18歳未満の方は入場をご遠慮下さい。

ハメ撮りに想う

ハメ撮りの想い出

 ハメ撮りについてくだらない論議を見た。その金津園ワールドのBBSを眺めて私が思うこと。
(1) 嬢のスマホ等で写真を撮るのは断じて嬢を撮ったとは言えない。その画像を貰えば撮ったと言っても良い。
 自分のカメラで撮っても嬢の前で中身を削除するのが前提なら、そんな行為には何の意味もない。そんな撮影をする心が理解できない。嬢が仕方なく応じたことに思いを至らせないのは情けない。
(2) 顔が写らない撮影では断じて嬢を撮ったとは言えない。
 完全には信用していないということで、心のつながり不充分につき“見かけ上の撮影”である。
 顔が入るのを許されない場合、そのうちOKになるという脈がない限り、撮影しないぐらいの矜持が必要だろう。
 まあ、BBSでコテハンで何度も書き込む男が「私は嬢の写真を撮ったよ」とそこに書くならそれは自慢で、私はそういう男が大変嫌いだ。そんなとろい性格の男に嬢がどうして撮影を許したのかと思う。
 私は女性器の撮影を頼むことから始めるのが多い。お顔の撮影を認める脈アリと思うと、フェラチオシーンを撮ることを求める。そこでOKされれば幸せ感この上もない。
 金津園の店での撮影は個室が暗くて大変困る。フラッシュは明暗が不自然になるから使いたくない。というか、長いハメ撮り期間でカメラにフラッシュ機能を保有したのは2割もないと思う。照明が良くないから撮影にはいつも苦労した。
 それで、嬢に窓から採光するように頼むことがある。普段開かずの窓を開けると意外な光景が目に入る。近くでJRの列車が通るのや、隣の店を眺めながら、立位でファックする。
 面白いことに、金津園の店は建屋が密で、まともに外光を取り入れられない窓が半分以上あるようだ。個室にいる人間は、店の1階に大量にガソリンをまかれて火をつけられ、階段に煙や火が回ったら、死亡する確率が高い。
 私の望みを受けて採光などに工夫する嬢が愛しい。更に、写り映えに協力してくれる。
「体は右を向いて、顔だけこっちを向いて」
「右膝を上げて」
「両手の指でマンコを開いて」
「お尻、もう少し高くできないかな」
 嬢の笑みを見ながらカメラを構えるのが本当に楽しい。
 10枚ほど撮影する。相方が、ポルノ女優も顔負けするほどに淫らなポーズを艶然と披露する。その後絡みあうと陰裂が濡れているのをよく発見する。実に欲情をそそられる。
 実は、ハメ撮りを目的にリピート入浴をかけたことは全くない。心の近接/アクメ/アナルセックス──リピート入浴ではこういうことを狙うのであって、ハメ撮り成就は私にとってはあくまで副次的なものだ。
 私がリピート入浴をする原動力は、1に嬢の魅力(外見的なもの+内面的なもの)、2に燃えてくれるかどうか、3にアナルセックスができるかどうか、この3つだ。
 ハメ撮りをするようになると嬉しいのは必ず行為的にエスカレートできることだ。浣腸などに持ち込みやすくなる。ハメ撮りは実にエロが謳歌できる。
 要するに、ハメ撮りができた嬢には撮影意欲がどんどん活性化したけれど、ハメ撮りをまだしていない嬢にはそれほど写真を撮ることを妄想(願望)しなかった。まあ難易度の差でそうなった。
 重要なことが1つある。
 私は存外律儀な性格から、ハメ撮りが許されると“切りにくい”という負い目を受ける。
 だから、間違いなく長く通えると確信した嬢にだけ撮影の意欲を漲らせた。勿論、ハメ撮りの意欲をかきたてることなく、長く通えると確信した嬢も何人かいた。
 ソープ店やヘルス店でデジカメのシャッターを6回以上切った嬢が17人いる。
 なお、ホテルのみでシャッターを6回以上切った女性は1名で、これを含めれば18人になる。
