良性記

ソープの正しい遊び方

 18歳未満の方は入場をご遠慮下さい。

 私は『ソープランドの正しい遊び方』として一つだけ説明文を示せと言われれば──縁あってついた相方をまともで対等な人間として扱ってひとときを過ごす──を挙げたいと思います。
 そして、その前に大切なことは、「相手の嬢にとって、初対面の自分はわけのわからない不安な人」という認識を持って、相手のやりにくさ・警戒心をほぐすべく最大限の努力をすることです。
 先ずしっかり話しかけることですね。
 何しろ嬢は、初対面の男にマンコを晒して、チンボを嵌められる。こんなとんでもないことをします。それがいかに凄いことかをよく認識して貰いたいのです。
 この努力を払わずに全く相手待ちの姿勢では、嬢は、やはり人見知りするとか、日々の単調な接客に辟易して全然積極的に出ないとかで、肉体は任せても心のほうはうちとけが進まないことがあります。
 それで、射精回数が期待よりも少なくなるとか、無言の時間が多くなるとか、嬢が好き勝手なことをしたとかで『地雷遭遇!』となるのですが、私に言わせれば、それは遊び人が悪い、としか言えません。
 皆──男は女の気を惹こうとする動物である──ということをわかっておらず、有料であることから、嬢が如何に自分に対応してくれるかを様子見するだけで、気持ちが傲慢です。さもなくば、やたらと引っ込み思案です。
 例えば、バー・スナック・クラブなどの女であれば、次の来店を期待して甘い態度を盛んに見せることがあるけれど、ソープ客には一回こっきりが多いから、普通は、客をそのように見て、積極的に男の気を惹こうとするような態度を見せることなく、「射精させればOK」という気持ちになるものです。
 頑張るのは(この人は来月に本指名をかけてくれるかな)という気持ちがある時です。
 バー・スナック・クラブなどの女は、客から名刺をもらいます。どこの誰かがわかっておれば安心して相手ができます。それだけでなく、肩書きから経済力が多少は想像できます。次に指名で来て貰うように頑張るべきか適当にやればよいのか、この判断が下しやすいです。
 では、ソープはどうか。相手のことは見た目しかわかりません。名前が本名かどうかわかりません。嬢はバー・スナック・クラブなどの女と比べれば雲泥の差で身構えますよね。名刺など出そうものなら、もっと身構えます。
 要するに、嬢をブティックの店員とか飲み屋の女とかのサービス業として同一視して、(何らのうちとけもない時に)過剰なサービス要求を突き出してはならないのです。
 ということは、即尺の店では、ペニスを突き出すまでの会話がとても大切です。こちらからうちとける努力をすることが大切なのです。
 一目で惚れてしまった女にするような行動の2割でも良いから、客が嬢の気持ちを捉えようとする言葉を繰りだしておれば、自ずと次のようになります。
(1) 相方を正常な社会の落伍者扱いしない。社会の底辺に彷徨う者と見ない。愛情を持って眺める。
(2) 相方の人生と人格に関心を持つ。
(3) 相方とまともな会話が成立する。相方の笑みが豊かになる。
(4) 相方との性交渉にいつもそれなりの感動が生まれる。
(5) 相方が対面状況に応じた精一杯の応対をしてくれる。
(6) 相手がもの足りない応対をしたとしてもそんなに不満に思わない。
(7) 相手のことを名前つきでネットに書こうなどという心が生じない。
 なお、「相方をまともで対等な人間として扱う」こととDOエロの遂行とは全く矛盾しません。
 性的に潔癖な人は私がしているエロ行為を見て、「あれが、何で──相方をまともで対等な人間として扱う──なんや」と思うでしょうが、それは間違っています。人は、歪んだ常識を育んでいない限り、皆かなり助平です。私が目論む強烈なDOエロに大方の嬢は喜んでつきあってくれます。
 正しい遊び方をしておれば、入浴対面の時以外にも相手とメールなどのやりとりをしていたい、という気持ちはそんなにかき立てないものでしょう。
 そして、入浴対面の時に、イケメンでなくても、相方と徹底的にいちゃつくことが可能になります。要するに、相手の気持ちを掴むことがより可能になります。
 私は、ピンクキャバレー、ファッションヘルス、ソープランド、それぞれに当然『初の遊興』があります。その初の遊興はすべてフリーの遊びでした。
 では、それぞれの2回目の遊興はどうだったか。
 全部本指名なんですね。
 私は風俗遊び自体の経験は極めて乏しくても、こういうものは本指名をかけたほうがよいということを、なにせ多読家だからよくわかっていました。
 だから百点満点の女を望まずに、一度会った女からできるだけ好意を引き出そうと心がけていました。
 相手の気持ちを掴むためには『明るく』『朗らかに』『優しく』『笑顔たっぷりと』『ジョークを上手く』『こちらの遊興力をちらつかせ』『上手なセックスで』ですね。

