ソープでアナルセックス

 ネットを眺めているとソープ店(またはソープ街)を挙げて「アナルができる子は誰?」のような質問をよく見かけます。先ず回答がまともに出ていないから面白いです。
 私は30年金津園で遊んで、初会の客が望めばアナルセックスに応ずるという嬢を1人も知りません。
 まだ私がアナルセックスの未経験の頃、何人かの相方に、誰それはアナルまでするのよ、とおぞましげに言われたことがあるけれど、噂の嬢が初会でアナルセックスに応ずるとは限りません。多分応ぜずに、アナルセックスなんて知らないという顔をするでしょう。
 嬢は普通のセックスをするのが仕事だと思ってアナルセックスは対象外だから、アナルセックスをしたことがあってもそれを売りにまでしないなら、好意を抱いた本指名客に希に許すことがあるという程度です。相手の好意を汲みとった客がネットで上の質問に対して嬢の名を出すことは通常ないでしょう。
 なお、私は金津園の紫音というSMが売りの店に入ったことがないので、心当たりがないというのは紫音を外しての意見です。
 紫音はSMが売りなのに禁NSだから、これが私には大変怪訝です。SMなら中出しでしょう。垂れ出た精液を指ですくって嬢に吸い取らせる。これが本当のSMです。縛りとかローソクなんてアホです。
 なお、2014/07/13にスチュアーデスのサイトを見ると次のようにAFができる嬢が紹介されていた。本稿を書いた時とは様変わりです。
  ジュリ、サクラ、ハル
 ハメ撮りOKの嬢も数人いるし、すごいものです。
 肛門性交には男に技量や心配りが必要なので、嬢は何もわからない客とはアナルセックスをしません。
 これはアナルセックスの経験がある嬢の話ですが、実は(気づくのに25年もかかったけれど)アナルセックス未経験の嬢をAFに持ち込むところにソープ遊びの面白さがあるとも言えます。ソープ嬢は素人の女以上にアナルセックスに関心があるものです。
 アナルセックス経験嬢、未経験の嬢を問わず、嬢をアナルセックスに誘うポイントは客の男の優しさと気配りの良さです。これで女はアナルを任せてみようかという気持になります。
 アナルセックスは痛みを感じさせないようにあらかじめアナルを広げることが必要だから、嬢に自分の優しさと気配りの良さをわからせなければなりません。そうしておれば、店でアナルセックスをしたことのない嬢とこれをするのは比較的容易だと思います。できる人はできるものです。優しさと気配りの良さです。
 なお、私はアナルセックスを売りにしている嬢に入浴したことが一度もありません。
 冒頭の「アナルができる子は誰?」という質問について更に続けます。
 このような男は──よくアナルセックスをする嬢がいて、そういう嬢は初めからアナルが広がり、ペニスの受け入れが容易で、積極的に客にアナルセックスを楽しませるのだ──と思っている気配があります。
 これはとんでもない考え違いです。店サイトでアナルセックスを宣伝しているような嬢ならともかくも、そうではない嬢は、もともと滅多に客とアナルセックスをすることがなくて、初めからペニスが入りやすい肛門なんて用意していません。
 サイトでアナルセックスを宣伝している嬢でも、訓練でアナルが広がりやすくはなっているけれど、やっぱりその都度アナルの拡張工事が必要でしょう。
 アナルセックスのスタートはアナルに指を入れることです。

 嬢のアナルへ指を入れることについて考えます。
 私は嬢と絡む時、必ずお尻の穴に注目します。尻穴は可愛いです。女が美人だったり見事なプロポーションだったりしたら(どんなアナルなのだろうか?)と気になります。嬢がM字開脚した時、アナルの放射状の筋が綺麗だと見とれます。その上アナルの左右の尻たぶが壁のようにはなっていないと、尻穴の開放性に痺れます。
 これなら69をしておれば舐めたくもなるし、撫でたくもなります。女が綺麗であればあるほど、バギナとアナルに指の二本差しがしたくなります。
 部屋を暗くしてセックスする男性は女性のマンコとアナルを見たいとも思わない歪な心の持ち主だと私は認定します。
 性的な戯れの一環として嬢のアナルへ指を挿入することについては、これを全く望まない人と、してみたいと思う人がいます。後者の人へアドバイスします。
 そもそも嬢がアナルへ指を入れられるのを認めるケースはどれぐらいあるのでしょうか。私の考えでは、金津園の嬢が認める嬢の割合は9割以上です。私の場合はこれぐらいに高いです。
 嬢のアナルに指を入れるのを初会でする割合は(こんな行為の記録をとっているわけではないから感触で考えると)大体70%ぐらいです。
