18歳未満の方は入場をご遠慮下さい。

昔の日記 〜 その12

 2011年04月04日(月)
 私は早生まれだから64歳の誕生日を既に迎えた。
 その祝い?は誕生日の少し前にラブホテルでメリハリをつけた。誕生祝いをまともにやったことが数少ないから、たまには豪華にやってもよいだろう。(そもそも私の家族は自分が生きていくことだけで精一杯で私の誕生日など思い出してくれない)
 その日ラブホテルに突入すると早速入浴し、エロエロモードで絡みを開始した。もう前戯しなくてもバギナが潤んでいる。我が剛刀を直ちにズブズブと侵入させた。引っかかるような摩擦を受けることがなく、吸いつくように粘った肉孔だ。
 ガシャガシャと、時にはホワンホワンと、勃起しきった肉棒で突きまくる。正上位でかかるが、キスをしまくることが重要なので、重ね餅の体勢が長い。首を抱え込むようにしてチューチューする。
 必然的に、腰には徹底的に負荷をかけ、まるでチンボで女神様の恥骨を持ち上げるように抽送する。互いの陰阜と陰阜が押し合う。私の出っ張ったおなかが菩薩様の平坦なおなかを押しっぱなしだ。私のおなかの柔らかさが私の菩薩様は気持ち良いと言う。
 大波のように腰を送り、セカセカと小刻みに送り、引きを速くしたり遅くしたり、とにかく腰が悲鳴を上げるまで頑張る。残念なことに、射精気運が生じて動きを止めることはない。なかなか出そうにならない。
 一昨年あたりから遅漏化が明瞭になったが、今年に入るとまるでイキにくくなった。不思議なものだ。
 早漏時代を懐かしく想いながら、腰、というか、チンボに集中していると、観音様がチューを迫るから、その度に(ここは金津園ではなくてラブホテルなんだ!)と思う。金津園でもファック中に、接客のテクニックをあんまり想起させずにチューを求める女がたまにいる。あれはええ。
 で、もう充分かと思い剛刀を抜く。女神様は股を開いたままだ。嵌められ感たっぷりのこの股開き姿が、何度見ても素晴らしいと思う。
 麗しの一箇所を見ると、粘りの濃そうな白汁が太い塊になってヌラーっと会陰に垂れかかっている。この白汁が私の前頭葉をチカチカッとさせるのだ。すぐさま人差し指ですくって、「いやらしい液がすっごく出ているぞ!」と言ってすべすべの腿になすりつける。
 この大量の白汁は金津園でも、本指名をかけ始めた最初の頃によくお目にかかる。初対面では先ず鑑賞できない。相手がこちらを心から認めないと大量の膣液は出てこない。それと、その日の最初の仕事でないと駄目だろう。
 天女様はいきなりの抽送でも充分快感を得たけれど、私はそれだけでは終わらせない。続いてたっぷりとオーラルプレイだ。
 そのために私はベッドから下りる。両腿に手をかけて観音様の全身を引き寄せようとすると、観音様の白くて平坦なおなかが私の腹から出た汗で光っている。「まぐあい」の発露は甘美なものだ。
 その後熱き絡みを続けた後、私たちはラブホテルを出るとタクシーで名古屋駅前のミッドランドスクエアに向かった。42階のオーベルジュ・ド・リル ナゴヤで昼食だ。
 私は身障者の家族がいるし、車も持っていないので、遠出の外食をしない。だから、ミッドランドスクエアは映画を観に行くが、レストランを利用したことがない。一度ここを、しかも低層部の一般店ではなくて高層部の高級店を利用したいと思っていた。
 まあ期待通りの高級レストランだった。室内装飾、天井の高さ、ふわふわのカーペット、給仕者の物腰、食器、客の服装、全て高級感が満点だ。
 食事後46階の展望台に行った。1人700円とそれなりの値段だが、まあ、眺めが素晴らしい。伊勢湾がよく見えることには驚いた。
 名駅ビルの傍なのにそこよりも眺望が素晴らしいように感じた。立派な観光スポットだと思う。
 実に楽しい誕生日祝いになった。マンコ万歳だ。チンボ最高!だ。生きていて良かった───というのはまさしくこういう時に使う言葉だ。家族の身体障害、要介護状態に悩んで、出世が全く思わしくなくても、私はどう考えてもうまく人生しているだろう。
 2011年04月09日(土)
 このところ何もないから日記を書いてなくて、何もないだけでなく、想うこともない。ただ空気を吸って飯を食い、ウンコを出しているだけだ。年金生活者は本当につまらん。
 更に、花粉症でもう2週間悩まされているのが意欲も生気も蝕んでいる。
 DVDで鑑賞した映画の感想を記す。(推奨度DCBA@)
ジョナ・ヘックス──────変な西部劇で、話の設定が大いに疑問だ。あほくさい。A
サロゲート─────────全てをロボットに頼る凄い発想のストーリー。D
タイタンの戦い───────特撮の素晴らしさに驚く。暇つぶしには最良だ。B
ボーン・アイデンティティ──筋立てに首を傾げるところはあるがよくできた作品だ。C
ボーン スプレマシー────面白い。C
ボーン・アルティメイタム──3作全部観ると実に面白いと思う。D
 2011年04月14日(木)
 最近の検索到来で注目のもの。
ソープ フェラ バスタオル掛け 理由 ──良い心映えの検索だ。
どぎたないザーメン──────『どぎたない』なんて素晴らしい言葉を使う人がいるのだ!
