ソープ遊びの質疑応答 1

1.ヘルスへは何度か行った。それで、ソープに行こうかと迷っているのだが…
2.ソープで遊ぶ時の、店についての判断ポイントは何ですか?
3.ソープで遊ぶ時の、嬢についての判断ポイントは何ですか?
4.2週間前に入った姫を予約、どんな会話でスタート? 姫はどんな感じに思うのか?
1.ヘルスへは何度か行った。それで、ソープに行こうかと迷っているのだが…

 ヘルス(人妻ヘルスのような店を除き、いわゆる高級ヘルスと呼ばれるところを念頭に置く)と比べると、ソープのほうは次の傾向があります。
(1) 料金が高額である。(ヘルス……2万前後、ソープ……3万以上でソープらしい遊びになる)
(2) 嬢の平均年齢が高いし、ウェストのサイズが大きい。
 ─── ヘルス……2〜3万円程度の店なら23歳以下の嬢がたくさんいる。
 ─── ソープ……4万円ぐらいの店でも30歳以上の嬢が存外にいる。
  ソープのほうが運動量が大きくて嬢が大食いになるのか? ピルを飲むと太りやすくなるのか?
   ソープは熟女?でも床上手・会話と媚びが上手ならば客がつく。

(3) 時間が長い。(ヘルス…60分前後、ソープ…100分前後)
  (→(2)と(3)からソープ嬢のほうが会話力がある)
(4) 性的刺激がよりレベル高く受けられる。(ソープではローションを活用したマットプレイがある)
(5) 部屋が立派で雰囲気がある。(これを重視する人にはヘルスの部屋はまるでしけた射精場に見える)
(6) 確実にファックができる。(まともなヘルスの店でもファックが可能なことがあるが…)
(7) STD感染の確率が(ヘルスよりも)低い。
 ─── ヘルス嬢よりソープ嬢のほうが傾向として検診等がしっかりしている。
  (ヘルスやピンキャバでは性交をしないからSTDの感染が少ない、と考えるのは全く間違い)
(8) ヘルス嬢よりも逞しく生きている感じ。要するに、強い。
 ─── ソープ嬢には売春までしているんだという一種の開き直りがあります。
 従って、性交にこだわるならソープ、嬢と会話らしい会話をすることを願うなら時間の長いソープ、ということになります。ソープのほうが部屋が静かで、防音性が高いから気分良く遊べます。
 ヘルスやピンキャバにはまともに保健所の指導が入っていないけれど、ソープ店には当局の指導がきっちりされており、嬢自体の衛生への関心度がうーんと高いです。この違いは大変大きい。
 なお、ヘルス嬢のほうが客のペッティングを受けるようにしてあげようという気持ちが強いです。イメージプレイなんていうのは、イヤでも受け身から入るから我慢せざるを得ないです。
 ソープのほうは、どちらかというと嬢が受け身に対してかなり拒絶的なことがあります。本番してやるんだからいいだろうという心かと思います。
 若い客で、嬢が一過性の客と判断した場合とか、馴染みのない客がショートコースで入ったような場合によくある。それだけ客の手荒な愛撫に困却している。
 ソープでは、嬢が伝統的に、そして競争的に、客への愛撫の技を研くことに心を砕き、最低2度の発射で満足させるように努めているので、(下手な愛撫を繰り出したいという)よけいなことを考えず、イクことに集中しなさいという発想でしょう。
 適切な表現が思い浮かびませんが、ソープ嬢のほうがヘルス嬢よりも、客に対して高いところにいます。患者に対する看護師とでも比喩したらいいのでしょうか。
 それと、ヘルスの店よりはソープの店に出るほうが(体を売るという概念から精神的な意味で)一般の女性にとってはるかに敷居が高いので、必死感が違う、悲壮感が違うとでも言うべきなのでしょうか。ただ、これは面(おもて)には出しません。
 別の言い方をすれば、愛情があってこそのセックスと強く思っている一般の女性(これには、ある意味ヘルス嬢を含みます)に対して、ソープ嬢のほうは、愛情なくても割り切って不特定多数の男とセックスをしているということから、存外ドライなタイプが多くなります。
 だからこそ平たくいうと、ソープ嬢のほうがヘルス嬢よりもそこいらの客の誘いに乗りません。客の純粋な恋慕の心なんてちゃんちゃらおかしいのです。だって、不特定多数の男に春を売っているのだから。(ソープ嬢が、客の真心が嬉しいわ、と本気で思うケースはかなり少なくなります──言うことは頻繁でも
 ソープ歴の長い嬢などに対面すると、そういう堅さ・手強さをよく感じるから、一部のソープ愛好客は新人嬢を特に好むのだと思います。若いのが良い、と口では言うけれど、内実は「すれて?いない嬢と対面したい」ということでしょう。
 余談ですが、ソープ嬢のドライさ、そこいらの男の誘いに乗らない堅さは、稼ぎが大きいことや、平均的に見て、ソープとヘルスとでは常連の客が全然違っていることに起因するのかもしれません。ヘルスはやはり客に学生が多いです。
 ソープとヘルスとを比べて、稼げない嬢の稼げない度合いはソープのほうが大きいかもしれないけれど、稼ぐ嬢で考えたら、ソープヘルスです。そして、年収が客よりも大きいことがよくある。
 年収、社会的地位、年齢、女性の扱いなれの度合い(妻帯者のほうが独身者より、女性の気持ちがわかるし、性戯も研かれている)という面から客層の違いを考えても言えることです。
 ソープ嬢がドライに振る舞わなければならなくなってしまうもう一つの大きな要因があります。
 それは、客が『抜き』に徹した構えであること、とにかく多回数射精願望に対応しなければならない、それも自分が上になってパコパコやるという虚しいセックスに明け暮れているからです。『抜き屋』化してしまうのが一種の職業病でして、これはまことに気の毒です。
 私は時々初対面の嬢から、決して、女上位のセックスはしないとか、極力女上位のセックスをしないようにしているとか聞くことがあります。殆ど腰痛や股関節不具合が原因なんですが、この姿勢を聞くと、男のセックスを健全に保つという観点からいつもその嬢を褒めています。
 ただ、客の何割かが相当不満の顔つきをすることは間違いないです。
「僕は姫に上になってもらうのが好きです」なんて思っている男は自分のセックスマンとしての至らなさを充分に思い知らねばなりません。──30秒持たないのであれば害悪はありませんが。
 話を元に戻して、妻子持ちの年配のソープ常連客は、嬢を誘ったりなんかせず、遊びを遊びとして綺麗に楽しむものです。
 ネットに「年寄りの客は素人童貞で、若い女にありついてデレデレになって、しかも、セックスは1回でよいことが多く、ソープ嬢を甘やかしている」なんて嘲りの文が出ていることがあるけれど、(回数はともかく)むしろ逆でしょう。
 素人の20代の女性の目の前に、20代の男性と50代の男性がいたら、その女性は、50代のほうについては自分が裸を見せる相手として殆ど考えることがありません。
 しかし、ソープ嬢はこの両者に客として対面したら、少なくとも全く平等視し、むしろ50代のほうを歓迎的に考えるのが普通です。2ちゃんねるのソープ板では、年寄りが出てくると嗤う傾向があるけれど、彼らは現実を全くわかっていません。
 50代の男性は嬢の人間性を冷静に観察し、厳しいです。きれいなだけでは裏を返しません。
 若い男前のお兄さんが来たから──わーっ!──と気持ちが弾むことは、ソープ嬢ではあんまりないでしょう。本指名が返ることは殆ど期待できませんからね。
 だから、若い男性が初対面の遊びをすると、ただ射精しただけというような虚しい気持ちになることがよくあります。
* ソープ嬢は心がそんなに子供っぽくないです。ヘルス嬢はその点少し違います。
そしてソープ嬢には、粗暴な客とかに心がすさんでしまっているケースがよくあります。一日の客がヘルスよりも少ないだけに、不愉快な客についたときのダメージがヘルスより大きいのです。ヘルスはおとなしい20代前半の若者客の占める割合が高い。
 あくまで自己の経済力を念頭に置いて、対面したときに妙な高望みをせず、会話とセックスを楽しむという意欲だけで、自分の願望と合わせて選択して下さい。
* やはりソープ嬢のほうがヘルス嬢よりも大人っぽいから、会話力があって、お喋りしているのが楽しくなるはずです。

