18歳未満の方は入場をご遠慮下さい。

昔の日記 〜 その11

 2011年01月15日(土)
 これまでの28年のソープ遊興で最も印象が強かったことを1つだけ挙げるとすれば何か。候補はたくさんあって、例えば、ソープ初体験(1983)、初のイキの見分、初の即尺即ベッド(1988?)、初の二輪車(1996)、初の撮影(1997)、アナルセックス初体験(1999)、初の店外デート(2003)、初の浣腸(2004)などだ。
 でも、すべて2004年以前のことで、脳内映像的には淡くなった。で、記憶が鮮烈なものを一つ挙げよう。
 それは、とても親しくなった嬢に、デカバイブをバギナに入れてアナルセックスをし、また、デカバイブをアナルに入れたままでノーマルセックスをしたことだ(ソープ買春精神の涵養の『エロいファック』、買春日記3の『2008/8/26』)。
 仰向けの女のアナルに左図のものと同型のバイブを入れる時、女が「やっぱり大きすぎる。むり、むり!」と言ったが、私は初めて強引にこれをやった。(私は拒まれたら引っ込めるが、その時は親密さを背景に強引に突っ走った)
 それこそ力任せに押し込んだら、女の絶叫とともにでかい亀頭部がスポッと入った。
 何しろソープ嬢の膣でも入れにくいほど膨らんでいる。ローションを原液のままたっぷり使い、時間も充分かけたとはいえ、押し込んだ私も押し込まれた女も大いに驚いた。
 で、かなり圧迫された膣口にペニスを嵌め込むのは苦労したが、嵌め込むと何とも妙なる感触がペニスの下側にあった。
 このバイブをバギナに入れた時は後背位で挑み、先ずペニスをアナルにブッ刺してからバイブを嵌めさせた。
 しかし、私からすれば、バイブもバイブを支える女の手も抽送の邪魔で、これはペニス型バイブよりもローターをバギナに入れて振動を激しくしたほうが面白いと思った。正上位でアナルセックスをしてローターをバギナに入れた時は、カリの背に痺れるような快感があった。
 2005年以降もとても印象が強いことはある。初のレビトラ使用(2005/5/20)、初の射精2回(2005/6/2)、AFで中イキ達成(2007/8/8)、二輪車でAFとアナル遊び(2008/7/17)、初の店外セックス(2010/8/27)、大量潮噴き(2010/11/29)、などだ。
 でも、壮絶な淫乱プレイはやっぱりこのデカバイブプレイだ。ケツの穴にこれが入るだろうかという探求心、汗をかく悪戦苦闘となだめる作業が懐かしい。だから思い出深い。よく尻の孔に入った。ケツを裂くほどのケツサクだ。
 そう言えば、この快楽の饗宴の後バイブを抜くのが大変だった。何しろ思いっきり括れた形だ。抜けなくて二人とも青ざめた。「ウンコが飛び出てもあきれないから、思いっきり力め!」と叫んだ。
 抜けた時は本当にホッとした。初産を指導する産婆の気持ちがわかった。あの時の青ざめを思い出せば──28年のソープ遊興で最も印象が強かったこと──のテーマでこれが選ばれて当然だ。
 2011年01月21日(金)
 フィギュアスケートの第一級選手だったMの母が昔「入船」のナンバーワンだったとわかった。
 私はMの父が柳ヶ瀬でホストをして、母が金津園にいたことを知っていたから、姉のNがフィギュアスケートで第一級選手たり得ず、あの美貌でも芸能人として中途半端なのは、親の普通じゃない経歴の故に想うことが多く、心が鬱屈していたせいだと推察していた。母親の経歴の故に芸能界が彼女をピックアップするのを躊躇っている可能性もあり得た。
 Mは屈託なく天真爛漫にやってきて、立派な成果を上げている。実力の世界だからこれまでは自由に活躍することができた。ある意味、平和な子だなあとも思う。
 2chではいろいろ噂されても、あの口さがないマスコミが、Mを話題にする時、見事に親の過去の職業について口を閉ざすのはある意味不思議だ。
 スポンサーへの遠慮だろうけれど、他の全ての有名スポーツ選手について土足で家屋に侵入するがごとく出身家系や親についてしっかりと触れるのと違って、Mだけは完璧に言及しないのがある意味逆差別だ。
 最近イタリアの首相の買春容疑がさかんにニュースにされている。少女買春が違法で捜査されるのだけれど、ニュースを見ていると買春行為そのものが叩かれている。うんにゃ!と思う。
 私は買春行為が勤務先へ発覚した恐怖に長年怯えて寝汗をかきつつ、時には夜中にリアルな悪夢にうなされて飛び起き、ワイフに怪訝がられたこともありながら、それでも嵌め意欲を燃焼させて買春してきた。
 だから、ソープランドがもっと公認されてほしいし、金津園の傷んだ建屋が修復されるようにしてほしいと思うから、Mの母親がソープ嬢だったことがテレビ番組や大手の新聞で軽くあっさりと言及されても良いのにと思う。要するに、ソープ稼業の市民権確立だ。
 私は、Mの父親が金津園に出ている母親に客として通っていたことは、もともと何人かのソープ嬢から聞いた。このことは、岐阜に住んでいて風俗関係の仲間と柳ヶ瀬で深夜に飲む習慣のある嬢に入浴すれば聞くことができた。
「ねえ、Mのお母さんが金津にいたこと、知っている?」
 私はフィギュアスケートのシーズンになると相方からこういう発言をよく聞いた。その目は必ず悪戯っぽい目つきだ。
 しかし、母親がどの店に出ていたのを皆知らなかった。その年齢からして、私が入浴したことがあったとしても不思議ではないから、何とか働いていた店の名を知りたいと思っていた。
 で、聞くところによると、18歳からずっと入船で、ナンバーワンを張って、結婚してもしばらく出ていたということだ。入船にしかいなかったのなら、私が嵌めた可能性はゼロで、残念だ。
 古い『漫遊記』を引っ張り出しその店の嬢の写真を探したが、少なくとも平成5年の頃は、入船は漫遊記に一切宣伝を出していなかった。残念ながら顔もスタイルもわからない。
 それにしても、ソープ情報誌に宣伝を出さないとは、大衆店中の大衆店で、ドケチだ。一流のホストが金津園で底辺の店に通いつめるのもけったいな話だ。ホストって見え張りだからねえ。
 ネットでは、母親が出ていた店は一流店だとの説もある。
 しかし、金津園の一流店ならソープ情報誌に姿の写真が必ず出た。ネットで彼女のソープ店在籍時の写真が出たことはないと思う。Mの一家の迷惑関係なしにそういうことをしたがる人間が絶対にいるはずだから、写真披露がないのはちょっと考えにくい。
 嬢としての名前を誰にも記憶されないつまらない女だったか、ほんの瞬間的な在籍だったのに「元ソープ嬢」のレッテルを貼られたか、の可能性もないわけではない。
 しかし、入船なら、誰もソープ情報誌から現役時の写真をスキャナーしてネットに出していないことが理解できる。金津園の一流店で売れっ子だったというのは、一流店のところがガセネタだったわけだ。
 まあ、一流店に出ていたのなら、「金津園に出ていたのよ」と言われずに、英國屋・貴公子・ダイアモンドクラブ・ロイヤルヴィトン・ルーブルなどずばり固有名詞で囁かれることだろう。人の口とオマンコにはチャックができない。
 入船は私には想い出の店だ。何しろ平成3年から11年まで恵里亜に通いに通い、いつも岐阜駅から歩いて店まで行ったので、恵里亜の隣の入船の前を嫌というほど通っている(帰りは店の車を使った)