 その17人を撮影のレベル、回数、終了事情で吟味しよう。
下表の日数は撮影した対面数を示す。
内容 日数 人数 コメント
顔の撮影 OK 多数 5人  撮影を10回以上の入浴でして、たっぷり楽しませてもらった。
 私からの通い止め〜由美(10)、ミサ(8)、コトネ(8) 通った年数は( )の通り長い。
 心ならずも終了〜翔子、春菜
多数 4人  撮影を5〜9回の入浴でして、その後終わった。
 私からの通い止め〜香織、リリカ 心ならずも終了〜千春ナミ
4日 3人  撮影を4回の入浴でして、その後続ける気がなくなって終わった。
 桂木、里佳、キミカ
3日 1人  3度撮った後撮影を拒むようになった。解せなくて、通いを続ける気をなくした。
 彩香
3日 1人  撮影を3度の入浴でして、もっと通いを続けるべきだったと悔やまれる嬢だ。
 ジュン
2日 1人  撮影を2度の入浴でして、EDにめげて通うのをやめにした嬢だ。
 雪江
顔の撮影 No 3日 1人  顔を撮るのを許されなくても“心を曲げて協力された”と感じなくて、3度の入浴で撮影したが、最後まで顔がNGだったので通うのをやめた。麗花
1日 1人  その1コマの遊興で撮っただけで、以後カメラを持ち込まなかった。私は心を曲げて協力された(顔NG)と感じると、2度目の撮影を考えない。
 大層気に入った嬢だが、もう充分通ったのではないかと考えるようになった。モモカ
撮影枚数の状況はソープの遊び方を考えるに掲げている。
 私は通い嬢が撮影を許す心を大変重く見る。親愛の心とエロ心が必須条件だ。どのような表情でカメラに向かうか、それを確かめる。しばらく撮影して、絡みを始めたら割れ目が潤っているのは嬉しい。
 この17人の嬢は皆、即尺、後舐め、アナル舐めをしたし、キスのしかたが納得できないのはいない。アナルセックスや即アナル舐めを初体験させた嬢が多く、親密関係を築いた証だ。
 イカない嬢が1人いるが、それ以外は見事なマルチオーガズムの肉体だ。皆絡みがとても楽しかった。ハメ撮りの成就にはよがっていただいて親密さを具現化することが重要だ。
 私はソープで──ユーモアがある、クンニをする、女上位の性交を殆どしない、プレイが誘導的──という遊び方をして、性技が上手く、入浴時間が楽しくて、しかも、しっかり本指名が期待できるから、嬢が撮影を許す気になったのだと思う。
 撮影しない嬢では、マットプレイや特殊椅子のプレイを徹底的にして、女上位の性交もよく楽しんだ。相手によって遊び方が変わるのが私の遊興の特徴だ。まあ、ハメ撮りやアナルセックスをすれば何かと戯れる時間が増えるから、マットプレイはしなくなる。

ハメ撮りの謳歌

 撮影した17人のハメ撮りをするまでの対面数と初撮りの状況を見る。
嬢の名
初撮影日の情報
当日の顔撮りの有無 ○×
初撮りの状況
撮影内容
全期間で/性交の撮影
特記事項
 /撮影枚数・日数
桂木
約50回の対面後
1996年 ○
 通いはじめが1994年で、1996年にデジカメ発売の広告(富士フイルムDS-7)を見て喜び、買ってすぐに頼み込んだ。了解すると信じていた。
 性器の接写→顔と股間が写るもの他 計6枚
撮影してない
性交中に撮る発想がなかった
2台目で中出しの垂れを撮った

 15枚・4日
由美
約50回の対面後
1997年 ○
 通いはじめが1993年で、1997年の初撮りはDS-7の画質が悪く、何も残してないから内容が不明だ。2台目のオリンパス CAMEDIA C-830Lから撮りまくった。
 保存なく不明
手撮りと三脚の使用で数多く撮った
絡みの全景撮りを楽しくたくさんした
 592枚・多数日
