良性記

人類の進化でソープ遊びを考える

 18歳未満の方は入場をご遠慮下さい。
 本作は2006年頃に発表したが、サイト(旧陶酔記)が2011年12月に抹殺されて、翌年現良性記を再構築した際にこれを再UPしなかった。人類史でイーストサイドストーリーが否定されたことによる。
 でも、そんなに邪険にすることもなかろうと考え、少し手直しして再登場させることにした。
 なお、人類史に関する知見はこの頃からかなり進んでいる。Wikipedia の記述も改まっていることに留意願いたい。
 金津園ワールドの書き込みを掲げる。
お名前:少年 年代:40代 日時:2005/09/15(木) 07:13
 金津の高級店に、前回人見知りしてイマイチだった姫に裏を返しました。前回は、即即ベッド、椅子、ベッドの3回戦。今回、ベッドのみの2回戦。前回以上に満足できなかった。なんでこうなるの?私はマットが好きで、前回「マットやらないの?」って聞いたら、姫は「私マットやると時間が無くなるから。」と答えた。私は「じゃあ、今度はもっと長い時間で入るから」って言いました。そして、今回長い時間で入ったら、椅子プレイまで無くなってしまいました。だんだん金津園も吉原の高級店みたいになってるのかな?

 来週は『琥珀』に行くぞ!もう琥珀しかない!
お名前:同じジャン 年代:50代 日時:2005/09/16(金) 00:49
 少年様、私も同じような経験しました。
 金津園のとある高級店で、最初は即即ベッド・マット・ベッドの3回で、姫も一生懸命だったので、1週間後に指名して姫の希望どおりラストで入ったら、即即ベッドの1回で終了、後はお酒を勧められ宴会でした。更に、時間内に片づけまで始めました。
 姫任せにしていた私も悪いのですが、高級店でもこのような姫がいるのですね。2度と入る店でないので、クレームなしで帰りました。
 上がり部屋でトークなので、書き込みさせていただきました。

 やっぱり、私には9999のオキニが一番です。今日(16日)会いに行きます。
(注) 琥珀(川崎)もフォーナイン(雄琴)も、値段を聞いたら卒倒したくなるような超高額店です。
 イーストサイド 人類 進化 この三つの単語でAND検索をするといろいろ興味深いサイトが出てきます。その中の、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E9%A1%9Eでは次のように記されています。
 引用が長いですが、読んでいただけば大変勉強になると思います。
生物学的な人類の定義
人類の起源と進化


 この概説は最近の学説を充分に踏まえて記述されているようです。
 これはこの時の話。
 現在は Wiki 人類の進化を見たほうが良い。
 ポイントは、直立二足歩行・犬歯の縮小 → 動物性食物比率の向上 → 脳の巨大化……ヒトの誕生
 何年か前NHKで人類の進化に関する特集ものが放映され、そこではヒトの誕生に関して「イーストサイド・ストーリー」が大々的に紹介されました。しかし、現在は「イーストサイド・ストーリー」は否定されています。
 ヒトの誕生の起因についての有力な考えは、気候寒冷化説です。500万年前と250万年前に顕著な寒冷化の時期があり、餌の不足からその頃生物は植物からほ乳類まで皆大きく変わりました。その二つの時期にヒトへの進化があったようです。
 ヒトの特徴は発達した脳ですが、脳の発達をもたらしたのはあきらかに直立二足歩行です。この直立二足歩行は樹上生活への適応の一形態として下地ができたようです。ヒトの祖先が直立二足歩行をしはじめて相当長い年数が経過した後にようやく脳が大きくなっていきました。
 それで、直立二足歩行をするように進化した原因がよくわかりません。
 1.視界増大期待説(上の論文にあり)
 2.日射防護説(上の論文にあり)
 3.運動エネルギー説(上の論文にあり)
 4.輸送強化説(上の論文にあり)
 5.食事姿勢説(少し高いところにある木の実を採取しやすい)

