グロースファクター
ソープ嬢の秘技を考える
 18歳未満の方は入場をご遠慮下さい。
上手なセックスを考える ソープ遊びを考える
金津園遊びの手引き   初会の金津園遊び
金津園の体験談  えろえろ考察  トップページ

ソープ嬢の基本 ソープ嬢の演出 新作
ソープ嬢の工夫 新作
マットプレイ考 改訂 即尺即ベッド考 改訂
ピンクチェアなどのソープの椅子のプレイ
即のアナル舐め考 後舐め考 改訂
 ソープ嬢の秘技を取り上げます。
 秘技を楽しむためには、嬢が目一杯の動作をしたくなるほど客に好感を持つというのが肝要です。
 振る舞われる度合いとその徹底の度合いは『好意』との相関。これが第一のポイントです。嬢が客に無関心や不快感の心でついておれば、射精達成の義務感に心が留まり、情緒や親密さを漂わせた行為が出てきません。
 さて、嬢が好感を抱き(少なくとも不快感を覚えずに)、全身舐めや、壺洗いや、足の指の股しゃぶりや、乳房で背中をさするような奴隷的奉仕を熱心にしました。誰しも結構なサービスだと思うでしょう。これがソープ嬢の秘技だと思う人がいるかもしれません。
 しかし、これは秘技には値しません。ディープキスならともかくも、性器以外の箇所の愛撫を悦ぶのは些かオコチャマです。
 秘技とは、客の心に働きかけるものを除き、男の股間にじっくり粘着的に繰り出される行為で、これが第二のポイントです。ということは、真性包茎や重度の仮性包茎や超速射砲では秘技を味わえません。
 まあ、秘技と言えるには、同じ動きを持続させる心構えが大切です。これは良い動きだと思っても、すぐに終えられては不満が残りますが、経験の短い嬢は客の満足感など観察せず、所用の動作を終えたぞ!という感じで、かける時間が短いのが多いです。
 それにしても、早漏や重度の仮性包茎でない健全なペニスに対する手こきとフェラチオは、嬢の上手と下手とで随分差があるものですよ。

トップページへ戻る
(千戸拾倍 著)