モモカ
16回目の対面で
2009/11/2 ×
 売れっ子できっちりした性格だから無理と思って、申し込んだのが遅い。仲間を何人か撮影し、それを彼女が知っているようだから思いきって申し込んだ。
 合体シーン→全身像 計10枚
手撮りだけした(合体部のみ)
お顔を許されなかったのが意外だった
 10枚・1日
リリカ
11回目の対面で
2008/2/4 ○
 麗花彩香の撮影が思うように進まなくて気落ちし、新規の撮影の願望を抑えて2年経った。派手な協力ぶりと愉しげな撮影応対から、もっと早く頼めば良かった。
 フェラ光景→合体接写→AF接合部接写 計27枚
手撮りと三脚の使用で数多く撮った
アナル中イキ後の股間が撮れた
 116枚・8日
ミサ
7回目の対面で
2001/1/19 ×
 翔子ナミが上がったので新規の撮影に意欲を燃やして、同じ店のミサに狙いを定めた。CAMEDIA C-3040ZOOM(オリンパス)を買って撮影を頼み込んだ。
 性器の接写と全身像計11枚
殆どが手撮りだが一度三脚を使用
レビトラの初服用での奮戦の記録が嬉しい
 260枚・多数日
ジュン
7回目の対面で
2009/5/11 ○
 AFや過激な絡みがすんなり進められたことと私に親しんだ様子から、もっと早く頼んでも良かったかもしれない。慎重なことの端的な事例だ。
 初撮りで三脚を使った。
 股間撮影→全身像→排便光景 計39枚
手撮りだけした(合体部のみ)
三脚を使って性交を撮っていないのが不思議でならない
嬉々とした撮影の進行が印象的だ
 66枚・3日
ナミ
6回目の対面で
2000/5/10 ×
 相当な美女だから撮影願望をたぎらせた。同じ店の翔子を撮って、ナミも撮影ができるように感じた。
 最初は穏やかに陰裂の近撮だけにした。
 性器の接写2枚(慎重に進めた)
性交をしてない
美女だから絵になる
 28枚・5日
麗花
6回目の対面で
2005/6/11 ×
 4回の入浴でEDに終始した惨状を5回目の入浴で薬により対策できて、何故か壮烈に撮影願望をかきたてた。そして、次回の入浴での撮影の了解を得た。
 フェラ、合体、股間全景、全身像 計6枚
手撮りだけした(合体部のみ)
女体の素晴らしさが群を抜いている
 23枚・3日
コトネ
5回目の対面で
2010/6/1 ○
 初会でAFと口内唾垂らしができ、その後即アナル舐めやマムコが丸見えのレースクイーン姿、合体したままで放尿等過激なことに付き合うから、引っ込み思案を消した。
 逡巡の表情が愉快だった。
 フェラ光景→合体/AF接写→多種 計32枚
手撮りと三脚の使用で数多く撮った
ラブホテルで撮影できたのが良かった
 678枚・多数日
千春
4回目の対面で
1998/7/14 ×
 1998年 130万画素のデジカメを買って、使いたくてたまらなかったから、勇気をふるって頼んだ。
 なお、この遊興を書いた作品では8月のこととしている。
 性器の接写6枚、合体部接写1枚
手撮りによる合体部の近撮のみ
初AF後の尻穴を撮ったのが想い出だ
 43枚・8日
翔子
4回目の対面で
1999/9/? ×
 初撮りでは万やむを得ずの感じがあってその後撮影を控えたが、2ヶ月後に「顔が入った写真を撮りたい」と求めると協力的で驚いた。
 性器の接写2枚(慎重に進めた)
この頃のカメラは手撮りでも広角に撮れて合体全景がほぼ入った
AFをよく撮った
 157枚・多数日
香織
4回目の対面で
2001/8/18 ○
 私への好感がしっかり手応えあり、勇気を出して頼んだ。
 初日は股間を撮るにとどめた。
 下半身撮影 計7枚
手撮りだけした(合体部のみ)
表情は素晴らしいが、アトピー肌が何とも!
