ルミガン通販
私の老化と性の変化

 還暦が来る前私は男が歳をとって精力を失うことを“勃起ができなくなること”だと思っていた。その頃でもよく考えればそれは精液が出せなくなることだと見当がつく筈だけれど、そこまで深く考えることなくそう思っていた。
 そのことは女性が比較的早い時期に閉経を迎えることを考えれば自ずから導かれるだろう。
 また、男も女も歳をとれば性的意欲がなくなるものだと思っていたのかも知れない。
 で、現実にはっきりした老人になると、加齢によるセックスに関する変化がよくわかった。
 先ず生殖能力が失せること、これが第一段階だ。
 生殖能力が失せるとは、女ならば閉経、男ならば射精消滅だ。で、これは子供を作れなくなるだけで、性交能力の喪失とは全く繋がらない。そのことが現実に精液を出せなくなった時期──私の場合64歳頃──にはっきりわかった。
 精液が出せなくても、恰も射精したかのごとき感覚はある。要するに、イク感覚がある。ただ何も出ないだけ。不思議なことに勃起能力は殆ど低下しない。経済的事情から性交意欲が50代の頃よりも低下しているが、それでも性交したいという情熱は途切れず、70歳に到達してようやく薄らいできた。これは精神的なものだろう。
 それにしても、80代で女性を孕ませた男の話を耳にすることがあるけれど、本当にすごいと思う。
 女性は胎児の時にもう生涯で出せる卵子の数が決まっていて、それは人によってそれほど差がなくて、結局閉経時期が皆同じようになるらしい。
 これを男で考えれば、やはり一生で出せる精子の数が皆似たような数で決まっているということになるのか。すると、射精が長く続けられる人と早めに不可能になる人との違いは何なのだろう。
 A:やはり人によって終わりの時期が違う。→生殖細胞の製造能力の差がある。
 B:人によって製造能力に差はそれほどなくて、若い時期にたくさん出した人は終わりが早くなる。
 一体どちらなのだろう。
 射精消滅が第一段階とすると、第二段階は何か。勃たなくなることと考えたいけれど、そうなるのはかなり先のような気がする。面白いねえ。
 どうも男も女も灰になる直前まで性交は可能なようだ。ならば、老人ホームで何やら恋愛絡みの事件が起きるのはしかたのないことだ。
 知り合いのソープ嬢が言った。「絶対にオナニーをしていなければダメ!」

 老化を嘆く文を2009年03月01日の日記に書いた。62歳になっていた。
 1月初旬に前立腺肥大の治療薬が アビショット錠→ユリーフ錠2mg に変わった。
 アビショットはもう5年服用して、服用をはじめた頃は異常な排尿困難がはっきり改善して嬉しがったけれど、昨年に至ると排尿困難に悩み、薬を呪っていた。だから、新薬に変わって期待した。
 ユリーフ錠に変えたら僅か1日で小便がやや楽に出るようになった。便器の前でペニスを持ったままジーッと長い間終了感覚が生まれるのを待つことがなくなり、安堵した。
 しかし、副作用に『精液の減少』というのがあった。昨年は老化による精液のあまりの少なさにガックリ来ていたので、どうなるのであろうかと心配した。
 1月、(ダイヤモンドクラブの)モモカとのソープ始めでは中出しの量が少ないと思った。しかし、次に同店のジュンの時(1月下旬)は全く精液が出なかった。
 その頃オナニーしても12月と違って射精がなかった(イキの快感も3割減)が、オナニーだから亢奮度が足りないからだろうと思っていた。しかし、21歳の魅力的なジュンと淫乱に絡んで、それで白いものがちっとも出ないから、もう愕然とした。
 だから、1月は2回の入浴予定だったのを、ダイヤモンドクラブの和(カズ)にも予約して、再度『亢奮時の射精』の状況を確かめた。
 美人の和を2回イカせ、そのはっきりした痙攣を眺めてから最高潮の亢奮で抽送に励み、私は(最上の筈の)『イキ』を得た。それでも白いものが出なかった。男性機能の喪失だ!と激しく落ち込んだ。