 チョロッと行くぐらいなら良いのですが、ソープ通いに度を超すとどうなるか。以下は、あくまで度を超した遊び方をする時の話です。
 すると当然経済的破綻が考えられます。消費者金融を利用するようになったら完璧に重症です。また、経済的には問題なく遊んでいたとしても、ソープ嬢の高度な性的テクニックに肉体がなれてしまって、素人の稚拙なテクニックに亢奮できなくなることが怖いです。
 貴方が妻帯者だとします。すると、妻が35歳超えれば、たとえ愛情があったとしても、性的意欲は減少します。妻のほうは亭主よりも子供のことが頭を占めるのが普通です。そして、子供が学校へ通うようになって夜更かしをするようになったら、夫婦の性生活は極端な話壊滅状態になります。
 それで、性行為をしなくなってしまったら、亭主のほうは自分が活性化できません。
 給料運搬人として活性化するためには、先ず『男性』として活性化する必要があります。そんな時に、月に1度か2度玄人の女性としっぽり楽しむというのは大変結構なことです。素人としっぽりでは、家庭崩壊につながります。
 そういう意味では、ソープというのは、やはり中高年の男性が楽しみまくるところです。
 20代とか、33歳ぐらいまでの独身の人は、やはり素人との交際を育むべきでしょう。独身貴族だからといって、玄人遊びに力を入れるのは全く感心しません。努力すべき相手を間違えています。特に、ソープ嬢の性的テクニックになれてしまったら、大変困ります。
 一家を持つようになると、職場でまともな地位を占めるようになるまでは生活するのが大変です。結婚するとしばらくは貯金をしにくいです。(奥さんに共稼ぎをさせておいて、自分はソープに行くのでは問題です)
 やはり結婚前にある程度の貯金はしておかないと何かと心細いです。ソープ遊びは高額だけに、また、嬢と親しくなればむちゃくちゃ楽しいだけに、はまります。独身のうちは、はっきり言ってソープ遊びなんて知らないほうが良いです。
 若い独身者と結婚をあきらめてはいない独身者は断じてソープやヘルスで遊んではいけません。
* 特に、山登りとか海での遊びとか旅行とか釣りとか読書とかの趣味が豊富な人は、もう風俗遊びと両立させられません。どっちを取るのがベターかよく考えましょう。
若い人は高度なテクニックを振るわれなくてもチンコが勃つのだから、金のかかる遊びはせんでもいいのではと思います。ヘルスで遊んでいればいいでしょう。何度も遊んでいれば、本番のできる嬢も現れます。
 男性は女性と対面したら女性の気を惹きたいのが本能です。それをソープでいっちょやってやりたい、とドンファンの心を燃やしたとします。でも、相手の嬢は内心子供扱いしていることがよくあります。
 というのは、60歳とか45歳の紳士がドーンと対面し、若い客のように射精にガツガツせずに、結婚生活などで研いた性戯と要領を得た会話で、嬢の目を向けさせているから、若い客というのは存外に関心を抱いて貰えないです。
 ソープに行く時は、仮に、それまでヘルス嬢と店の外で会った実績があったとしても、同じようにできると考えないほうがいいでしょう。度を超してソープに行く人は必ず妄念をかき立てるけれど、邪心なく遊ぶことにして、行くのはほどほどにということです。