 などの説があります。
 このうち最もなるほどと思われるのが「4」です。
 ヒトと類人猿とで大きく違っていることの一つとして犬歯の大きさの違いがあります。類人猿の犬歯が大きいのは肉を切り裂くためではありません。それは♂が多数の♀と生殖関係を持つために、ライバルとなる♂に勝つのを目的として犬歯を発達させました。
 ♂同士の競争から、♂の体が♀よりもかなり大きくなりました。セイウチとか大型の鹿など♂が多数の♀と恒常的生殖関係を持つ動物は皆♂が♀よりも巨大化しています。
 ところがヒトはもともと♂と♀の一対一でつがいになる傾向があったようです。一夫多妻制は「社会」ができて社会の中で力のあるものが多数の妻を持つ傾向が出てきただけのことであり、もともとは一対一が基本であったと思われます。
 だから、ヒトは犬歯が縮小し、♂と♀との体格差も縮みました。
 ヒトは心のある動物だから、平和な一対一のつがいが本来の姿なのでしょう。心があると協力がうまれます。協力とは、つがいをなした♀のため、また、二人の間に生まれた子供のために、食料や必要な物資を運搬してやることです。
 運搬は四つ足では大変効率が悪い。足だけで地上を移動して手で何かを運ぶ、これが二足歩行を生んだのです。餌となるものは 500万年前でもそこら中に転がっていたわけではありません。♂は長い距離を歩いて懸命に餌を探し、♀のもとに運んだのでしょう。
 心があって協力があるから、ヒトの祖先は、直立二足歩行を果たした後何百万年もの年を経てからようやく言葉というものを発達させました。
 生き物に大きな影響を及ぼすものは、環境であることは間違いないのですが、気温や地形、餌となるものの変化の他に、自分たちのあり方が進化に大きな影響を及ぼします。自分たちのあり方とは要するに『性』と『生殖活動』です。蝶や孔雀の進化を考えればわかることです。
 ヒトは類人猿と違って、♂と♀との身長差が少ないです。一対一のつがいの生殖活動と、弱い仲間をいたわる心の存在がこの結果をもたらしたのだと思います。
 性と子育てのパートナーの様子を窺う、パートナーの望みを知ろうとする、これが心の発達です。ちょっとした言葉、一瞬の表情で相手の気持ちを察する。これが悩みであり喜びであったりします。自分の心を伝える、これが言葉の発達です。
 そして言より実行、ヒトが言葉を身につける何百万年も前に、パートナーのために動くことが直立二足歩行の始まりなんです。

