5度目の二輪車(前編)

 平成19年6月に役員を退任し、現役生活を終えた。それで慰労のため5度目の二輪車遊びをコットンクラブで行った。二輪車は5年ぶりだ。
 既に4回入浴していたキララようやく新しい通い嬢に登場)と、下調べで1回入浴したチサト後日素晴らしい経験ができた嬢に登場)を相方にした。
 私から見てキララはかなり上玉のソープ嬢だった。チサトのほうもファック相手として申し分なしだが、体型が貧弱で容姿的に少し物足りないところがあった。
 平成19年以降で考えれば、金津園のシャトールーブルと艶グループの店なら初会でもブランデーが飲めた。他の店では、女がルーブルか艶グループの店で働いた経験がない限り初会ではなかなかブランデーを飲むことができないと思う。
 私は長年金津園で遊ぶときは必ずブランデーのロックを飲んでいた。嬢が用意していないと店の物を飲んでいた。
 昭和60年以降私は、ラ・カルチェ、貴公子、ヴィーナス、重役室、迎賓閣、宝石、マスターズ、恵里亜と、当時料金の比較的高い店に入っていたから、ブランデーのロックを飲まずに遊んだことは殆どなかった。
 そんなことを振り返ると、近頃はブランデーが用意されていることがなかなかないので寂しい。もともとブランデーなんて知らなかった嬢も私が通うようになると必ずブランデーを用意する。すると、仲間の嬢に無断で使われたという事件をよく耳にしたから面白い。
 平成19年のことだが、コットンクラブのキララとチサトは2人とも輸入物の結構なブランデーを用意していた。
 チサトの初会には確か新品のカミユのXOを戸棚の奥から取り出して開封した記憶だ。キララから私がブランデーを飲むと聞いて高級銘柄をわざわざ用意したようだ。そういうのは遊び人冥利に尽きる。また、艶グループの指導が徹底していることに感心する。
 私はキララとチサトとで二輪車遊びをすることにした。退任慰労で二輪車遊びをすると決めたからには、時間を充分とってとことん卑猥なことをやり尽くしたいと願望した。
 私が役員を退任するというサラリーマン人生の葬儀であり、他人の手下となって忍従の日々を送った馬鹿馬鹿しい人生から完全に解放されるのだから、これは連合軍のベルリン侵攻以上に祝福されるべきことだ。
 だからダブルの時間で予約した。すごい奮発だ。人生最後の豪華絢爛な祭典だ。そして、二輪車遊びは5年ぶりだ。決行する記念行事に私は思い入れが深かった。2年前から構想して、祝典に相応しい相方を探していた。
 相応しい相方というのは、(1) 2人の仲が良い、(2) 過激な性技ができる、(3) イケる体質である、(4) 私を歓待する心が充分ある、という条件だから、これを2人揃えるというのはなかなか難儀なことだ。これまで結構な数入ったルーブルとダイヤモンドクラブでは候補者2人を揃えることができなかった。イケる体質というのがなかなか難しいのだ。
 その結構な女が見つかったのだから、わくわくしてその日を待った。

 待合室で案内の呼びかけを受けたのはほぼ予約の時刻午前11時だった。
 廊下を進むとキララとチサトが待っていた。
 2人はかなり背丈が違っていたが、両方とも衣装が似合っていた。キララは黒系のドレッシーなロングドレスが長身に映えていて、チサトは鮮やかな黄色のワンピースで、スカートのカットのラインとひらひらの飾りつけが小柄な体に合う華やかな服装だ。
 私は「よろしく頼むよ」と言って、左手でキララのお尻を揉み、右手でチサトの陰部のあたりを撫でた。
 部屋に入ると、私は先ず宣言した。
「今日はね、僕が37年働いたのがお役ごめんになって、それで自分を労うために時間もダブルにして、豪勢に二輪車をやるのだから、徹底的にエロくやりたいの。2人とも思い切りエロくなってね。今までで最高のエロというのを発揮してほしいんだよ」
 2人の女は、おまかせあれという顔で微笑んだ。そして、キララは私の上着をハンガーにかけると、ワイシャツのボタンを外しながらキスをしかけてきた。