 63枚・9日
彩香
4回目の対面で
2005/9/6 ×
 ハメ撮り写真を見せて拒絶的な感じがなかったからお願いした。
 顔を入れずに、ハメ撮りらしい写真がいくつか撮れた。
 性器の接写→全裸像 計14枚
手撮りだけした(合体部のみ)
超スレンダーの体が妖しく写る
 42枚・3日
里佳
3回目の対面で
1999/7/15 ○
 千春がハメ撮りさせたのを知っていたと思う。すんなりOKで拍子抜け。
 とても卑猥な絵(結合、フェラ、垂れ)が撮れて喜んだ。
 性器の接写→精液の垂れ 計7枚
手撮りによる合体部の近撮のみ
クリ剥きを撮ったのが見事な絵だ
 27枚・4日
雪江
2回目の対面で
2003/9/18 ○
 ベテラン嬢が私に瞠目した慈母の心に感謝する。ベテラン嬢の時はいつも慎重なのに、2回目の入浴で要請したのがかなり不思議だ。EDで情けない状態だったから、まあ、やけくそだったのだろう。
 性器、合体接写、全身像 計15枚
撮影してない ←ED
初撮影で、クリをさらけ出させて陰裂を近撮した4つの写真が見事だ
 19枚・2日
春菜
1回目の対面で
2002/3/15 ○
 二輪車で、カメラマンになってもらうつもりの初会の嬢を撮影(最初の絵がキスシーン)できた。これは大変驚いた。良性記の作者と知っていたから許したのだろう。
 由美が、私と春菜のキスシーン、春菜のフェラシーン、春菜に私が仕掛けた淫行などを撮り、そして、私が2人並んだ股開きなどを撮った──ソープでの最高の撮影 計17枚
手撮りによる合体部の近撮のみ
撮影枚数1位のコトネ2位の由美は三脚を使って2人が絡み合うシーンをたくさん撮ったが、春菜(照明が悪くて)三脚撮りを殆どしていない
 481枚・29日
キミカ
1回目の対面で
2009/7/28 ○
 即の絡みで口内唾垂らしや後即アナル舐め、相互のアナル指入れ等過激なことを含め40分もかけた。そこで願望が大きく育ち、撮影をお願いするとOKされた。
 どうして鞄にデジカメを入れていたのかわからない。許諾に驚いた。
 5回シャッターを切ってからAF(出さず)→休憩/キスシーンを撮影→性交と進んだ。
 股間→全身像→キスシーン 計9枚
手撮りだけした(合体部のみ)
全裸姿のスマートな撮られ方、堂々たる排便撮影、2人のくつろぐシーンでの笑顔など被写体意識に感心した
 57枚・4日
 何度目の入浴で撮影したのかの記録は取っていない。でも、入浴の記録と画像の撮影日付でもって2022年にそれが復元できる私の遊興の真剣度を理解されたい。
 それにしても、春菜、ジュン、キミカの3人はとても良き被写体だったのに、合体光景(両人の顔が写るもの)を全く撮ってないのが悔やまれる。
 表の要請時期を早いと見るか遅いと見るか、比較ができるものがないので何とも言えないが、私はわりと早めのオファーではないかと思う。ただ強力なNo.1嬢にはやはり申し出るのにかなり躊躇した。
 いける!と思う根拠がなければ申し込むものではない。とにかく性格の吟味と親密度の計測だ。
 基本的には(これは長く通える。長く通いたい)と思った嬢で──親密度の面では問題がなくても、性格的に応じないだろうと思える嬢──を除いた上で申し出ていた。
 ここで嬢の撮影についてまとめよう。
 性交シーンは撮影したいものの代表だが、カメラの能力と私の体のサイズから、正上位の性交を手撮りすると次のようになった。
 お顔を入れれば合体部があんまり写らない。
 合体部がしっかり入るようにすれば、嬢の首から上が写らない。
 ハメ撮りはお顔や全裸姿や局所だけを撮影するなどと比べれば一ランク上の行為だから、初撮りの日にこれをしたのはそんなにはない。
 表の17人について初撮りの内容をまとめる。なお、初撮りの画像を残してない由美は推定で掲げる。
最初に撮影した日に 顔が撮れた 顔を撮らず
合体光景を撮った 里佳、リリカ、コトネ 千春、麗花、彩香、モモカ