 ヘルスの客によくいるのは、ベッドの上に寝て「さぁ、して」という『全部おまかせ』のタイプ、要するに完全マグロです。“やってちゃん”です。
 それがそのままソープに来るのだから、あきれます。フェラチオ→女上位、これの繰り返しですね。
 女を相手にした射精動作というのは、もっと『犯す』ムード・誘導がなければいけないですよ。男は、嵌め込む動物であるべきです。むしろ、フェラチオされなくても勃つ、勃っておれば嵌める、これでなければ。
 嵌める前に舐めるとなれば、一人前のファックマンです。
 遅漏で迷惑かけている男やマグロや三こすり半の回数男やフェイクをフェイクとわからずにその気になっている男がソープ嬢にお誘いをかければお笑いです。短い時間1回戦をして後はキザな会話をしているだけの男がソープ嬢にお誘いをかければこれもお笑いです。
 何故かお笑いの男ばかりが嬢にお誘いをかけています。
2.ソープで遊ぶ時の、店についての判断ポイントは何ですか?

 どこの店に入っても性交には成功するはずだから、あんまり深く考えなくてもいいと思いますが、あえて書くとしたらの心で書きます。
* 近頃は、何もかもわかった気にならないと足が前に出せない人が多すぎます。情けない。先ずやってみて、どういうものか自分で観察し、判断することが大切です。
 ソープで遊ぶに当たっては、先ず予算を先に決めねばなりません。最近は店のサイトに総額が掲げられていることが多くなったから判断しやすくなりました。
 一般的には、総額が2.5万円以下で遊べる時にはあまりソープ遊びらしい遊びにはならないと思います。風呂がついているちょんの間のような感じです。3〜4万円が普通のソープ、5万円を超えるとやや過激なサービスが伴うという理解をして貰えればいいと思います。
 金津園に限って言えば、支払総額が3.5万円以下で「その店で初めての遊興」をするときには、物足りない思いとか虚しい思いをすることが結構あり得るでしょう。
 しっかりサイトを作っている店ならばぼったくり店ではないと思っていいです。(これは一般論。金津園にはぼったくりの店はありません)
 ものは試しにとにかく浴室付き買春を体験したい、或いは、童貞離脱を果たしたいということなら、
(1) 100分、110分の店──総額が先ず32,000円以上です。45,000円クラスまでありえます。
(2) 120分、130分の店──総額が先ず45,000円以上です。6万〜7万円クラスまでありえます。
 のどちらかがいいでしょう。
 (全くの初心者の場合、130分や70分の店は避けたほうが良いです)
理由:
 60〜80分の店は当たりはずれが激しい。また、ちょっと会話に熱が入れば、もう時間がなくなってしまう。
 130分の店は、初心者がいきなり最高級の領域で放蕩するのがミスマッチということです。
──良いものを良いと理解する力量がついていません。それに、相手に侮られたらええ遊びが成立しません。
ソープ店に入るのが全く初めての人ならば、言動でそれはわかります。嬢は相手を見て仕事のレベルを変えることがあります。店のスタッフも、相手を見てその人に推薦する嬢を決めます。最高級店はソープ遊びの振る舞い方がわかったところで行きましょう。
 サック着用の店かどうかも重要な要素です。金津園遊びの手引きに情報を出しています。
 ソープ嬢は売春をして擬似恋愛を楽しませます。それが金銭支払の対価です。間違っても、恋人を探しに行くところではありません。相手が客に恋人を求めているわけではないからです。
 相手が貴男に「素敵な方ね」と言ったとします。それが初対面とか初対面に近い時点で言ったなら、金銭授受の対価の一環としてのリップサービスです。
 売春防止法というものがあるのにどうしてファックがOKなの?という疑問にはここでは答えません。このサイトを隅から隅までご覧になって下さい。