 ソープで『正しい遊び方をする』とは、嬢としっかりうちとけて《正しいセックスをする》ということに通じると思います。
 正しい遊び方をする遊興人が少ないから、ソープで正しいセックスをする男性も当然少ないです。客の多くは、一度会うと嬢の欠点やもの足りないところばかりに着目し、本指名入浴をあまりせず、かつ、嬢の主導の元に射精に行っているだけで、セックスをしてはいません。
 嬢は仕事として客に射精させているだけで、よがり声があったとしても殆どはフェイクだし、客と嬢の両方が性感を心から楽しんでいるのは本当に少ないです。
 私は、抜きだけのセックスをする人を否定しているのではありません。ひたすら多回数射精願望を満たそうとするのが咎められることではありません。
 ただ、30代のその手の人は、ネットで嬢の名前を出してあーだこうだと書くのが多そうだから腹が立つのです。それと、そんな客ばかりだから、嬢は気の毒だ、という気持ちです。
 それと、射精回数の多きがあたかも男性能力だと錯覚しているのが腹立たしいのです。
 話は変わりますが、目で見る情報は全く実態とは違っている誇張されたものが多いです。典型的なものがエロビデオの男優と女優。
 例えば、男優の射精量。あの飛ばす量は凄いのですが、あれは日本人の平均像とは全く違っています。
 私は若い頃から自分の精液の量の少なさに劣等感を持っていて、今でもこのことについては相当いじけているのですが、このところ時々、中出しを果たした後嬢から「今日はたくさん出た」とか「たくさん出たわね」などと言われることがよくあります。
 私はエロビデオで女優の口の中に溢れるぐらいに注がれた大量の精液の映像しか頭にないから、こういう指摘はいつも外交辞令として聞いていました。
 ところが、先日対戦した嬢に同じことを言われたので、精液の量の問題について2人で話し込みました。
 すると、射精量の少ない男性はとても多い、その少なさというのは、エロビデオで見る豪快な射精量のそれこそ10%程度の量だというのです。中出しを受けても、なかなか外にまで垂れません。
 無修正のエロビデオで見る射精量というのは平均像とはかけ離れていることがよくわかります。(中出し物でも、偽ザーメンの場合は大量に仕込んであるから、これを排除した上にてですよ!)
 ペニスのサイズや抽送の持続力も、エロビデオで見る実像はやはり平均像とはかなりかけ離れています。かけ離れているから虚像です。平均像は凡庸な数値しか返しません。
 金津園ワールドの“ワンプッシュあんけ〜と”という企画に「ソープ遊興1回当たりの射精回数」の統計が載っていました。
 そこで──2回〜51.6% 1回〜22.9% 3回〜18.3%──となっていました。
 これもほんとうの平均像とはかけ離れた結果です。当然にそうなります。
 2回以上射精する人がこのアンケートに回答する気になりやすいのに対して、1回しか射精できない人は、あほらしくて回答する気になりません。45歳未満で1回しか射精できないという、気恥ずかしさに消え入りそうになるべき人がその旨をこんなところに申告するなら、それは少し自虐的な人です。
 そもそも「2回以上射精する人」と「1回しか射精できない人」を比べれば、前者のほうがKWに飛び込む割合が高くなるかもしれません。後者の人のほうが、ソープ遊びについてゴーイングマイウェイの毅然とした態度をとるような感じです。
 要するに、金津園で遊んで1回絡み合っただけでその遊興が終わる男性というのは50%はいます。
 問題は、せっかく1回の射精なのに、セックスをせずに、一方的な射精用摩擦行為を受けるだけで終了している人が多いことです。(20代〜40代の客の話ですよ)
 セックスはベッドでするものです。ところが、ベッドプレイをせずに、マットプレイだけで終わり、しかも、そこで嬢の上下動で抜いてしまう。
 嬢からすれば、マットプレイは性行為ではなくて単なるマッサージです。何にも面白くありません。
 ベッドプレイをしないのは、要するに、嬢を上手に愛撫して、その気にさせた上で合体するという当たり前のセックス行為ができないということです。嬢に快感はありません。
 ただ1度の射精をベッドプレイで果たす人でも、所要時間が15分を超える人なんてあんまりいないと思います。しかも、この15分間は、嬢がチンコ愛撫する時間と客が乳房を愛でる時間が殆どでしょう。
 ほんとうに『正しいセックスをする』男は存在率が低いです。買春行為だから射精だけで良いという考えならそれでもよいと思いますけれど、そういう人は正常?の性行為でも正しくセックスができないと私は思います。
 まとめます。『ソープランドの正しい遊び方』は次です。
(1) 相方の警戒心・うちとけにくさをほぐすことに最大限努力をする。
(2) 相方を自分の大切なセックスパートナーとして扱う。
(3) 2回射精できる人は、マットで「性感帯マッサージ」を楽しみ、ベッドで正しくセックスをする。
(4) 1回の射精が精一杯の人は、マットでは射精せず、ベッドで正しくセックスをする。
(5) 3回以上射精したがる人は「射精せずに摩擦を受けたまま頑張れる」時間を増やす。
(6) 相方が「今日は本当に楽しかった」「今日は本当に気持ち良かった」と心から言うようになろう。
ソープ遊びを考える  良性記のトップページ
ソープ嬢を愛しむ  ソープ嬢の秘技を考える  金津園遊びの手引き
(千戸拾倍 著)