 初会でアナル指入れをしないのが30%、うち25%は私が実行する気にならなかった嬢(相手の性格を見て拒絶されると認定、体型の太さ乃至相手の態度などで欲望が萎え、など)だから、頼んで拒まれたのは5%ぐらいです。
 どうしたらこれぐらいの高い遂行率になるのか。
(1) 会話や行為で嬢を瞠目させること。←これなかりせば普通は嬢のNG事項のままです。
(2) クンニリングスして気持ちを高揚させること。←これで、嬢のNG事項から開放させます。
(3) 69の最中に、指をアナルに這わせます。←嬢の濃厚な愛液でローションが不要になります。
 これでアナル指入れの実現率が飛躍的に高くなります。
 クンニリングなんぞは全くせず、フェラチオばかりさせていて、嬢をM字開脚させて股間の正面にくるとか、嬢を四つん這いにさせて股間の正面にくるとかして、男が嬢のアナルに指を入れることを望めば、嬢は先ず拒むでしょう。
 しかし、69をしておれば、これは必然的にアナルに指を入れる体勢であると共に、嬢は気持がフェラチオすることとクンニリングスを楽しむことに向かっています。指を入れられる抵抗感が縮小します。
「ねえ、アナル、さわってもいい?」というような馬鹿な質問をしないのがポイントです。
 なお、(1) の嬢を瞠目させることについては
(a) エロさで嬢を感歎させること。→これによりアナルを弄られるのが恥ずかしいという気持を消させる。
(b) よくソープに来ている客だと認識させること。→指名が取れるかもしれないという気持ちにならせる。
(c) やることに思いやりがある男だと安心させる。→これにより任せてみようかという気持ちにならせる。
ということです。
 問題は、69の最中に指をアナルの表面に這わせてからです。
指でアナルを撫でた時に
 ア.すぐさま明確な口調で「そこはダメよ」と言われる。
 イ.嬢がお構いなしにフェラチオを頑張ってしている。
 そこで(当然唇は陰核茎部を捉えたままで)、指先に愛液や唾をつけてアナルに挿入する。
 先にしっかりアナルを撫で、嬢に挿入される可能性をわからせること、潤滑液をしっかりなすりつけること、「ねえ、アナルに指を入れてもいい?」というような馬鹿な質問をしないこと、の三つがポイント。
 イ-1.「それはダメ〜!」と甘い口調で言われる。
 イ-2.嬢がペニスを口から離さない。
 こんなふうに進みます。
 イ-1の場合は、嬢がエクスタシーに舞ってからもう一度試み、そこでもダメなら、もうその日は諦めるべきです。(裏を返したぐらいでは望まないのが当然でしょう)
 こんな具合でも本指名を重ねればあっさりとOKになることはよくあります。勿論8回会ってもNoの嬢もいます。(8回の入浴で毎回アナルに指を入れようとするなんて当然しませんよ。8回のうち2回か3回程度です)
 で、イ-2の場合は、
相手がお構いなしにフェラチオを続けているからにはアナル指入れに拒絶的ではないのだから
(1) 指を適度に挿入する。
(2) 指をゆっくりと前後させる。
(3) 同時にもう1本の指をバギナに入れる。
(4) 指2本をアナルに挿入する。
などして遊んだらよいと思います。そこで拒まれたら、やはりしつこいことはしてはいけません。
 大切なことは、クンニリングスを止めないということです。止めれば単なるアナル遊びになり、嬢は女の慎みの観点から異境を指で悪戯されるのを拒みたくなります。
 69の最中にする、単なるアナル弄り専一行為ではない、の2点がポイントです。69は二人が横に寝る形でやらないとアナル弄りがしにくいです。前提としては、やはりエロい会話と上手いクンニリングスがあってこその一大協力です。
 私がこういうふうにすると、嬢がアナルに指を入れられたのが初めてというのが大変多いから驚きます。客の多くが嬢のアナルに指を入れようとしないし、入れたがる客がいても、嬢が即座に拒んでいたのです。
 後者は客の持ちかけ方が下手くそだし、前者は、要するに、好奇心のない人が多すぎるということです。それでは男子、大を成せません。
 バギナとアナルに指の二本差しなんて、相手が女性でないと絶対にできないのですよ。両方に入れると、本当に『不思議の世界』です。ところが、エロ動画で指の二本差しをしているシーンを私は殆ど見たことがありません。エロ男優やAV監督は何を考えているのでしょう。本当にだらしないです。
 なお、指をアナルに入れてウンコに当たる確率は、私の場合は1割未満です。指が届く範囲にウンコがあったことは少ないです。