 当時入船は婆二人ぐらいで呼び込み(受付もか?)をしていた。その小母さん達は、平成4年ぐらいまでは私の顔を見ると毎度勧誘していたが、5年も半ばを過ぎるとさすがに勧誘しなくなった。
「今日も恵里亜さんですか」とか「本当にお隣さんによく来られるねえ」とか「おたくは本当によう励みなさるねえ」とか「恵里亜さんによっぽど惚れたお方がいるんですねえ」とか「たまには気分を変えてうちで遊んではどうですか」とか「うちのような安い店には興味がないのですねえ」とかいろいろ声をかけられるから、ある意味面白かった。
 道路向かいのロイヤル・ヴィトンのボーイが私に声をかけようとすると、「駄目駄目、この人は恵里亜さんだよ〜!」なんて言っていた。
(山本周五郎の世界だなぁ!)と思っていた。
「今日は、すごい子がいるんですよ」なんて袖を引っ張られた日にそこに入っておれば、MとNが出てきた産道を参道にして我が一つ目小僧がお百度参りしたかもしれない。面白い。
 一方、Mのほうは松本清張、横溝正史、水上勉などの描く世界にいるようなものだ。
 一流のフィギュアスケートの選手の親はかなりテレビや新聞に露出ししている。親は子供のため、実に強烈な出費(用具代、コーチ代、リンク借り受け代等)に耐えてきた。その鬱憤を、子供の好成績とその時の取材などで自分たちまでテレビに顔が出せることで晴らせる。
 しかし、MとNの両親は近所づきあいもマスコミに顔を出すのも完璧に遠慮している。気の毒なものだ。2chの書き込みによると母親は宮沢りえ系統のタイプらしい。大衆店には往々にして激やせ美人と激ぶと美人が住みつくものだ。
 2011年01月23日(日)
 女子スポーツ選手は生理になるとガクンと運動能力が低下するらしい。そして、試合等の最中に経血が出るのは絶対に困る。流血が重くない子はタンポンで良いことがある。しかし、それが重い子とか、運動障害の出る子はタンポンでは駄目で、抜本的に生理を調整する必要が生ずる。
 ピルはスポーツ選手の忌避薬物には該当しない。よって、これを使う子は結構いる。ピルを服用すると、性交をよくする子が必ず現れる。女を口説くに当たって女子スポーツ選手は、未婚の時のヤワラちゃんとかでない限り(お金を貰わないと嵌める気にならないという意味)大いに狙い目なのだ。
 フィギュアスケート、新体操、シンクロナイズドスイミング、テニス、こういう競技で一流を狙っている子が身近にいるなら、嵌め嵌めのアタックをかけるのはそんなに実現困難と思う必要はない。海外に行けば好きなように嵌めさせる女子スポーツ選手は多いらしい。そうなってしまうまでピル服用の安心感は強い。そして、セックスは味を覚えると楽しい。
 とにかく女の体は微妙で、体が生理の準備をはじめただけで、3回転ジャンプなんていう格段の運動能力を要するものは演技不可能になると思われる。
 真央はともかく、キム・ヨナのあの妖艶な演技を見ると、それなりの数の男におまたを開いた可能性が考えられる。羨ましい。男とセックスしないと芸術点を上げる勘所がわからないと思う。
 モーグルのあの選手だけでなく、安藤美姫、浅田舞、村主章枝、中野友加里などはそのボーイフレンドが遠慮なく生セックスを楽しんでいる可能性がある。(しかし、この競技は母親がぴったりと寄り添っていることが多いから、カナダにでも行ってしまわないと無理かな)
 それにしても、エロビデオに出る女は本当に馬鹿だと私は思う。
 AV女優は残りの人生をぶっ壊す可能性がソープ嬢よりも雲泥の差で高い。自分のマンコにチンボが嵌められてヒイヒイ顔をゆがめている姿が永遠に残る。よくやるよと思う。今はネットがあるから興味深いことは何でも筒抜けになる。
 本人は開き直ってするのかもしれないが、堅気になって普通の男と恋愛した時どうするのか。たとえ、相手の男が認めたとしても、子供はどうなるのか。
 私はエロビデオを楽しんでいるけれど、登場する女が───まともな結婚はできないと諦め、子供を産む気がない───と考えている時だけ、まともな人間だと思うことにしている。
 私が金津園で熱を上げて通った女には「絶対に子供を作る気はない」と断言した子が何人もいた。当時は旦那を持つ気がないと理解したが、それだけでなく、子供が哀れという意識があったのだと今は思う。
 私に言わせれば、ソープ嬢でも、墨を入れている子のほうが、もう日の当たらないところを歩む覚悟ができている点で見事なのだ。根性が座っている。入れ墨の嬢を敬遠する男は、ソープ稼業が何であるかを理解していないオコチャマだ。
 2011年01月25日(火)
 DVDで鑑賞した映画の感想を記す。(推奨度DCBA@)
女王蜂────────岸恵子が美しすぎる。 C
  草笛光子、司葉子、高峰三枝子、三木のり平、大滝秀治、伴淳三郎、皆本当にすごい役者だ。
病院坂の首縊りの家──佐久間良子が綺麗だ。 C
八つ墓村───────1977年の映画を見たがピンと来ない。B
悪霊島────────鹿賀丈史が主演のもの。岩下志麻がええのだ。C
謎のプリンス─────何度観ても面白い映画だ。ハリー・ポッターは素晴らしい。 D
賢者の石───────謎のプリンスを見終わるともう一度数々の疑問を確かめたくなった。 D
秘密の部屋──────ハーマイオニー役の子がええなぁ。D
アズカバンの囚人───やっぱりハーマイオニー役の子がええなぁ。D
炎のゴブレット────ハーマイオニー役の子が女になってきたなぁ。D
不死鳥の騎士団────ハーマイオニー役の子がますます美味しそうになったなぁ。D
ブーリン家の姉妹───良かったよ。D
 姉妹は宮廷で、性交の前にどのようにお股を洗ったのだろう。同時代の日本と比べると汚そうにみえる。
【賢者の石】
 ロンの妹のジニーは駅で見送りするシーンに出るだけだが、ちゃんとここで登場している。その他いろんな登場人物の幼い頃の顔がわかって楽しい。
【秘密の部屋】
 初めて映画を観た時、屋敷しもべ妖精のドビーがロシアの大統領によく似ていてびっくりしたことを思い出す。この映画も、何度も反芻して初めて流れが飲み込める。第1作、第2作と、ヴォルデモートが散々苦労しながら失敗しているから気の毒になる。
 最終巻でポッターの嫁になるジニーがこの映画の最後のほうで死にかける。秘密の部屋で股を開いて気を失っているけれど、下着も見せない。日本の悪者は若い女に悪さをする時には必ず裸にするけれど、ヴォルデモートは中途半端な悪者でジニーを裸にしない。インポの大魔法使いなんてつまらない。
【アズカバンの囚人】
 シリウスが突然善玉になる切替がよくわからなかった。説明不足だ。ルーピンがどの段階でどのようにしてシリウスを仲間と認めたのかを確認した。
【炎のゴブレット】
 ドラゴンのような危険な魔法生物と何故闘わねばならないのか、どうして湖の底にロンやハーマイオニーが沈んでいなければならないのか、墓場でのヴォルデモートの復活とは何なのか、どうしてハリーが墓場に行ったのか。
 初めてこの映画を観た時はこういうことがわからず、もうちんぷんかんぷんだった。結果からストーリーを無理やり納得するほかなかった。本を読み、また、映画を観るとようやく話がわかった気になった。

【不死鳥の騎士団】