合体光景を撮らず 桂木、由美、春菜、雪江、ジュン、キミカ 香織、翔子、ナミ、ミサ
 最初の撮影の日にお顔が撮れなかった8人のうちお顔が撮れぬままで終わったのが麗花、モモカの2人。
 初撮りを着衣のままで始めたのは全くなく、最初は股ぐらからが多かった。初撮りした日の最初の写真は次の通りだ。
陰裂の近撮──────桂木、千春、里佳翔子、ナミ
股間全景───────香織、ミサ、雪江、彩香、キミカ
フェラチオシーン───麗花、リリカ、コトネ
四つん這いの下半身──ジュン
キスシーン──────春菜
正上位合体の手撮り──モモカ
不明─────────由美
 嵌め光景なしで終わった嬢がいるが、そうなったわけは次の通りだ。
桂木──1998年では性交中に撮る発想がなかった。
ナミ──ファックまで持ち込んでいないヘルス嬢だ。
雪江──EDがひどくて、まともに性交ができなかった。
 私はハメ撮りのアルバムをよく嬢に披露する。写真を眺める横顔を眺めながら、ペニスをこすり、時にはヌラヌラの陰裂に指を這わせつつ、写真をもとにいろいろ解説する。
 ある時、そのように写真を見せてから2週間後次のメールを得た。
今日はあいにくの天気の関係でさっぱりの日でした。
(中略)
今帰りの電車で、××さんが見せてくれた写真の中の人発見!!
ホクロが素敵な人です(^o^)
 返信で嬢の特徴を確認すると、「どこかでNo.1で、スタイルもよくて写真のポーズもうまいんだって言ってた気がする」と書いてきた。2週間も前のことなのに、写真の顔も私の説明もよく覚えているものだ。
 上の17人のうち月間のNo.1経験者が13人もいる。
 アルバムを見ている時「この子は○×店でこの頃No.1によくなっていたよ」と説明すると、(えーっ、この顔で?)という受け取り方をされることが多い。私が嬢の性格重視で、顔立ちでナンバーを張る子にあんまり入浴していないことの表れだろう。
 私が撮影した女は皆その最中も私とふざけあい、面白がって被写体になった。素っ裸の写真を撮られるのが楽しい雰囲気があった。だから、殆どは最初から顔を撮すのを許した。
 ハメ撮りをお願いする時は「おまんφを写真に撮らせてよ」とお願いする。割れ目が撮れると「顔が写ってもいいかい?」と聞く。3度目ぐらいに顔を撮すのをようやく認めた嬢が2人いたかな。
 着衣姿から撮影を果たして、裸像→秘所と進めるのがベターとする考えがあるが、私は逆だと思う。エロ精神で迫るほうが適切だろう。マムコ→顔を隠した裸像→顔も写る裸像 だ。
 ハメ撮りした嬢はアナルセックスをした(アナル処女か店でするのが初めての女ばかりだ)のが多い。また、アナルの即舐めを私で初めてしたのが実に多い。
 私が初のアナル即舐めを誘導した女はたくさんいるけれど、それを契機に他の客にもするようになった嬢よりも、その後、私にしかアナル即舐めをやらないと説明した嬢のほうが圧倒的に多い。
 洗っていない尻の穴なんて絶対に舐められない──といかにも嫌そうな顔で言って、私には嬉しそうにやり、それも、ウンコ臭があってもするから、こんな愉快なことはない。
 こういう女が普段やっていないことをさせるのがハメ撮りの成就につながる。普段やっていないのにさせたことが1つもないなら、その相方をハメ撮りに持ち込むのは先ずあり得ない。
 女の気持ちを掴むのは実に楽しい。心を掴んでいろんなことをしていただくから、そんなことを考えもしない堅物からは、いつまで経ってもBBSで千戸のじじいめ!と罵られる。
 ベッドに寝て女に上下動させるだけの男には絶対にあり得ないだろう。月に3コマ、6コマと入れて会話を楽しむのが専らの男にもあり得ない。女に、どの客にもしている程度のキスしかさせられない男にもあり得ない。ソープの個室で小便することができない男、女に性の悦びを感じさせない男、割れ目にフィンガータッチしかしない男、かわいげの乏しい男、女に花束を渡したがる男、乳房ばかりいじりたがる男、多回数射精の願望で嬢に性技を求めるのが専らの心の男、皆然りだ。