 このようにヒトの祖先が長い年月を経て人になっていった過程について想いを馳せる時、冒頭に掲げた、『金津園ワールド』から引用した二つのソープ遊びについての意見は、私はヒトの退化を示すものではないかと思ってしまいます。
 射精回数を願っているだけでしょう、この人たちは。まあ、時限的にでもパートナーにしようと努めることを全然せずに、盛んに相手の手抜きを主張しています。馬鹿まるだしでしょ。
 会った女との心の絡み合いについてはどう考えているのでしょうか。会った女とどのように心を絡み合わせたのでしょう。
 二回目に会って、嬢からの射精支援活動に終始した初会と違って「話す機会」が増えました。その会話しやすい関係ができたことをどう活用して、どのように心の交流を果たしたのか、ということです。
 相手を「前回人見知りしてイマイチだった」と観察しているのならなおのことです。
 心のつながりがあるなら、お話自体が楽しくなるはずです。お喋りしていることがとても楽しければ、そのことに満足し、二回戦や三回戦がないのはさほど気にならないでしょう。ところが、初会よりも長くなったお喋りタイムは楽しくなかったようです。
 一体何を話していたのでしょうか。裏を返せば、また、その相方に裏を返そうとする心があるなら、お話が一層楽しいものになるのが普通なのに。そもそも嬢は本指名数を増やすのが生き甲斐なんだから、ちゃんとした客に裏を返して貰えば必ず嬉しいのですよ。
 二回戦や三回戦がないのは気にならないとご本人の意識とは違うことをあえて書いたけれど、本指名になれば嬢は頑張るのが普通ですよ。そうならないのは客に問題があると考えるのが当たり前です。
 心がつながっておれば、話の流れは随時エッチの方向へ持っていけます。20代の若い男ではなく、40代50代の男が多分20代の女に相対しているのだから。エッチの方向へ話を持っていけば、自然と、嵌めたい時に嵌められるはずです。
 ところがこれを実現できていないから、セックスの回数減少を訴えるというみっともない投稿を40代50代の男が大きな顔をしてやっています。(40代50代ですよ!)
 そもそもこういうケースで、話をエッチの方向へ持っていかず、相手の女性の人生、ものの考え方などを知ることに喜びを感じ、射精は結局一回だけでも事足りるとする心の広い男性だっています。初会よりも回数とファックの質において向上した逢瀬を果たす客も大勢います。
 このお二人の男性は、多分(自分で能動的に振る舞えず、女性を快楽に誘導することもしないで)射精させられるセックスしかしていないのでしょう。また、その女性とのご対面が正真正銘の肉欲だけの遊びから一歩も出ていないのではありませんか。
 自分の全人格でもって一人の♀にぶち当たる♂の気概もなければ、相手の全人格を発現させてやろう、その全人格を理解してやろうということに格闘する心もないのではないかと想像できます。
 生身の肉体を利用してセンズリしに行ったのと同じでしょう。人間を相手にするという心ができていないのでは。(高額店らしいから)大金を払って買春しに行った客なのに、売春を専業とする嬢に(自分が望んでいるにもかかわらず)正当な?回数のファックすらさせられない。
 即ベッドの射精活動は一体いかなるセックスを展開していたのでしょうか。おそらく絵にならないものなんでしょうねえ。そのシーンを見たって童貞さんしか亢奮しないような。
1.終始重ね餅体勢で女性に体重をかけ、頬と頬とをくっつけたがってはいないか。
2.腕立て伏せのような、上体まで不要な動きをして、無駄でぎこちない腰の動きをしていないか。
3.そもそもマグロ的にエッチ行為をしてはいないか。
4.女上位で長い時間女性に動作させて、それで射精を達成するというセックスではないのか。
5.女性を褒めたりねぎらったりする言葉をかけているのか。
 人間の心がどのように発達したのかをもう少し考える必要がありますね。

