グロースファクター
マットプレイ考

 マットプレイはソープ嬢がローションの粘性を生かしてする性技の華だ。
 即尺即ベッドでやる嬢は即の絡みを済ませてからマットプレイをするし、即尺即ベッドでやらない嬢は初めに股間を洗浄してからマットプレイにかかることが多い。客がマットプレイを望まない時はベッドプレイだけとかベッドプレイ+椅子のプレイとかの進め方になる。
 金津園では艶グループのように、 120分の長い時間で入浴すれば、マットプレイと特殊椅子のプレイの両方をするところもある。
 マットプレイを断る客が意外に多い。理由は次だ。
(1) ローションプレイを好まないから。(まあ、そういう感覚の男もいるだろう)
(2) 嬢にあのような奉仕をさせるのが忍びなくて、会話の時間を増やしたほうが良いと思うから。
 (助平精神が豊かでなく嬢への思いやりに篤い男でこのように考えるのが意外にいるようだ)
(3) ベッドプレイが好きだから。
 (マットプレイは男が攻められる。自分が攻めたい男はベッドプレイに時間をかけたい)
(4) 遅漏でベッドプレイに時間がかかるから。
(5) マットプレイの本当に上手な若い嬢がそれほどいないから。
 まあ、気持ちはわかる。
 嬢が体を客の体に摺り合わせる『泡踊り』は、専ら性感帯ではないところをマッサージしがちになり、わかっていない嬢ほど全身運動するのが妙味だと心得違いをして、ペニスの先や玉袋やアナルに口や指を使う動きが乏しいから、ペニスが強い男なら大変くだらなく思える。
 要するに、この泡踊りは嬢の全身運動に使役性を強く感ずる。嬢はこの動作で筋肉痛に悩み、腕が太くなるだけだ。心優しい男なら、遠慮したくなることもあろう。
 マットプレイについて否定的な論調で始めたが、やはりマットプレイはソープの華だ。私は「ソープ遊びでは、嬢が技の習得に努力しているのだから、ソープ独特のマットプレイを楽しむべきだ」という趣旨のことを何度も書いている。
 私が味わったスーパーマットプレイについては驚嘆のマットプレイに書いた。かなり昔の昭和63年のことでも私には鮮明な想い出だ。
 昔は即々のプレイがなくて、脱衣→洗浄→マットプレイ→洗浄→談話→ベッドプレイ という流れで、私は毎度かなり長時間マットプレイを楽しんだ。その頃の楽しみ方からソープ遊び用語集に『マットプレイ』について解説を書いたので読んでいただくと良い。

ソープ遊び手引き書前編』より
 マットプレイが好みでない人もいます。その理由を推定すると次の通りです。
1.3度4度と抜きたいから20分以上はかかるマットプレイはいらない。
2.なるべくお喋りしたいから20分以上はかかるマットプレイはいらない。
3.くすぐったい。
4.ローションが気持ち悪い。
6.嬢にあのような奉仕をさせるのが申し訳ないという気持ちになる。
7.ペニスが敏感なのでノーサンキュー。
8.マットプレイをしたがらない嬢に当たったことがあり、マットを遠慮したほうがいいと考えている。
 しかし、金津園の嬢はマットプレイの技術を身につけてサービスするのが他のファック業と違っているという一種の誇りを持っていることが多いし、だからこそ、マットプレイの技術を高めることに意欲を燃やしています。
 従って、なるべくマットプレイは受けて、嬢が素晴らしい動きをしたら褒めてあげるというのがいい遊び方だと思います。
 マットプレイをしたがらない客が結構いて、私が会った嬢がそのことについて愚痴をこぼすことがよくあります。ぼやく心を解明すると次の通りです。
1.技術を磨いているのに技術を見てくれないから腹が立つ。
2.うまく会話が進められない男なのにマットをしないから、時間の持たせようがない。
3.お喋りしていたほうがいいと言ってマットをしないけれど、お喋り自体が鬱陶しいものだった。
  (2と3の男性がけっこうおられるようです──自分が該当しないかを真剣に考えください)
4.マットプレイを断るだけあって、超鋭敏ペニスで、愛撫する張り合いがないからつまらない。