 ソープがどういうものかわかった後の遊びについてはですねえ、基準が変わります。どんなことをする場合も、予算というものをしっかり心にセットする必要があります。今度は長い期間での予算です。
 もし、貴方が継続的にソープに行くつもりであれば、8万円、6万円、4万円、3万円、2万円、このいずれの店に入る力があるのかよく考えましょう。
 パチンコや麻雀、月に一度ぐらいやるだけでは銭を失うだけのことです。およそ値段の張る遊びは、継続する気がないのであればやる意味がなく、その人の人生の毒です。また、ある程度の頻度がなければ、嬢の心がアナタのほうに向きません。ソープ遊びは人間が相手だから、頻度と継続が特に重要になります。
 客がまともな性格ならば、頻度と継続は間違いなく嬢の情を呼びます。また、たとえば店長に顔を覚えられれば、上玉を教えられるかも知れません。
(但し、ソープ客で、まともな性格の人の占める割合は意外に少ない。どうしても、ダメ人間がソープ遊びをしたがる傾向がある。だから、売春稼業をしている人間に対して格別の交際を願望する者とか、情緒が消し飛んだ単なる射精男の類がとても多い。よって、通い女に通う頻度と継続期間があっても、嬢からさほど好意的に見られていない客というのは多い)

 あるソープ嬢が気に入って、3ヶ月に1度ぐらいの頻度で通って、嬢が自分に目を向けることを期待するなら、それは望みが高いです。月に4回会う客もいるのに、そんなのでは何の迫力もないです。この2人が同じ力量なら、成就できる親しさが全然違います。わかればわかるほど、3ヶ月に1度ぐらいしか会えない男は、通っているうちにどこかで虚しくなります。解決できないひがみが発生します。
 勿論、自分の好意に対して、嬢からの見返りがあることを何ら求めないのであれば、3ヶ月に1度の対面を楽しみにするのは大いに結構なことです。
 頻度と継続の問題は、得られる収益から来る嬢の差別・打算とのみ考えてはいけません。単純に面談・談笑回数の差に起因するものとも考えてください。人間って、結構単純なところもあるのです。
 それとね、独身の若い人は殆ど気付いていないし、また、あんまり本とかサイトに書いてないけれど、3ヶ月に1度来る独身者よりも、月に3回来る既婚者のほうが、エッチが上手なことが多いのですよ。そうなると勝てやしません。腕は体験量・練習量に比例します。2ちゃんねるなどではこういうのを簡単に『太い客』とレッテルを貼って、細い客が別物視しているけれど、回数の違いで不利になるだけでなく、質の違いもあるのです。
 金津園ワールドや2ちゃんねるなどへ客の男性が愚痴やら非難やらソープ遊興論などを書き込む際に、自己のエッチの質を表明するものが殆どありません。それで、相手を非難したり論評したりしています。程度が推し量れます。

 セックスをすることが主目的のところで、ろくなセックスもできやしないのに嬢を落とすことに懸命になっている連中がいるから(落とす→→→メルアド獲得、店外デート)、おかしいです。重要なポイントの一つは立派なセックスを遂行できるかどうかです。
 立派なセックスというのはどういうことかというと、思いやりのあるセックス、そして、女を楽しませるセックスです。これが遂行できる男ってそんなにおりません。女上位期待では先ずいけません。
 経済面からよく考慮して、行くことができるレベルの店を検討しましょう。嬢の写真を一生懸命に見て店を決めるのは、順序が逆で良くないです。それに、どの店にも必ず『いい子』はいます。
 2万円の店に通い続ける力しかないのに6万円の店を経験してしまうと、自分が惨めになるか、生活破壊の遊興に邁進するかしか、道はありません。ソープ遊びというものは、自分の経済力をつくづく考えさせられるむごいものです。
 同じ 100分の店でも、総額が4万円を超える店と3万円ちょっとの店があります。
 これは、集めた嬢の若さの違いだろうなどと想像してはなりません。高い店は、即々プレイとかコンドームを着用しない接客とか『勃起招来強引支援』とかがあると考えて下さい。(高い店でも熟女がいます)