 さて、人類進化論からの考察はこれぐらいにして、性論からこの事象を考察します。
★このお二人はだべりタイムの間どういう格好をしていたのでしょうか。
 多分腰にきっちりバスタオルを巻いて、ペニスを隠していたのでしょう。
 私はそんなことをしません。だべりながら、ふりチンのペニスの先をかまっていたりします。そのうちに勃起しますね。勃起したものを見るとソープの女もヘルスの女もニンマリ笑って、必ず指でさわるか口で咥えるかをしますよ。
 勃起物を見たらそうするのが癖になっています。先走り汁が絡んで(しかも、私は初会でも即ベッドの後に互いの股間を洗わないでいることが多いから、ありとあらゆるお汁が絡んで、更に、指で捏ねられて)ネチャネチャになり、まるで発酵しているようになります。そんな過激なカリ首に対してでもです。
 男根隠しに、淫猥モードはあり得ません。そして、嬢には、マン毛まるだしで終始フランクにお相手して頂かなければ。
 このお二人は自分にエロが乏しく、また、相方をエロに誘導する力量もないのに、嬢に能動的エロを期待する気持ちだけが一人前なのです。
★このお二人は即ベッドの終了後、自力勃起が可能な精力があるのでしょうか。
 指や口を駆使した卑猥な勃起支援を受けないと勃たない自信があるのなら、そんなに二回戦を望むものではありません。むしろ、一回戦は淫して洩らさずのやり方もあります。私がそうです。
 大体、自力勃起がまるでできないようなペニスには、そのお客に魅力でも感じない限り、(少なくとも1回射精させた後では)嬢はそんなに支援したいとは思いませんよ。それが人情です。
★このお二人は裏を返して、その嬢とどのような会話をしたのでしょうか。
 舞台は高額店。すると、嬢は工夫を凝らした衣装を着ているはずです。そして、一般に女性の関心は専ら服飾と美容にあります。ちんぼに向かっていることは殆どありません。
 初対面では嬢のヘアースタイルだとか衣装だとかがセンスの良いものだと思っても、それほど具体的に言葉を並べ尽くして褒めるものではないかもしれません。初対面の顔を合わせた直後では、こういう個人的なものに立ち入った切り込みをするものではないでしょう。
 しかし、裏を返せば、もう見知っているというのが前提ですから、嬢の自前の衣装には言葉の限りを尽くして褒め、論評しても、立ち入りすぎの感じはしません。
 おそらく腕の良いホストというのは、服飾関係のことも勉強していますよ。服飾に関する専門用語、言い回し、色彩を表すいろんな言葉を覚えて、女がグッと来る褒め言葉を繰り出せるでしょう。
 2ちゃんねるソープ板を眺めていると、嬢がホストに入れ込むのを罵る書き込みが目につく。このお二人は、ホストが嬢から金品をせしめる‘男の技術’に関心を持つべきです。
 嬢は、店で着る自前の衣装には相当心を砕いているのです。下着もロングドレスも、見栄えの良い物ならばきちんと褒めてあげるべきでしょう。材質、デザイン、色目、似合い度、費用対効果、ご本人の性格と服の選定との関連性、この一つ一つの項目で品評ぐらいしてあげなければ。
 その品評が嬢の心を刺激するものであれば、こぼれんばかりの笑顔が出てきます。当然尽くしてやろうという気持ちもヒートアップします。
 歯科医院の待合室に婦人洋装に関する本があれば、そういうものを手にとって眺めるぐらいの好奇心を男は持ちたいものです。
★このお二人は即ベッドでいかなるセックスを遂行したのでしょうか。
 手荒いペッティングをしなかったか。それとも、嬢の肌にも手を差し伸べられない『待ち』の男だったのか。合体は女上位で誘導されるまま射精したのか。射精は超短い時間で果たしたのか、それとも、即ベッドにしては長い時間でようやく果たしたのか。嬢が軽んじたくなるようなものをお持ちでなかったか。嬢がいやがるようなものをお持ちでなかったのか。
 すべてを説明した上で、高額店の嬢の質の向上につき「皆に共感を求める」書き込みをしてもらいたいものです。40年も50年も人間をやっておられるのなら。
 まあ、この投稿で店の名前を出していないから、それなりの良識は感じますがね。