 何故嬢のアナルに指を入れたいのかという疑問には『そこに穴があるから』と返したいですが、詳しくは次のように答えます。
(a) 女のアナルに指をぶち込むと、何故かすっごく達成感を感じる。(要するに、楽しい)
(b) 指をバギナとアナルに2本差しすると、女に不思議な感覚を生ませられる。
(c) アナルへ指2本の挿入に成功すれば、高い確率でアナルセックスに持ち込める。
 女性のアナルに指を入れた時の感触は素晴らしいです。ペニスを嵌めた時の感触も素晴らしいです。
 重要なことは「アナルセックスしたいからお尻の穴に指を入れてもいいかい?」という馬鹿な切り出しをしないことです。そんなことを先に言えば、アナルファックも指入れも両方拒まれることでしょう。

 アナルへ指を入れられるようになったらアナルセックスを目指せます。そのためには肛門の入り口を広げる必要があります。
 指入れができたら、そこで「アナルセックスをしてみないかい?」と打診するのが私のやり方です。やはり先にAFを打診すれば、嬢はNoと言いたくなるでしょう。
 AFの全時間を 100とすれば、60〜90はアナルの拡張のための時間です。その拡張を無言でやっていたら広がるものも広がりません。ユーモアのある会話をしながら上手に嬢をのせていく力量がなければ。
 アナルセックスに大切なことは次です。
 1.しっかりと準備する。───要するにアナルを広げる。→目指すは指2本の挿入。
 2.ペニスの勃ちが良い。───要するにかなりの堅さが必要である。
※ 互いに裸になった時点でまだ勃起していないとか、女性のちょっとした一言で勃起ペニスが萎えたとかの経験が何度かあるような弱い心・勃起力の男性にはアナルセックスはなかなか難しい。
 3.なかなかアナルが広がらない女性がいることを理解する。
※ アナルをゆるめることができない女性はアナルセックスがまるっきり不向きで、ローションをたっぷり使えばペニスを押し込めるだろうけれど、女性は痛いだけ。ペニスも苦しいだけ。
 アナルの緊張が解けていない時は絶対に無理に入れることは不可。
 エロ動画のアナルセックスを見ているだけでは、アナルセックスがまるっきり不向きな女性がいることが全然理解できないのが一番の問題でしょう。
 相手の状況によっては撤退せねばならないことがあるのです。
 嬢が客の優しさを認識していて、かつ、嬢が客のアナルに指を入れることをし、更に、客から指をアナルへ入れられることを受け入れるならば、アナルセックスに持ち込みやすくなります。
 嬢が心の底から相手の男を受け入れていることと、男が優しくアナルセックスを行い、要するに、肛門の拡張を丁寧にやることです。そういう気配りのある性格であることが大切です。
 アナルに指2本を挿入するまでに至れば、嬢は先ずアナルセックスを拒まないでしょう。うまくやればアナルセックスというのは男女両方にとって結構なものだと思います。
 ソープ嬢(素人の女性でも同じです)にアナルへの忌避感が強すぎず、エロいことに関心があって、2人の関係が真に親密で、ペニスがでっかくないなら、アナルセックスを誘うことはそんなに難しくはありません。
 重要なのは、指2本というように広がりやすいアナルもあれば、指を1本入れられてしばらくすると勝手に筋肉が収縮して痛くなるアナルもあることです。後者のケースはいくらでもあるので、痛がられたら止めるという良識が必要です。

1.ソープ嬢をアナルセックスに導きにくい客
 ソープ嬢をアナルセックスに導きにくい客というのはどういうタイプでしょうか。
 嬢はたとえAF未経験でもでかいものは入れにくいとよくわかっています。ペニスがAV男優並の客は嬢の経験の有無を問わずかなり難しいと思います。嬢はペニスの大小がよくわかっているから巨根客の自由にさせることは先ずありません。
 アナルセックスはある意味大変恥ずかしい行為です。常連になって通う遊びをしない客には簡単にはアナルセックスを認めないでしょう。2ちゃんねるに「誰々はアナルできるぞー。助平女だ」と書かれたらたまりません。
 要するに、並の遊び人には、普通のソープでアナルセックスというのはかなり難しいでしょう。
 エロ動画では妙齢の女が実にあっさりとアナルセックスをしていますが、あれは別の世界の話。アナルをすれば出演料が高いです。(デカマラを受け入れているから不思議でなりません)
 特に、20代や30代前半の若い客では、例えば遊興資金に不自由しない独身者で、嬢が指名数を期待するような男であっても、嬢は気分的にその気にならない可能性が高いです。