豆系ソープの欠点───────それは豆系であることだ。でも、シルクロードのほうがもっと酷い。
妻子もちなのにソープで遊ぶ──結婚を何だか崇高なものと考える人が多いねえ。
 それは結婚初期だけだよ。せいぜい5年間。結婚は妻に嫡出子を作らせるためのもの。子育てができれば女は満足。その後の男は添え物にしか過ぎない。生活費運搬機だ。
 そして女は年をとるとともにどんどん性的魅力がなくなる。安田成美、黒木瞳は例外の化け物だ。よって、買春は妻帯者が熱心にするものだ。
 ネットでニュースを見ていたら「蓮舫氏、自販機悪玉論に反論」とあった。自販機なんて不要だと説く石原都知事が正しい。蓮舫は間違っている。
 大昔自販機を4台設置していた私からすれば、そうとしか言えない。
 あれは全く電気の無駄。精密機の無駄。炎天下直射日光が当たるところに設置されている冷蔵自販機は強烈な冷却能力だ。実に電気の無駄。あんなものはずぼらな人間と対面購入をしたくない人間(とにかく他人と喋りたくない連中───超不細工・変人・前科者など)と自転車等利用の人間が一生懸命使うだけだ。
 あれがあるから、(購入してもいないのに)釣り銭受けに何か残っていないかと手探りする見苦しい人間が現れる。あれを見つけるとその男を誰かがバットで殴ってくれないかと思う。中学生がこれをやっていると悲しくなる。
 変造硬貨が山と吸い込まれる。いじけた劣悪人間がコイン入れに妨害物を押し込む悲しい現象が起きる。自販機を夜間に壊されて、推定8千円抜かれ、修繕代に20〜40万円という情けない想いを店主にさせる。
 せっかく自販機を置いてもさほどの収益を出せず、不正行為に苛々させられ、夜中に商品が出ないクレームで起こされ、富士電機冷機(株)とリース会社と修理会社を儲けさせるだけ。
 本当に蓮舫飾り物大臣には腹が立つ。石原慎太郎と対等にものが言える人間か!とどつきたい。
 2011年04月16日(土)
 突然思い立って金曜日彦根に行った。彦根城の桜が実に見事だった。
 この時期彦根城を見にいくことは大推奨だ。
 国宝4城とは、姫路城、彦根城、犬山城、松本城。この4つをようやく全部見ることができた。これがかねてからの念願だった。
 しかも、女神様と2人で行った。実に気分が良い。
 松本城は40代の時に行き、やはり見方が浅かったと思うから、もう一度見に行きたい。
 私は城(天守)の中よりも天守が聳える光景のほうが好きだ。堀とか石垣などをボーっと眺めていたい。その観点からすると、岡崎城は超推奨だ。川が流れる岡崎城は本当に結構だ。
 すぐ下に木曽川が流れる犬山城。あれは景色として超々絶品だ。
 彦根城はお堀を遊覧する屋形船に乗った。上の写真は舟から撮った天守の写真だ。

 彦根には11時過ぎに着いた。駅から城方面まで歩けばもう昼飯の時間。そこで、近江牛を狙いとして伽羅という名店に入った。
 その後庭園(玄宮楽々園)を見てから乗船した。45分で 1,200円だ。費用対効果はあると思う。
 屋形船から眺める景色はまことに桜尽くしで、大変結構だった。
 写真では桜だらけの景観の凄さが全然出てこないねえ。どうしてだろう。
 屋形船遊覧が終わったところであいにくの雨。結局天守閣に入らずして帰路につくことになった。残念。
 名古屋着15時。
 3月の初めの頃に読者からメールがあり次の紹介があった。館に入っている人のようで、その人は私がこの店をこき下ろしているのをご存じだった。
今の館は経営が代わり、女の子も一新し、写真も修正が無く、店の感じが良くなったそうです。
確かに部屋はイマイチなのは否めませんね。
女の子によるのでしょうが(中略)何か居心地が良く自分のツボにはまった感じがしますので当面、通ってみようと思います。
(中略)育野様のオススメしないRグループ、豆、MGMはやはり行く気がしません。(以下略)
 大変これが気になって、先日館に行った。罵倒すべきでないのなら、訂正する必要があるからだ。
 で、結論。平成17年に覗いた時とは様変わりだ。推奨する。
(1) 写真など見れば一目瞭然、前は酷いサイトだった。→大変まともなサイトになった。
(2) 店のアルバムの嬢の写真が全くまともだった。(高級店らしいものだ)
(3) 男のスタッフの物腰が零点。→かなりまともな感じになった。
(4) 廊下も部屋も真っ暗で異様だった。→全部明るくしてあった。
(5) このご時世、経営が変わって内装を改めるとは思えないが、まるで内装を改めたように思われた。
(6) ベッド回りがなかなかきちんとしていた。(清潔感あり)
(7) 送迎車が今回は「気合いが入っている」ことを感じさせた。
(8) 店のアルバムを見た限りにおいては、写真の全員が高級店勤務として合格の女だった。
 安いのもええ。初遊興120分52,000円以下。入会金 3,000円で、本指名120分47,000円。
 その時相方から聞いた印象的な話───男の人って、いくつになっても、たとえ、75歳の超老人になっても、おちんちんが全然用をなさなくなっても、女の人とエッチをしたり、あそこをさわるのが願望なのね。凄いと思うわ。そのおじいちゃん、ずーっとふにゃふにゃだったもん。それでも、嬉しそうに私の……。
 こういう話は何日経っても忘れない。
 2011年04月20日(水)
 DVDで鑑賞した映画の感想を記す。(推奨度DCBA@)
デスレース2─────────まあ時間つぶしにはなる。C
パリより愛をこめて──────映画専門家の評判は高くなかったそうだが私にはDだ。
  サブウェイ123 激突で見事に悪役をやったジョン・トラボルタがここでも怪演をしている。
  実はジョン・トラボルタの名は知っていたが、どういう男か知らなかった。
  サブウェイ123 を見てから、ああこの男か!と認識した。で、このDVDを借りる気になった。

ティアーズ・オブ・ザ・サン──ブルース・ウィリスの戦争物。ええお話だ。D
オーシャンズ11────────面白いとは思う。アメリカ映画だねえ。C
プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂───まあ時間つぶしだね。ディズニー的傲慢さが一杯。B
ディパーテッド────────本当に凄い映画だ。参った。D+D  ←凄い評価だぞ!
 2011年04月23日(土)
 3日前大変なことになった。夜にエロサーフィンしていたらトラブルが生じた。ワンクリック詐欺ではないが、デスクトップPCがIEで不可解な動きをした。修復不能と感じ、このところ動作がとても重いからもう頃合いだと思って O/Sから入れ直すことにした。
 再インストール作業は一昨日にしたが、やっぱり一日がかりだった。
 (1) XPインストール、(2) 各種データ復元、(3) 回線接続、(4) オフィスのインストール、
 (5) フリーソフト、(6) FTP 、(7)Microsoftの各種UPDATE、(8) 一太郎、(9) 各種カスタマイズ
───の順に実行。
 この中で一番時間がかかったのは O/Sの再インストールだが、最も苦労したのはFTP接続だ。
 FTP接続はいつも苦労する。結果的にはすべて入力ミス(たとえば、ftp.geocities.jpをffp.geocities.jpと誤入力して全く気づかないとか、パスワードのミスもある)だが、やっているときはそれがわからない。だから、実に苛々する。
 FTPソフトのせいにして、わざわざ別のFTPソフトを探してインストールし、一呼吸置いて再度試みると今度はコードの入力ミスがなく、うまく接続に成功する。なんや?と思って 先のFTPソフトの設定を見ると見事に入力ミスをしている。
 まあ、パソコンに関する各種不出来のひょっとすると9割は自分のインプットミスで、ソフトの不具合のせいにしてはいけない。