 チサトはしゃがみ込んでズボンの上からペニスを揉んだ。
「もう、勃ったぁ」
 甘い声を出して、ズボンに浮き上がったペニスの形を指2本でなぞった。私は、チサトのいきなりの親密行為にニンマリした。
 チサトは、私の主の相方であるキララに遠慮することなく正面に位置取りし、私のネクタイを外し、ズボンのベルトも開けた。キララは衣類を片づける役だ。
 ズボンを脱いだところで2人に質問した。
「僕は貴女方2人に既に入浴していて、そして、今日約束の二輪車だ。2人ともこれまで二輪車は結構やっているだろうけれど、その時、お客が二輪車の2人の女の両方に対して初対面ではないということがあったかい?」
 キララとチサトは私の質問の意味を図りかねて、怪訝な顔をした。
「自分がしたすべての二輪車を考えてみて、二輪車の2人の女のどちらかはお客と初対面ではないことが多いだろうけれど、あとの1人はそのお客と初対面のことが多いのではないかい?」
 2人の答は私の想像していた通りだった。
「やっぱりねえ。……初めてというのは、やっぱりのりにくいよね」
 キララもチサトも頷いた。
「僕はチサトちゃんのことは何もわからないから、ちゃんと事前にチサトちゃんの性格とおまんこの性能をチェックして、それで、キララちゃんとチサトちゃんの組み合わせで二輪車をやることを決めたんだ。チサトちゃんがエロいプレイができるとわかったからだよ。勿論チサトちゃんが僕に馴染んでもらうのも目的だ。金津園で二輪車をする客はたくさんいても、二輪車の女を下調べで入浴するような客はなかなかいないと思うぜ。こんな律儀に真面目にエロを追求する男ってなかなかいないのだから、うーんとエロくなってよ」
 キララとチサトがおまかせあれという顔で私に迫ってきた。私は部屋に入ってからずーっと立って服を脱がされていて、ここでパンツだけの姿になった。2人の女はなぜかドレス姿のままだ。
 今度はチサトが私の唇に吸いつき、派手に口を開いて長々と舌を絡ませた。年寄りの私の口に対しおいしそうにやっているという感じだから嬉しくなる。
 キララは私の足もとにしゃがんでパンツの中に左手を入れてタマキンをまさぐり、右手の指で生地にペニスの形を浮き上がらせた。勃起の形と先走り汁で生地が広く濡れているのを「見て、見て!」と妖艶な笑みを浮かべてチサトに示した。私はきっと待合室にいた時から先走りを流していた。とってもエロい光景だった。
 チサトが我慢汁の出方に感嘆したのを受けて、キララはペニスの強張り具合を冷やかし、パンツ越しに指先でペニスをしごいて、布地の上からカリを含んだ。
 私は突っ立ったままエロプレイをされていたけれど、そろそろと思い、2人に裸になるように促した。
 個室はキララがいつも使っている部屋だった。なかなか広くて、その広さは金津園の超高級店の部屋に匹敵して、3人いてもちっとも手狭な感じがなかった。
 ドレスを脱ぐと、キララは大柄の、肩の張った逞しそうな肉体で、目立つウエストの括れがもう見なれたラインだ。一方チサトは、小柄で肩幅がおとなしく、かなり乳房が小さい。上体は肉付きも起伏も乏しくて、ウエストより下側で脂肪層が急に厚くなっている。少し奇異な感じがするけれど、肌の白さが目を惹く肉体だ。
 私はチサトに初会の時裸になったチサトの下腹がポッコリ出ているのに目をとめ、その腹を撫でながら、「女の子のおへそ辺りからポコッと出ているのは卑猥で、いいんだよねえ。男の突き出た腹は胃の辺りから出っ張るけれど、女はおへそから。ボッティチェリのビーナスみたいなの。……うーん、いいよ」と言った。
 その時チサトは「わたし、これが恥ずかしいのだけれど、そう言ってもらうと……」と返して、微笑んだ。
 キララがドレスをかたづけてからポーズをとって下着について何か言ったが、私は耳が遠いから聞き取れなかった。聞き返すのもいやだったので「うん」と生返事し、「2人とも邪魔なもの、全部とって!」と求めた。