 以下思いつくまま要点を並べます。
1.ソープへ行く前に高級ヘルスの店などを経験しておいて、場なれをしておくこと。
 特に、自分が主導で性的に働きかけて遊ぶこと、初対面の相方からそれなりの親しみを得られること、相手の嬢が楽しげに仕事をすること、こういうことが自分の人間性でもって実現させられるかどうか、そういう意識で遊興しておくことが必要でしょう。
 相手の嬢が──なんやねん、この男!──と思っていい加減に対応した場合に、料金の高いソープと料金の安いヘルスとで、どちらが客にとって悲惨なのか考えてください。
 そして、ソープ嬢のかなりの人がヘルス経験があります。ということは、ソープ嬢のほうがヘルス嬢よりも、うぶな男性や魅力に欠ける男性にとってある意味手強い相手なのです。
 そういう男性が、大金をはたいたつもりになってソープ遊びをして、砂をかむ思いをさせられるのは全く簡単なことです。
 ネットで、『甘く相手してくれる』嬢を求める声がよく出るけれど、それは、男の器量が先でしょう。
2.ソープの店は、NS店(ゴム非着用がOK)、S着用店、混在店があるので、ネットで確認しておくこと。
3.60分の店について。
 60分や70分のコースというのは、私は単なる抜き場と理解し、ファックを愉しむところとは認めがたいけれど、年収が6百万円を下回るなら背に腹は替えられません。活用してやってください。
 標準コースが90分の店の60分コースに入るのは感心しないけれど、標準が60分のコースという店で遊ぶのは相対的に結構です。
 ただ、ソープの60分の店で使うお金をヘルスで使ったほうがいいという考えもあります。総じてこちらのほうが、嬢が若くてスリムです。
4.店にどんなコースがあるのか、どのコースが店の標準なのかを確かめること。
 コースが、たとえば100分1本ならわかりやすいですが、100分、80分、60分の3つあるときは、どれが標準なのかを店の宣伝文などで確かめてください。
 初めてその店に行く時は絶対に『標準』で遊ぶほうがいいと思います。高いほう──ロングコース──で入っても、遊びなれていない人はなめられて適当にされる可能性があります。
 また、安いほう──ショートコース──は、店(や嬢)に認められていない客なら、完璧に“ええころ加減”で終始することがありえるでしょう。
 ソープ遊びに、デパートの8階で特売品を買うのと同様のお得な消費活動があると考えるのが大間違いです。一つの店の安いコースはイケマセン。品物を買うのではなく心をレンタルするのですから。
 勿論、生きた生物体でもって、物理的な摩擦が得られれば充分、と達観している人が、その店のショートコースへの入浴検討でもって先走り汁を流すことを妨げるものではありません。
5.流行っている店を選ぶのが望ましい。
 というか、全然流行っていない店は避けようということです。
 とても流行っている店でも、どの嬢も接客内容が質として低レベルで、嬢の若さだけでミーハー客を集めている店というのはダメです。要するに、雑誌で若い女がオンパレードというのは、避けたほうがいいと思います。特に、コスプレなんか売り物にしているところはイケマセン。店長も女もソープの接客が何かをわかっていません。一見(いちげん)の客に迎合しているだけ。
 雑誌で、嬢がずらりと顔を出している店、こういうのは、私は店が893系と判断して敬遠します。
 雑誌にもサイトにも一切嬢の写真を出さない店、こういうのは、「情報不足につき怪しい」と思うのではなくて、「すっごく良心的だ」と判じるべきです。何故なら、嬢は、いつか堅気に戻る気持ちがあるのなら、売春の広告をしなくてすむほうが嬉しいのだから。
 売春の宣伝で雑誌に顔が載せられるというのは何を意味するのか、一応の考察はしたほうがいいでしょう。
 もう一度書きます。独身者はたとえ何人の素人女とやっていようと女性がわかっていないことがよくあります。妻帯者というのは独身者と違って女性がわかっています。(大まかな傾向としてですよ)
 妻帯者は、独身者が大量にやって来る店──金津園だったら、ソープ情報誌に若い嬢の写真をじゃかすか出して、総額25〜36千円ぐらいでやっていて、やたらとネットにて言及されるような店──には行くものではないです。嬢達は完璧にその手の男達に合わせた接客をしていますからねえ。
 独身者は、独身者をターゲットにした店に行くのが一番いいと思います。会員制にしていないような店です。たとえば、性的技巧を磨いた嬢がオンパレードの店には足を踏み入れないほうがベターです。
 あまりにも巧妙すぎるチンコ愛撫に浸りすぎると、大変よくありません。性戯を受けなくても勃たせるという力量を持続させねば。
 ロングランで巧妙なフェラチオや手こきを受けるのは、自分の将来の性生活を健全に(穏便に)進めていかねばならないことを考えれば、あんまり好ましくありません。
6.月に10万円もソープにお金を使えるまでに至っていなければ、攻略する店は1つか2つに絞るべき。
 あっちこっちいろいろ攻略しようとしたって、何にもなりませんよ。嵌めた女の数を増やすのが目的ならば、それでもいいですが。
 月に25万円もソープにお金を使える人でも、攻略する店は1つか2つに絞ったほうがおもしろい遊びが成立しやすいと思います。その店で上客と定評が立てば、愉しいことが自然と持ち上がってくるものです。何も起こらなければ好意的に見られる上客ではないということです。
7.店のタイプには2種類あるのでどちらを選ぶか考えよう。
 店のタイプの2種類とは
 (1) フリー客狙いの店 (2) 固定客狙いの店 です。
 フリー客狙いの店の特徴……若い顔出し嬢を揃えている。ソープ情報誌などにおいて顔出し嬢が充実している。写真修正が巧妙。サイトを充実し、嬢に関する情報量が多い。会員制をとっていない。会員制でないことから、固定客を重んじない。料金割引を盛んにPRし、割引するシステムに工夫している。金津園ワールドに店のスタッフがよく顔を出す。嬢の出勤への締め付けが乏しい。
 固定客狙いの店の特徴……上の逆。指名客を重んじる。
 フリー客狙いの店というのは女遊びの情緒というものに着目せず、男の『抜き』の願望に迎合しただけのサル客相手の営業です。
 ソープにさほど突撃しない人や毎回相方を変えていろんなおまんφに嵌めたいという人は(1) の店を選びましょう。よく行くつもりの人や人と人との情感を大切にしたい人は(2) の店を選ぶほうがいいです。
 会員登録料が2千円以上の店が(2) の店です。
 (1) の店は何だか営業努力しているように見えますが、“リピート客のためになる”また“実力のある嬢のためになる”営業努力では決してありません。
 本気でソープ遊びをするつもりなら、『行く回数』の多いことが大切です。ほんの時々気晴らしに行く程度ということであれば、なるべく高級店に行くようにしたほうが良いでしょう。但し、独身者は断じて高級店に入ってはなりません。身の程知らずというものです。
 高級店は、女心もセックスもろくすっぽわかっていないような結婚(同棲)未経験の30代の者が遊ぶところではない。その手の男が来て、やりたいことをやっていると、若い嬢の気持ちが荒んでしまう。また、借りてきた猫のように大人しくしていては、嬢のレベルアップが図れない。
 そう考えれば、雄琴のどこかの店がやっているように、店が客を審査し選別するようなことを金津園でもやって貰いたいものだ。
3.ソープで遊ぶ時の、嬢についての判断ポイントは何ですか?