 回線接続も自分の入力ミスで苦労した。回線業者のマニュアルが説明するケースが大変多岐にわたっていて、自分がどれに該当するのかわかりにくいのがトラブルの原因だった。あながち耄碌のせいだとは言いがたいと思う。
 Vistaの時代にXPはやはりやりにくい。やはりVistaかもっと最新のものに変えるべきなのだろう。
 フリーソフトはたくさん利用しているが、2チャンネルビューアーやテキストエディターなどこれを機会に最新バージョンに変えることができた。
 (9) 各種カスタマイズ、これが大変だ。以前使っていたように直すのがなかなか大変だ。
 一太郎はATOKが良いから使う。早速単語登録(要するに、以前の辞書を引き継がなかった)をした。
 けいせん→───、に→(2) 、はち→(8) などを登録した。「───」は登録すると良い。よく使う。
 まあ、今回入れ直して、動作がかなり速くなったことと、使わないソフトを一掃できたことが有意義だ。
 2011年04月24日(日)
 ドナルド・キーン米コロンビア大名誉教授(88)が22日、ニューヨーク市内の自宅で決意を語り、日本国籍取得、日本永住とのこと。すごい人だねえ。
 昨日は今回のPCトラブルについて調べた。やはり『感染』だった。
 XP Total Security 2011だ。症状はIEを起動すると「XP Total Security 2011」なるページが現れ、「セキュリティソフトが不十分なのでブラウジングするのは危険」の警告が英語で表示され、次のダイアログが出て、ブラウジングできなくなり、「XP Total Security 2011」を購入するよう画面上で促される。
 IEが見られないから感染を疑った。こういう時、ノートパソコンを持っていないのは実に困る。どういうものか調べようがないのだ。(携帯電話はなし)
 もう一台あればネットで対策を調べることができる。会社で働いておれば、会社のPCで調べられる。年金生活者は本当に不便だ。それにしてもマカフィーは役に立たない。来年替えたい。
 しかし、XP Total Security 2011侵入の対処方法はネットで眺めた限りではなかなか専門的で難しい。素人はPC再インストールが良さそうだ。たまった汚物が整理できる。
 それにしても、エロサーフィンしていると爆発物がいっぱいあるものだね。

 今回のPC再インストールの際過去のものはほとんど救わなかった。過去との決別だ。リフレッシュだ。
 メルアドとこれまでの受発信メールを一切残さなかったからどうなるかと思ったが、1.女神様、2.現在の通い嬢 の順でメールが来た。ホッとした。
 とにかく昔のものは全部捨てた。これまでの通い女や我がサイトの読者とのやりとりをすっかり捨てたのは英断だ。
 購入時についていて使用実績が乏しいアプリケーションソフトを全く入れてないからとってもすっきりした。Excel は2007でなく2003にした。こっちの方が雲泥の差で使いやすい。Microsoft Officeも一太郎もこのところ新しいものは操作画面を変えすぎで使いにくくてならない。使わない機能がどんどん増えていく。
 インターネットのお気に入りを保存しなかったのはやはり痛い。ATOKも当然辞書を引き継がなかった。だから日本語入力で猥褻用語がすーっと出てこない。
 従って、こうはいいときちんとすべての言葉で一旦入れて、後→背→位 と順に変換し、以後「後背位」がすんなり出てくるようATOKに学習させる必要がある。陰裂、抽送、陰核茎部、膣前庭、肛壁、白痴、気違いなど覚えさせるのだ。
 2011年04月25日(月)
 精巣の機能がおかしいと思ったのが今年の 1/7の姫始め(ルネッサンス)だ。逆行性射精程度の問題ではないと感じた。イッた時精液が格納庫から出た感覚がほとんどなかった。空砲を放った感覚だけだった。
 2009年01月に前立腺肥大の治療薬がユリーフカプセル2mg錠 に変わった。その2ヶ月後射精量が顕著に乏しくなり、怪訝に思って調べると、逆行性射精の副作用があるとわかった。それで、セックスの前の2日間はユリーフカプセルの服用をやめた。
 昨年秋から射精量なしが顕著になり、今年に入ると『イク感覚』まで殆どと言って良いほどに喪失した。老化のせいだと思いはしたが、勃起力は充分なほどあるから奇妙だ。
 もう8年ほどお世話になっている泌尿器科医に「ユリーフカプセルの副作用は逆行性射精だと思っていたけれど、射精を無くす副作用もあるのではないですか?」と質問しすると、医師は否定しなかった。
 本当にがっかりだ。私からセックスを取れば一体何が残るのだ。
 2011年04月27日(水)
 当たり前のことだが、PC再インストールをしてもフリーメール(ヤフーメール他)の受信メールは全部残っている。
 しかし、ヤフーメールで発信物が残っていたことには驚いた。不要なものは消しておかねばならない。
 度肝を抜くというのを入力して、強調を表す「ど」が「度」であると知った。私は連敗中の中日をど中日と言い、正真正銘の粘着馬鹿をどクソだわけと言うが、これは度で良いのだ。
 おもしろいものを見つけた。
 ソープ板──【金津園】裏KW 金津園裏通り【第42章】
597 名前: 名無しさん@入浴中 投稿日: 2011/04/23(土) 07:52:26.61 ID:rR1Rkw0zO
完済人は相変わらずやってくれる。
なになに?クリニックを見てクリニングスに見えるって?
クリニングスって何よ?
もしかして「クンニリングス」のこと?
目だけじゃなくて頭も悪いらしい。

そう言えば昔、マンコトウバイとかいう老人がいたが彼はクンニリングスのことを何度かいろんな人に指摘されても「クリニングス」と言っていた。

老人は困るね。

ちなみにキンタ(在日)も今や50代です。 だから老人には優しいんかな?
 2chのソープ板やギャンブル板などに常駐するど馬鹿男はここまで低脳・低品位だ。
 興味深いのは次。
(1) 「クリニングス」を使用する人はたくさんいる。慣用的使用語である。
  慣用的使用語なら誤用ではない。
(2) 私が──「クリニングス」は誤用で「クンニリングス」が正しい──と指摘されたことは昔あった。
 しかし、一人の粘着男が吠えていただけで、(何度かいろんな人に指摘され)た事実はない。
 その御仁はこの論旨でKWにて吠えかかり、2chのソープ板でもしつこく噛みついていた。文体と論の展開の仕方から同一人物と見ていた。メールで誤用の指摘もあったが、これもこの人かもしれない。
 かわいそうな男だ。まあ、出世はできまいて。大体1年に1回は思い出したように2チャンネルで「クリニングス」ミス論で吠えている。偏執症極まりなしだ。「クリニングス」ミス論で千戸拾倍に毎年噛みつくのがDNAにすり込まれている。私に対する劣等感の滲み出だとわかっていない。
 そういえば昔「アナルはおかしい。アヌスだ」と吠えてきた男がいた。それもこの男の主張だったのかもしれない。analが形容詞であることぐらいは知っている。日本人の多くがアナルを名詞のように使っているのだ。(アヌスもクンニリングスも日本人には耳障りが悪く、発声時に戸惑う。要するに、ど汚い発音だ)
 使う人が多ければそれは正しい言葉だ。野球の「ナイター」、特産品「コーナー」───これを日本語で誤用だと吠えるのは腐ったインテリ。英語では誤用だが、これは日本語なのだ。
 よく使う「エロい」をATOKに登録した。ところがうまく変換候補に出てこない。そこで、形容詞で登録したのを名詞で登録し直した。すると、きちんと変換候補に出てくるようになった。ATOKは賢すぎる。
 2011年04月29日(金)