 この映画を初めて観た時は肝心そうなところがさっぱり飲み込めず腹が立った。今は話がよくわかる。話がわかると、この『不死鳥の騎士団』は実に結構な作品だ。
【謎のプリンス】
 手の込んだ伏線だらけだ。スネイプの人物設定が素晴らしい。
 しかし、記憶が鮮明な動画で残せて復元できるなんて変だ。記憶ってそこまで鮮明ではなかろう。もう少し背景をもやで包むべきだ。そこに視線が当たった時だけその部分が鮮明になるのが尤もらしい。


 映画を何度も観て本も読むと、いろんな伏線がよくわかる。企みの手順がよく理解できる。
 本を全部読むとスネイプ先生がとても重要な存在だとわかる。その目で映画を見直すと、映画のスネイプ役をやっている人はとても上手く演じている。
 それにしても1920×1080の超横長モニターをパソコンにつけて大変良かった。ハリポタのようなワイドな画面のものが大変具合良く眺められるのだ。非エロ系のDVDの映画をテレビ画面で見なければならないという先入観が除去できた。
『ブーリン家の姉妹』は昨日観た。私はとにかくヨーロッパ中世史劇が好きだ。DVD屋でこれを見つけた時は喜んだ。
 ヘンリー[世の妃のアン・ブーリン(エリザベスT世の母)の役はナタリー・ポートマンが演じ、彼女はスター・ウォーズ エピソード1〜3のパドメ・アラミダ役でおなじみだ。この3作を最低2度ずつ観ているから、既に6回以上彼女を映画で観たことになる。
 それにしてもヘンリー[世は本当にむちゃくちゃな男だねえ。妃をどんどん死刑にしている。側室という制度がきちんとあった日本は平和なやり方だ。
 妾も男妾もOKのように法律を変えてほしい。
 2011年01月28日(金)
 芸能人は実によく離婚する。先日もラサール石井のような真面目そうな男が熟年離婚した。
 芸能人の離婚は殆どが男の浮気が発端だと思う。ラサール石井は55歳にもなって糟糠の妻と別れた。馬鹿じゃなかろうか。65歳や75歳の人生を考えた時、そこに(2人の子をなした)糟糠の妻がいないととっても寂しい想いがするだろう。
 しかし、離婚せざるを得ない事情が実によくわかる。
 私はもうかなり長い年月ワイフとセックスしていない。大抵の男は40歳を超えた頃自分と同じような年齢の女には性的意欲が先ずかきたてられない。でも、若い女には格段の意欲が出るだろう。まともな男なら、ラサール石井でも私でもきちんとセックスしたいのだ。
 私はあまりにもストレスが強い会社生活の中で、鬱憤晴らしのセックスがとても大切だった。相手に(これは上玉の女だ!)と心を昂ぶらせ、その女が私にとことん親近的になり、他の客に対するより雲泥の差で淫らになるよう誘導することに熱意を燃やした。これが、仕事を離れたところでの秘密の生き甲斐だった。
 私は無名の人間だから金津園に何度も行けた。一流芸能人は吉原の一つの店に何度も行くことが絶対にできない。そこらの女とデートするのもしにくい。これは大変な違いだ。
 私は普通のソープで普通のソープ嬢に特別な金を払うことなく、相手の好意でもってハメ撮りを楽しんでいる。しかし、有名人がハメ撮りを楽しむには、特殊な会員制クラブに入り、相当高額な金を払わないとこんな派手なことはできないだろう。高所得者に何かの便宜を図ればどーんと請求するのが当然の作法だ。
 高所得者に対峙する人間は、相手に対する好悪の気持より先に金銭への関心が先に立つ。一般人に対峙する時はそれがない。
 高所得の有名人と一般人とはそれだけの違いがある。若い女とのセックスやハメ撮りを考えただけでも両者には違いがある。一般人は妻に内緒で淫乱三昧をしたまま、平和に老後まで夫婦であり続けることができる。庶民は平和だ。
 最近読んだ本。
  お金から見た明治維新  ──財政破綻と円の誕生 渡辺房男 著  祥伝社新書 (経済は趣味でない)
  零の発見     ──数学の生いたち──    吉田洋一 著  岩波新書 (名著を読み直した)
 一昨日は映画館で『ハリー・ポッターと死の秘宝1』をまた観た。何度見ても面白い。Wikipediaで スネイプやベラトリックスの役を演じた俳優を調べると楽しい。全くハリポタ漬けだ。最終巻のヴォルデモートとの最後の決戦のシーンは今朝も夢に出てきた。
 早く最後の映画が観たい。
 2011年02月01日(火)
 最近読んだ本。
  生命はなぜ生まれたのか 地球生物の起源の謎に迫る 高井 研 著  幻冬舎新書 (つまらなかった)
  図解 感覚器の進化 原始生物からヒトへ水中から陸上へ  岩堀修明 著 BLUE BACKS (ピンと来ない)
 2011年02月03日(木)
 最近読んだ本。
  日本海海戦の深層   別宮暖朗 著   ちくま文庫 (1年前に読んだ。何度読んでも結構だ)
  日露戦争陸戦の研究  別宮暖朗 著   ちくま文庫 (面白い)
 昨日は大相撲の八百長メールが大きなニュースだったが、今朝の新聞ではとうとう該当力士の名前がでかでかと出た。「該当力士は解雇」、「日本相撲協会は解散すべきだ」というような強硬な意見が目につく。
 あれは所詮興行なんだという意識で見れば、そう騒ぐことでもなかろうと思う。人間だもの、ああいうことはあり得る。個人対抗競技に個人同士の調整が皆無なんていうことはやはりあり得ないだろう。
 これまでの大関の勝ち越し互助会を見ておれば、個人同士の調整があるとしか思えないじゃないか。それを今さら初めてわかったことのように騒ぎ立てるなんておかしい。
 個人同士の調整を絶対にさせたくないのであれば、金津園のRグループがやっている(嬢同士の)接触禁止・メールも駄目のようにしなければ無理だ。
 そもそもこういうお堅い考え方は嫌いだ。そういう厳格さは売買春否定に直結する。買春を楽しむ人とソープ関係者はこのニュースに激怒すべきではない。
 マスコミがヒステリックな論調になるのは当節のことかと思っていたが、上の本を読むと明治の頃でもそうだったようで、したりげな顔をして激烈に言う人間が大きな顔をするというのは嫌だね。

 本当に良い男って誰だろう。今は多分嵐の連中だろうが、どうも最近はにやけた顔が好まれるようだ。私にはやはりキリッとしたお顔の鶴田浩二や林与一や市川雷蔵だ。この3人の20代30代は本当にもうどうしようもないほど男の色気が充満していた。
 有名人のブオトコですぐに顔が浮かぶ人は次だ。
 小沢一郎、鳩山由紀夫、岡田武史、テリー伊藤、西田敏行、和田勉、渡辺明(竜王)、これらの人たちはお顔がまるでチンジャオロースーみたいだ。
 サッカーの監督をしていた岡田武史さんが載ったポスターやCMを最近よく見る。彼は1956年生まれのようだが、彼のもっと若い頃(40代)の顔を考えると希代のブオトコと言わざるを得なかった。完全な爬虫類顔で、もう小沢一郎の40代の面相に匹敵した。
 それが何とテレビのCMに登場している。私が初めて岡田武史さんの顔をテレビで見た時は、小沢一郎の顔を初めて見た時と同様ギョッとした。しかし、今はもうギョッとするほどの異相ではない。
 要するに、男の顔は50歳を過ぎると美男とブオトコの差が薄れて平準化する。鳩山由紀夫の30代の顔と今の顔を比べればよくわかる。彼の昔の顔はこれが人間の顔か?と思うぐらいのものだ。