 マットプレイを苦手としていない嬢は、初対面の男に「マットはしなくていいよ」と言われると、大概は、どういう奴じゃ!とマイナス思考が働くものだと理解してください。
 まあしかし、平成も20年を過ぎると、「お喋りしていたほうが良い」と言われて(やったー)と思う嬢が増えたようだ。艶グループ以外の店なら確かにこう言える。

 私が昔通いつめた嬢は皆マットプレイが上手だ。マットプレイが上手な嬢には助平心がある。マットプレイが下手くそだと私が教えたくなったが、これはあたかも助平精神を教えるようなものだ。
 大概のソープ嬢、助平精神が未熟な女は、俯せの男の背中や脹ら脛に自分の肉体を長々とすり合わせているだけで、ペニスや金的をあんまり刺激しない。
 私が上手と判定するマットプレイは、滑って転んでツルリンコの、ローリング動作のものでも、背中や太股に、乳房や舌を延々と献身的に這わすものでもない(退役嬢による講習が往々にしてこういうふうだ)
 こういうマットプレイは体力がいり、努力は認めるけれど、私からは最下級の位置づけになる。(過剰豊満の嬢に長々と体をすりつけられ、腰の上に腰掛けられると、まるで整体で、エロい雰囲気が全然出てこない)
 金津園の美貌の嬢でマットが上手なのは、残念ながらあまりいなかったが、時々はNo.1クラスの嬢に巧妙で熱意あるマットプレイをするのがいるから、そういうのにお目にかかると、私は大変喜んだ。
 マットプレイは嬢にとって大切な技術で、一生懸命にこの技術の向上を心がけている子もいるから、できるだけマットプレイを受けて、嬢が上手に熱心にしているのなら、賛辞の言葉をかけてやりたい。
 例えば、嬢が男の躯の上で全身をローリングさせる動きがよくても、私はマットがうまいとは言わない。
 こんなのはビデオの映像を見て、素人が感嘆するだけ。だから、対面した嬢がそういう動作をすると、私は「そんな、疲れるだけのことはしなくていいよ。君の腕が太くなるだけだから」と言った。
 マットプレイは、ローションを活用してとことんペニスを刺激するのがよいプレイだ。私の股の間に座って、粘土細工をするように遊んで、ペニスの愛撫を愉しんでくれるのが一番の御馳走になる。ローションがあるから、長く手こきができ、アナル攻めもやりやすくなる。
 私が何度か通った嬢は、もともとアナル舐めもアナルの指攻めもしたことがないというのが大勢いたけれど、私がそれをやるようにそそのかすと、皆喜んでやった。
 マットプレイは、嬢に咥えられてはこすられ、こすられてはハメられ、ハメられては、また外してさすられ、さすられてはまたハメなおし、がんがん揉まれて、ハメてホッとし、ハメにあきたら咥えられ、また、両手でこすられ、どうにも射精しそうになったら、キンタマやアナルのほうを攻めてもらい、射精起動の気運が落ち着いたら、更に別の体位でハメ、こういう延々と続く絡み合いが結構だ。
 ペニスがこすりに強くて、嬢が熟達者の場合、50分使うようなロングランのマットをすれば、こんなマットプレイになる。ポイントは寸止めだ。
 合体にコンドームが必要であれば、こんなゴージャスな痴態を味わうことができない。コンドームの使用はいろんな面でソープ遊びをつまらなくした。とにかくこれはマットプレイの流れを悪くし、また、単調にし、フェラチオを消極的にさせ、変形体位がなくなり、良いことは一つもない。AIDSを呪いたい。

 マットプレイは、(1) 男がうつぶせ (2) 男が仰向け の二つから構成され、(1) が先だ。で、長年観察していると、こんなタイプの嬢がいる。
  1.(1)の時間が長くて、(2)の時間が短い嬢
  2.(1)の時間が短くて、(2)の時間が長い嬢

 2は、フェラチオに自信のある嬢が往々にしてこうなる。1は、マットプレイ=男の体の上でローリングと思っている嬢がこうなりがちだ。
 男がうつぶせだと、陰部を刺激することをはなから考えていない嬢がいる。考え違いだ。