 今日からGWだが、私は毎日がGWだからそれを意識することが全くない。しかし、3月からずーっと花粉症に悩まされるのには参った。咳が全く取れないのだ。今年は本当に症状がひどい。
 私の最近の金津園遊びの傾向は女の顔とスタイルの両方で基準がとてもUPしたことだ。器量が並だと、いくらセックス相手として上等な女だと思っても裏を返す気にならない。154cm以下の背丈だとP指名する気にならない。すれた女だと思うと、いわゆる上玉でも本指名する気にならない。
 女道楽の終末が近づいたから実に選定基準を厳しくするようになった。
 もう一つの金津園遊びの傾向は初対面の嬢からアナルセックスをいただくことだ。これが実にうまく運ぶから、不思議でならない。
 去年と今年のソープ遊びで印象に残るのは、相方に「肌がきれい」と言われることだ。これは昔から言われていたが、40歳も年の差がある女から言われるとあらためてそういうもんかと思う。
 私は老化現象でかなり肌が劣化したと思うが、嬢から見るとそうでないらしい。すべすべで弾力があり、ファック中に接する肌が大変気持ち良いそうだ。大変多くの嬢に同じことを言われたから、お世辞ではないとわかる。
 2011年05月03日(火)
 前に書いた。
 よく使う「エロい」をATOKに登録した。ところがうまく変換候補に出てこない。そこで、形容詞で登録したのを名詞で登録し直した。すると、きちんと変換候補に出てくるようになった。
 これでは「水川あさみはエロくない」と入れようとしてもうまく変換候補に出てこない。
 この日記を書いていて「勃つ」がATOKで出てこなかった。PC再インストールの前は出ていたが、どうも自分で登録したもののようだ。とにかくこんな大切な言葉がATOKの辞書にないのだ。
 それで「勃つ」をタ行五段活用で登録した。しかし、勃たないと入れても変換候補にうまく出てこない。どうしてかと考えたら、「勃」でもってタ行五段活用動詞として登録しなければならないと気がついた。
 ということは「エロい」(形容詞)ではなく、「エロ」(形容詞)で登録せねばならないのだ。なるほど。語幹で登録するのだ。
 登録し直したら、「えろくはめる」の第一変換候補がきちんと「エロく嵌める」と表示された。

 ふと考えた。私はソープ嬢といつもぶっちゃけた話をする。年の功、ソープ遊興経験の多さでもって初会から突っ込んだ話を成立させる。それで思うのは嬢が採用を希望して初めて店を訪れたときの話だ。
 その店に入店OKとなることもあるが、断られることもある。金津園の高級店は品不足でできるだけ採用していると思いきや、なかなか採用判断レベルが高い。
 以前入った嬢がオレンジハウスに面接に行って麻生さんに断られ、ルーブルに面接に行ってマリアさんに断られ、高級店に入るのに苦労した話をした。(入店を断られた面接の具体的な話なんて普通の遊び人が嬢から簡単に聞き出せる話ではない)
 その嬢は確かに一級の美人ではないし、体型がややポチャッとしていたけれども、話しぶりや気立てに疑問がわくような女ではなかった。むしろ性格の面から私はかなり好感が持てた。女は性格だ。でも、高級店に二級の顔立ちの女はいくらでもいるのに、この二つの店には断られた。
 その嬢は嵌めていてなかなかの味があった。エロく嵌めることができた。私のソープキャリアの中ではっきり上玉の女だ。にもかかわらず、女性の責任者の面接では不採用となった。女が女を見る目は少し狂っているのではないかと思う。
 オレンジハウスは昔入っていたが、高級店になってからは一度も突撃していない。どうしてか。
 部屋が高級店にふさわしくないと思うのと、道路拡張ですぐになくなる店という意識と、表通りの店が嫌いという昔からの主義でここを利用しなかった。だから有名な麻生さんの顔を知らない。
 マリアさんのケバい顔は知っている。昔の漫遊記に現役の頃の写真が出ているが、まるまるとした普通の顔だ。それが、整形したのか目に何とも妖艶な輝きがあり、立派な一級品だ。
 私に言わせればマリアさんは狸だ。ファック相手を誑かすのが上手という意味だ。だからシャトールーブルは狸がたくさんいる。
 狸を貶して書いているのではない。売れっ子になるには狸でないとだめなのだ。セックスがわかっていない遊び人はそのような女狸とファックして、自分の時間的に短いチンコピストンだけで嬢がよがると信じて遊んでおればよい。
 私は平成20年頃まではベテランが好きだった。狸が安心して遊べた。私は狸でも転がすことができる。ただ、狸には手強いのも多い。
 艶もすずめの宿も狸の棲息率が高い。というか、高級店は狸がいっぱいいる。私は狸でも、27歳ぐらいでスパッと売春をやめる性格の女が好きだ。艶の雛を考えて貰えばよい。ずるずるとここに浸っている女は好かん。
 そういう意識がはっきりしたのは平成15年ぐらいからではないかと思う。(もちろん嬢として生きる以外に道がない場合は許す)
 平成20年頃までは好んでベテラン嬢に入った。ただベテランの定義は3年以上勤務だ。しかし、平成19年頃から次第に2年以内勤務の女を選ぶようになった。不思議なものだ。
 とは言っても、そもそもソープ遊びへの熱意が今年に入って激減したように感じる。卒業気分があるのは老化なのかな。ドラゴンズの試合を観てもさほどわくわくしない。エロ動画を見てもさほど勃たない。老化だなぁ。
 勃たせろ、勃ちまくる、勃つ、勃て、勃とうのタ行五段活用の世界で生きていたいものだ。あと10年。
 今回(2021年2月)この日記を復活すると、あと10年が叶わなかったとわかった。
 2018/2/8が最終セックスになった。
 2011年05月05日(木)
 私はとにかく金津園の嬢からぶっちゃけた話を聞くのが好きだ。個人的なことは名前を明らかにして陶酔記に載せることができない。2chではすぐそういうことを書きたがる馬鹿が多いが。
 だいたい、ぶっちゃけた話を陶酔記に書けば、それが、話の当人にとって伏せておきたい話であればあるほど私が憎まれたり探られたりする原因になりかねない。何事も慎重な私としては避けたいことだ。
 PC再インストールの後不要なファイルを整理していてぶっちゃけた話を一つ見つけた。7年ぐらい前に得た話だ。そんな昔話だからある意味時効だろう。
 ここの昔の想い出の話は金津園のシャトールーブル『シャトールーブルの想い出』に載せた。
 事件が起きると直接の原因ばかりが議論される。しかし、周辺の起因にはちっとも目が向けられない。特に被害者の行動を咎めるようなことがちっとも指摘されない。
 2006年08月に福岡市東区の海の中道大橋で一家5人が乗った車が地方公務員の運転する車に追突され、幼い子ども3人が亡くなった事件で、私は幼児3人乗せて午後11時近くに車を運転している親のアホさ加減を腐した。とにかく幼児は布団の中でおねんねしているべき時間なのだ。
 私に言わせれば親が非道・思慮なし・超軽薄なのだ。だから事件に遭う。
 焼肉屋でユッケを食べて子供が中毒死する事件が起きた。焼肉屋がマスコミに袋だたきに遭っている。これも親が非道・思慮なし・超軽薄なのだ。だから事件に遭う。
 子供に生肉を食わせるのが悪い。これはワイフも同意見だ。私はユッケなんて間違っても注文しない。高級な焼肉屋でコースの料理を頼んで意に反してユッケが出てきたら火で炙って食べる。
 事件というのは100%相手だけが悪いというものが極めて少ない。100%相手だけが悪いケースは、自分が日中歩道を歩いているのに、車を運転中の男がてんかんの発作を起こしてその暴走クレーン車で事故死させられるケースだ。
 ビルの壁から看板が落ちて死ねば、道路のビル寄りを歩いた判断の悪さがある。夜の9時に通り魔にやられれば、その時刻に人通りの少ないところを歩いていた非がある。山手線のホームで線路に突き落とされれば、ホームの端でボーッと立っていた非がある。