 私は目の前のチサトのブラジャーのホックを外した。キララは晴れやかな顔をして自分で脱いでいた。私の顔を見つめながらだ。
 女が2人もいると、どちらを眺めたらよいのか困ってしまう。でも、どうしてキララはチサトに譲るという姿勢なのだろうかと私は思っていた。
 2人が下着を部屋の隅にかたづけ終わると、私はチサトの気持ちを掴むために用意していた軽口をかました。
「ねえ、チサトちゃん。口を開けて舌を出して」
 チサトが目を見開いて言われた通りにした。
「ねえ、キララちゃん、チサトちゃんのベロを見て。紅くてとっても綺麗な色をしているだろう。普通は誰でもベロの中ほどが白くなっている。ベロの全面が真っ白になっている女だっている。きっと精神安定度が悪いんだろうね。その白いのは、舌の苔と書いて舌苔というものなんだよね。それで、チサトちゃんのベロは白い舌苔が絶対ない。舌の全部が紅くて、本当に綺麗でしょう。絶対に舌苔がない。……この前チサトちゃんに入って、僕が一番感心したのは、チサトちゃんのベロが綺麗なことと、このベロの口で熱烈なディープキスをすること。あれだけ見事にディープなキスをする女なんて、僕は20数年間金津で遊んで、出会ったことがない。すごいよ。それと、このポコンと飛び出たおなか。エロいカーブだよね」
 チサトは乳房が小さく、胃のあたりも前方へ突出してはいないが、下腹がこんもり出ていた。そして、肌がとても白く、パイパンにしてあるから着色の乏しい陰裂がもろに目に飛び込むので、チサトの全裸の姿はなにやら卑猥だった。
 キララもチサトも私の露骨な指摘を面白がっていた。
 私はパンツ一枚の姿になっていて、普段なら自分でさっさと脱ぐけれど、その時はそのままソファーに腰を下ろした。
 キララとチサトが代わる代わる私にキスをした。キスの相手をしていない時は、私のパンツの中に手を入れてペニスを弄っていた。2人がコンビプレイを心がけているのがよくわかった。
「ねえ、いつまでもパンツを穿いていたのでは、ちっともキンタマを舐めてもらえないじゃない」
 キララがパンツを剥ぎ取り、籠にしまった。それに目をやると、先走りで湿ったところが乾きやすいように置いてあったから、何やら生々しい。
 その間にチサトが私の足の間に入って、いきなりタマキンに舌を這わせた。キララが私の腰に横に寄り添ってフェラチオを担当した。
 そこで私はチサトのしたことに驚いた。
 チサトは私に尻を前に出すように求め、いきなりアナル舐めにかかった。それも、両手で尻たぶをしっかり開いて、舌の先だけチロチロさせるのではなく、舌の全面をしっかり押し当てて肛門のふくらみを掃いた。
 何せ未洗浄だからこれはすごい。私のアナルは大変見苦しくふくらんでいる上にたちが悪くて、洗ってから時間が経てば絶対ににおってくる。だから、恐縮する気持ちもあるが、サディスティックな悦びも感じる。
 だいたい、ローション液という皮膜が覆ってない時に、洗わぬまま尻たぶを開かれて、舌先でなく舌面全体でもってアナルを強くこすられたのは、入浴回数が3回以内の女では僅かに2人目だ。これは嬉しい。
 キララは私の腰の左側に位置を取り、左膝頭で私の上げた左足の腿を支えながら、カリを咥えた。
 チサトが私のアナルを舐めやすいように、キララが気を配っているのがよくわかった。眼下のチサトの超エロい舌使いを眺めながら、競うように穂先を舌で強くねぶりたてていた。
 私は赤ん坊がおむつを替えられる姿勢でヒイヒイ唸っていた。
 素っ裸でこんな格好をしているだけでいい加減卑猥なのに、私の裸の股のところに2人の女の顔があり、2人が視線を交わしたり、私の顔に視線を送ったりして、更に、私の先走り汁の多さに感嘆して、妖しい笑みを2人で交わしているというのが何とも非日常的で超常的だ。
 この時私はその二輪車プレイの全時間が間違いなくたっぷりエロモードで進められると確信した。先走り汁があまりにもたっぷりで、私の肉体がエロモードの凄さを客観的に証明していた。