 女は男ほどには平準化しない。岸恵子、松原智恵子、竹下景子、杉本彩などの最近の顔と近所の小母さんの顔を比べればよくわかる。
 で、男の顔は60歳を過ぎると美男とブオトコの差がかなり消える。何を言いたいかというと、私は60歳を超えてからは大いに損をしていると思う。
「彩さんなら 110分50万でも、吉原でも客なんかいくらでもつきますよ」
 吉原ソープ店の経営者と称する人が金津園ワールドで杉本彩についてこう書いた。まあ杉本彩でなくて叶美香でも坂本冬美でもこうなるだろう。皆有名人には(年増でも)憧れる。
 私の経済力と好みからはそこまではお金を出せない。私は20代の美女が良い。杉本彩がゴム着ファックをするなら、私は5万しか出せない。生なら20万で200分ほしい。自分を杉本彩に売り込み、親しくなるための時間がいる。
 まあしかし、私は性的意欲が実に貧弱になった。金津園に行っても以前のようには楽しめない。急に感動を覚えなくなった。射精ができないと本当に楽しめない。劇的な老化の到来だ。金津園遊興に熱意が湧かないのは本当に困ったことだ。
 射精する感覚はあるけれど何も出ないのだ。『終末期』が来たとしか言いようがない。男性の終末とは勃たなくなることではなくて、チンコから煙も出なくなることであるとわかった。爺がよく勃たなくなったと言うが、出なくなったと言うべきではないのか。
 中村富十郎という人は私から見れば化け物だ。沢口靖子や深田恭子が私に惚れてくれておまたを開いても、私は…………勃つだけ。
 2011年02月07日(月)
 10年前の今頃のことを今でもまざまざと思い出せる。FTP(ファイル転送プロトコル)に実に悪戦苦闘して、一番苛立っていた時期だった。
 拵えたHtmlファイルがブラウザでなんとか見られるようになった。しかし、無料サーバーを利用する予定のBIGLOBEの説明書きに 無料のFTPソフトが推奨されて、これをダウンロードするのに勝手がわからず四苦八苦した。
 当時私は全くのネット初心者で、説明書きを読んでも要領を得ず、使用する回線のスピードが遅くて、とまっているのか動いているのかわからなかった。せっかちだから余計なことをしてパンクさせていた。
 やっとの思いでFTPソフトを起動できたが、 BIGLOBEのマニュアルを何度熟読しても意味がわからない。専門用語の言い方を少し変えられるともうわけがわからなかった。試行錯誤でやってみたが、なかなかサーバーに繋げられなかった。
 一旦諦めてしばらく放っておいたが、再挑戦して2月23日 ようやくトップページがアップロードできた時は本当に嬉しかった。悪戦苦闘した良性記の立ち上げが2001年2月25日のことだ。独学というのは本当に迷路に迷い込みやすい。
 2011年02月09日(水)
 すずめのお宿 アナルSEXの検索でアクセスがあった。へーぇ!と思ったからこれを取り上げる。
 私は金津園でアナルセックスをかなりした。そして、すずめの宿にはそれなりの数突撃した。私が初めてアナルセックスをしたのは艶グループの店だった。
 その私の考えでは、艶グループの店の嬢やここ出身の嬢にはアナルセックスが成就しにくいと思う。他のエロいことを大変よくやって、もう射精支援に徹しているから、彼女たちは心理的にアナルセックスを拒む発言をはっきり言いやすい。
 やっぱりRグループやルーブルやセ・ラヴィなど他のNS店のほうがアナルをいただきやすいと思う。のせれば良いのだ。嬢の頬が緩む冗談、嬢が警戒心を解かす天真爛漫な助平さ、これで拒否感を消す。
 なお、ゴム着の店(金津園では必ず中級店)でアナルセックスするのは風土的に見てかなり難しいと思う。数通ってがっちり気持を掴まないと無理だろう。
 アナルセックス経験有りはいきやすい?の検索でアクセスがあった。面白いテーマだ。
 多少はその傾向があると思う。アナルセックスまでする女はこれをしない女よりも性交時にリラックスして快感を追求する傾向がある。よって、イク確率がやや高まると思う。

 昨日は松坂屋の升半でお茶を買った。
煎茶・芝舟────(400g)4,200円
ほうじ煎茶────(200g)1,312円(内税)
 お茶って結構高い。我が家はずーっと升半でお茶を買っている。毎日のものは良いものを使いたい。
 北島三郎や叶姉妹は煎茶にこれの5倍の値段のものを使っているかもしれないが、この程度の値段でも平均的家庭の日本茶よりは随分高いのではなかろうか。
 貧乏でもお米とお茶と酒と女は上等を選ばなければ、この世に生を受けた意味がない。(最初の三つはスーパーで買ったことがない)
『松坂屋 名古屋 ケーニシスクローネ』でググったら「もしかして 松坂屋 名古屋 ケーニヒスクローネ」と出てきた。本当に検索は賢い。
 私はケーニヒスクローネが大好きだ。クローネは安くて美味しい。クローネ食べておればクローネえ。
 検索はクローネが店頭に並ぶ時間を確かめたかったからだ。
 初めてここの店のサイトを見てわかった。出店状況が次だ。
 神戸─────14店
 大阪───── 4店
 京都、福岡── 2店
 東京───── 5店
 名古屋──── 4店
 奈良、横浜、広島、愛媛、熊本──各1店
 名古屋が東京と1つしか違わないから意外だった。
 出来たてのクローネを6日に買ったが賞味期限が6日になっていた。そんな馬鹿な!と思っていたが、8日に食べるとかなり質が落ちていた。本来パサパサであるべきパイが水分を含んでベトッとしているのだ。賞味期限を納得した。
 ケーニヒスクローネの他では私はユーハイムのクッキーとモロゾフのチーズケーキが好きだ。洋菓子のケーキは350〜450円ぐらいだが、モロゾフで千円未満の円盤形チーズケーキを買ったほうがお得だと思う。
 よし、注入だ!金津園に注入に行こう───こう思っても注入するものがちっとも出てこないからには、下腹を見事溶岩ドーム状にすることしか楽しみがない。
 2011年02月11日(金)
 今日は朝から雪だ。
 ヤフーのトピックスに「広島新人がブログで球団批判?」と載っていた。私はサイトを持っているからよくわかるが、ブログなんて出していると、何か書かねばならんというプレッシャーから書かいでもよいことをどうしても書いてしまう。
 球団からきついお目玉を食らい、ブログを閉鎖せざるを得なくなった弦本悠希投手はまだ21歳の子供だ。子供がブログを出してはいかんとは思わないが、その子供が、一般人から世間に注目される立場に変わったなら、そこで一流の人間になるまではブログを控えるという発想が必要だと思う。
 私は、球団は保有選手に「1軍定着経験がなければブログ出すことを禁ず(匿名のものはOK)」と指示すべきだと思う。この世には何か攻撃の手がかりを出せば必ず攻撃してくる人がいるのだ。一般人なら受け流せても有名人はそうは行かない。
 所得税の確定申告書を作成した。毎度のことだが、面倒だ。
項目 昨年比
増減
増減事由
収入金額等:雑所得
所得金額
社会保険料控除
その他の控除
控除の合計
課税される所得金額
還付される税金
+561 
+478 
△158 
+1 
△157 
+635 
△37 
基礎年金が加わった
 同上
妻の年金保険料の支払がなくなった


←←痛い!!