 若い男は必ずと言っていいほどアナルに無理やりペニスを入れます。そして、男が若いほど、嬢はアナルを差し出すことに恥ずかしさを強く感じるものです。
 嬢にプレゼントで歓心を買っている男もアナルセックスはありえません。札束攻撃なら最強ですが。
 ベッドに寝て、女に上下動させているだけの男には絶対にあり得ない。女に花束を渡したがる男にもあり得ない。月に3コマ、6コマと入れて、会話を楽しむのが中心の男にもあり得ない。ソープの個室で小便することができない男にもあり得ない。女に、どの客にもしている程度のキスしかさせられない男にもあり得ない。女に性の悦びを感じさせない男にもあり得ない。おまんφにフィンガータッチしかしない男にもあり得ない。独身男にはなかなかない。かわいげの乏しい男にもない。

2.アナルセックスの可能性のある嬢
 アナルセックスに持ち込めない嬢というのはどういうタイプでしょうか。
 初会、本指名1回目、本指名2回目、要するに3度目の入浴でも困惑的雰囲気がなく嬢のアナルに指を入れることができなかった嬢というのは先ずアナルセックスに持ち込めないでしょう。
 私の経験では、ソープ嬢(あくまでAFを売りとしていない)とアナルセックスするには、アナルの即舐めをされているぐらいでないと難しいと思います。アナルの即舐めとアナルセックス受入は大いに関係があります。
 アナルの即舐めをするという“親密さ”がアナルセックスを受け入れてようかという心に繋がります。
 また、アナルセックスの最大の障害はアナルに対する忌避感だから、アナルの即舐めまでする嬢はその忌避感が希薄で、アナルセックスに持ち込みやすいと言えます。(参考:即のアナル舐め考
 忌避感が大きいと、アナルセックスをしてみようと思いにくいだけでなく、たとえ決行を認めても、いざアナルを拡げようとするとこれがなかなか拡がりません。何とかペニスを突っ込んでも、そのうちにアナルがキューッとすぼまって、アナルが痛くなります。
 アナルセックスは女性がその気になってかかることが大切なのです。
 ということは、嬢がいつもどの客にも即のアナル舐めをしていないのに自分だけがされるというのは、嬢と親密関係が充分で、アナルセックスのような別格的な親密応対行為に持ち込みやすくなる。好意があって行為が広がる。
 なお、初会の客にそれなりの割合で即のアナル舐めをする嬢というのはアナルセックスに持ち込みにくいと思う。
 まあ即のアナル舐めというのはかなりすごい行為で、これをする嬢は金津園でもそれほどいません。少なくともマットプレイでアナル舐めをする嬢と、アナル舐めに誘導できる客とで、アナルセックスの可能性が少し高まります。
 アナルセックスができる可能性のある嬢(アナル処女であっても)を纏めます。
(1) 自分のアナルに触られることを拒まない嬢。
(2) 初会か裏を返した入浴で、マットプレイにおいてアナルを舐めた嬢。
(3) 大変よく互いにうちとけあっている嬢。
 以上の三つが必須要件です。
 嬢が自分のアナルに指を入れられるのを許すということが絶対条件です。例えば、肛門部が変形している嬢は存外いますが、そういう嬢がそこへのタッチを許すことはなかなかありません。
 3条件を満たした上で、相互にアナルへ指を入れあったり、立派なディープキスをするようになったら、アナルセックスの実現の可能性が出てきます。
 勿論、リピート期待感を満足させ、会話でもノーマルセックスでも嬢を本当に楽しませている場合に限ります。但し、これがなかなか難しいです。(俺は該当するぞ!)と思っても事実誤認のケースが相当多いと思います。

3.金津園でのアナルセックス
 アナルセックスは、当然のことながらこれだけは絶対にやりたくないと思っているソープ嬢がかなりたくさんいます。
 だから、店に、アナルセックスをOKとしている嬢がいると、その結果、そんなものはNoとする他の嬢までが客からアナルセックスを求められることになり、これを店の責任者も嫌うことがあります。
 それで、内規として、店が嬢に「アナルはダメ」と申し渡していることがあります。
「アナルセックスをしても良いけれど、自分からそのことを宣伝するな。するのは、本当に信頼できる常連のお客だけにしなさい。ネットにお前とアナルセックスができたぞ!、と書き込みそうな、指名もさほどかけていない客と絶対にアナルセックスをするな」
 こんなふうに指示することもあり得ます。
 金津園では、サイトでアナルセックスをOKとしている嬢を宣伝している店が時々ありますが、そういう店以外で、比較的料金の高いところは、殆どが『一応アナルセックスは禁止』という扱いなのではなかろうかと想像します。