 風俗嬢というのは、きれいなだけの女とか、親しい常連にはハイテンションの接客をしていても初対面だと全然調子が出ない女とか、リピートの深入りを拒む女とか、むちゃくちゃエロい女とか、とてもおつむの悪い女とか、もうどチンピラそのままの女とか、びっくりするほど純情な女とか、いろいろいておもしろいです。
 初めて利用する店にP指名で入りたいときは、店のサイトを見て、入浴したい嬢の名前を3つぐらい記憶した上で店に電話をかけたほうが良いです。理由は次の通りです。
(1) それだけ事前学習すれば、電話口の相手(大体はスタッフの中で権限のある人)に貴男の『店で遊びたい』という熱意が伝わります。
(2) P指名でも、フリーで会うよりは嬢のほうにやる気が出ます。
(3) よく流行っている店で遊ぶときは、すんなり遊ぶためには予約が必要です。
 ──12時から遊びたいと思っていても、「1時半からの案内になります」と言われることがある。
 店のサイトやソープ情報誌で嬢の紹介を見て、判断すべきことは次の通りです。
(a) Wが?とか63とかの数値であったり、写真で両腕がウエスト部とか下腹を隠していたら、結構太めです。
(b) 年齢が26と示されていたら、実際年齢は30歳を超えることがあると思って良いでしょう。
(c) ニューフェース・新人などの言葉は額面通り受け取らないほうが良いです。
 さて、どうしてもこの嬢とファックしたいという相手がいないのなら、店だけ選んで、嬢を指定しないということでいいです。嬢は店でアルバムにより選びます。
 ただ、店には直前に電話をしたほうがいいでしょう。
「今から行くけれど、女の子の写真、4、5枚から選ばせて貰えるかなぁ?」
「はい、お名前をうかがいます」
「ほんとに、4、5枚の写真を見せてもらえるんだね?」
「えーっと、3枚ぐらいになりますが」
「じゃあ、××という名前ですが、3時で」