「洗っていないお尻の穴を舐めてくれるなんて、チサトちゃんはすごい。僕の一番汚いところを、綺麗なベロでしっかり舐めてくれたお口にキスをしてあげる」
 私はチサトに熱い心でキスをした。チサトのキスは私の舌だけでなく上下の唇まで同時に含もうとするぐらいに熱烈さを演じた。
 キララとチサトが位置を変えた。キララが私の股間に来てタマキンを攻めた。四つん這いのキララを頭のほうから見ると、肩幅があって、ウエストの括れから尻へとふくらんでいく曲線が何とも悩ましかった。
 私が望んでいる通り、キララは玉袋を引き伸ばし、睾丸を揉みたて、圧迫し、チサトの舐めるだけのと違ってとにかく痛いぐらいに口を使うから、結構なマウスマッサージになった。現に、私は「痛い!」と声を出しそうになったぐらいだから素晴らしい。キララはもう私の好みが完璧にわかっていた。
 チサトは私の左側からフェラチオした。キララのフェラチオと比べれば少し優しい。黒髪がキララよりも長くて、黒光りの艶があり、女らしい横顔だ。
 カリをねぶっているチサトの口もとを見ながら私はキララに言った。
「ねえ、キララちゃん、僕のチンボの中ほどにイボみたいに黒くふくらんでいるのがあるだろう。この前チサトちゃんに即フェラを受けた時、チサトちゃんはこのイボをじっと見つめたよ。これなんだろう?という顔で」
 すぐにチサトが反応した。
「違うわよ。それを見ていたのじゃなくて、私、あっ、タマタマの毛が短くしてある、と思って見ていたのよ」
「あはっ、そうだったんかぁ。キンタマの毛をわざわざカットしてくる男なんて滅多にいないだろうからねえ。僕がキンタマを舐めてもらうのがいかに好きかよくわかるでしょう?」
「うん」
 名古屋より西の都会育ちのキララは「ええ」と肯定するが、東京より北の田舎育ちのチサトは「うん」と肯定する。
 私はソファーに大股開きで座って2人の女の熱烈なオーラル愛撫に浸った。キララもチサトも私のチンボ汁の量の多さを面白がった。20代30代の男ではないからこれはある意味欣快だろう。キララは口をすぼめて汁をすするという卑猥で親密な仕草をした。指先で鈴口から粘液をすくい取り、手の甲に塗りつけて遊ぶ嬌態も見せた。そんな痴態が目の前で展開したから、なおのことチン汁が流れた。
 そして次は、ソファーを使った座位で、チサトを跨らせることにした。
 対面の形でするために、私は少し腰を前に出し、チサトはソファーの上に上がって、私の腰の横に両足を構えてしゃがんだ。ソファーは腰掛け部も背もたれも低いから、私の体はかなり天井を向いていた。
 チサトが中腰で大股開きして、ベトベトになったペニスを右手に掴んで尻を下ろしてきたのが、実に露骨な光景だ。張りに張った穂先がチサトの閉じた陰裂を広げてツルンと収まった。
 キララは私の足の間にしゃがみ込み、チサトの尻の後ろで挿入の様を見ていて「エロいなぁ!」と景気づけの声を上げた。確かに女上位で嵌めているのを尻の側から見ると、女のアナルが浮き上がり、会陰の向こうでペニスがぶっ刺さって、睾丸が引き締まっている景色というのは本当に卑猥だ。
 そのまま顔を沈めて、2人の合体部あたりに唇や舌先で何やらイタズラをしかけ、手で私のタマキンをかまっていた。
 チサトは腰を上下させながら私にディープキスを迫った。私は口と股間のすべてが快楽を追求する稼働状態で女上位の嵌めを存分に楽しんだ。
 満足して、射精に至る前に「はい、もういいよ。ありがとう」とチサトに言った。
 ここまででキララもチサトも常に私のために何かをしてやろうとしていた。高額消費の意識が完全に吹き飛び、リタイヤ記念式典がまさしく痛快に進行している。
 チサトがソファーから下りると私は言った。
「じゃあ、皆で舐めあっこしよう。2人とも、僕がおまんこを舐めたらリラックスしてよがりまくれよ。……でも、本当にチサトちゃんのキスは思いっ切り良くて素晴らしいねえ。ここまで深いキスをする女の子というのはなかなか金津にはいないよ」