 私が店長ならそのように決めます。理由は、アナルセックスをしたがる客はかなり少ないし、その中でアナルセックスを上手にやれる男なんてまるで少ないからです。願望だけで、技術も思いやりもいたわりもまるで伴っていないのですね。
 指で強引に力任せにアナルの入り口を広げようとするとんでもない男がいくらでもいます。アナルのほぐしが必要なことを殆ど認識していない男がたくさんいます。潤滑剤を用いようとしない男もいます。信じられないほど身勝手な男がかなりいます。
 自分の尻の孔で考えたらわかることなのに、(金を払っているから我慢せよ)と思っているのか、(アナルセックスをOKしたお前なら、簡単にペニスをもぐり込ませられるのだろう)と思っているのかわかりませんが、肛門を破壊されたら嬢が気の毒です。
 しかし、どのように禁令が出ていようと、個室のことは、言わなければ誰にもわかりません。だから、私はアナルセックスをやれる場合はやらせていただきます。幸いにして巨根ではありません。
 金津園で(紫音を除いて)どの店がアナルセックスの成就が相対的に容易なのでしょうか。
 私が初めてアナルセックスをしたのは艶グループの店だったけれど、艶グループの店の嬢やここの出身の嬢にはむしろアナルセックスが成就しにくいと思います。
 彼女たちは他の店で育った嬢よりも、いろいろエロいことを大変よくして射精支援に徹しているから、心理的にアナルセックスを拒む発言をはっきり言いやすいです。(アナルセックスはいやよと明確に断言されたら、もうこれには持ち込めない。少なくとも私は再提案はしない)
 金津園ではやっぱりRグループや重役室やMGMやセ・ラヴィなど他のNS店のほうがアナルをいただきやすいでしょう。のせれば良いのです。とにかく性風俗で働く女の子はアナルセックスにはなかなか関心があります。
 なお、ゴム着の店(金津園では必ず中級店)でアナルセックスするのはかなり難しいと思います。しかし、ゴム着の店で(嬢が他の客には基本的にゴム着で応対しているのに)NSファックを実現させている場合は、やはりアナルセックスに持ち込みやすいでしょう。
 さて「AFを望む客がかなり少ない」という認識ですが
ア.相方の嬢のアナルにペニスを入れることなんて金輪際考えられないとする男性。
イ.アナルセックスに興味はあるけれど、金津園の普通の店でそんなことはできないだろうとする男性。
ウ.相方の嬢が「アナルに入れてよ。アナルセックスしてみようよ」などと積極的に勧誘してくるなら、してみようかと考えるかもしれないけれど、そうでない限り、アナルセックスなんてしたくない──と思っている男性。
 以上のどれかに該当する男性が、金津園の客の中で、かなり少なめに見ても70%はいるでしょう。(長年嬢に問答しての推察です)
 したいという願望が明確な(多めに見ても)30%と思われる客のうち、嬢をアナルセックスに導く技術があってアナルファックに持ち込める男というのは金津園の客の5%にはまず達しないと思います。
 アナルセックスで大事なことは手順が要るということです。
 手順とは、先ず嬢のアナルに指を入れるのを認めさせるということです。これをなかなか認めない嬢の場合は、指入れができるまでに結構入浴回数が必要になることがありました。
 もう一つ大切なことは、嬢にセックス巧者だと思われ、任そうという気にならせることです。
 アナルセックスをするに当たって一番重要なことはアナルの拡張です。
 エロ動画では、アナルの拡張という準備行為を殆どせずにペニスを挿入するシーンが多い(特に洋物作品ではこれが多い)けれど、普段これをしていない女性のアナルにいきなりペニスを入れようとするのは実にひどい行為です。

4.アナルセックス実現の考察
 金津園でアナルセックスができないかと思っている客は、私にはどうも皆『初会』や2回目の入浴ぐらいで果たせないかと思っているような気がしますそれは完全に間違っています。
 普通のソープ店に出ているソープ嬢にとってアナルセックスというのは相当特殊な行為でしょう。
 平成20年代で考えれば、金津園でアナルセックスを“売り”として大っぴらに宣伝している嬢は、紫音というSM店を除けば数名しかいないはずです。
 アナルセックスの願望を口に出すのはハメ撮りの願望を表明するのと同様に、相手の嬢が潔癖タイプの場合はそれだけでNG客とされることがあり得ます。
 アナルセックスができる嬢でも、本指名を何度かされた上で客をかなり見極めてからアナルセックスを許しています。そのことを説明します。
