18歳未満の方は入場をご遠慮下さい。

パソコンで写真アルバムを作ろう

 デジカメを使う人は画像データがたくさん溜まりますね。熱心にプリントする人もいると思います。
 しかし、印刷しだしたらきりがないから全然印刷しない人もいるでしょう。プリントすると、それをしっかりした台紙の値段の張るアルバムに貼ろうものなら、もう嵩張って大変です。あれは重い。冊数もどんどん増える。特に御逝去後遺族がアルバムの処置にとても困ります。
 たくさん溜まった画像データは溜めっ放しのことも多いかもしれません。たまに見ると、同じような写真ばかりでとにかく多すぎてしっかり見てられなくなります。画像データが多すぎると思っても数を減らすのはなかなかやりにくいです。
 画像の閲覧ソフトを使っても、ずらりと写真が出てきてはなかなか閲覧が厄介です。数が多すぎます。しかも、類似のものが多すぎる。
 気に入ったものだけまとめて見られて、コメントなんかが書き込めるとなかなか結構だと思います。しかし、気に入ったものだけまとめて保管フォルダを変えるのはやりたくない。
 Windows10 のパソコンで、写真を選別して眺められたら、見やすいし、嵩張らないし、結構でしょう。私はファックした嬢の写真をHTML文書で纏め、パソコンでアルバムとして眺めています。
 たくさんある保存画像から代表的なものだけを抜き出してアルバム化するとなかなか結構なものになります。1920x1080 ぐらいの大きなディスプレイ装置を使っている人はテーマ毎にPC上のアルバムを拵えることをお勧めします。
 コメントが入れられて、配列が自由にできて、見るサイズをいかようにでもできるのが結構です。

 私は撮影した画像データを次のように保存しています。
 (フォルダ)ピクチャ──┬─A5──時系列で纏めた各フォルダ
            └─A4──………………ネットで拾った画像
 (フォルダ)ドキュメント──data──嬢の名毎のフォルダ(←ピクチャの中に置くのは危険だ)
 画像閲覧ソフトには勝手にサムネイルをいきなり出すのがあるからびっくりします。
 (フォルダ)ピクチャには家族に秘密の写真は置けません。
 フォルダA5やフォルダdata(この2つのフォルダの中身は元々フォルダがあるだけです)にHTML文書のアルバムを置くと、ピックアップしたものだけが一覧的に眺められます。
 やり方は、次の文章をコピーしてXXXXXX.html の名称で保存して下さい。XXXXXXは任意の名前です。
<HTML lang="ja">
<HEAD>
<META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=Shift_JIS">
<META HTTP-EQUIV="Content-Style-Type" CONTENT="text/css">
<META NAME="viewport" CONTENT="width=device-width, initial-scale=1">
<TITLE>XXXX</TITLE>
</HEAD>
<BODY STYLE="color:#000000;background-color:#eff0ff;font-size:12pt;line-height:22pt;margin-left:4mm">
<DIV STYLE="margin-bottom:19pt;text-align:center;font-size:16pt;color:#3333cc">
<B>XXXX</B>
</DIV>
<TABLE BORDER="2" STYLE="width:100%;background-color:#ffffff;border:2px solid #f00000;font-size:10.5pt;line-height:15pt;border-collapse:collapse" CELLPADDING="2">
<TR>
<TH COLSPAN="3" STYLE="height:30px;margin-left:5%;color:#ff0000">説明書き</TH>
</TR>
<TR>
<TD WIDTH="4%">見出し</TD>
<TD WIDTH="48%" ALIGN="center"><IMG SRC="フォルダa/画像1.jpg" WIDTH="72%" HEIGHT="auto"></TD>
<TD WIDTH="48%"><IMG SRC="フォルダa/画像2.jpg" WIDTH="100%" HEIGHT="auto"></TD>
</TR>
<TR>
<TD WIDTH="4%">見出し</TD>
<TD WIDTH="48%"><IMG SRC="フォルダa/画像3.jpg" WIDTH="100%" HEIGHT="auto"></TD>
<TD WIDTH="48%" ALIGN="center"><IMG SRC="フォルダa/画像4.jpg" WIDTH="70%" HEIGHT="auto"></TD>
</TR>
<TR>
<TD WIDTH="4%">見出し</TD>
<TD WIDTH="48%"><IMG SRC="フォルダb/画像5.jpg" WIDTH="100%" HEIGHT="auto"></TD>
<TD WIDTH="48%"><IMG SRC="フォルダb/画像6.jpg" WIDTH="100%" HEIGHT="auto"></TD>
</TR>
</TABLE>

</BODY>
</HTML>

 赤字のところは適当なものを入れて下さい。
 フォルダaとフォルダbはご自分の使っているものの名を入れて下さい。
 画像1〜6.jpgはアルバムに登録したいもののファイル名を入れて下さい。勿論嵌め込む画像はどんどん増やせます。<TR> </TR> で囲まれた文をコピーして増やして下さい。
 色を変えたいときは『color タグ』で検索して調べて下さい。
 WIDTH="100%"の画像は横長のものを入れます。WIDTH="72%"は縦長の写真です。72%の数値は好きなように変えて良いです。
 縦横配置の問題についてはhtmlの画像表示のトラブルを解決を参考にして下さい。
 このHTML文書は Google Chromeなどのブラウザで立ち上げます。ブラウザ画面の横幅の変化に応じて画像の横幅が変わります。
 このアルバムは、参詣した神社仏閣、子供の成長記録、女遍歴した相手の記録など纏めると素晴らしく輝くものになります。作りはじめるとコメントを入れるのが楽しいです。これをやればもうプリントなんてやりたくなくなります。
 私はこのHTMLアルバムを14本も拵えたので、まとめのリンクページも作りました。

えろえろ考察  トップページ
(千戸拾倍 著)