 世の中に悪い奴、とっても不注意な奴、クソ間抜けな奴・感染させる病気持ちの奴・強姦魔はとってもたくさんいる。それを前提にして行動しなければならないのだ。
 2011年05月07日(土)
 最近読んだ本。
  源平合戦の虚像を剥ぐ 治承・寿永内乱史研究 川合 康 著 講談社学術文庫 (どうってことはない)
  骨から見た日本人   古病理学が語る歴史  鈴木隆雄 著 講談社学術文庫 (大変興味深い)
 このところこの「最近読んだ本」を掲げていないが、読書はしている。ただ、ここで紹介する気にならなかっただけだ。
 DVDで鑑賞した映画の感想を記す。(推奨度DCBA@)
レギオン─────────三流娯楽の大衆映画だ。暇つぶしになる。A
ヤギと男と男と壁と────実に変な映画だ。B
シャッター アイランド──怖い映画だ。観る価値あり。驚異的な映画だ。D
16ブロック───────まあ暇つぶし 主人公がピンチの場面でパッと姿を消しているのが不可解。B
 たまたまソープ情報誌の漫遊記を買った。この前買ったのが3年前だが、ページ数がやけに減った。薄っぺらなことに驚いたが、他に驚いたことは次の通り。
(1) 艶グループとルーブルが宣伝を出していない。
(2) リッチドールがラブミサイルという名の店に変わった。
(3) 豆がJBGを手放し、ここがゴールドモデルという名の廉価店に変わった。
(4) 名駅西の店が宣伝を出していない。
(5) 益田が消えている。
 まあ、豆の店のゴム着店と廉価店には興味がないから、ラブミサイルとゴールドモデルと益田については全く気づかなかった。漫遊記の販売数は相当減ったものと想像できる。店サイトで充分だからね。
 2011年05月10日(火)
 KWの『上がり部屋deと〜く』に──通り沿いの某高級店。千戸教授のサイトで「見直した、お勧め」と言っていましたので行きました──の文で始まる書き込みがあった。
 私が館を褒めたことに触発されたらしいが、店に対する不満が書いてあった。
 実は館は以前は相当ひどい店だった。まあ、反吐が出るぐらいの店と言ったら良い。まあ、それが普通になったという意識で私は褒めたのだ。筆の弾みで褒め過ぎだったかも知れない。
 私が館について書いた時この店をよく知らないことと、多少いい加減な姿勢から館を高級店と表現した。何が高級店なのかは時によって変わるが、今の私の定義では、高級店は次だ。
次のどちらかである。
 (a) 130分未満のコースがない。
 (b) 120分のコースで総額が5万円以上である。
   但し、これに該当しても
   その店に120分未満のコースがあって、それが5万円未満で入れるなら除外とする。
 よって、館は、ドルチェビィタやPREMIUM やシルクロードや重役室やMGMなどと同様に高級店には該当しない。高い料金のコースがあるというだけのことだ。
 高級店と並のNS店とでは、店の最上級の嬢の質、スタッフの物腰、部屋の内装、飲み物の質、こういうものがはっきり違う。高級店に入れば、もう並のNS店には入る気がしないのが当然の心だろう。
 だから、独身者で年収7百万円以下、家族持ちで年収12百万円以下の人(年収が下回っていても(私のように)貯蓄で遊べる人を除く)は高級店は立ち入らぬほうが良い。(←あくまで月に3コマ以上コンスタントに遊ぶまともな遊び人を念頭に置いた高尚な話だ。低級な遊び人はこれに達していなくても好きなように行けば良い)
 店の中には1ヶ月間で、店のP指名の総本数が本指名の総本数のほぼ3倍なんていうのがある。これではだめだろう。上玉がいないということだし、客層が悪いとも言える。生でしたいだけだ。
 まあしかし、「てんこ盛りにいる」嬢の中でしっぽり楽しめる女を捜し当てるのがソープ遊びの面白さだとも言える。(本指名がとれなくても自分が気に入れば良い。こちらのほうが情愛のこもった逢瀬ができる)
 情けないのは、ソープ遊興数がまともにあるのに本指名で遊ぶ数が少ない男だ。
 嬢の心を掴めない、ださい遊びをしている、心というものを大事に考えていない、やって貰うセックスばかりしている、売春嬢を下等人種と思っている、指名料がもったいないと思っている──こんな意識で本指名で遊ぶことができない。哀れなものだ。
 ソープ遊興歴3年以上の男で、最近の30回の入浴中本指名遊興が6回や16回程度というのはもう人間の屑だ。私はそう断定する。
 2011年05月12日(木)
 予約合戦というとRグループの新人を思い浮かべる人が多いと思うが、あれは参加者がレベルの低い遊び人ばかり。小僧客がわいわいがやがや、Rグループの見た目だけの嬢に群がっているのだ。素人っぽさが残っていると想像する女と何とか個人的つきあいに持ち込めないかと切望しているだけ。(ソープ嬢然とした女にはお誘いの声がかけられない)
 真に値打ちのある女への予約合戦というとやはり艶の雛だろう。
 今でも雛を偲ぶことがある。私がファックした女の中では一番の上玉だ。それも、魅力的なことは他の通い嬢を完全に引き離していた。とにかく体のラインがきれいで、肌がきめ細かい。笑顔の素晴らしさには卒倒したくなるぐらいだ。
 それでいてある意味ソープ嬢然としたところがあり、恐らく、店外希望やメルアド希望の申し出にはきっぱり断るだろうから、2chにはその手の拒絶を受けたらしき男から、罵倒や軽侮の言葉が入る。
  ソープ板──【岐阜金津園】艶GROUP【その28】
280 名前: 名無しさん@入浴中 投稿日: 2011/05/04(水) 11:09:29.85 ID:9nlB113o0
AF好き年金エロ爺さんが、雛を褒めてる↓
http://www.geocities.jp/watariganinihai/diary/diary_27.html
この爺さんが雛、あんな、あさがおと遊んだ体験談が見たい。
281 名前: 名無しさん@入浴中 [sage] 投稿日: 2011/05/04(水) 13:43:15.22 ID:NAKX5toGP
(略)
>>280
なんだセンコのクソブログかw
相変わらずあのフォント(字体)でやってたんだな
なにをほめているかと思ったらスパッと引退したのをほめてるだけじゃないか
見て損したわ
 雛はかなりものの考え方がしっかりしていて、人物観察眼があったから、この程度の男が客になったらもう底を見通していたことと思う。
 彼女が私にとって少し物足りなかったのは、私が良性記のAV女優のエロマンコの吟味で用いる基準では雛のエロマンコ度がせいぜいであることと、クンニリングスのし甲斐がやや乏しかったことの2点だ。
 しかし、女の魅力としては最高級で、プロポーションが抜群だし、気立ても良かった。性技がしっかりしていた。27歳ぐらいでスパッと上がったことも大変評価できる。痺れるほどに評価できる。
 雛で忘れられないシーンは、12月25日エレベータの中で赤いサンタの衣装でスタンバイした華やかな笑顔だ。あの時は私の脳みそに電気が走った。
 1983.3.3の生まれだから雛という源氏名にしたそうだ。雛はもう勤めが長いのに私が初会したのが23歳の時と遅かったのが惜しまれる。私はこの有名な嬢に嵌めたのが遅くなりすぎた。艶グループの出身の嬢5人ぐらいに「雛ちゃんに入ってみたら」と言われ、ようやく入浴のための予約合戦参入を決心したのだった。
 雛は平成14年にトキハに出たと説明した。19歳であることは隠したそうだ。手持ちのソープ情報誌で調べると、遅くともこの年の9月までには艶に移っている。艶でかなり稼いだと思う。
漫遊記平成14年4月末発行──────雛らしき嬢がどこにも見当たらず
漫遊記平成14年11月末発行──────艶に素人新人として出ている
コンチネント平成14年9月20日発行──艶に載っている