 この程度の電話ですね。
 雑誌の写真というのは見事に実物と違うことがあります。それに、お顔とともに体型が大切です。店で出てくるアルバムの写真で体型も含めてしっかり確認し、仕事のタイプなどもスタッフに聞いて、それで選ぶのがいいです。
 店だけ決めて、嬢を指定しせず打診することを書きましたが、それを繁忙の時期にやって、店に突撃したら何時間も待たされ、BBSに怒りの投稿を入れているのを見たことがあります。
 誠にお馬鹿さんですね。年末年始や盆休みやゴールデンウィークなどの時期にこれをやっては駄目です。土日も駄目でしょう。そんなことは常識で想像しなければねえ。みっともない。
 ネットのBBSに書き込む男というのは基本的にこういう華麗にして壮麗な馬鹿が大変目につく。競い合うように自分の馬鹿を晒している。
 そういう時期は、女まで予約しておかなければ。店の人の意見も聞かず博打をするだけです。
 到来時間だけの予約は、電話した時間と入浴時間が1時間以上離れていては駄目です。どんな状況の変化があるかわかりません、状況に変化があれば、店に初めてやってくるような“わからない客”の予約なんて一蹴されますよ。そんなのは人間界の常識でしょう。
 それを、こういう『自分の想いをネットに書き込みたい男』というのは──予約の成立・予約事項の誠実な履行・信義誠実の原則──という文言を思い浮かべて怒りまくる。陰茎ガンになったほうがよい男です。

 余談ですが、店のアルバムを見て体型がはっきり確認できない撮り方だったら、豊満体型と判断して間違いないです。だまされたと思っていけません。見抜けない貴方が悪いのです。
 雑誌の写真で一目惚れして「この子にチンボを嵌めるんだ!」と決めたなら、その子で予約してもいいけれど、ソープには振替というのがあって、予約が通ってもその子に嵌められるとは限りません。風俗というのは、客として認めて貰えるまでは全く不条理の世界です。
 人気の子ほど対面するのが難しいです。(店は、客にまだついていない嬢に客をつけてやりたい)
 人気の子は、それだけいろんな人のチンポを受けつけて、アンアンと芝居しているのだから、少しはそういうことを想像したいものです。
 むしろ売れていない子を掘り出し、応援して(たくさん指名をかけて)、熱い関係をはぐくもうという“高度な?”愉しみ方もあります。売れていない子にも必ずおまんこはあるのだから、という気持ちも結構かと思います。
 あとね、嬢の年齢については許容範囲を広げておいてください。若い娘!若い娘!と考えずに、ベテランの嬢にも関心を持つことです。
 性戯には、ほんとに高度な技もあるんです。ベテラン嬢を敬遠してはいけません。
 店のサイトで嬢の勤務状況がわかる時は、『アルバイト的勤務』とか『総勤務時間が平均より著しく少ない』とかの嬢は避けたほうが無難だと思います。真剣に働く娘である確率が高いのを選択しましょう。何万円も使うのだから。
 性風俗で遊んで最もガックリするのは、どチンピラ女が表れて、こちらが射精猿の如く扱われた時です。
 ソープで働かざるを得なくなった女というのは、時々見事なまでに性格の悪いのとか性格に魅力がないのがいます。ソープ遊びには、とんでもない女と対面したほろ苦さと哀愁の経験・失敗作が必ずつきまいます。そのことは覚悟しなければなりません。
 どチンピラ女との対面だけは叡智を尽くして回避したいです。でも、その店のことが充分わかるまでは、どの嬢が決して選んではならない女なのかわからないです。
 店の責任者で人間を理解している人は「女は性格だ」とわかっています。いくら嬢が不足している時でも、面接希望の電話口での口の利き方にどチンピラ女のにおいがすると、面接すら応じないものです。でも、女性は特に猫を被るのが上手ですからねえ。
 もっぱら写真で嬢を決める遊び方をしていると、ろくでもないことがいくらでも出てきますよ。
 要は、P指名が少なくて、本指名の多い嬢を発見しましょう、ということです。
 P指名が少なくて、本指名が多いというのは、それだけ本指名が飛躍的に本物なんです。P指名が少ないと、総指名数がそれほど駆け上がらないから、予約が取りやすいです。そして、P指名が少ない嬢は、お顔が個性的で、そのせいかお話がおもしろいです。
 このタイプの嬢はリピート客が多くて、しかも、安い買春をよくやる客が少なくなって、嬢のSTD罹患危険度がぐーんと低くなります。