(1) アナルセックスのような特殊なものを簡単には安売りできない。
──リピート通いしてくれる客でなければ認めたくない。
──アナルセックスのようなこっ恥ずかしいことはよほど心を許した客でないと認められない。
 ただ何度も入浴しているだけではOKはされず、親近化がかなり進まないと難しい。
 男がエロく誘導して、嬢をプレイにのせないとね。
(2) アナルセックスは、男のほうに技術と思いやりを要するので、その能力がわからない客には簡単に認められない。
──事前にアナルをきちんと優しく拡張でき、優しく抽送を始めるような気配りの良い男にだけ認め得る。
 アナル拡張の事前準備には技術が要る。(指の動かし方、女の気持ちの高め方)
 アナルセックスを時々はしている嬢でも、その時の体調でアナルが緊張して広がらないことがある。
 そういう時に、自分の欲望だけで無理にペニスを押し込むことをしない思いやりのある男でないとダメ。
 男にアナルセックスするに必要な技術と思いやりがあるかどうかは、ノーマルセックスのやり方で見当がつく。
 優しく愛撫ができない、女の上下動をひたすら望む、三こすり半である、フェラチオ願望だけが目立つ、会話がエロとはほど遠い、会話がひたすらエロで知性が感じられない、こんな男はダメ。
(3) ペニスの勃起具合が大変結構な男にだけアナルセックスを認める。
──勃起が強くないと、挿入に苦労するだけ。
 アナルに入れようとして撃退されたペニスを、再度の突入のためにフェラチオするなんてしたくはない。
 面白い女遊びをするためには、お金と根気が要ります。そして、嬢の気持ちを惹きつける何かがなければなりません。プレイを嬢に導かれているだけの男や、遊興回数が多そうには見えない男では、アナルセックスはあり得ません。
 アナルセックスどころか、アナルに指を入れることも嬢に許されません。これを許されない限りアナルセックスはできません。
 嬢は客になった男の性格も遊興の心もかなり見抜きます。あっちの嬢に嵌めこっちの嬢に嵌め、やることができたら(若しくは、できなかったら)サヨナラという性格の男では、このような“特殊な性愛行為”については駄目でしょう。
 ソープ遊びで肝心なのは先ず対面回数(若しくは、これについての期待感)です。
 入浴回数が2桁程度の人は、二月にせいぜい1回程度しか突撃できないという遊興レベルなら、難しい願望を抱かずに、自分の性技と遊興力・交際術・対女性話術を磨くことを考えたほうが良いです。高望みはせず、フェラチオされて、ノーマルな性交をして、射精することで満足しておれば良いのです。
 なお、ソープでのアナルセックスの面白さとは、例えば金津園でしたら、アナル処女がものすごくたくさんいるから、お初をいただくことです。紫音を除く金津園の嬢の90%以上が多分アナル処女(少なくとも店で)でしょう。私は完璧にお初願望です。
 本当にうちとければ、ソープ嬢も誘い方次第でアナル初体験をしたくなることがよくあるものです。
 そんな嬢でも初会では、アナルを舐めることも、アナルに触れることも、拒むことが多いです。本指名をかけてもやはり強く拒まれます。
 それでも3度目や5度目の入浴で一気にその気にさせてしまうことを私はよくやっています。
 エロい嬢は心の奥にアナルセックスに対する関心があるからです。「この人なら……いいかな」と思われることが大切です。

5.アナルセックスに関する誤解
 アナルセックスに関する誤解について説明します。
 女性がアナルセックスでイクことはない
 私は平成19年に至って初めて二人の女性をアナルセックスでイカせることができました。一人はコットンクラブ、もう一人はルーブルの嬢です。驚嘆のアナルイキを参照)
 女性の見た目の反応はバギナによる中イキと同じです。二人ともまるでうって変わった形相になり、全身が痙攣しました。
 クリイキとは少し反応が違います。アナルでイクなんて、女性の体はほんとうに不思議です。
 男がおかまを掘られているエロ動画を見ても、アナルへのペニスピストンだけで掘られている側が射精するシーンなんて見たことがないです。
 アナルセックスする時は事前に女性の浣腸が必要だ
 ソープ嬢やヘルス嬢とアナルセックスを、私は人数としても回数としてももうかなりしていますが、事前に浣腸したことは一度もありません。浣腸が必要だったと思ったこともありません。
 私は、アナルから抜いたペニスに大便がついていたとか、ペニスを抜いた後アナルに茶色いものが浮かんでいたとかの経験が殆どありません。