 私は彼女のような超1級嬢に、私のアナルを徹底的に指攻めさせたのが楽しかった。逆に私は攻めさせてもらえなかった。私が嬢のアナルを攻められないのにその嬢に通ったというのは、この6年間では雛を含めて二人しかいない。二人とも艶出身だから、艶の子はアナルが攻めにくいというのが私の感想だ。
 現在各高級店のナンバーを張っている女と比べるとどう考えても雛は頭2つ抜きんでていた。
 2011年05月14日(土)
 ちょっと前のことだが、金津園の嬢に肌着、ワイシャツ、ズボンのベルトを注目された。いわゆるブランドものなのだ。
 私は腕時計のような単価の大きいものではブランド品を買わないけれど(要するに2万円程度だ)、単価の小さいものでは必ずブランド品を使う。金津園で相方がそのことに着目したのが私はそれこそ昭和の時代からよくある。女はそういうものに目が行くのがよくわかる。
 逆に言うと、腕時計やバッグのようなものに張り込んでも、下着とかシャツ、ベルトなんかに1級品を使おうとしない男が多い。私は衣料なんかをB級小売店で買ったことは殆どない。デパートの特売で買ったこともない。なぜなら母もワイフもそういうところで衣料品を調達しないからだ。
 どっちが良いか考えたら、自動車・腕時計に張り込むよりも、パンツ・シャツ・ベルト・外装衣服に張り込むほうが絶対に賢い。後者は総額が知れていて、かつ、ベッドを共にする女に瞠目される。
 買春遊びをする男は、パンツ・シャツ・ベルト・替えズボンなどについてはデパートで値段の高いものを買うことを推奨する。
 こういうものは、倍の値段をかければ、倍の使用期間が得られ、倍の着心地の良さが得られ、嬢にはっきり格別視されて感歎が得られる。
 年収が8百万円以上ある男は腕時計に10万円クラスのものを使いたがるが、2万円のものにしておけば差額は8万円だ。
 腕時計の使用期間が8年とすれば、靴下、肌着、パンツなどについて一般大衆愛顧品ではなくブランド品を使い、ワイシャツは既製品ではなく仕立て品を使用しても、値段差が8万円に達しないだろう。(私は自分の靴下、肌着、パンツなど購入値段をよく知らないから間違っているかも知れないが)
 2011年05月16日(月)
 05月14日の朝のヤフーニュースに『中日・谷繁が23年連続本塁打』と載った。谷繁選手は別にホームランバッターではないが、ホームランを打ったことについての連続性に注目された。
 イチローが10年連続200本安打を打っても連続性に着目するのは日本だけで、米国ではあくまで10回200本安打を達成という事実に着目し、10回200本安打の記録を持つ誰それに並んだという2番煎じの扱いしかされていないらしい。
 日本はとにかく連続性に着目し、双葉山の69連勝が今でも盛んに讃えられる。10年連続30本塁打達成なんていうのが讃えられる。こんなのは本塁打王単発よりもよっぽど価値がある。
 トップ3連とトップ3回とでは必要とするエネルギーが全然違う。中学や高校の時学年で1番の学業成績になったことのある人ならそれが理解できるはずだ。とにかく『連続』は美しい。このように考えればアメリカ人の発想はおかしい。
 私は『毎度達成』の事実に憧れるから、失敗を余人より恐れる。不成功を汚れたものと強く感じる。
 そういう気持ちが、私の若い頃のソープ遊び(若いと言って55歳以前のことだが)で、嬢から電話番号を教えて貰ったり店外デートを願望したりすることが殆どなかったことに繋がっていると思う。
 連続性の重視は、要するに成功率の重視だ。私は老域が近づいた平成17年以降金津園でのリピート通いは20回までと考えたが、どれだけ気に入っても、8回とか12回とかの対面で終わった嬢がいる。
 ハメ撮りはそんなに重視してないからハメ撮り不能を感じて通いを止めたケースは全くない。同様に店外に誘えないと感じて通いを止めることもない。店外デートに持ち込みたいという気持ちがないからだ。
 大層気に入っていても通いを止めたのは───(1) AF誘導不可能を認定した時 (2) AF誘導の成功を得て満足した時 (3) 嬢が退店した時───の三つだ。(飽きてやめるとか、嬢の性格に疑問を感じてやめるとかは、『大層気に入っていて』に該当せず)
 艶在籍者と艶出身者で私が通ったのが3人いるが、1人はAFに持ち込んで通いを停止し、2人は持ち込めないと結論して通いを停止した。
 やり手の嬢には、客の尻穴にはどんな卑猥なこと(例えば、未洗浄での舐め・深々と指入れ)をしても、AFは絶対に認めない、若しくは、認めそうには思えない、という女がいて、この2人がこれに該当した。
 そういえばこの3人はいずれも私の下着がブランドものであることに着目し、感嘆の声を上げた。3人とも客を蕩かすために意図的に甘いことを言う作略家タイプではない。そんなことをしなくても強烈な集客力があったからだ。

 平成10年以降で4回以上入浴し(平成9年以前から通っていた嬢を除く)、通いを止めた嬢を分類した。
(1) 外因的事情(AFに持ち込んでいた)───8人
(2) 外因的事情(AFに持ち込んでいない)──3人
(3) 内因的事情(AFに持ち込んでいた)───9人
(4) 内因的事情(AFに持ち込んでいない)──3人
 ここで、外因的事情とは嬢の退店とか店の振替に激怒したとかであり、移籍した店が名ソーとか豆系とかの不快なところであって断念したのを含む。
 内因的事情とは『充分感』であり、AFに持ち込んで達成感を得てやめたとか、AF持ち込みを断念してそれを潮に通いを止めたとかだ。
 AFに持ち込んでいた嬢が17人に対し、持ち込んでいない嬢が6人しかいないから、私は気に入って通う嬢をAFに持ち込む確率が高いということがわかる。(ということは、この子はAFには持ち込みにくいな、と結論した時の味気なさがそれなりに大きい)
 しっかり気に入っても5回とか6回の入浴でやめてしまう嬢と8回以上続く嬢の違いは何か。それは基本的には気に入り方の違いか、嬢の退店のタイミングだけれど、次のようなこともある。
 すなわち、ネットをしている嬢については通うのをやめるのが早くなり、ネットをしていない嬢は通うのを続けやすくなる。私は石橋を叩く性格だ。ネットをしている嬢で(私がその嬢に入浴している期間において)私が千戸拾倍であると知った嬢は3人しかいない。
 1人は私が入浴する前から(店の仲間で、私が通っていた嬢から教えられて)知っていた。1人は私と会話していて察した。最後の1人は他人から聞いて知った。
 2011年05月20日(金)
 安物買いの銭失いの愚はしないという長年の私の生活基準に逆らって、先日ラブホテルの利用で何を思ったか 3,990円という廉価な部屋を利用してしまった。
 部屋に入るとタバコ臭いし、床の品質が情けない。ベッドも風呂もかなり冴えないものだし、テレビは劣化品。タオルは少ない。
 一番困ったのはローションがないことだ。これまでローションのないラブホに入ったことがなかった。有料にしろ無料にしろ必ずローションがあった。
 ローションがないと実にエッチプレイが貧弱なものになる。アナルプレイも『超強引手こき』もできないのだ。本当につまらなかった。
 それにしても、この1年で入ったラブホが全部地デジ化されてなかった。日本全国の旅館でもテレビを更新していないところは多かろう。これからこういうところは大変だね。
 もうかなりの数ラブホテルに入り、出入りの際に何度も他の利用客と鉢合わせしてわかったことは次だ。
カップルの男の年齢が女の年齢よりも圧倒的に高いことが多い。
要するに、ソープと同じだ。
 女はかなり年上の男に嵌められる動物である。秀吉と茶々を考えればわかるとおり、力のある男は若い女を抱く。そういうことだ。
 DVDで鑑賞した映画の感想を記す。(推奨度DCBA@)