 ちょっと風俗のことがわかると皆ナンバーワンの嬢に対面したがります。でもね、よく流行っている店のナンバーワンの嬢というのは、そこいらの当たり前の遊び人さん、並の遊興力の男性では相手をするのが難しいですよ。表面上は楽しくできるけれど、深入りは先ず無理です。(豚に真珠状態です)
 ソープで回数多く遊ぶつもりの人ならば、ナンバーワンの嬢に憧れないほうが良いです。
 どうしてもナンバーワンの嬢に嵌めたいとします。それでも良いですが、器量の良さと若さとだけでナンバーワンになっているのはやめた方が良いです。会ってもほろ苦い思いをするだけです。(だから、ナンバーワン嬢はネットで叩かれやすい)
 接客が素晴らしくてナンバーワンになっているのだったらいいです。でも、その店のスタッフに顔と名前を覚えられた頃にチャレンジしましょう。
 本当の売れっ子なら、貴方がそういう位置づけにならないと対面が可能にならないことがあるし、それぐらい通って観察しないと、性格の良さでナンバーワンになっているのかどうかがわかりません。真の売れっ子嬢には、貴方が店によく来る客とスタッフに認識された頃に入浴するのが、より素晴らしい接客を導き出しやすいでしょう。
 いわゆる『太い客』をたくさん抱えていてナンバーワンになっている嬢ならば、『細い客』はそんなに熱烈に相手されませんよ。そういうことも考えてください。
 ある店のナンバーワンの月の本指名数が45本だとします。内訳は、ベスト5人の客からの本指名数が28。
 こういうことがあります。
 こうなると、その嬢のベスト10人の客以外の客は、その嬢から(この人、ベスト10人に入ってくれるかな?)と期待されない限り、さほどの心のこもった応対をされません。フリーでついた客なんぞは、ゴミ同様です。
 風俗遊びをうまく遂行しようとしたら、お金がかかるものです。
 まあしかし、未婚の人で、うまく遊ぼうと思ってそのように遊んでいる人はほんのわずかです。大抵の未婚者は何回戦かにだけもっぱら意識を向け、物理的摩擦だけです。オナニー猿と内容的に変わりません。女から見て面白くも何ともない。

 本気で情緒あるソープ遊びを望みたいのなら、『行く回数』の多いことが大切です。数は何物にも勝ります。(これは、射精以外の目的をも狙う欲深な遊興人に向けての話ですよ)
 で、射精を果たすだけなら『遊び』、何度も通って擬似恋愛としての慕情をかき立て、立派にセックスを遂行し、相手の嬢からもそれなりの好意を得られれば、『浮気』に昇格します。
 問題は、通いだすとすぐに嬢に格別な願望を抱く客が大変多いことです。メルアド教えて、外で会おうよ、の要求です。その嬢の大勢の客の中で、そんなことを言い出せる立場に至っていると思える自信はどこから来ているのか、よく考えるべきでしょう。
 こういうことをBBSに書くと、必ず「俺はどんな女にもメルアドを教えてもらっているぞ!」と混ぜ返すガキがいます。
 そういうのは『営業メール』と言うのです。通うにふさわしい女というのは、滅多に客にメルアドを教えない賢い女なんです。
4.2週間前に入った姫を予約、どんな会話でスタート? 姫はどんな感じに思うのか?

 私が初めて“裏を返す”行為をした時(ソープ初体験の嬢を予約:いろんな初めて(1) を参照)いろいろ悩みました。
(1) 前回初めてソープ遊びをしたというのに、相方を予約するという大層なことをして良いのだろうか。
(2) 2週間ぐらいの期間で再度突入すると、相手が(アンタ、何をノボってんのよ)と思いはしないか。
(3) もっと他の嬢を経験するのが先ではないか。
 だから、質問の気持ちはよくわかります。
 結論を書きます。
 嬢は『本指名』の数を稼ぎたいから、“裏を返す”のは問題があった客以外は歓迎です。更に本指名をかけてもらえるように力を入れます。初めて本指名を入れるのが気恥ずかしいと思う男性のほうが、そのような想いを全く浮かべることのない男性よりも嬢が好感を寄せやすいでしょう。
 早々と裏を返すことについては全く気にする必要がありません。世の中には、1週間以内で裏が返ることか何度もある上玉がたくさんいます。2週間ぐらいでは珍しくありません。
 2週間以内に裏を返された経験がない嬢なら、すっごく嬉しがると思います。
 裏を返してどのような会話をするかですが、私は“2週間以内に裏を返された経験がない”ような魅力のない嬢や入店したての嬢に本指名を入れたことがないから、次のような切り出しでスタートします。
 ○△ちゃんねえ。貴女には本当に痺れたよ。
 僕はこういうところでは好みがうるさいけれど、あんたにはもう気持ちを揺さぶられたよ。今まで裏を返した最短が18日だったけれど、○△ちゃんには15日目で、何と3日の記録更新だ。
 とにかく、グワンと括れたウエストとパッチクリンクリンの眼を振り返ったら、もうたまらない。カレンダーの巡り合わせが良かったら、絶対に12日目ぐらいになって、もっと派手に記録更新になったと思う。
 1週間以内に裏を返したことがあるけれど、そんなことは適当に言っておればいいでしょう。
 相手の嬢の性格によって、ド助平ヒヒ親父路線、インテリ紳士路線、ひょうきん路線、切り出し方を工夫します。

次へ  ソープ遊びを考えるへ  金津園遊びの手引きへ  トップページへ戻る
(千戸拾倍 著)
St herb ナノ ブレストクリーム