 男がうつぶせになっていれば、アナルやキンタマや会陰が刺激しやすい。また、勃起ペニスを後ろに引きづり出して、無理な角度にして刺激するのが具合が良いと理解しなければならない。男が伏せていても、男の腰を上げさせてフェラチオするぐらいの気持ちが必要だ。
 こういう変態的な刺激が、うつぶせのマットでは大切と言える。わかっている嬢は見事にわかっている。
 そもそも、マットプレイはローションを使うから、フェラチオよりも手こきが適合する技で、男を仰向けにしたとたん、女上位でファックにかかるやり方も、男がそれを望んでいない限り、立派なマットプレイだとは言えない。
 仰向けの男の陰部を、両手と口をすべて使ってこすり立てるというのがマットの技だ。
 次が最高級のマットプレイの実例で、玲子の技に注目してほしい。

驚嘆のマットプレイより
 最初私は脚を伸ばしている。隆起したペニスはへその方を向く。これを玲子は反対に腰とマットの間から自分の方へ曲げ傾けた。逆方向へ向けられるので、付け根が耐えられなくて、思わず腰を浮かさざるを得ない。当然それは限界まで怒張した。
 玲子はカリ首の本当に先だけを、何とも説明ができない方法でこすった。
 自分で手淫しても、ここまで微妙に、かつ、激しく、カリ首の一番鋭敏な一帯を嬲り続けることは、途中で思わず知らず脳が指に動作の中断指示を出してしまって、到底継続できないだろうと思った。
 玲子は3本の指やら唇やら掌全体で強弱をつけてこすり、私が刺激に慣れて反応が鈍くなると、すぐに別の変化技に移る。その間、空いた手や口が必ず近隣の性感帯を攻めた。
 そのうち、俯せの私を四つん這いの膝をついた、尻を突き出すポーズにさせる。
 玲子は私の脚の間に座り込み、菊座を舌で強く掃きながら、掌でカリ首を包んで揉み込む。また、後ろへ引き出したペニスを口に含んだまま菊座に指先を這わせ、同時に、もう一方の手の親指と中指でUの字を作って、指先で金的の付け根をすーっとさすり、私にぞくっとする感触を楽しませる。
 更には、左手を乳絞りのようにいやらしく動かし、亀頭を握り潰すか、ねじ回すように揉み立て、右手は菊座に指を1本挿入して、微妙に動かした。
 すべての愛撫が感心なまでに同時進行で、しかも、カリ首への圧迫がよく、猥褻極まりない。
 菊座に挿入した指は、「第一関節までよ」とか、「第二関節まで入れたわよ。わかる?」とか解説付きで、玲子は含み笑いをしながら徐々に動きを強めた。
「すごいわ。根元までよ、ふふっ」
 直腸の腹部の側をごりごりとこすられると、私は腰の奥に異様な感触が走り、射精の予感がする。「もう、いいっ!」と叫び、そこでアナル責めをストップさせた。
 亀頭冠を包む掌が滑らかに動きにくくなると、玲子はマットの上に溜まったローションをすくって塗りつけ、カリ首の裏筋の辺りを中心に、更に絶妙な揉み込みを続けた。
 私はカリ首をますます膨らませて悶絶し、躯を突っ張らせ、顔だけ見たら苦痛だか快感だかわからない。私が大腿筋も腹筋もこわばらせ、肺腑を絞るような喘ぎ声をあげて、腰をふるわせるのを見て、玲子は神秘の笑みを浮かべている。
 少しSMの味がした。
 玲子は私を俯せにしたまま、信じられない体位で怒張したものを受け入れた。玲子が頭を私の足先に向けて、四つん這いの格好で尻を下げて後ずさりし、私の股間に陰裂を寄せる。
 私が膝をついた姿勢で、腹を下げて腰を突き上げれば、玲子は股を開いて腰を沈め、ペニスを掴んで引き寄せると、やや上向きになった陰裂に斜め上から没入する。
 灼熱のペニスは股間から後ろへ向かい、無理な角度になって金的を圧迫する。玲子はますます怒張が激しくなった肉塊を肉壷でがっちりと受け止め、スローテンポで腰を動かす。犬のような体位だ。股間に玲子のローションまみれの尻が当たるのが愉しい。
 私は続けて玲子の指技を楽しみたいから、ここで吐精しない。
 次いで、玲子は私を仰向きにさせると、その体勢でまた、ありとあらゆる指技、口技を繰り出した。
