまで床を流そうとせずに、私に寄り添って床から立ち上るにおいを嗅いでいます。初会でもペニスを指で支える嬢もいます。
 私が浴室の端のほうにあるたらいを取り上げようとするやいなや、湯をすくう前に、「おしっこなの? アナタ、気遣いされるのねぇ」と声をかけた初会の女もいます。
 そういう嬢は、初対面でも、「私がシャワー出すから、いいわよ」と言い、放尿中にそのシャワーはペニスにかけずに床に放ち、最後の滴をペニスの先から唇に絡めてくれます。
 そのような気配りをする男であれば、リピート通いを続けて放尿が汚い行為でない……という関係になると、ダブルの時間で入浴したときには、かなり卑猥な放尿プレイが成立することになります。
 重要!〜男の気配りが女の気持ちを捉える
 私は相方と対面中に小便を所定の個室でしたことはありません。ということは、もう女の前で小便を結構な数しています。浴室で、女が間近にいての、全裸姿の立ち小便には、もう猥褻な気分なんてこれっぽっちもありません。
 もうひとつ肝心なこと。
 それは、自分の放尿ぐらいは見せておいたほうが、女の放尿を見学しやすいということです。女の放尿というのは、割れ目を開いてして頂ければ、もう凄まじいほど斬新にして、非日常的な嬉しい光景です。
 ソープで女の放尿シーンを愉しまないなんて、全くもったいない。そもそもそこまで親密、かつ、エロい関係に至ることが値打ちがあるのです。
 私の場合、馴染みになった嬢でオープン放尿を見ていないのは殆どいません。小便どころかウンコ出しを見せてもらったのもあります。

余談7:
 ある社長が、次に構築する製造ラインには、昔から深く取引しているB社の製品ではなくて、A社の製品を導入しようと堅く心に決めていました。それは、リスク回避の思想からでした。
 B社の販売責任者は、当初からその社長の宣告を聞いていて、大変残念に思いながらもあきらめていました。(ちなみに、A社の製品のほうがB社の製品よりもマーケットシェアーが上位)
 しかし、B社の販売担当者が、躍起になって説得して、とうとう社長は従前の通りB社の製品を導入することにしました。
 土壇場の大どんでん返しが成功したのは、社長が、その若手担当者の死にものぐるいの熱意と、尋常並大抵でない心配りに心を打たれ、心意気に痺れたからでした。
 人は、他人の思わぬ気配りに大層心を打たれるものです。これは男女の間でも同じです。
 ソープの客は、3回ソープで遊べば、自分やソープ嬢がある動作をしたとき、その次にはソープ嬢がいかなる動作をするのか想像できるはずです。
 ならば、客がその次の動作を予想して、必要な姿勢で対応しておれば、女は「この人はとっても手のかからない人、気配りしてくれる人」と思います。
 たとえば、風呂から上がったとします。じゃあ男はどのように行動するのが最善か。
 先ず湯船を出るタイミングです。女がマットプレイをして、そのローションを体から落とすためにシャワーを使っているのなら、その洗浄が終了するまでは風呂の中でじっとしている、女がシャワーを止めて体を拭き終えたら、自分が湯船から立ち上がる、そして、お喋りに夢中になったりはせずに、居間の入り口のところに立って、後ろ向きになってスタンバイする、すると女がバスタオルを取って男の体を拭く、そのタオルが股間に来たら、腰を少し下げて股を開き、金玉の後ろまで拭きやすくする。
 こういう配慮が、対面開始から時間終了まで感じられると、女は「遊び慣れた客だわ」と感服します。
 ソープでこんな気配りの効く人が、素人の女と対面しても好感を持たれやすいし、会社の仲間にも、町内会の人にも、親戚の人にも、「あの人はできた人だ」と印象づけることになります。

 私は、良性記のどこかで、「風呂の栓を抜く」話を書いています。
 この「風呂の栓を抜く」ことは私の心遣いの代表例で、この一つの動作で、一発好感満額回答です。
 昔、3度ぐらい対面した女にこんなことを言われたことがあります。
「私、貴方に感心したのは、初めて会った時、貴方を送り出して部屋に戻って、お風呂の湯を落とそうとしたら、もう落としてあるのを見て、アッと思ったの。あの人は、冷めた湯の中に私が肩近くまで腕を突っ込んで栓を抜く作業をさせないように気配りしてくれた。私は貴方がこの店によく来ていて大変有名なのを知っていたけれど、そのわけがわかったと思ったわ」
 私にはこれが殺し文句でした。彼女がここまで言葉を並べれば、これはもう営業トークではありません。
 私は長年いつも風呂の栓を抜くから、初対面や裏を返した時のソープ嬢の反応の統計はデータとして有効です。半分以上は何らかの感謝の言葉をかけてくれます。
 言葉が返ってこないのは、栓外しに気づいていないケースが大部分で、気づいて何も言葉が返ってこない場合は、そのソープ嬢がどチンピラ娘の時です。
 私は良いことは黙ってやります。良いことは、宣伝しながらやるものではありません。ひとたび宣伝すれば、その良いことの値打ちが一気に下がります。
 一方、悪いことは宣言なり、動作を知らしめるなりして実行します。
 悪いことの例としては、綿棒をアナルに突っ込んで、入り口付近の壁に擦りつけてから、その綿棒をお嬢の鼻の穴に入れることです。
 重要!〜男と女のラブ行為は、女に『この人、いいひと!』と思わせるところからすべてが始まる

 もう一つ心配りの例です。
 ペニスをバギナに嵌め込むとき、私はちゃんと気配りしています。ガバーッとM字開脚をして頂くのはエロ心だけが理由ではありません。
 大陰唇に長い恥毛がたくさん生えているときには、それを巻き込まないようにインサートする必要があります。また、小陰唇が見事に突出しているときには、肉片を引き込まないように嵌めなければなりません。
 挿入するときは、その瞬間をきちんと見届ける必要があります。
 そして、私は正上位で嵌める時には、一旦勃起ペニスの先を押し下げて、会陰の側から、要するに下からペニスの先を上げるようにして挿入します。下から膣口を探れば、よけいなものを連れ込む可能性が乏しくなります。左右のラビアは、上でつながっていても、下は明瞭につながっていることがありません。下側は開いています。
 何も考えていない人と心にゆとりのない人は、陰核の側から、要するに上から、或いは、正面から押し入れるので、何かを巻き込みやすくなります。
 ファックでは、ここが膣口だと見当をつけたところに、正面から太いものを押し込んではいけません。

『ソープ遊びを考える』へ  『金津園遊びの手引き』へ  トップページへ戻る
(千戸拾倍 著)
St herb ナノ ブレストクリーム