 3人がソファーからベッドに移動した。そこで私は気が変わり、すぐクンニリングスするのではなくて、鶯の谷渡りをしてみようと思った。
「鶯の谷渡りをしたいな。2人に順番に嵌めるやつ。2人ともベッドに並んで寝てよ」
 先にキララが仰向けになり、その向かって右側にチサトが仰向けになった。2人とも言われなくてもきちんとM字開脚だ。2人の脚の長さにはっきり差があった。
 毛もじゃの褐色が目につく女陰と、生白いパイパンマンコが並び、マンコ2つ両手を使って全開している景色がエロすぎる眺めだった。本当に開きマンコというのは結構なものだ。
 私は床に立ったまま先ずキララに嵌めた。すぐさまチサトが半身になってキララの乳首を口に含んだ。
 それを見て、私はチサトに腰をキララの腰に寄せるように求めた。近寄ったチサトのバギナに指を入れ、中の感触を探りながら、キララのマンコをペニスで突いた。ペニスの剛直ぶりが頼もしかった。
 キララもチサトもバギナの刺激によがり声を上げた。この段階ではフェイクが半ばだろうが、雰囲気を盛り上げようとする心が結構だ。私は調子よく突きまくった。
 次に私は同じく立位でチサトとつながった。やはりキララよりもだいぶ体が小さく感じる。キララの乳房は大きく揺れるが、チサトの乳房は小さく揺れる。チサトは良い声を上げた。
 チサトのラビアは着色がかなり淡い。更に、低くて、張りがあった。だから、股を開いただけでパカッと割れやすい。その2枚を分岐させている肉の峰が細かった。
 私が顔を俯け、ペニスをくわえ込む割れ目に見とれてファックしていると、キララの顔が迫ってきた。熱いキスだ。
 キララは私にキスをしながらチサトの陰核茎部を揉んでいた。その丸い稜線の肉塊と大陰唇の間がはっきり窪んでいるのがチサトの陰核茎部の特徴で、軟らかすぎて実に頼りない肉塊だ。だから、よく揺さぶられていた。
 女の指が他人の陰核茎部をこね回している光景というのは本当にエロい。キララが私から口を離し、弄っている肉の小山脈と、その下でペニスが出入りするのを見つめている。その横顔がなんとも妖艶だ。キララは眼がきれいだ。
 キララとチサトの2人とも、常に何かをしようとしているのが実に素晴らしい。2人のマンコに続けて突入してバギナの感触の違いを味わい、私は充分満足して体を離した。
 私は湯気が立つようなペニスを突き立てたまま言った。
「2人にチサトちゃんについての僕の感想を教えておこう。チサトちゃんの特長は、キスが思いっ切り良くて素晴らしいこと。ベロが大変綺麗なこと。とにかくこれは感心できるね。そして次は、チサトちゃんのおしっこの穴が小さいこと。僕はこの前の時、チサトちゃんのおしっこの穴に綿棒を入れて遊びたいと言ったら、おしっこの穴が小さいからダメと言われたんだ。本当に小さいんだよ。おしっこの穴が。男の尿道口と同じぐらいだね。それを3人できちんと認識しようよ」
 私は先ずキララをベッドの端でM字開脚させた。
 割れ目を指でパカッと開けさせて、チサトと一緒にキララの尿道口を観察した。
「キララちゃんのおしっこの穴の大きさは、マッチの軸2本分以上開いているよね」
 次にチサトを同じようにご開帳させ、キララと一緒に眺めた。
「ほら、マッチの軸一本分だよね」
 ついでに、割れ目の長さ、尿道口とクリトリスとの距離、割れ目の中で膣口の位置、こういうことについてキララとチサトの性器の違いを実地に説明した。キララもチサトも私の露骨な解説を面白がった。
 私は調子に乗ってキララの陰核を完全に剥きだし、チサトに見せた。
「チサトちゃん。キララちゃんのクリトリスは大きいだけでなく、しっかり剥きだせて、クリトリスの付け根まで簡単に見えるんだよ。すごいよ。見てみようよ」
 私の2本の指の間で、先があまり丸っぽくないクリトリスが見事に突き出ていた。チサトは鼻がつくまで顔を近づけ、キララの肉豆の付け根を確認した。仲間のクリトリスを凝視する女の顔は本当に魅力的だ。