 とにかく火照った股間に終始濃厚な愛撫が続き、私はカリ首がものすごく気持ち良いから、脂汗を出してよがり続けた。
 玲子は二重にした容器の間に熱い湯を満たして、内側の盥に入れたローション液が冷めないようにした。右手で温かい液体をすくい、左手で怒張したペニスを握り、垂直にして、尿道口に狙いをつけてローションをたらたらと垂らした。
 人肌より少し熱い粘液の直撃に、私は、それだけで新しい感触を味わった。
「貴方、強いのねぇ、立派! 他には、そうはいないわよ。これだけ、こすり続けて遊べるのは」
 そんな感嘆をしながら、玲子は私の悲鳴を聞いても「うふふっ」と含み笑いをして、ローションまみれの指で肉棒を攻めまくった。
 刺激になれて私の腰が玲子の攻撃から逃げなくなった頃、両足をたたませる。赤ちゃんがおしめを替える格好だ。その尻の下に膝を潜らせ、上を向いたアナルを攻めながら、同時に小水の出る前面の一番鋭敏なところを掌でこねたり、裏側までさらけ出した金的を口に含んで揉んだりした。
 ネチョネチョと卑猥な音が出る徹底した亀頭攻めに、私はとことんペニスが伸びる感覚がする。射精を我慢するのが苦痛めいた快感で、その頃には意識が朦朧としている。
 鋭く激しい攻撃に耐えかねて、閉じようとする股や逃げようとする腰や、玲子の指の動きを封じようとする私の手を、玲子は大柄な肉体のどこかで残酷なまでに押さえて防ぎ、逃さないわよ、という視線を浴びせて、更に執拗にカリ首を攻めた。
 ローションの温水にまみれたその掌はもうふやけて白ばんでいる。
「あぁ、おぉ、うー、いー、どっちが女かわかんねぇ、うぉー!」
 私が唸り声を上げて落ちかねない様子になると、感よくそれを察知して、非射精促進の性感帯の方へさっと矛先を移した。
 そのうちに、玲子は、私をおしめを替える赤ん坊の格好をさせたまま、上向きの尻に跨るようにして腰を落とし、ペニスをぐいっと手前に引き寄せて、膣に嵌め込んだ。
 力みかえったペニスがとんでもない方向へ向かって突入するから、付け根が緊張する。精一杯腰を浮かせて玲子の熱演に協力した。
 玲子が私の宙に浮いた両足首を掴んで腰を上下に揺らすと、大柄な体型だから、私はまるで躯をプレスされているように見える。とにかくペニスをはめ込んだままで、足の位置を組み替えて、のけぞったり、回転したりして多彩な体位を実演した。
 ソープ嬢はローションがべっとりついたふわふわのマットの上で、立ったり2本足で移動することをまずしない。玲子は上手くバランスを取って難なくこなした。でも、客の前で何度かすってんころりんをしたことがあるから、マットの空気圧を弱めにしていた。
 私のペニスはそれほど大きくないし、躯も堅く、特殊な体位についての知識もないので、それまで変形体位の交接を殆どしたことがなかった。
 だから、玲子が流麗に繰り広げる松葉くずし他様々な女上位の体位はどれも初めて試みるもので、何とも淫猥極まりなく、ひたすら驚くばかりだった。
 マットプレイの最後の体位は、私が腰を浮かせ、玲子が蹲踞の姿勢で受け入れるやり方だった。中腰で手を後ろについて、結合部がよく見えるようにして、嵌め方にも工夫があった。カリ首の穂先だけを微妙に出入りさせたり、ゆったりとスローな動きで大きく抜き差ししたり、深く受けてひねったりした。
 玲子が淫靡な連結を悩ましい眼つきでじっと見つめ、時々私に流し目を送るのが、いやらしいほど婀娜っぽかった。
 私はマットに仰向けで動かしにくい腰をゆるやかに上下動させ、快感の発信源になっている結合部に貼り付いたように視線を送った。
 マットの枕がしっかりとふくらんでいるので、頭が持ち上がって、玲子が前面を向けても背面を向けても、途轍もなく猥褻な結合部が衝撃的な画面となって眼に飛び込んでくる。
 玲子のぐーっと張り出したセクシーな腰から視線を上げると、下腹は柔らかな曲線でこんもりと盛り上がり、ウエストがグワッと狭まって、その上で豊かな乳房が揺れ、口を僅かに開けた顔が見える。笑みを浮かべてふんわりと腰を動かしているのが、何とも妖艶だった。