三脚撮り

 ハメ撮りの華は三脚を使う撮影だ。これがないと、キス、仁王立ちフェラ、飲尿、69、マットプレイ、性交等楽しいシーンの全景が撮れない。三脚撮りは嬢と親しさが充分でないと提案しにくい。わざわざ持って行くのも面倒だ。だから、これはかなり限られた。
 被写体の嬢は三脚を使う撮影をどう思うだろうか。本人は普段の生活で三脚撮りすることが先ずないだろう。営業用の撮影も手撮りかもしれない。2人が一緒にカメラに向かえば、やはり一段と心を許した撮影、若しくは何やら専門ぽい撮影と感じるだろう。
 よって、三脚撮りは嬢に楽しげな雰囲気が漂う。
 三脚撮りと手撮りの違いは何か。ハメ撮りの場合、三脚撮りは被写体と撮影企画者が写るが、手撮りでは撮影企画者が入っても下半身が写り込む程度になる。手撮りは顔や性器が大きく写せるが、三脚撮りは人物全体を撮影することが多い。
 手撮りは、嬢を煽る言葉をかけながら流れよく撮影が進められる。
 三脚撮りは悪用された場合にお互いに危険がより強くなる。
 こう総括できるが、三脚撮りは流れるように撮影できない難はあっても、一段と楽しいものがある。嬢の嬌声が増す。
 私はこれが存外に少なくて手撮りが多い。そうなったわけはいろいろある。
撮影をする嬢に入浴の際、三脚を持っていないことがよくある。
三脚撮りをするには部屋の照度が不満足のことがある。
三脚撮りをするには部屋が狭すぎることがある。
 調べると三脚撮りの撮影枚数は次の通りだ。上の17人のうち9人しかしていない。
由美 千春
里佳
春菜 ミサ リリカ ジュン キミカ コトネ 合計
2人の並び姿 20  43 
キスシーン         15 
性交シーン 15          51  79 
フェラシーン 27  11      50 
マットプレイ 34                34 
私が陰裂をかまう     31  48 
その他痴態     21 
合計 99  28  13  16  10  110  290 
 三脚を使った撮影がないわけ(8人)
桂木───三脚を持ってなかった。
香織───理由が見当つかない。(アトピーのせいか)
翔子、ナミ───ヘルスで部屋が狭い。
雪江───2回だけの撮影で、三脚を持ち込むタイミングなし。
麗花モモカ──顔が入るのが不可。
彩香───頼みにくい感じがあった。
 撮影数が多いのに三脚撮りが少ないのはミサ春菜だ。とにかく店の個室が暗かった上に、フラッシュをつける発想もなかった。馬鹿だったとしか言いようがない。
 数を数えるために 18人の2,698枚の画像から三脚撮りのものを探すと次の写真が一段と目をひく。
正上位のAF 三脚は床の上で、やや下方から撮る
2人が並んで床に腰を下ろした姿 この多くは嬢の手が陰茎に触れている
 その表情が何ともよろしい
嬢が陰茎を握って私とキス 勿論私が頼んだ構図
前向きの女上跨位を尻の側から撮る 私の両脚はベッドから出て、三脚は床の上、嬢は尻を浮かし、陰茎が収まるのがよく写るようにする
『私が陰裂をかまう』で、嬢の顔、私の顔、開かれた割れ目、この3つが縦に並ぶ 私の頭が嬢のお腹の上に鎮座し、両手でマムコをパカッと開いている
『その他痴態』の次のもの 飲尿、前立腺プレイ、アナルに異物
 まあ楽しい想い出だ。
 ソープで嬢を撮影する人がどれぐらいいるか知らないが、折角カメラを構えるなら、こういうものを撮って貰いたい。
 そういえば、浣腸作業は三脚撮りしたものがあるけれど、排泄そのものは手撮りばかりだな。

 性行為の相手を撮影するのは、亢奮して手ぶれが起きやすいし、構図取りも最善を進めにくい。だから、慎重に構図を決める導きになる三脚撮りをもっとやれば良かったと思う。
 次に全撮影(17人+1人対応)に三脚撮りが占める割合だ。