 2月にモモカと対戦しても同じだった。最後のファックを終えた後、モモカに「出てなかっただろう?」と聞くとモモカが頷いた。
 私はモモカに薬の副作用のことと男性機能の喪失の悩みを話した。
 モモカが言った。
「いつもイク時にはすごい声を出すし、中で出ているのがわかって、出す時これも(ペニスを指さす)ピクピクッとするのに、今日はそういうのがなかったわ。わたし、あれっ?と思ってたぁ」
 性交でもオナニーでもイク感覚はある。しかし、何も出ないから、イク感覚が二分の一ぐらいになった。ファックは最後の射精を愉しみにするよりは、抽送のこすれを愉しむという感じになった。
 それで、モモカに会った数日後、泌尿器科医院に行って「薬の副作用で精液が全く出なくなったからこんな薬は止めにしたい」旨を言った。
 すると医者が曰く
「薬に体が慣れればそのうちに精液はできるようになります。しかし、貴方の62歳という歳ならば、精液は作らなくなって当たり前です。それまで精液が出たというのは前立腺肥大によって、溜まっていた昔の精液の残り滓が出たようなものです」
 残り滓とは参った。
 ガッカリしたりせずにおおらかにしておれば、出るものが出るようになる、ということらしかった。
 しかし、昨日オナニーしてみたが、やっぱり精液が出なかった。何時出るようになるのだろう。
 ユリーフ錠でぐぐると「高頻度に現れる副作用は、膀胱に精子が流れこんでしまう逆行性射精など射精障害……」とあった。
 逆行性射精だなんて本当に冗談じゃない。医師が「62歳のお歳であれば精液を作らなくて当たり前です」と3回も言ったのが、実に悔しい。
 逆行性射精でぐぐると次の文章があった。
 逆行性射精とは、精液が陰茎(ペニス)から放出されず、逆方向の膀胱に流れこんでしまう状態をいいます。
 逆行性射精では、正常ならば射精時は閉じているはずの膀胱の一部(膀胱頸部)が開いたままで、精液が膀胱に逆流してしまいます。原因としてよくあるのが、糖尿病、脊髄の損傷、薬、手術(経尿道的前立腺切除術など腹部や骨盤部の大手術)です。
 逆行性射精でもオルガスムは得られます。しかし、射出される精液量が減り、まったく射出されないこともあります。不妊の原因になることもありますが、それ以外の影響はありません。
 全く冗談じゃない。オーガズムが半分になってしまい、男性機能が低下したと悲しむことが大問題なのだ。
 しかし、面白いことがある。
 ユリーフ錠に変えてから勃ちがよくなった。オナニーしてイッた後も、ちょっとの間をおいただけでオナニーができ、見事にカチンカチンになる。カリエラの張り具合ときたら見事なものだ。
 しかも、毎日オナニーができる。それも、抜かずのオナニーではなく、抜くオナニーだ。もっとも、痙攣のイキはあっても、何も出てこないのだが。
 こんな勃起力の旺盛さは18の時でもなかった。不思議だ。
 3歳の孫娘を抱いただけで下半身がむずむずするから困ったものだ。

 もうすぐ春だけれど、私はこの1年間喉や鼻や気管支がまともな炎症を一度も起こしていない。
 過去50年間毎年何度もこういうところがおかしくなっていたから、この健康さが不思議だ。逆行性射精と排尿障害と難聴と老人性乾燥肌の痒み以外はあんまり問題がない。
 私は慢性ノド炎が頻繁なクリニングスのせいだとばかり思っていた。
 それが間違っていたことがはっきりわかった。会社のオフィスに勤務していること、名古屋駅前地下街を歩くこと、こういうのが細菌やウィルスを着実に拾っていたのだ。
 決して、商売嬢のマンコを舐めるから喉をやられるのではないことがよくわかった。おまんこさん、ごめんなさい。
 良性記はもうごった煮状態になっていたから、(これを移転した)陶酔記で整理できることになってありがたい。ただ書いてみただけの作品や粗悪作品は除きたいし、下手な文章は直したい。昔と変わっていることは直したいし、不必要な『昔』は除去したい。
