18歳未満の方は入場をご遠慮下さい。

日記 〜 その20

 2020年10月19日(月)
 2ch.live/cache/view/soap/1214734329を見つけた。この長い文章をryouseiwrで検索すると、該当文はかなり昔の私の文だ。調べると、今のサイトに同じ文面はなかった。(Rグループを貶した文は現在も当てはまるかどうか確かめようがないから消したものだ)
 2019年11月15日の日記でフュージョン5枚刃というひげ剃りを買ったけれどいまだに刃を取り替える必要がないので驚いている。
 いろいろ勉強してテレビコネクターDでググって調べた。22,000円の品物だ。
 テレビコネクターD は、テレビや音楽プレーヤーに接続するだけでその音声を補聴器で楽しめるインターフェースとして、マーベル補聴器のダイレクト通信をサポートします。…接続している無制限の数の補聴器に、最長15メートルの距離まで音声信号を同時にストリーミングできます。
 とあった。欲しいのだ。
 ただ、これを使うためには補聴器をフォナック ナイーダ マーベル(私の選ぶものは38万円)に替えなければならない。今使っているものがまだ寿命を迎えそうにない。悩ましい。
 藤井聡太二冠と同じ学年の棋士が2名出た。古賀悠聖四段と伊藤匠四段だ。まだ棋士としての対局予定が出ていない。
 すぐに消されると思うが、とりあえず紹介…
 video58176227/ video33612883/ video58843775/ video58834051/ video58834109/
 video58763771/ video19038221/ video19038221/ video50557219/ video58171641/
 2020年10月15日(金)
 昨日の将棋・王座戦は2勝2敗のフルセットから永瀬拓矢王座が勝利し、防衛成功+九段へ昇段。結構!
 澤田真吾六段が竜王戦1組に昇級し、七段に昇段。良かったね。
 75歳以上の人の医療費窓口負担について、年収240万円以上で383万円未満の人を現在の1割負担から2割に引き上げる案が厚生労働省内で浮上していることが9日、分かった。対象は十数%に当たる約190万人。
 というニュースを10日に見た。
 240万円というと 厚生年金受給者の中で掛けた年数が38年はあって、かつ、現役の時の所得がそれなりに高かった人が該当する。私もギリギリでここに入る。参った。75歳になっても、医療費1割負担の恩恵には預かれない。
 中性脂肪の高値への対処の薬ロトリガ粒状カプセルは先月に続いて服用せねばならない。
 吉岡里帆(27)と星野源(39)の組み合わせのドラマやCMがある。見た目は15歳の年の差だ。これはまだ近いほうで、このところ40代50代の男と20代の女の組み合わせでのCMやドラマが目立つ。それに、木村拓哉のように面相の老化を無視したヘアースタイルや服装の若作りが目に付く。
 20年前や30年前にこのようなCMやドラマの主役構成があっただろうか。もっと年齢的に接近していた気がする。
 もしそうだとしたら原因は何か。ジャニーズ事務所のグループタレントのようにグループでは目に惹くけれど単独では物足りない男性芸能人が多い。若い男性芸能人に能力の高いのや魅力の豊かなのが少ない。世の注目が既に力のある男性芸能人に目を向けたがる。一体何か。
 ひょっとしたら女性の観客・視聴者からも──若い男は頼りない/経済力がなくて目を向けにくい/面白みがない/年の若い男には何となくおまたを開きにくい──という意識があるのか。
 今世の中は、男女平等、女性の自立、個人の尊重、差別不可、個人情報保護、2流人も1流人と人間として同等、現業者も頭脳労働者と同等、こんな流れがとても強い。なのに、テレビや映画では40代50代の男と20代の女の組み合わせばかりだ。──堺雅人(46)、佐々木蔵之介(52)、阿部寛(56)、大泉洋(47)、織田裕二(52)、木村拓哉(47)、ムロツヨシ(44)、西島秀俊(49)、長谷川博巳(43)、反町隆史(56)、こういう人の登場シーンを思い出してほしい。完全に性差別、年齢差別の気配がある。
 女は35過ぎれば、米倉涼子以外はメインで登場するなと訴えているみたいだ。男も35歳過ぎればメインで登場させることが少なくなるのであれば違和感はない。
 すぐに消されると思うが、とりあえず紹介…
 video58780861/ video58780747/ video58763413/ video58822385/ video58181959/
 video58574101/
 2020年10月10日(日)
 最近読んだ本。
  日本史サイエンス 蒙古襲来、秀吉の大返し、戦艦大和の謎に迫る 播田安弘 BLUE BACKS (読める)
  信長と将軍義昭  連携から追放、包囲網へ     谷口克広 中公新書 (再読、良著だ)
 他サイトへのリンクは極力貼りたくないけれどたまには例外──「年収900万円家族」は…
 録画してあった戦国自衛隊(1979年の作品)を観たけれどあまりにくだらなくて30分ぐらいでやめた。
 同じく録画の帰郷に切り替えた。
 これは時代劇専門チャンネルのオリジナル映画(2019年の作品)で、ネットに──役者・仲代達矢、主演時代劇「帰郷」撮影に「最後の作品という覚悟」──と出ていた。
 他に、北村一輝、常盤貴子、中村敦夫、緒形直人が出て、とても良い作品だった。やっぱり藤沢周平は良い。評論を見たら「ほぼ仲代の自己満足的仕上がり。非常に残念な作品でした。原作がいいだけに勿体ないです」というのが目に付き腹が立った。ネットというのはこういう愚物が偉そうに発信するところだ。大衆発信の時代は腹の立つことが多い。