由美 春菜 コトネ その他 18人全体
三脚撮り 99  28  110  53  290 
全撮影 594  479  678  947  2,698 
割合 17%  6%  16%  6%  11% 
(a) 三脚撮りの290枚のうちサイトに掲げた画像は12枚。
(b) 全撮影枚数2,698枚のうちサイトに掲げた画像は538枚。
【三脚撮りに関する2つの表からのまとめ】
(1) 由美では三脚撮りでマットプレイの撮影を楽しんだが、それ以後はほぼしてない。
(2) 初撮りでは三脚を持って行かないのが通例だが、ジュン、キミカは初撮りの日に三脚を使った。
(3) 性交シーンを三脚撮りしてない(or撮影数が少ない)理由
千春、里佳──勃ちが悪いから三脚撮りは敬遠した(レビトラの使用前)。
春菜─────部屋が暗かったし、フラッシュもなかった。
ミサ─────部屋が暗かったし、背丈が172cmで 私と体格差が激しくて絵になりにくいから、三脚撮りが減った。
ジュン、キミカ──何故か合体を三脚撮りしなかった(浣腸撮影のほうに心が向いていた)。
【三脚撮りでつくづく想うこと】
(1) 三脚撮りすると、女は綺麗に撮られたい心がとても強いことがよくわかる。
 被写体として何やら能動的になる。表情やポーズの取り方に一段の高揚が感じられた。
(2) 最高勃起を続ける力がないと三脚撮りは寂しい。
 私が三脚撮りに意欲を燃やしたのは60代になってからで、レビトラの助けがないならあのように愉しむことはできなかった。本当にレビトラは幸福の妙薬だ。
(3) なかなか上手く撮れないものだ! カメラの位置、採光の不具合、タイミングの悪さetc
 ソープ店で動画は照明の関係でなかなか良いものができない。照明器具を持ち込みにくいから残念だった。でも、撮影の過程が静止像よりも一段と楽しい。
 2004年頃撮影用の照明器具を見に行ったことがあるが、サイズの大きさと値段から諦めた。2022年にヨドバシカメラでたまたま撮影用照明器具を眺めたら、なかなか手頃のものがあって驚いた。
(4) 三脚撮りで自分の卑猥な行為を動画で撮ると楽しさが抜群だ。
 性交動画を観て定点での三脚撮りならばすぐに閉じてしまう。しかし、自分が写るとそうはならない。
 VLC Media Playerで動画のスナップショットを得るやり方を知り、想い出の交歓シーンのスナップショットを75枚取り込んで、アルバムに納めた。
 静止画の三脚撮りをそんなにしてないから、合体や触り(私⇒嬢)のシーンのスナップショットはとても楽しい。なお、嬢⇒私の触りのシーンはフェラチオなど静止画をたくさん手撮りしている。
 更に、VLC Media Playerで動画を明るくできることも知った。ソープの部屋で撮った動画は暗くて見られたものではないが、ビデオエフェクトの調整で明るさを変えられる。これまで殆ど観てないものが、観る気になる。
 三脚撮りの動画は性交シーンが多いから、10数年前のものを眺めると若々しい腰の動きに感動する。
 大便の排泄シーンを動画で撮りたいと思ったことは不思議にもあんまりなかった。肝心なところが先ず暗がりになるし、生々しすぎると思うのだろう。それに、私はスカトロマニアではない。しかし、照明不充分がやっぱり主原因かな。
 女の姿で一番崇高にしてエロいのは、大股開きして我が子種を垂らす様だから、嬢を撮影した期間(1998年〜2018年)の前半では必ず中出しの垂れを撮った。
 しかし、撮影期間の後半ではまともに精液が垂れないから、奮戦終了直後にカメラを構えなくなった。
 不思議なことが1つ。撮った写真を相手の嬢に所望されたことが一度もない。そんなものだろうか。自分の裸の写真なんてしょうもないかもしれないが、興味があっても良かろうとは思う。
ソープ遊びを考える  トップページ
ソープ嬢を愛しむ  ソープ嬢の秘技を考える  金津園遊びの手引き
(千戸拾倍 著)