ラッキーナンバー7───観る価値あり。結構だ。C
エクスペンダブルズ───まあ楽しめる。ヒドイけれど。B
Dr.パルナサスの鏡 ───3流娯楽もまた良し。B
女帝 エンペラー────絵がとっても綺麗だ。それで充分。C
アホリックス──────馬鹿馬鹿しい。A
 2011年05月22日(日)
 最近読んだ本。
   将軍側近 柳沢吉保 いかにして悪名は作られたか  福留真紀 著 新潮選書 (興味深い)
   アフリカで誕生した人類が日本人になるまで   溝口優司 著 ソフトバンク新書 (読みやすい)
   海戦からみた日清戦争             戸高一成 著 角川one (勉強になる)
 05月16日の日記に「私は老域が近づいた平17年以降金津園でのリピート通いは20回までと考えたが、どれだけ気に入っても、8回とか12回とかの対面で終わった嬢がいる」と書いた。
 金津園で遊べる年数が残り少なくなったから、いろんなマンコを賞味したいと思って、通う嬢への回数制限をした。それで、累計20回の入浴が近づいた時には必ず相方にこの回数制限のことを打ち明けた。
 入浴20回に達しないと思った嬢には6回ぐらい入浴したところで──入浴回数を累計8回ぐらいでストップする方針だ──と告げた。
 回数制限のことを教えた時の嬢の反応が楽しい。皆見事に動揺・困惑の感情を示してくれるのだ。「そんなの、困るーぅ!」という返しだ。「私は例外でしょ」と自信ありげな顔をしながらもなにやら熱の籠もった対応をした嬢もいる。
 ハメ撮りやアナルセックスや浣腸(→排便ショー)にまで持ち込んでいると切るのは申し訳ないと思うが、こっちにも事情がある。私は3年以上通った嬢の数が大変多いし、足かけ11年とか6年とか通った嬢もいるのだから、平成17年以降はいろんな女に嵌めることを優先した。
 通いを止めた嬢のことを思い出すと、皆やめたのがもったいなかったと思う。
 私は超1級の人気の嬢にリピートすることがあんまりない。ということは、私の通い嬢にとっては私の本指名というのは大変ありがたいのだ。月に本指名数が10数本(高級店ベース)程度の嬢にリピートすれば、これはもう私は確実に歓待される。
 本指名を続けると嬢の応対が悪くなったと愚痴る馬鹿をよく見かけるが、それは相手に嫌われているか、眼中にないということだ。嬢は本指名が何よりも大切だから、リピート客は大切にされる。
 だから私はその心を利用してハメ撮りやアナルセックスや浣腸にまで持ち込むのだ。そういう意味では月の本指名数が10本ないような嬢はとても攻略しやすいと思う。ところが、私はソープ通だから、そして、嬢のランキングには敏感だから、10本ないような嬢を見分けるのが上手で、そんなに入浴したことがない。
 で、リピート客をいっぱい持っている嬢を攻略するのが私の密かな趣味だった。
 No.1やNo.2の嬢をハメ撮りやアナルセックスに持ち込むと実に達成感がある。私以外の男でその嬢にしっかり本指名をかけている客がさほど眼中にはないことが読み取れるからだ。これがとっても楽しい。男は戦って優位を感ずることにエクスタシーを覚える動物なのだ。
 だから、艶の雛のように(嗚呼、持ち込めそうもねえな!)と思うと落胆は大きい。
 なお、この落胆だが、頼んで否の返事を貰って落胆したことは殆どない。頼まずに返答を読み切って、一人で勝手に落胆する。大人しいものだ。
 このようなスタンスで遊ぶ私が金津園で絶対にしないことは次だ。(例外は1名程度)
 月の出勤日数が8日程度の嬢に入浴すること。
 当然だろう。その手の嬢は本指名数を願望していない。腰掛け程度の仕事ではまともに取り組んでいる可能性があんまりない。たとえ気に入っても予約がしづらいし、長く勤める保証がない。
 だから、Rグループにいつもよく現れるこの手の新人嬢を狙って必死に予約合戦に突入する馬鹿が本当にくそだわけに思えるのだ。
 2011年05月24日(火)
 資産家が羨ましい。
 資産家には2種類いる。相続財産で資産家になったのと自分の稼ぎで資産家になったのの二つだ。
 私が会社員の現役の時「俺は家を2軒持っているよ。転勤で2軒も持つことになったけれど、前の家は貸している」と説明した男に何人か会っている。すべて高卒だ。大したものだと思っていた。私のように買春やパチンコで金を遣わないから身上が貯まる。
 定年退職時に当座預金を推定7千万円貯めていた男もいた。私と年収累計はそれほど変わらないのに。私が昼飯に1000円投じるのに対して、その男は500円しか使わないその心の差が蓄えに差をつけた。
 私の娘は結婚しているが、かなりの貧乏だ。4人家族で実に小さな借家に住んでいる。マンションぐらい買ってやりたいが、それができないのが大変残念だ。
 相続財産で資産家になっているのはいわゆる『本家』だ。母の実家も、父の実家も、嫁の実家も皆本家で土地をしっかり持っていた。土地持ちは強い。江戸・明治・大正の時代から土地を持っていた家は本当に強い。私の近所にもこういうのはたくさんいる。
 大方は慎ましい生活をしているから、金持ちには見えないけれど、皆立派に相続税を取られている。(皆賢いから相続税は資産の運用益で支払える)
 江戸時代は水飲み百姓ばかりだと思っていたけれど、どうもそうではないようだ。先祖代々長男でないと資産家にはなりにくい。
 サラリーマンをやってそこそこの年収があっても、その稼ぎをそれほど貯蓄に回すことなく消費してしまうのが大方の傾向だ。皆食べ物が贅沢で、部屋ごとにテレビがあり、TDLなんか好きなように行き、海外旅行を何度もして……、どうかと思う。
 一昨日の日記に「男は戦って優位を感ずることにエクスタシーを覚える動物なのだ」と書いた。
 ところがネットができてからは、戦わずに自分で勝手に認定して優位を感じようとする男が大変増えた。2chやKWなどの掲示板で、見たこともない、直接戦ったこともない他人を罵る奴だ。都合良く相手の何かを認定して罵倒するのだ。
 私も2001年の良性記の立ち上げ以来、どう考えても私より低レベルの遊び人たちに随分『勝手な優位の主張』をされてきた。本当に腹が立つ。
 最近では私をこき下ろしながらこの日記のURLを貼りまくっている馬鹿がいた。私をこき下ろすことによって自分の馬鹿を相当程度に宣伝し、なおかつ崇高な我がサイトを一生懸命宣伝しているから可笑しい。(被リンク到来の訪問者数では、この馬鹿が2chに貼ったリンクがトップだ。阿呆だよ)
 2011年05月27日(金)
 昨日は名古屋ドーム球場に行った。私がここに行くのはシーズンチケットを貰った時だけだ。チケットを買ったことは一度もない。自分の勤務先(かっての話だ)か義弟の勤務先のシーズン席ばかりを使っている。だから3塁側ばかりで、一度ぐらいは1塁側から見たい。
 これまでいつも25列目の席ばかりだった。昨日の席は22列目。間に通路があるから、3つ違いでも3mほどグランドに近づく。矯正視力が 0.6ぐらいだから、これがありがたい。
 一昨日ダルビッシュにひねられただけに、翌日は日ハムに勝つだろうと予想して球場に向かった。
 で、感想。
1.シーズン席は実に埋まらない。
  シーズ席が相当空いていた。ただで貰った切符を大切に使用する人は少ないということだ。
2.とにかく女の観客が多い。
 一般人の女の顔をたくさん見れば、金津園の高級店の嬢の顔を見て(たいしたことねえな)と思うのが間違いだとよくわかる。テレビで見るタレントの女の顔と金津園の嬢の顔とを比較してはならないのだ。
3.ライト野本の3回の表のダイビングキャッチは本当にすごかった。
  あの好プレイのすごさはテレビじゃなくて球場で見るとよくわかる。唖然とする。
4.名古屋は夜が早い。東京とは全然違う。