 というわけで、過去の作品のメンテナンスに終日没頭している。
 陶酔記はアクセス増加なんてあんまり意識せず、アクセス増加のための無理な作戦も練らず、のんびりやっていき、以前からしっかりファンだった人たちに楽しんで貰おうという意識で、あんまり奇をてらわずやっていこうと思っている。
 ペンネームの育野鍬雄についてだが、イクの好き男というのはゲスの考えだ。
 確かに私はイクのが好きだけれど、精液が出ないのではどうしょうもない。
 野を畑にして育てるのは鍬であり、鍬は大切だという発想。派遣社員などが大勢職を失い、林業、農業、漁業などの1次産業が見直されている。1次産業を再認識しようという極めて高尚な発想だ。
 地面に働く鍬の動きを想像しよう。ペニスの先がGスポットの辺りを刺激する動きを連想できないだろうか。畑(女陰)を育てる鍬(男根)だ。
 この2年間抽送の持続に伴い、よくソープ嬢を中イキさせるようになって、つくづく思うのがペニスの動きだ。「あっちこっち掻く」感じだ。反復動作で掻く感じなのだ。
 中イキした嬢がこの表現で、中イキ成功の原因を挙げた。
 畑は大きく鍬は小さい。そう、鍬はでかくては目的物をうまく刺激できない。でっかいものを嵌め込まれるほうは充満感だけで、ポイントへの刺激感がない。太いのは駄目、長いのも奥ばっかりになって駄目。大きすぎないものに中で動き回られ、肉壁のいいところをかき回される感触、バギナの前壁を執拗にこすられる感覚。局部的刺激感。そこへの鍬のリズミカルな動き。大型重機で広範囲に掻かれるのではなくて、一本の鍬で執拗にこちょこちょ、じわじわされる感じ。
 女がイクのは鍬の動き。自分がイクの好きではなく──女がイクの好き──で、女がイクのは鍬の動きの良さ、これが新ペンネームの発想だ。私のセックス哲学を完璧に表現した見事なペンネームだ。

 次に逆行性射精について書いたのは2011年04月25日の日記だ。
 2009年01月に前立腺肥大の治療薬がユリーフ錠2mg に変わった。その2ヶ月後射精量が顕著に乏しくなり、怪訝に思って調べると、逆行性射精という副作用があるとわかった。それで、セックスの前の2日間はユリーフ錠の服用をやめていた。
 昨年秋から射精量なしが顕著になり、今年に入ると『イク感覚』まで殆どと言って良いほどに喪失した。老化のせいだと思いはしたが、勃起力は充分なほどあるから奇妙だ。
 それで、もう8年ほどお世話になっている泌尿器科医に「ユリーフ錠の副作用は逆行性射精だと思っていたけれど、射精を無くす副作用もあるのではないですか?」と質問した。
 医師は否定しなかった。本当にがっかりだ。私からセックスを取れば一体何が残るのだ。

 射精が終わる時期で検索したが、平均的な射精終了時期を論じたものが見あたらなかった。これは学問的な事柄ではないのかな。切実的なことなのに。
 私は64歳で射精がなくなった。逆行性射精が前立腺肥大の治療薬の副作用として起きたのではないかと恨んでいたが、今考えると、精子の製造能力がなくなったのだ。その後何人かの女に「好きなようにエッチができるね」と冷やかされた。
 朝勃ちしなくなったのは65歳ぐらいか。上の日記では『イク感覚』がないと書いたが、その後少しは戻ったようだ。
 射精がなくても性交できるが、射精がないと実に性交がつまらない。要するに、文字通り女の体を抱く楽しみだけだ。だから、69歳にもなると、気に入った女を抱きたいだけで、金津園で初会を得たいという気持ちが激減した。
 こういう観点から老人の性を描いた作品なんて見たことがない。老人の性を扱った作品は、鬼神の如き精力の持ち主か、インポテンツの歪んだ性欲だけのような。