「クリトリスの付け根が見えるほど皮がつるんと剥ける女というのはそんなにいないよ」
 私は2人の女の親密感満点のご開帳ぶりに触発され、また、ペニスを収めるところに収めたくなった。
 チサトのエロい凝視が可愛くて、私はチサトのバギナにペニスを入れた。その前後運動の間、キララは私のアナルやチサトのアナルをいじっていたようだ。
 ペニスでチサトのバギナを充分突いた後、3人が直列的にオーラルすることにした。私は連鎖のオーラルプレイのポジションを2人に説明した。
 先ずキララをベッドの端に仰向けにならせた。私は床に膝をついてキララにクンニし、チサトには床に仰向けになるように求め、私の股の間にもぐり込ませた。チサトの小さな顎が丁度タマキンの下に来た。
 私はチサトに下からペニスやタマキンをオーラルさせて、チサトの口の中にチン汁をたっぷり流し込み、同時に、キララのクリトリスを舐め揉みしてよがり汁を出させるのが狙いだ。
「チサトちゃん、キララちゃんのマンコが僕に舐められているのを下から眺めて亢奮するんだよ。キミのマンコと違って、毛が多くて見えにくいけれどね。キララちゃんはマンコ汁がとても多いから、その汁が出てくる瞬間をよく見届けてよね」
 チサトは返事をするとすぐに猛然とフェラチオにかかった。
 私は、カリ首が厳しく揉まれる快感に呻きながら、キララの恥毛をかき分けて懸命にクリトリスを刺激した。もう見なれてしまったが、なかなか大きめの陰核だ。
 キララの陰裂がすぐに潤ってきた。
「キララちゃんのマンコ、濡れてきたろう?」
「うん」
 チサトがペニスを口から外して返事をした。
 私は更に心を熱くして、キララの喘ぎ声に耳を傾けながらクンニリングスを続けた。
 しかし、膝立ちした両膝の間隔が開けてあるから、次第に股関節がおかしくなってきたし、硬い床に接している膝小僧も痛くなった。
 それでも、下になったチサトが熱心に私のペニスやタマキンやアナルを攻めているから、股関節と膝の悲鳴をこらえた。チサトの攻めは射精しそうになってもおかしくはないほど厳しい刺激だけれど、カリが張りに張っているから、その気配がなかった。
 キララはといえば、よがり汁が出ていてもイクのがもともと遅いから、アクメまで至るのは難しそうだった。
「チサトちゃん、キララちゃんのマンコ、見ている」
「うん」
「ヌタヌタだとわかるだろう」
「すご〜い」
「濡れた割れ目って、本当にイヤらしいでしょう」
「う〜ん」
 女が同性の、愛液で濡れた割れ目を目の当たりにするなんてことは、いくらソープ嬢でもなかなかあることではない。そもそも客が嬢の割れ目をよがり汁でベトベトにするなんていうことがなかなかないから、これはびっくりする景色になる。
 私は口の周りをキララのあわび汁で光らせ、気分を昂まらせて熱心にキララにクンニリングスしていたが、ますます膝と股ぐらがおかしくなってきた。とうとう我慢できなくなって、立ち上がった。
 ペニスを見ると、紅くふくらんで湯気が立っているみたいだ。
 キララの麗しのM字開脚姿の股ぐらを見ると、毛に囲まれてパカッと開いた割れ目と、しょぼ毛に囲まれてギューッと閉じているアナルに実に存在感があった。
 誘われるように割れ目を指で開いて、立位でキララとつながった。
 チサトは、私が腰を振るのを見て、少し間をおいてからベッドに上がった。四つん這いの格好でキララに寄り添って、キララの褐色の乳首を舐めはじめた。
 私はチサトの尻を引き寄せ、バギナに中指を入れて楽しんだ。勿論アナルとバギナに指の2本差しもした。
 目の前に女が2人横たわり、片方の女のアナルとバギナの両方に指を入れながら、別の女に腰を送るという動作は初めてした。なかなかエロい。
 キララのバギナに存分にチンコピストンすると、次は、チサトがベッドの端で仰向けになる番だ。
 キララはベッドから下り、私に寄り添った。
 チサトは楽しそうにベッドの端でM字開脚した。