でも企業年金の源泉徴収税が戻る
 税率5%の低所得者だから、60万円の課税所得金額の増加で還付税金が3万円減少した。当然の結果也。
 私は給与所得の頃でも所得控除額が多く、今回も控除額が 270万円ある。国税は酷税にならない。ただ、地方税がかなり上がりそうだ。だから、河村市長が言う市民税減税に期待したい。
 2月9日の中日新聞で「相続した居住用や事業用の宅地等の価額の特例」というものがあることを知って安心した。80%の評価額の減額があるのはありがたい。
 以前日記に相続税の増税反対の旨を書いたけれど、この特例があるなら増税に反対しない。これなら山手線の内側に住宅(大面積に非ず)があって、住宅だけが相続財産である人が相続税の納税に困ることはなかろう。
 2月10日は 発注してあった『一太郎2011創』が届いたのでインストールした。文章書きはテキストエディタで済ませているので今一太郎を使うことは殆どないけれど、ATOKを最新版にしたいから発注した。
 使ってみるとATOKはなかなか進化しているようで結構だ。
 2011年02月19日(土)
 最近読んだ本。
  ハリー・ポッターと死の秘宝   上・下   J.K.ローリング著  静山社
 またハリポタ病にかかった。死の秘宝を読み返した。映画は本と違って下巻の3分の1ぐらいまでで上巻にしてある。下巻は戦闘シーンが半分近くあるからこちらのほうが映像になりやすい。
 それにしても何度読んでもローリングさんのストーリー作りに感心させられる。見事なものだ。早く下巻の映画が観たい。
 パチンコをできるだけ我慢しているから、退屈病で体が溶けそうだ。センズリする意欲があればネットで動画を観るのだけれど、以前と違って無修正動画の鑑賞意欲が出ない。
 それだけではない。嵌め意欲がさっぱりかきたてられない。ハリポタ病起因の読書以外では読書意欲も出ない。どうでもいい病になってしまった。私から嵌め意欲と知的好奇心、読書意欲、エロ探求心を除いたら何も残らない。大変なことになった。
 もう私は家族の介護をしているだけで、本当につまらない。
 昔のようにエロい妄想がじゃんすか湧き出る体質に戻りたい。日本一の適当男に負けぬくらいに適当に仕事をやって、それでも、お馬鹿な他人には「とっても熱心に誠実に仕事を果たしている頭の切れる男」と思われて、そして、寸暇を惜しんでエロの道に邁進していたあの優れものの人生は一体どこに消えたのか。
 これだけ暇ならば、また賢者の石から読み返そうかとも思うが、それをやると4月あたりに暇になりすぎて発狂するかもしれないので、賢者の石を再読するのはもっと後にしたほうが良いかもしれない。
 映画のDVDに観たいものがなくなったのが痛い。それにしても邦画に良いものってないねえ。黒澤映画は観すぎたし。
 自分の老化と母の超老化のことしか考えることがない。ワイフは「(母が)まだ頭がぼけてないからいいわよ」と言う。確かに頭がおかしくなって、トイレに紙オムツを流されたりでもしたら困ってしまう。以前には夜中に呼び鈴を押されて、「お化けがそこから私を見ている」と言われたことがあったが、最近はそれがないからありがたい。
 私は利己主義だから母の老化より自分の老化のほうが心配だ。立ったまま靴下が穿けなくなったことと、射精が空気しか出なくなったことが何よりも痛打だ。剥いたクリトリスに3m上から落としたパチンコの玉が直撃したようなものだ。
 金曜日も、(ワイフができないので)買ってきた卵を冷蔵庫の卵入れ場に格納しようとして、1つ見事に手から床に滑り落とした。老化だ。老化の道をまっしぐらだ。
 それにしても ハリー・ポッターの物語は素晴らしい。
 2011年02月20日(日)
 最近読んだ本。
  関東戦国史と御館の乱 上杉景虎・敗北の歴史的意義とは? 伊東潤・乃至政彦 著 洋泉社歴史新書y
 これはボチボチの本だと思う。
 2011年02月22日(火)
 10年前だか真中瞳をテレビで見るたびに彼女の瞳が実にきらりとして、私は完璧に欲情した。
 昨日manakaを初購入した。真中瞳の両脚の真中が好きだから、奮発して1万円のカードを買った。これは地下鉄と市バスと名鉄に使えてなかなか結構なものだと思うが、どうしてこれがもっと早くできなかったのか。
 しかも、JRで使えるのが来年ということで、どうしてそんなに準備期間がいるのかと思う。
 栄町の丸善に行き本を眺めたが購買意欲が出る本がなかった。それで、1階の玄関を出ようとしたら地球儀が浮いているのが目にとまった。説明を見ると、夢の空中浮遊インテリア ファンタジーユニバース ゼウス 地球発光体 というものだ。
 地球儀は直径8cmぐらいの球体で、磁力で浮揚し、値段は 8,400円。なかなか結構な飾り物だから、さほど迷うことなく買った。
 2011年03月01日(火)
 最近読んだ本。
  大王から天皇へ (日本の歴史03) 熊谷公男 著  講談社学術文庫 (まあまあ)
 親の介護をしていてつくづく思う。介護は大変だ。一気にすんなり死んでしまう人や要介護の状態に至った時には既に入院している人というのは割合としては少ない。すると、介護で大変な想いをする人はたくさんいるのだ。
 対象の人が亡くなった後になれば皆笑って話すようなことでも、その時には笑い事ではない。
 これでつくづく思うのは法定相続分の取扱だ。遺言を作って死ぬ人は少ない。ならば、法定相続が単純平等というのはおかしいと思う。現に親と同居していた者、同居していなくても介護とか何らかの世話で通っていた者は圧倒的格差で優遇されるべきだと思う。
 2011年03月02日(水)
 DVDで鑑賞した映画の感想を記す。(推奨度DCBA@)
座頭市(1989年勝新太郎)────────懐かしい。でも、とっても馬鹿馬鹿しい。B
ICHI(綾瀬はるか)─────────まあまあだ。というか、綾瀬はるかが良い。C
ベスト・キッド(ジャッキー・チェン他)─予想よりも面白かった。悪役の師弟のあくどさに味がある。C
アーマード 武装地帯──────────荒唐無稽で作っていないのが評価できる。C
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々─こういうの大好き。白人の勝手な妄想で、超々荒唐無稽。D
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師───酷いシーンがたっぷり出てくる。C
 スウィーニー・トッドはハリポタに出演している役者が4人登場している。  アーマード・武装地帯には懐かしい男優が2人出ていた。
ローレンス・フィッシュバーン────マトリックスのモーフィアスの役。
    アーマードでは見かけ通りの粗野な男、マトリックスでは知的で統率力のある男を演じている。
ジャン・レノ────────────ニキータ(1990年のフランス映画、平成3年に日本公開)に出演。
 私はフランス・アメリカ合作映画のレオンを観たと思っていたが、ウィキペディアで調べるとニキータと勘違いしていたことがわかった。