 8時40分に球場を出た。7回の表の日ハムの攻撃が終わったところだ。中日が4対0でリードしていた。
 出口まで出て驚いた。地下鉄方面までもう長蛇の列なのだ。さっさと帰る人が実に多い。
 中日が負けている時は、中日の攻撃が終わった時に帰る。中日が勝っている時は、相手チームの攻撃が終わった時に帰る。こういうことなのだろう。
 それにしても、ホームベースから外野手の守備位置までの距離はほんとうに長いねえ。びっくりするぐらい遠い。レフトから3塁手まで球を投げるのが実に遠いと思えるのだ。
 和田選手のホームランの打撃音が実に素晴らしかった。その時はなぜか外野席のほうを見ていて、音にびっくりした。
 2011年05月28日(土)
 最近読んだ本。
   宇宙進化の謎 暗黒物質の正体に迫る 谷口義明 著 BLUE BACKS (暗黒物質って一体何なのだ)
   平城京の時代 シリーズ日本古代史C 坂上康俊 著 岩波新書 (ぼちぼち)
   戦国誕生  中世日本が終焉するとき 渡邊大門 著 講談社現代新書 (読みやすい)
 今年はソープ遊びが激減した。金津園の情報をあんまり得ていない。寂しいと思っていた時、05月27日の午前中に意外な情報が入った。ルーブルがボイラーの無届け修繕で営停を喰らったらしい。
 メールでそのことを伝えてくれた嬢によれば、真偽のほどはわからないけれど耳にした話だ。
 警察は金津園の店をいつでも営停にできる。売防法で挙げるだけのことだ。ボイラーや内装などの無届け修繕というのは『公称』だろう。でも、何かがないと警察はここまではしない。何かとは、893へ資金流入、強制使役、未成年者雇い入れ、薬物問題、顧客への脅しなどだ。
 ルーブルはその『何か』があるとは思えないのだけれど、『何か』があったのだろう。いや、そんなものがなくても、“順番”で検挙の白羽の矢が当たったのかも知れない。そのように考えるとソープ業は本当に根無し草の事業だ。公営買春の必要性を説く政治家は本当に偉いと思う。
 で、05月27日は2chにルーブルの情報が出るのを待っていた。そこで同様の情報が出れば『一時閉店』は間違いないことになる。ところがなかなか出てこない。
 21時になってようやく店スレに「閉店みたいだね。女の子はRグループに移籍らしい」と出た。
 しかし、Rグループの名が出るのが面白い。
 ルーブルの嬢が馘首とか不義理の退店の場合、行き先は、ドルチェ、重役室、セラなどだ。一方、リサ・マリア両巨頭が好意的に手配した時は必ず行き先がRだ。両巨頭とRの要人とはかなり密接なのだ。
 2011年05月30日(月)
 このところ中日が好調だから大変上機嫌だ。
 ルーブルの営停だが、原因となる事件があって、現行犯的な検挙ならば即営停だろうが、そうでないなら営停になるまで数ヶ月経過することもあるらしい。それならば営停の通知が“寝耳に水”ではないだろう。
 ルーブルの両巨頭はこうなることをわかっていた可能性がある。
 私がベッドで女性と絡む時何故優しいのかを考えてみた。肉体的に絡んでない時は女性に対して極めて辛辣で、厳しい目を向けて、亭主関白型のタイプなのに、どうしてクンニリングスを丹念にするのか、このことは不思議だから原因を探る意義がある。
 思い当たることが一つある。
 私の原体験は東映や東宝の時代劇だ。子供の頃そんな映画を大変よく観た。出てくるのは、亭主や許嫁のいる若い女の落花狼藉だ。
 そして、犯された女が、池に身を投げるか、首を吊るか、短刀で胸を一突きだ。貞操を奪われたことの落とし前を死んでつける。そして、親だか誰かが「みごと!」と言って頷く。その理不尽と不条理をいつも強烈に胸の奥に澱ませていた。
 本当に女って気の毒だ!とよく思った。それで、愛技に熱意を抱くようになったのではなかろうか。
 2011年06月01日(水)
 最近読んだ本。
   海戦からみた日露戦争            戸高一成 著 角川one (結構な著作だ)
 昨日は映画館に行き『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』を観た。
 2011年06月02日(木)
 昨日は健康診断に行った。医師が聴診器を胸に当てて一体何になるのだろうと思っていたけれど、テレビを見ていて、心臓の弁の動きの音や肺の雑音などのことを知り、聴診器診察が大変大切なことがわかって、神妙な気持ちで診察を受けた。
 2011年06月04日(土)
 2chの書き込みでは、ルーブルの女は、Rグループの貴公子以外の3店にほぼすべて収まったらしい。太めはティファニーということで、貴公子に1人も入っていないのが面白い。
 私が残念なのは、こういうことがあると必ずこれを潮に業界から上がる女がいるものだけれど、その手の嬢がいないことだ。もう売春にどっぷりつかって、こんな嘆かわしい仕事をやめることを真剣には考えていない女ばかりだ。
 逆に言えば、あっけらかんとおまたを開く女だからこそ、客からはチンコ突き込みが楽しくなる。あっけらかんと相互エロができる。
 2chに入船がルーブルと同時期に営停と出て驚いた。
 それで、たまには金津園の中級店・高級店をメンテしなければと思い、作業にかかって次に驚いた。
1.NS店の下位レベルとゴム着店の中で値段の高い店というのはもう殆ど値段が同じだ。
  ※ NS店が値段を下げたイメージだ。逆転もある。
2.時計台は大衆店と思っていたが、なんとJBGの中身が移動していたのだ。(2011/2/1)
3.ドルチェビィタからゴム着店に移った嬢が何人かいた。
 地方税の通知が来た。昨年より7万円も増えて、来年もこの金額を請求されるのだから大変面白くない。
 私の年金に基礎部分が加わったことと、ワイフが60歳になり年金保険料が不要となって社会保険料の控除額が減ったことの2つの影響がこんなにあるとは、本当につまらない。
 2011年06月06日(月)
 嬢の話。どうにもその気になれない客というのが1割ぐらいいるとのこと。この嬢は相当思い切った濃厚なプレイができる子なのに、それでもそうなのだ。
 客の容姿が不細工で忌避の心が生まれるとは思えなくて、とにかく態度・行動・話しぶりでもって、何かの拍子に全く心が受け付けなくなるらしい。本指名をかけてくれるから頑張ろうと思っても、厭わしくて、ぞっとするのだ。
 丹念にオーラルプレイをしてくれるけれど、もう鳥肌が立つ想いだそうだ。例えばどういうことで?と聞くと、キスすると唾液をつけられる男、と答えた。下手なのか意識的にしているのかどちらなのだろう。
 私は口内唾垂らしをよくするけれど、そういうキスはしない。
 2011年06月13日(月)
 物価指数調整?ということで国の年金が年額で1万円ダウンした。少し面白くない。
 私が使っているアクセス解析では『現在のオンラインユーザー』というものが表示される。いつこれを見ても人数が零ということは滅多にない。
 もし10人滞在していたら、4人ぐらいは金津園のNSが可能な店を見ている。ある時不思議なことに日記そのxxに3人いた。進行中の日記に、ある瞬間に6人も集ることはよくあるが、そんな過去のものに何人も到来中というのは大変珍しい。
 一体どういうわけかと不思議に思い、そのxxに何が書いてあったのか確かめた。読者の婦人(それも、何と3人もだ!)にラブホに誘われた話が書いてあった。
 過去の日記を同時に3人もの人間が眺めておれば、どこかにこのことが紹介された可能性が認められる。面白い。
 それにしても、あれは私の60有余年の人生の中で大事件だった。サイトを作っていて、しかも、立派な啓蒙活動をしていると“ええこと”がある。善人は報われるのだ。
次へ  日記  えろえろ考察  秘密の愉しみ  トップページ
(千戸拾倍 著)