 大股開きの豊かな太腿の間で、玲子の薄めの春毛がローションの粘りでより合わさって肌にへばりつき、性器が平たい饅頭のような丸みを露わにしている。出入りしているペニスは、滲み出る潤滑液とローションが合わさった粘液の泡にまみれて怒っていた。
 性的亢奮は生理的に人から視野を奪う。
 部屋の天井も壁もシャワーの設備ももはや視界から去り、薄明かりに照らされている筈の浴室が何故か闇の中に包まれている。ただ、玲子の顔と躯と結合部だけが、まるでスポットライトが当たったように、狭くなった私の視野に浮かんでいた。
 玲子が薄笑みを浮かべながら、流れるような巧妙な動きで体位を変え、淫らなローションまみれの結合部を中心に、肉感豊かな白い躯をゆるやかに動かすのを見ていると、その姿は神々しいまでに荘厳だった。
 とにかくその挿入の角度は、存在を誇っているそれを通常の向きより60度から100度くらい変えるものばかりで、怒張が120%の飽和に達し、無理な角度で嵌めているからカリ首が肉壺を滑る快感は接触表面からだけでなく芯からも響き渡った。
 しかし、勃起が強過ぎても、ローションのお蔭で、また、吐精をこらえる意志のため、如意棒から潤滑油のよだれは出ても、エキスは簡単には噴出しない。
 私は恍惚の気分のまま極限の状態が続き、マットプレイが終わると、日頃あまり使わない筋肉が強ばっているのを感じた。
 こういう技が懐かしいとは思うけれど、やはり部屋を明るくして、ローションなんて補助物なしで互いの体を延々と愛撫しあうのが良いと思う。
 ローションがないと、互いにフィンガーペッティングがやりにくいこともあるけれど、ラブジュースが流れるのがよくわかるメリットのほうが、愛の交歓には有意義だ。

 私は平成10年ぐらいからマットプレイや椅子洗いのプレイをさほど望まなくなった。その理由は、冒頭に書いたものを少し別の角度から書くと
(1) 心の底から本当にこれがやりたいと思っている嬢は先ずいない。仕事だからしているだけ。
  ──嬢に全身運動させるぐらいなら、局部中心のいじくりのほうが楽しい。
(2) マットプレイや椅子のプレイは準備と片づけが必要で、その分会話などに時間が取れない。
  ──ローション液を洗い落とすにはかなりの時間がいる。
(3) セックスとは、男性が女性を愛撫して楽しむものだと思っている。
  ──マットプレイをすると、自分が愛撫して楽しむ時間が少なくなってしまう。
(4) 明るくした部屋のベッドの上でも、マットプレイや椅子のプレイと同じことができる。
  ──私はコップにローションの原液を入れさせ、それを使ってベッドで遊ぶことをよくしている。
ということだ。
 私はマットプレイや椅子のプレイをしないようになると嬢に次をよく頼んだ。
「マットはしなくて良いから。その代わり、ベッドでマットと同じようにやってよ」
 こう頼むと殆どの嬢が面白がった。キャリアの浅い嬢は驚いた。
「ローションが使いにくいよ」
「チンボ汁がたくさんあるだろう」
 嬢は私から大変気持ちの良いクンニリングスが受けられるから、これをやらせると攻めに気合いが入っている。ベッドだと相互にペッティングやオーラルプレイを延々と続けられるのが面白い。
 セックスプレイには視覚が大切で、嬢の紅らんで汁だらけの性器を見ながらエロプレイに励むのは楽しいし、嬢だって、自分を前にして漲りきったペニスは楽しいはずだ。
 ベッドでマットと同じようにやってよ──と言うからにはベッドプレイでローションを使わせることもある。これは相互にアナル攻めがしやすい。
 私が四つん這いになり、嬢が指をアナルに入れながらペニスなどを刺激すれば実に楽しい。私はこれをしたことのない嬢にもう随分初体験させた。
 こんな素晴らしいことができるのだから、マットプレイや椅子のプレイをする必要がない。そして、私が嬢のアナルを指攻めすれば当然アナルセックスに持ち込みやすくなる。