 私がKWのこの書き込みを見て一発発火したのは、堀之内町の琥珀に行くとか雄琴の9999が良いとかの書く必要のない捨てぜりふです。
 KWは皆で金津園ソープを論議する場です。平成20年も過ぎると超高額店の遊興が話題になることも多くなったようだけれど、平成17年のこの頃は中級店以下、要するに、3万円台以下のソープ遊びを念頭にしたやりとりが多かったです。
 そんな中で──8万円以上の琥珀やフォーナインが自分の行くべきお店なんだ──と書くところが、はっきり大人ではありません。子供です。
 ぼけっと眺めている人に念を押します。8万円台以上の店に行く人と3万円台以下の店に行く人とでは格段の経済力の差があり、人生に差がありますよ。凄まじい差があります。
 KWでは英國屋やクラロイや貴公子の話はある程度は控え目に出すべきだと思いますね。年に数回大衆店や中級店に行くのがやっとのソープファンのことを考えて。
 そもそもKW自分の失敗談を怒りのスタンスで投稿するところがあきらかに精神未熟を窺わせます。当然、この時の相手の嬢がそんなにねじれた人間ではない可能性が認められます。
 金津園以外の超高級店に嵌めに行くという捨てぜりふを書かずにただ自分の失敗体験をしおらしく嘆くか笑い飛ばすかしているのなら、金津園ファンの私は──オーッ、気の毒に! 実は、いい気味!──と思うだけで、自己のサイトでここまでつるし上げはしません。
 令和になった今KWで冒頭2件の書き込みが見つかりません。探索ミスなのか消されたのか。
 ここでKWの書き込みを取り上げると数年後になくなっていることがよくあります。入れた人が抹消を頼んだのか、あそこの管理人が消したのか、どちらなんだろう。
 私は、この捨てぜりふというのが昔から大嫌いなんです。捨てぜりふは吐くものではありません。
 高額店で働く女というのはすごく職業意識が熱いです。何しろ半年で1千万稼げるのだから。
 この当時、金津園の高額店の嬢で、半年で1千万稼げないのは次です。
 1日の本数制限をしている(存外にこの手の嬢が多い)、月の出勤日数を抑えている、身長がかなり高い、かなり豊満(存外にこの手の嬢は少ない)、若いだけで接客が顕著に下手(要するに我慢強くない)、店の格に対して容姿がはっきりバランスが悪い(存外にこの手の嬢は少ない)
 職業意識が熱いのにそのようにやらせられないというのは、断じて客が悪い。こんなことは“普通に”男としての魅力があればやらせられることです。
 ところが普通でないのが3割とか2割とかいるから、2ちゃんねる・ソープ板・金津園の高額店関係のスレッドでも、「リピーターになると手抜きされる!」という『自己の劣悪ぶりを表明する』書き込みが多発しています。嗤ってしまいます。

 更に余談。
 この投稿には「姫の希望どおりラストで入ったら」とあり、また、「長い時間」の入浴の誘いがあったかもしれないととれるものがあります。
 僅か一度の対面で嬢から「長い時間」の誘いがあったら、金津園の高額店では、標準の料金ですら世の中の消費水準とは隔絶のものであるだけに、この嬢はヒトの心を喪失しかけた女である可能性があります。
 長い時間がシャトー・ルーブルの160分ならば、8万円弱。
 長い時間が、艶、英國屋、すずめの宿、クラブロイヤル、ルネッサンス、シャトー・ルーブル、重役室などの店のダブルの入浴であれば、12〜16万円程度かかります。
 (注) これはこの当時の話で、今はいろいろ変化しています。
 また、嬢は本数が確保できればラストの入浴をちっとも歓迎しません。帰りが遅くなるのはイヤです。
 にもかかわらず「ラストの入浴」をわざわざ誘うのは、アフターの申し出を言える可能性を客にちらつかせているわけです。本人はアフターを受ける気が全くなくても。
 しかも、初対面でそれを言うのだから、かなり変です。完全な辣腕系です。50代にもなって、雄琴の9999のような超々高額店に行くような人が変だと気づかないなんてねえ。
 イキやすさを期待させるべく、「ラストの入浴」を誘うこともあります。それも嘘で、全部餌です。
 こういう餌をばらまく風俗嬢は、手練手管を磨きに磨いていて、腑抜け客から高価品のプレゼントをよく貰っている可能性があります。そういうことを見抜かねば。
 なお、嬢は疲れた時刻でイクよりも、朝一でイクほうが快感がズドーンと来るものです。これはクリイキであって、ペニスの抽送でもってお仕事のエッチでイク嬢というのは存在率が極めて低いです。
 そういう嬢に対面できて、かつ、ペニスの抽送でイカせられる確率は、その確率の高い男性と大変低い男性とで、その値に10,000:1ぐらいの開きがあるのでしょうけれど、その確率の平均値は、日本人が一生の間に得る最大年収が1億円を超える確率程度でしょうねえ。
ソープ遊びを考える  良性記のトップページ
ソープ嬢を愛しむ  ソープ嬢の秘技を考える  金津園遊びの手引き
(千戸拾倍 著)