 浣腸が必要と考える理由は次でしょう。
(1) 女性が行為の途中で便意が出たら困る。
(2) ペニスに大便が附着すれば、お互いが嫌だ。
(3) 浣腸で強烈に排便することによってアナルが拡がるのが結構だ。
 最後のは、別に浣腸しなくてもアナルを拡げることは可能です。
 (1)と(2)は、女性がその日や前日に普通に排便していて、かつ、下痢症状ではない時には、そんなに起こり得ることではないと思います。
 下痢とか便秘の時にはアナルセックスをしないほうがよいに決まっています。
 女性の肛門が普通の状態の時にペニスに大便が附着するのは、やはり抽送が10分以上のような場合に起こり得ます。まあ、アナルセックスになれていない肛門に10分以上もそれなりの抽送速度でペニスピストンするというのは、かなり傷害罪に近いと私は思っています。
 アナルのようにペニスにとって狭すぎるところに10分以上もそれなりの抽送速度で動かせるペニスというのは、もう正常な器官ではありません。
 なお、アナルセックスのエロ動画に出ている女性は先ず出演前に肛門内に洗浄等の手当をしていることが多いでしょう。
 アナルセックスする場合はゴムを着けるほうがよい
 アナルセックスをする時はゴムを着けるべきだと思っている人が男性でも女性でも多そうです。
(1) AIDS問題でゴムを着けるべきだと思っている人。
 ──同じ嬢のバギナのほうに対してもゴムを着けて突入しているのなら、何も言うことはありません。
   しかし、前の穴にはそうせずに入れているのなら、かなり変です。
(2) 大便の附着が嫌でゴムを着けるべきだと思っている人。
 ──その嬢に対してアナルセックスをする資格がありません。それなら、事前の浣腸をすべきです。
   このような人は、指でアナルをほぐすことができません。
   アナルほぐしに器具を使うのですか? ゴム手袋をはめて指を使うのですか?
   それでは嬢もどっ白けでしょう。指先にウンコが当たっても平気でなければ。
(3) 直腸内の雑菌が、指よりも対菌性が弱そうなペニスに附着することが嫌でそう思っている人。
 ──嬢にアナルセックスをする資格がありません。それなら、事前の浣腸・直腸洗浄をすべきです。
 生のペニスを挿入するのは、接触面で相手に優しいし、遅漏を少しでも解消する点でも相手に優しいです。優しいのが一番です。
 そういえば、AVではアナルを指で拡げる時に、医療用のゴム?手袋をはめてしているのを見ることがあります。なんじゃいなと思います。ウンコが指につくのを懸念するなら、アナルセックスなんてするな!と吠えてやりたいです。
 AV女優にとって男優は、撮影の現場が初対面であることが多いそうだから、女の気持ちとして、ゴム手袋をしてほしいということはあり得ますが、男優のほうからこれをつけたいということであれば、「お前、アナルセックスする資格なし!」と言いたいです。
 なお、AVでも、女優がバギナにはゴム着で受け入れているのに、同時二穴挿入のアナルのほうは生で受け入れているのをよく見ます。ピルを飲んでいないのですねえ。
 アナルセックスは後背位がよい
 まあアナルセックスでは、後背位のほうが正上位よりも男性が腰を前後させやすいし、これは趣味の問題だけれども、もし、“べきだ”とか、アナルセックス=後背位と単純に考えている人がいるなら、私は次を言いたいです。
(1) 正上位のほうがアナルの緊張を弛めやすいような気がする。
  ───女性が相手の顔や動作を見ることができる。姿勢としてもアナルの緊張を弛めやすい。
(2) 対面しておれば、男性には女性器がもろに見えて猥褻だ。女性の顔が見えるのも結構だ。
(3) 女性に腰枕をさせておれば、アナルに向けてピストンするのはちっともつらくない。
  ───体位としてお互いに後背位よりも楽なように思う。
(4) 正上位のほうが後背位よりも女性がイキやすいように感じる。
(5) 正上位のほうが後背位よりもキスができる。同時にバギナやクリトリスを刺激しやすい。
(6) 正上位のほうが、女性が苦痛をこらえているのかどうかも、よがり具合もわかりやすい。
 金津園ワールドに次が載っていました。
 ハンドル名:ガゼラ [お風呂利用・3桁] 日時:2008/08/04(月) 19:40
 オキニがため息ついたことについて
 DVDやネットの影響でしょうかね。とにかくAFについての間違った情報が多すぎです。
 まず、最良の体位は女性上位です。
 バックは最悪。行為に異常興奮した男性であればなおさら。
 まあ、このへんは解剖の知識があればすぐ分かることです。