 レオンでは映画館に行っていない。観たいと思っていただけだ。レオンの日本公開は平成7年。自分の出世の限界がわかって一番心が荒んでいた時期だ。それにしても、ニキータは面白かった。
 2011年03月05日(土)
 源泉所得税の還付の振込通知が昨日届いた。 163千円だ。戻るから結構だけれど、年金収入に適用する源泉税の税率が高いのではないか。
  (A) 企業年金から源泉徴収された金額──201,600円
  (B) 還付される金額──────────163,600円
  (C) 仮に家族なしとした場合の還付額── 64,600円(←家族がいる場合と同様に税率が5%として)
 実際は、もし家族零となると配偶者控除・扶養控除・障害者控除がなくなり、「課税所得」がどーんと上昇して、税率が5%→10%となり、この還付額はもっと減る。
 私は所得控除が大きいほうだが、Cを考えても企業年金からの源泉徴収税は大きすぎる。企業年金から源泉徴収された金額が全く戻らない人は、割合としてそういないと思う。
 納税申告して税額還付を受けなさいとするよりも、納税申告を怠れば市民税と県民税が認定課税されて高くなりますよとすべきだ。
 申告するのが当たり前なのだから、申告しない人間には深刻な罰を与えるべきだと思う。国民は、歩行困難であろうが、子供が誘拐されようが、納税義務があるのだから。
 DVDで鑑賞した映画の感想を記す。(推奨度DCBA@)
GOEMON─────ほんと、ただの時間つぶし。馬鹿馬鹿しいが楽しめる。A
ダイ・ハード 4.0───超面白い。必見の映画だ。D
NEXT -ネクスト- ───超面白い。予想外だ。捻りが利いている。D
    刑事コロンボのピーター・フォークが端役で出演していた。
フライトプラン────筋立てにかなり無理があるけれど大型飛行機の中の様子が興味深い。C
チャーリーとチョコレート工場──面白いけれど変なお話だ。B
    ジョニー・デップは実にわけのわからない顔をしている。映画を観るたびに顔が違う。
 2011年03月08日(火)
 過去の住所が紙に記された文字として全く残ってない。郵便物を残してないし、しっかり保存した契約書なんて滅多にないからそうなる。だから備忘としてここに残しておこう。
S22年〜25年 名古屋市中区葉場町、現在平和一丁目、金山駅の北東すぐ
S25年〜27年 名古屋市中区御幸本町、現在錦二丁目、かっての東海銀行本店の敷地内
S27年〜28年 名古屋市中区小市場町、現在錦三丁目、テレビ塔のすぐ西隣
S28年〜44年 名古屋市内の現住所
S45年〜48年 仙台市青葉区国見
S48年〜49年 仙台市若林区西新丁
S49年〜53年 仙台市青葉区小松島
S53年〜57年 松戸市美野里ハイタウン
S57年〜58年 名古屋市瑞穂区惣作町
S58年〜現在 名古屋市内の現住所
 随分引っ越しをしたものだ。本が一杯あったから引っ越しが大変だった。地名で検索すると懐かしい想い出が蘇る。陶酔記が私の足跡であるからには、こういう足跡も残しておこう。
 私が死んで、それまでに陶酔記を消さなかったら、その後このサイトはどうなるのだろうか。
 どうして古い日本地図を引っ張り出し、地名検索をして昔の住所の記憶を辿ったのかというと、ワイフが「昔、どこの学校のセーラー服が良いと思っていたぁ?」と質問したからだ。
「金城と淑徳だな」と答えたが、それから二人で仙台や松戸の頃の回顧談になり、それがきっかけでどういうわけか出生後の全ての住所をメモっておこうと思った。
 2011年03月09日(水)
 今日はめずらしくまともな外出をした。母の介護があるからあまり長時間の外出をしないが、たまにはいいだろう。
 朝9時台に名古屋駅新幹線ホームに立つと、私が40代の頃にこの時刻にここに立つなら圧倒的に男ばかりだったはずだが、今日は先ず3割以上女がいて驚いた。極めて美味しそうな、嵌めたくなる女が5人いた。
 私の目的地は静岡。女神様と同伴だ。
 静岡駅→草薙駅→龍華寺→清水港→久能山・一ノ鳥居→東照宮→博物館→日本平→静岡駅→帰名、と回り、主にタクシーを利用した。
龍華寺
 龍華寺の庭は立派だったけれど良い写真が撮れなかった。よって本堂の見事さだけを紹介する。

 久能山は石段を上がらなければ神君に失礼だと思った。きついと想像したけれど、鳳来寺山の強烈な登りからすればあれの3割程度のものだ。
 しかし、鳳来寺山を思い出すと背中が痒くなる。あの時私は長い登りに疲労困憊だったのに、同行の女神様はへっちゃらだった。その再現を久能山でしてしまった。
海・久能山
 石段の途中の眺めが良い。苺栽培のビニールハウスがいっぱい見え、大海原の白波が綺麗だった。

装飾

 平日なのに存外に参拝者がいた。ただ外国人らしいのを全く見かけない。日光とは大違いだ。
 社がしっかりメンテされているのが凄い。
 桜も結構だった。
神廟
 神廟だ。

 東照宮から日本平に出た。日本平からの眺めはやはりなかなかのものだ。
 ロープウエイの駅で食べたソフトクリームが美味しかった。
 なお、昼食は清水港のやたら寿司屋が並んでいる店の中の一つで豪華絢爛路線にて楽しんだ。
 2011年03月12日(土)
 大地震がありました。久慈や仙台名取の津波被害の映像をテレビで見たけれど、ひどいものです。
 災害に遭われた方々の一刻も早い復活・立ち直りを祈念します。
 最近読んだ本。
  生命は、宇宙のどこで生まれたのか   福江 翼 著 祥伝社新書 (どうってことはない)
 DVDで鑑賞した映画の感想を記す。(推奨度DCBA@)
ヘルボーイ───────────ほんと、馬鹿馬鹿しいの一言。レベルが低い。A
魔法使いの弟子─────────軽すぎる。筋の無理さ加減も並大抵ではない。B
パイレーツ・オブ・カリビアン@─超面白い。ジョニー・デップというのは味がある。D
パイレーツ・オブ・カリビアンA─こちらはもう一つという感じだ。C
パイレーツ・オブ・カリビアンB─馬鹿馬鹿しさが立派すぎる。筋に無理がある。B
バビロンA.D.────────面白いけれど変なお話だ。脚本、下手B
ダイ・ハード3─────────この手の作品につきものの酷い強引な筋立てがあるが、面白い。D
TAJOMARU────────文句なしに面白い。でも変な映画だ。D
 NHK大河ドラマ、TAJOMARUGOEMON、こういうものを観ていつも想う。どうして当時の人間が現代人と同様のものの考え方をすると考えてドラマを創るのだろうか。
 要するに、脚本家などがお馬鹿な衆愚を相手にした書き方しかしないのだ。人を馬鹿にするのもいい加減にせよと言いたい。
 当時の人が果たして(今は戦乱の世だ)とか(戦を終わらせたい)とかを思考の中心に据えただろうか。今の人が自動車を重大な人殺しの道具だと全く考えていないのと同様に、1年のうちにたまにあるかないかの戦を当たり前のように眺めていたに違いない。