 その陰核茎部はなかなか長く、明瞭に盛り上がっていて可愛らしい。肌が白いから、陰核茎部も奇妙なほどに淡い肉色をしている。充血してもぷよぷよの頼りない感じで、先端は小さな包茎クリトリスだ。周辺に邪魔な毛が生えてなくて、着色が乏しく、ぷよぷよしているから、とても露骨で、生々しくしていやらしい存在だ。かまって!と自己主張しているように見える。
 私はチサトの陰核茎部にしゃぶりついた。姿勢は、膝立ちして腰を浮かせ、キララがペニスやタマキンにさわりやすいようにした。
 キララは私のペニスの先に、チサトを凌ぐほど粘着的にフェラチオし、私がチサトにクンニリングスしているのを眺めるためにフィンガー弄いに攻め口を変えると、これもこすり方がかなり厳しかった。
 私はカリ首への強烈な刺激に唸りながら、チサトのクリトリスを攻めた。剥きにくくて包皮が被ろうとするのを唇や指先で懸命にとどめ、クリトリスに執着心をかき立てて攻め続けた。
 チサトもキララと同様に陰核茎部を厳しく刺激されるのが好みだった。チサトは腰を蠢かせ、妙なるよがり声をあげていた。
 私はたっぷりクンニリングスして口が疲れると、キララにチサトのマンコを舐めるように求めた。
 キララが四つん這いの格好でチサトの開脚した股ぐらの前に入った。キララはいきなりクリトリスに攻めかかり、その舐め方は軽いお座なりのものではなく、実に本格的だった。
 女がマンコを舐めるといやらしさ抜群だ。キララは舌を長く突き出して柔らかい肉塊を強くねぶっていた。
 チサトの柔らかいよがり声がなおも続いていた。私は横から女同士のオーラルプレイをボーッと眺め、右手をキララの後ろ側から伸ばしてマンコやアナルをかまっていた。
 そして、これに飽きると、クンニリングスしているキララの後ろにまわり、アナルとマンコを眺めた。
 腰からふわっと広がった見事な尻の中央に褐色のアナルが目につく。キララは浅黒いほうだから、股間は全体に色が濃い。その上、恥毛は生え放題で、かつ、アナルの回りの肌は毛穴がボツボツしている。耽美しにくい景観だが、実に人間的でいやらしい。そして、毛に囲まれた色の濃いマンコがグショグショになっている。この眺めがエロすぎる。
 濡れそぼった陰裂というのはエロ小説にはいくらでも出てくるけれど、現実にはそんなにはない。エロビデオでもなかなかこれはない。せいぜい潮吹きに思わせる強制排尿で濡れているぐらいだ。だから楽しい。
 私はたまらず後ろからペニスを突き入れた。大柄なキララの見事に尻らしい尻に手をあてがって、背中にかかった黒髪が踊るのを見ながら中腰でパコパコと運動するのが楽しかった。
 キララは私の突きを受けて、時々声を洩らしながら熱心にオーラルプレイをしていた。チサトの腿を手で押さえつけて、舌を使う様子はまるでむさぼるようだった。
 私は射精をこらえてペニスをキララのバギナから抜き、チサトに言った。
「ねえ、チサトちゃん。僕のチンボが入っていたキララちゃんのマンコ、すっごくヌラヌラだよ。僕のチンボ汁とキララちゃんの濃厚なお汁のいやらしい液がいっぱい混ざって、おいしい味がすると思う。舐めてみて」
「うん」
 キララが悪戯っぽい顔をしてベッドに上がり、チサトは上気した顔でベッドから下りた。
 キララがベッドの端に座り、両肘を後ろについて両足を引いた。豪快なM字開脚だ。割れ目を見ると、大陰唇の毛がそこら中濡れて張りついていた。
 そこへチサトが顔を寄せた。
「うわーっ、すごい」
 そう声を上げてチサトはキララのマンコに唇を押し当てた。紅いきれいな舌が長く伸びて、ぬめったところを這っていた。
 チサトもベロの使い方が本格的だ。陰裂底を味わった後、きちんとクリトリスを攻撃している。
 私はカリ首をこすりながらそれを見ていて、声をかけた。
「キララちゃんのマンコはすごい濃厚味だろう?」
「うん、こ〜い」
 両目が三日月形になっていた。口の周りが粘液で濡れている。その粘液は99%がキララの愛液で、私の唾液は1%だ。