 それにしても時代劇専門チャンネルはこんな映画を作って元が取れるのだろうか。
 自宅の周りの一部に塀と扉とを拵えた。代金は40万円、痛い。
 日本将棋連盟は6日、女流で8つ目となる新タイトル戦「ヒューリック杯・白玲(はくれい)戦」の創設を発表した。優勝賞金は女流棋戦史上最高額の1500万円。第1期は11月に開幕する。というニュースが出た。
 女流棋士は棋士より全然弱い。棋士の最も弱い層の人と何とか勝負できるのが西山朋佳と里見香奈の2人しかいない。なのにこんな高額の棋戦が用意されるなんて、性差別だよ。
 今の棋士の恐らく85%の人は今後先ずタイトル戦に出られそうにない。なのに、棋士ではない女流棋士のタイトル戦がある。まあ、棋士になってくれそうもないから、女流棋士という制度を設ける必要があることは認める。女性の将棋指導者と解説における聞き手は絶対に必要だから。
 マムコ棋士にはやりたくなる女が多い。
 しかし、佐藤康光日本将棋連盟会長は本当に辣腕だ。
 すぐに消されると思うが、とりあえず紹介…
 video58661119/ video58700923/ video58702095/ video58704851/ video58723529/
 video58702277/ video58734451/ video58702197/ video45566311/
 video58702277/ について
 V&R INTERNATIONAL 2007.08.28発売 国内版タイトル『超セレブ妻中出し中毒』
 海外版→SEX TYCOON AND THE DESTITUTE SWAMP HO
 北条あみ/松村かすみ/綾瀬ゆう/伊沢夕/加藤さやか エロの巨匠・安達かおる監督
 懐かしい 本当にエロすぎる 初めて観た時びっくりした 女優の根性が皆素晴らしい
 2020年10月05日(月)
 今日は第70期王将戦 挑戦者決定リーグ戦2回戦 藤井聡太二冠が豊島将之竜王・叡王に対戦したが、残念な結果になった。
 長年テレビを観るに当たっては字幕が頼りだ。5年ほど前に補聴器のワイヤレス受信機を買って、これはテレビの音声を直接補聴器に伝えるものでとても便利だった。
 一昨日調べたら、テレビの音声出力端子(赤白端子)から入力するブルートゥースアダプター→ワイヤレス受信機→補聴器へ送信 という方式だ。
 補聴器はテレビの音声を受信中に回りの音も捉えられる。従って、テレビの音を聞きながら家族と何とか会話ができた。テレビのスピーカーは変わりなく音を出すから、ワイフと一緒にテレビが観られた。
 しかし、残念ながら2年保たなかった。途中の修理代まで入れて6万円以上投下したし、補聴器との調整にすごく時間がかかったから、もう再購入する気にはならなかった。
 将棋やプロ野球の中継放送は字幕ではどうしようもない。字幕無しの番組も多い。9月22日の王将戦 藤井聡太二冠対羽生善治九段のスカパーでの視聴ではさすがにイヤになった。
 それで、先日ヘッドフォンを買った。ワイフと一緒にテレビを観る時は通常のスピーカーが無音になるからこれがつけられない。これをつけるのは私が一人でテレビを観る時だけだ。
 ワイフが一人でこのテレビを観る時音量の数値は15前後だけれど、私がヘッドフォンで聴くには30ぐらいに数値をあげる必要がある。忘れてヘッドフォンのコードを抜けば大音響だ。
 テレビの音声出力端子(赤白端子)から直接ヘッドフォンに音を送る方式がないかと思って調べたけれどそんなものはないようだ。
 いろいろ勉強してワイヤレスオーディオトランスミッターの使い方でググって調べた。Bluetoothワイヤレスオーディオトランスミッターを使えば良さそうだとわかった。
 ヨドバシで確か3,500円ぐらいで買ったが、帰宅してから次のものがいると知った。
 AC-USBアダプター
 3.5mmステレオミニプラグケーブル
 それで翌日 合計1,600円でこの2つを買い、ヘッドフォンとベアリングを図ったが、なかなかうまく行かず苦労した。諦めかけた頃何とか接続してホッとした。
 問題は、ワイヤ方式ヘッドフォンと同じで音量の数値を30ぐらいに上げなければならないことと、これを使うとスピーカーが無音になることだ(ワイフと一緒に視聴できない)。苦労して使えるようにしたけれど、有線のヘッドフォンのほうが聞こえとしてはましだ。
 テレビの音声出力端子(RCA端子)を使ってヘッドフォンで聴くことを諦めずに、RCA端子とヘッドフォンでググって調べた。
 オーディオ変換器、DAコンバーターデジタル(光&同軸)からアナログ(RCA)(楽天で2,120円)というものがあった。『アナログ(RCA)から』となってないので、?だ。大須の店を当たろうかと思う。
 2年以内に補聴器を買え替えるかもしれない。アナログ(RCA)からヘッドフォンがだめなら、その時テレビ用ブルートゥースアダプターとワイヤレス受信機もまた買おうと思う。全部で50万円ほどかかる。年金生活者には痛すぎる。どうしてマムコ買いにあんなにお金を使ったのかと思う。マムコ買い10回分ぐらいだ。
 すぐに消されると思うが、とりあえず紹介…
 video58456733/ video49157629/ video50166409/ video58050871/ video58046743/
 video58612875/ video58062593/ video58497307/ video58411561/ video58062593/
次へ  えろえろ考察  トップページ
(千戸拾倍 著)