 恐らく200年後には、人の単なる近距離移動手段で毎日ボコボコ人が死ぬようなそんな近距離移動手段は消滅しているだろう。
 すると、200年後の日本人からは、今の人間が毎日ボコボコ人が死ぬような劣悪な近距離移動手段を喜んで受け入れているのが理解できず、我々が車社会に怒りを覚えているのを思考の中心に据えるドラマを創るに違いない。
 TAJOMARUは多襄丸・松方弘樹と足利義政・萩原健一の快演がとても楽しい。阿古姫をやった柴本幸は怒り顔が真野響子に似ているなと思っていたら娘だった。
 2011年03月14日(月)
 私が20代の8年を過ごした仙台が壊滅的な打撃を受けて言葉を失う。独身の頃よく遊びに行った地域が津波でやられている。実にお気の毒だと思う。
 名古屋市議選は減税日本が圧勝した。第1党だった民主党が4番目に落ち、実に小気味よい。大災害のせいでこのことがあんまりマスコミで取り上げられないのが残念だ。まあ、しかたがないけれど。
 最近読んだ本。
  9回裏無死1塁でバントはするな──野球解説は“ウソ”だらけ 鳥越規央 著 祥伝社新書(暇つぶし)
 私は何でもバントという落合監督のやり方(要するに、川上哲治氏の考え方や高校野球のスタンス)が気にくわないから、こういう本は結構だと思う。
 2011年03月17日(木)
 3月8日の日記で仙台時代のことを思い出していただけに、その直後の大災害には胸が痛む。とにかく私の新婚旅行先は三陸海岸なのだ。とりあえず郵便局へ行って義援金を出しておいた。
 2chを眺めると、「【政治】地元が被災した民主・小沢氏は何をしている? ホームページ最終更新は政治資金パーティーの案内」とか「【東日本大震災】「なぜ略奪ないの?」=被災地の秩序、驚きと称賛−米」とかスレッドが立っていて面白い。
 今日は「宮城県の女川港では、高さが15メートルに達し、鉄骨のビルがなぎ倒されていた……、津波の圧力は、1平方メートル当たり50トン以上で」と「円相場が急騰、一時、1ドル=76円台をつけ」なんていうニュースで、本当にとんでもないことだと思う。
 DVDで鑑賞した映画の感想を記す。(推奨度DCBA@)
ダイハード─────文句なしに面白い。D
パッセンジャーズ──三途の川を渡りきれないこういう映画はとても嫌いだ。A
ノウウィング────変な映画だけれど楽しめる。C
第9地区──────むっちゃくちゃなストーリーだ。C
 ハリー・ポッターの映画について Wikipediaで調べて、セブルス・スネイプ役のアラン・シドニー・パトリック・リックマンがダイハード第1作の悪役で出ていると知って大いに驚いた。嬉しかったぐらいだ。
 ダイハード@は平成元年に公開された時に映画館で観て、悪役の凄さが大変印象的だった。だから、ハリポタを観てスネイプ役の俳優に惹かれたのが当然だ。
 で、ダイハードのC、B、と観て、(Aは映画館で観て、その時疑問符があったので再鑑賞を飛ばし)ようやく@を観た。うまく作られた脚本だ。
 女のケツの穴にチンボをがんがん突っ込んでいた昔が懐かしい。人は儚いものなのだから、やれるうちにできるだけアナルにブッ刺すのが正しい生き方だと思う。
 私は60歳過ぎてから、女のアナル処女をいただくのがどうしてあんなに上手だったのだろうか。40歳から人生をやり直したい。そうしたらアナル処女の開拓件数が猛烈な数になると思う。
 毎日震災のニュースを見ては涙している。それでも暇な時にエロ動画に当たっている。暇というのは恐ろしいことだ。
 もう一つ。セックスというのは面白いものなのに、一生懸命熱意を持ってこれをしている男があんまり多くない。これが不思議だ。セックスを殆どしていない男性と女性って結構いるのだ。
 2011年03月19日(土)
 02月22日の日記にICカード乗車券のmanakaについて書いた。1万円出して購入した。
 約1ヶ月経ったので残金を確認したら5千円になっていた。意外に遣ったから驚いた。公共交通機関を利用して行うような趣味も仕事もないのに、これだけ地下鉄と市バスに乗ったのだ。
 とりあえず3千円だけ加えた。
 風俗嬢が店外デートする理由───というので検索アクセスがあった。どうしてこんな検索をするのかと思う。そんなことはちょっと風俗で遊んでおればわかるだろう。
 誘いがしつこくてたまらない、客をつなぎたい、断りにくい、これが大半であって、(店の外でも会ってみたい人だ)という意識で店外デートに応じるケースは殆どないだろう。
 私は半ば意地悪な気持で「どうして僕と店の外で会うことにしたの?」と聞く。嬢は何やら尤もらしいことを言うが、私は(拒みにくいからだろう)と毎度思っている。
 ここ数年相方の嬢からよく聞くのが(元々私は嬢に、他の客とはどうしているということをあんまり尋ねない)───よく本指名で通ってくれる人は、まったりお喋りする時間が長いのが多い───というのだ。逆に言えば、ちっともエロくない。親しげな会話を楽しみ、その合間にペニスを勃たせて嵌め、短い性交時間で射精するだけだ。延々とペニスを刺激することは求めない。
 ソープ嬢は、男に卑猥なことを言われ、男に卑猥な行為をされ、卑猥な動作を男にするように求められることになれているし、それを皆覚悟しているのに、本指名で通う男にはこの気配が薄らぐのだ。
 まったりしているタイプは、店外デートの願望があってもそれをしっかり抑えている男が多いと思う。
 2011年03月20日(日)
 景勝松島がどうなったかニュースが出ないので気になっていたが、今日ようやくネットで状況を知った。
 やはり壊滅的に荒らされたようだ。ただ、国宝「瑞巌寺」は大きな被害がなかったらしくて、喜ばしい。三陸金華山はどうなっただろうか。
 我がサイトへのアクセス数も大災害から1週間経つと少し元気が出てきた。
 2011年03月22日(火)
 良性記のアドレスは現在 s9.artemisweb.jp/0126gqq/だが、大変アップロードに時間がかかり、ファイルが開くのも遅いという不満があった。
 関東方面の計画停電のせいなのか、まともにファイルが開かないのではどうしようもない。
 それで今日引っ越すことにした。
 良性記の新アドレスはoroti.no-ip.biz/~senko/だ。
 2011年03月25日(金)
 今日良性記のほうに新作エロ写真を撮ろう3をUPした。
 以前この手ものをサイトに載せた時、「盗撮だからけしからん」という考えが2chなどに出て、これはもう論外だから無視したが、「(嬢が承知しても)店が承知せずに撮ったのだからけしからん」という意見があり、能力貧困男のただのやっかみと思っても、その時は多少意識した。
 しかし、私は次のように考える。
 店の許可を得ることなくソープの部屋を撮影し、それを、例えば、「ソープの部屋の実例」として、店の名も出して自己の「ソープ遊びをテーマとした」サイトに載せれば、これは一応《相手からクレームが入れば》いけないことだろう。