 私は財産節約の観点から金津園遊びが激減したと思っていたが、どうも、射精がなくて、初会を得たいという気持ちが縮こまったことのほうが影響が大きかったようだ。前者の思考は、男性機能喪失の取り繕いなのかもしれない。
 なお、射精がなくても“イキ”の感覚はある。イケば勃起が収まる。
 イキの瞬間の気持ちよさは、射精が伴う時の半分まで低下した。従って、何らかの+αがないと性交する気にならない。+αとは、相手の中イキ、超絶的美女、アナルセックス、浣腸などで、贅沢な性だ。
 60歳を超えてから実に遅漏が進んだ。体力が落ちたからもうセックスが文字通り激闘だ。おかげで中イキに至らせる件数が増えたが、腰がつらいのと全身の疲労には参る。終了するとまともに立ち上がれない。
 セックスの遂行感たるや凄まじい。これが50代までのセックスとの大きな違いだ。
 このように肉体が変わった結果、私の性交は昔とはかなり違ってきた。この6年で考えると、クンニリングスの総時間なんて微々たるものだ。ネットでクンニジジイと書かれたが、ピストンジジイだ。ペッティングすることも殆どない。性行為は、抽送に頑張るかペニスを(手や口で)延々と刺激される時間が殆どを占めるようになった。
 面白いものだ。クンニに熱意があった頃が懐かしい。
 そういえば、マルチェロ・マストロヤンニ式体位も数年していない。適切な段差があるところでセックスしていないこともあるが、重ね餅型の正上位を多用して、L字型の正上位をそんなにしていないことも関係があろう。
 平成5年ぐらいまではL字型正上位で中出しすることが多く、それ以降は重ね餅型の正上位で放つことが多くなった。
 ソープの中出し考ではこのように書いたが、これは性交の終末時の体位で、途中過程ではL字型の正上位をよくしていた。しかし、60代後半では(AFでなければ)L字型の正上位の時間が少なくなった。そのわけは次だ。
(1) 親しい女性・嬢との性交ばかりで、体を密着して交わることが多くなった。
 当然キスしながらが多い。ファック動画の性交シーンと違って、下からガキッと上体を抱えられると無上の幸せだ。
 キスと口吸い?江戸時代のキスは現代と似て非なるものだったに──西洋のキスは前戯でなされるもので、江戸自体の口吸いは単独で実行されず、情交しながらするのが基本──とある。確かにそういうことだろう。
(2) L字型のほうが抽送時のペニスへの刺激が弱くて半萎えになりやすい。そして、こちらは水平の腰送りで、腰に負荷がきつい。
 重ね餅型は抽送に地球の重力を利用し、体全体を使って腰を上下させるから、腰が楽である。
 何よりも中イキさせやすい。
 もう一度書くが、私の老齢化に伴うセックスに関する大変化の如きものを扱った文芸作品があっても良いと思う。人の行為と思考は肉体の能力によって決まることがよくわかった。ということは、デカマラとか亀頭が露出できないとかの男性は、性行為とそれに対する思考が私とは随分違うのだろう。
 私の考えに妙に否定的な人がいるが、そういう人は、肉体的に私と何か随分違うところがあるのかも知れない。ベースに違いがあると互いに理解が難しい。10年前の私に、クンニもせずに終始重ね餅型の正上位に励む10年後の姿はちょっと想像できない。
 さて、リオ・オリンピックの女子棒高跳びを見ていたら、解説者が「もう少し棒に大きなエネルギーを与えて」と言って、画面では上玉の毛唐の女が棒をこね回していたから面白かった。
 それにしても、歳を取ってから女子競技の何を見ていても、エロ心を奮わせなくなったのが残念だ。前回のオリンピックまでは、女子競技(但し、格闘競技、投擲競技、バスケットボール、重量挙げ以外)では必ず全裸で競技をやっている姿を妄想し、半勃ちさせていた。リオのオリンピックではそれがない。嗚呼、老化だ。
 私はオリンピックでも男性の競技はそんなに見ない。やっぱり女が良い。

『えろえろ考察』へ  トップページへ戻る
(千戸拾倍 著)