 スキンはお勧めではない。直腸粘膜にはスキンの摩擦はきついです。
 それから、事前浣腸すると、直腸膨大部が拡がって、宜しくない。
 もちろん、感染予防の観点からはスキンは必需品です。
 そのあたりのトレードオフも含めて御一考下さい。
 オキニのことは言えませんが、AFについてならお答え出来ますから。
 私の考えと似ていますが、女上位を勧めている点が違っています。
 私はアナルセックスで女上位というのは殆どしたことがありません。ノーマルセックスでもそれほどしていないです。私は性交においては基本的に男が腰を動かすべきだと思っています。
 これまで、私がノーマルセックスで女上位を嫌う理由して「キンタマが痛くなる」「粗チンにつき外れやすいのが嫌だ」なんて書いてきましたが、こんなのは女性の動かし方で対応できるものであって、やはり、(1) 性交の本来の形は何か (2) 女性が腰を使うのは淫らに過ぎる──というのが本質的な理由だと思います。
 この書き込み者は馴染みの嬢と親密関係がたっぷりあって、それでもって嬢が女上位で能動的にかかるようになっていると思いますが、一般にアナルセックスを女上位で進めようとする女性は、(他の男との)アナルセックス経験10回以上、対戦相手4人以上のいずれかである可能性が高いです。
 そんなアナル猛者の女性には(極上の別嬪であるとか、アナルイキ能力があるとか、アナルへのピストンでもって華麗に潮が噴けるとかのプレミアがつかないと)私はちっともやりたくなりません。
 女性をよがらせる観点から見ても、やはり男性が腰を使うべきです。女性に体操させるというのが性に合いません。女性にはよけいな動作をさせずに快感に浸って頂きたい。
 私は、店でアナルセックスをしたことがない嬢や、アナルセックスが全く未経験の嬢と誘導してこれに持ち込むのがモットーなので、その点でも女上位のアナルセックスというのは対象外になります。


 最後にアナルセックスで一番大事なことを書きます。
 その一つは撤退する心です。
 相手の女性にアナルセックスを受け入れる心があっても、アナルが全然広がらない時がよくあります。
 そんな時はきっぱり諦めなければなりません。次の機会でまた試みればよいのです。
 私はアナルセックスをしようとしたことがよくあるけれど、アナルが全然広がらなくて止めたことも、ペニスを嵌めてからアナルがギューッと緊張してきて止めにしたことも大変よくあります。約50%は途中で止めています。
 もう一つは、万一ウンコが飛び出しても、女性の気が滅入らない関係です。
 女性がアナルセックスを恐がるのは、(1) 痛みへの恐れ (2) ペニスにウンコがついたり、ペニスを抜く時にウンコが飛び出たら恥ずかしい──の二つです。
 (2) のほうは事前に出すものを出して、中を洗浄すれば良いのですが、そこまでするのは、アナルセックスを業とする女性だけです。AV嬢がアナルセックスをする時は必ず事前の手当をしていると思います。
 しかし、普通の女性(アナルセックスを店でしたことがないソープ嬢を含む)と初めてアナルセックスをする時に、女性が事前に然るべき手当をするということはあんまり考えられません。
 ということは、女性が(この人にウンコをもし見られてもしょうがない。この人もあきれはしないと思う)と覚悟を決めるように男が誘導する必要があります。要するに、信頼関係です。
 (2) の心配は、あまりないこととはいえ、やはり起こりえます。ウンコが飛び出るぐらいのほうが面白いと思っている男性もいるでしょう。
 私はアナルからペニスを抜去した瞬間、嬢が脱糞したという経験が2度あります。嬢がAFになれておらず、かつ、その日AFをすることをさほど念頭に置いていなかった場合は仕方がないでしょう。リリカジュン
 アナルセックスまでするようになったら次は何か。やっぱり浣腸プレイではないでしょうか。アナルセックスして、もしウンコが出てきたら無茶恥ずかしいやん、という気持ちを霧散させてAFに持ち込めたなら、次は、ウンコを出す恥ずかしい姿を見せてもいいやん、という気持ちに導くのが自然な発展だと思います。
 上の脱糞の2人はそんな遊びまでする仲だから、ご本人には気まずい思いがなかったことでしょう。
 (参 考)
  アナルセックスマニュアル  スケベエッセイ 5の『アナル談義』
  アナルファック考  私の金津園でのアナルセックスの実績

『ソープ遊びを考える』へ  『金津園遊びの手引き』へ  トップページへ戻る
(千戸拾倍 著)
St herb ナノ ブレストクリーム