 これを読んだ人が“やってちゃん”のプレイから脱皮し、自分も性愛行為が上手にできるようになって、マットプレイや椅子のプレイなんて時間の無駄と思うようになれば結構なことだ。
 ここまで書いてふと思ったことがある。
 マットプレイを受けなくなった根本的原因は何か。それは、浴室のプレイでは眼鏡を外すということではないかと思う。
 私がマットの上に仰向けになって、嬢がいやらしくペニスを揉んでも、眼鏡を外しているとそれがよく見えない。嬢の表情もわかりにくい。
 ベッドのプレイなら眼鏡はクンニリングスする時以外はかけている。だから、猥褻なプレイも嬢の顔もよく見える。ぼやけた猥褻がいやでマットプレイを敬遠したのかもしれない。
 なお、マットプレイでの私の射精経験(対バギナ)をもとに更に続ける。
男上位(正上位)での射精───────経験(多分)なし
 ソープもののAV動画で必ずこれが出てくるが、AVだからこその行為で、ソープ嬢に対してこれを望むものではない。髪にローションがつくのは絶対に困るし、そもそも男の膝がとても不安定だ。
ローションを駆使した手コキでの射精──1人だけ専らこれで愉しんだ嬢がいた。
いろんな初めて(1)の『11.デブでも通った嬢の初めて』)
女上跨位での射精───────────私はかなり少ない
 平成16年まで〜即々ではないケースでは、マットプレイで女上位でもって放ったことは多分ない。即々では放ったことがあるかもしれないが、記憶にはない。
 平成16年以降〜2度目の射精をこれで果たしたのを僅かに2人憶えている。(館のマヤ、艶のヒナ)
 私は、ベッド(またはソファープレイ)→マットプレイ→ベッドプレイ の流れで、それぞれ1度ずつ抜きたいと思っている人や、2度抜ければよいと思っている人には、即のプレイと最後のベッドプレイで抜くやり方を推奨する。このやり方のほうが、最後の射精がド派手に達成できて楽しい。
 さて、私はマットプレイがわかっていない嬢によくアドバイスをする。そのポイントは次だ。
(1) 最初の俯せのプレイではペニスの刺激から入りなさい。
 俯せでは、腿の裏や尻たぶや背中などを乳房や手や腹や太股で刺激することから入るのは完璧に間違っている。
──それは教えられた入り方だろうし、いきなりペニスに指を持っていくのは抵抗があるかも知れないが、客がおぼこそうな男でない限り、やり方を変えるべきだ。
(2) 即々なしでマットプレイ──初対面なら客のペニスは緊張で雄々しくなっていないこともある。また、導入は大人しい進め方をしたいかもしれない。
 即々の後のマットプレイ──男性が即のプレイで射精した後だ。ペニスは殆どの場合縮んでいる。
──ペニスの勃起を最優先に考えよう。とにかくマットの最中にペニスが勃起していない時間を初めからなくすことが肝心だ。俯せではペニスを刺激しないとするのは間違いだ。
 例えばマットの入り方として、(1) を念頭に置くと、男に足を開かせ、その間に初めからどかりと尻を下ろして、両手でタマキンとペニスを刺激するという結構な導入の仕方もある。
 この時両足を男の腿の下に潜り込ませて両脇のほうまで伸ばし、男の尻が浮くのを利用して両手で猥褻なこすりをかまし、ペニスをバキンバキンに張らせる。
 勃起させた後なら、男の体の上で滑っていても、ペニスはマットにこすれて勝手に勃ち続ける。
(3) 男がアナルを攻められるのを嬉しがるなら、絶対にアナルを攻めよ。
(4) 男が仰向けになった時には、フェラチオ中に股を開いてマンコを弄らせよ。
(5) ローションがある時は「手こきは客に失礼」という考えを捨てよ。カリを揉みまくれ。
──男が「ちょっ、タンマ、出ちゃう!」と悲鳴を上げるぐらいに攻めよ。
 まあ、どの嬢も私の話には驚く。更に、教えられた通りやって、効き目の良いことにまた驚く。

参考:ソープ遊び用語集(前編)『攻め・受け・いす洗い・浴槽プレイ・マットプレイ・逆マット』

ソープ嬢の秘技を考える  ソープ遊びを考える  金津園遊びの手引き  トップページ へ
(千戸拾倍 著)