※ 私は助平椅子などを撮影してサイトに載せているが、了解を得て撮影せずに、それをサイトに掲げた。当然軽い犯罪だ。しかし、載せた時には店がなくなっていたし、撮影した時点から見たら全くの時効だから、これは全く問題なしだ。
 まあ、ソープの部屋の紹介なんていう直接的なものでなく、嬢を撮して、その結果部屋も写った程度のことなら、問題なかろう。少なくとも、壁や床などが部分的に撮されていて、どこの店の部屋なのかなかなか判別がつかないのであれば、問題ないと思う。
 嬢は店に雇用されている者ではない。嬢がOKしたことは、店が嬢に対して禁止していることでなければ問題ない。仮に店が嬢に対して禁止していても、嬢は独立事業者なのだから、店に危害を与えるようなことをしていなければ何も問題ない。
 店が客に対して禁じていても、嬢がOKするならば問題ない。その禁止は嬢の保護のためのものであり、嬢が認めるのならかまわない。
※ サイトに載せる画像は店も嬢も判別できないようにしておくのが前提だろう。
 よって、店の了解なく嬢をハメ撮りして、その写真を自己のサイトに載せても、その写真がぼかしやカット、色変えなどによって、どの店のどの嬢かもわからないようにしてあるなら、店には何ら不都合はなく、悪事ではないと考える。
※ ポラロイド撮影OKを売りにしているソープやヘルスがいくらでもある。そんな中で、嬢のエロ精神と客に対する情愛からごく希に実行されるハメ撮りを、店が客に対して禁じるというのが絶対におかしいと思う。嬢に対して、安易にそんな馬鹿なことに応ずるな、と言うなら、それはわかる。
 だから、内容をきちんと定義せずに撮影全般について客に対して先行小言としてガタガタ言うRグループはおかしい。嬢の了解のハメ撮りと無断撮影とは全く別物なのだから、そこを考慮した「客への警告」を出すべきだ。要するに、いけないことは『盗撮』と『ハメ撮りの強要』だ。
 合意のハメ撮りは立派な情愛行為だ。ハメ撮りもアナルセックスもイラマチオも浣腸もウンコショーも、嬢が喜んでするならガタガタ言われる筋はない。
 良性記を s9.artemisweb.jp から oroti.no-ip.biz に移しただけでアクセスが上がったから良き判断だった。
 2011年03月30日(水)
 東日本大震災の後はどうも気持が沈んでこの日記を書く気がしない。被災者のニュース報道を見るだけで涙が流れて止まない。もともと無職で倦怠の中で生きているのに、ああいう不幸なことがあるともう全てがどうでもよくなってしまう。気持ちに張りというものがない。
 やることがないとどうしてもネットでエロ動画を観る。エロ動画をたくさん観ると、必然的に、エロ動画をテーマにした自己のサイトを補強・加筆したくなる。
 というわけで、良性記に出したAV女優のエロマンコの吟味の見直しをしている。
 それにしても、AV女優がどんどんどんどん出てくる。不思議なくらいに新しいのが出てくる。信じられない。中国、韓国、台湾の連中から見たら、日本人の女というのはとんでもない淫乱に思えるだろう。
 陶酔記の金津園遊びの手引きを読む人には東海3県から遠く離れた人も大変多い。そのことが少し怪訝だった。しかし、以前金津園の嬢に聞いたことから少し納得した。
 その嬢の常連客には東京とか徳島とか北海道とかオーストラリアとか随分遠くからやっくるのがいる。それほど遠くから金津園に来るというのは、金津園が良いところである証拠だ。買春は、住処の近くに適切なものがないなら、多大な交通費を投じてやっても良いものなのだ。
 2011年04月01日(金)
 今回の東日本大震災の金津園への影響というのはそれなりにあるだろう。
 あの日以降聞いた話。
 ラブ・ティファニーが平日でも嬢が15人も出勤。吉原などでは働きにくくなったから、嬢が金津園に移動している。
 ある嬢の常連客に遠く仙台から来るのがなんと3人も!。これから来てくれるかどうかわからないとのこと。更に、女川から来ている客が1人いて、場所が場所だけに亡くなっているかもとのこと。
 石川遼が今季の獲得賞金全額を被災者へ寄付とのことで、立派だ。金津園の嬢にも出勤を増やして稼ぎをごっそりと義援金に出すのがいる。ソープ嬢をあんまり馬鹿にするものではない。
 仙台のソープは悲惨だろうね。

 Yahoo 検索中区葉場町 現在の地名で来訪されたから驚いた。陶酔記の子供の頃の思い出は2番目の掲載だが、筆頭で掲げられたサイトの文章(ヤフー検索画面で紹介されたもの)を見てまた驚いた。
「葉場公園 名古屋市中区平和1 この辺りには波場町(のちに葉場町、現在平和一丁目)という地名があり、船着場だったそうである。鎌倉幕府の御家人などが鎌倉へ向かう道だった鎌倉街道の航路跡である」
 勉強になる。波場町とはねえ。利便性の観点から古い町名を簡単に変えてしまうお役所のやり方は本当にけしからんと思う。私が生まれた町名がいつの間にかなくなっているのだ。
 2011年04月02日(土)
 4月1日のアクセス解析を眺めていろいろ興味深いことを発見した。
 1.ヤフー知恵袋から到来があり、オヤッと思った。  2.中日ドラゴンズ 岩瀬 ソープのgoogle検索でアクセスがあった。  3.毎度のことだが、こんなので日本人は大丈夫かと思えてくる検索がたくさんあった。  しかし、私の学歴なんかにどうして興味があるのかしら。
 まあ、学歴なんかよりも現に持っている知性のほうが大切で意義が大きいはずだ。それも、陶酔記をきちんと読み、同じことが自分にできるかとチンボに手を当てて考えれば答が出るだろう。
 DVDで鑑賞した映画の感想を記す。(推奨度DCBA@)
コップアウト──────とんでもない映画だ。面白い。下品だ。D
サブウェイ123 激突───脚本が素晴らしい。勿論演技も良い。D
バッド・ルーテナント──なんとまあ、とんでもないお話。D
 こういう凝った作品を見ると、邦画に興味をなくす。構想力と金・手間のかけ方が邦画とは全然違う。
 東京都知事選はどうも石原慎太郎氏が優位のようだ。度重なる失言、オリンピック誘致活動の渡欧などでの華美に過ぎる行動などから顰蹙をかなり買ったようだから心配したが、およそ東京都知事に相応しいようには見えない他の立候補者より石原氏はまだましだ。
 もし東京都民が東国原英夫氏を当選させたら、もうどうしようもないことだと思っていた。東国原英夫氏は宮崎県知事就任時は政治家のピカピカの1年生。県知事をしっかり勤め上げて学ばねばならないことは多かったはずだ。そして、2期目の再選は確実視された。
 なのに氏は宮崎県知事を些末な地位として僅か1期で放り投げた。強欲人間でスタンドプレイ男の可能性を滲ませる奴は大嫌いだ。そもそも私は子をなした婚姻での離婚経験のある人間は完璧に“人間失格者”だと思っている。都知事にして良いはずがあろうか。
 子供を産ませながら、妻の浮気、妻の殺人、妻の高額借財、など妻側のとんでもない事情や妻を思いやって別れる必要が生じたケース以外の理由で結婚を解消した男は全て社会的尊敬を失うべきだと思っている。
次へ  日記  えろえろ考察  秘密の愉しみ  トップページ
(千戸拾倍 著)