 たまらず私はその口に吸いついた。
 私がしているようなエロ会話とエロ誘導は、エロビデオの男優もよくしている。女優がそれを受けて淫らにやっているが、あれは殆ど演技だ。第一、まともに割れ目を濡らしている光景なんて見たことがない。
 でも今は、キララもチサトも私のエロ会話とエロ誘導に楽しく乗り、本気で性愛行為をしている。2人の女が気持ちを昂まらせて根元的欲求のごとく行動し、攻めのプレイでも受けのプレイでも見事に淫ら絵図ができあがっている。
 私は会心の色道を実践している想いがした。もうすべてが猥褻すぎてたまらない。
 男と女が裸になって絡みあっている時、イクことの次に大切なのは愛液が出ているかどうかだ。神様は人間に愛液(よがり汁、マンコ汁、ラブジュース、先走り汁、我慢汁、チンボ汁)という素晴らしいものを与えてくれた。これを単に潤滑液としか見ないのは大変愚かなことだ。
 愛液が好感度と亢奮度の計測に一番有効なツールなのだ。エロビデオでは、男優が女優の陰裂を指でまさぐって粘液が出ていると亢奮を冷やかすシーンがよく出てくる。あの程度のものは愛液の流出とは言わない。多くの女性はセックスすることを目的としてショーツを下ろせば、膣口辺りが湿潤しているものだろう。
 よがり汁の流出とは、見事に濡れそぼった上でシーツに円形の立派な染みを作ることだ。勿論指ピストンによる強制潮吹きの染みなんていうのは問題外だ。
 愛液は肉体の刺激に精神の昂揚があって“相対的に”量が飛躍的に増えていく。つき合っている男女のどちらかが相手に対し心が醒めたなら、その気持ちが醒めた男や女は、出す愛液が必ず従前よりも減少する。
 こういうことをきちんと観察するためには、女に愛液を流させる方法を男は心得ておかなければダメだ。
 変わりなく惚れ心や好感度や関心があることの証として女に“甘い言葉”を求め、その表情や言葉に一喜一憂するぐらいなら、愛液の流出具合を観察するほうがはるかにましだろう。これはその日の体調に影響されるが、基本的に正直で嘘がない。大体、笑顔や言葉の温かさというのだって、その時の機嫌にも影響される。
 女は男の我慢汁を観察しなくても、『折れた煙草の吸いがら』とペニスの勃ち具合の変化で心変わりがわかるけれど、男は女のよがり汁の量の変化で心を察するより他はない。
 また、男には、女に全く心が冷えていても、ペニスをしごかれればすぐ勃つ性欲の権化のようなのもいる。そういう場合は、我慢汁が以前に比べてどう変わったかを見ればいい。
 私も2年とか5年とか通ったソープ嬢に、いつのまにか惰性で通うようになれば、我慢汁の潤沢さが明らかに消える。私自身がそれは老いのせいだと思っていたけれど、振り返ってみると実は違っていた。
 そして私は、女の愛液の本当の量が知りたいから、陰裂に唾を落とすようなことをしない。唾を潤滑に用いるのではなく、潤滑剤を女に出させるのだ。
 キララもチサトも立派に陰裂を濡らしていた。2人ともシーツに円形の染みを作った。そして、チサトはキララのマン汁をすすった。
 私は2人がマン汁を垂らし放題なのが嬉しくてたまらなかった。妙な緊張も気取りもてらいもなく心の底から淫乱行為を楽しんでいるのがこれで証明されている。有料の性的サービスの匂いなど微塵もない。それが実に爽快な気分を呼んでくれる。
 そこまでは私を含めた2人が床のところにいて、キララとチサトのどちらかがベッドの端でM字開脚をしてよがっていたが、次は3人ともベッドに上がった。
 私は2人の乳房を口で愛撫したり、マンコを指でペッティングしたりして、キスも交わした。2人とも雰囲気に乗って淫らな声を出していた。
 流れで、キララとチサトが私を放ったらかしてキスを始めた。大柄と小柄の2人がベッドの上で膝立ちして抱き合う様はとても妖しい雰囲気だった。
 キララの体はたおやかさが足りないし、チサトは貧乳すぎて素敵なプロポーションとは言い難いけれど、2人を見ると、まさしく、女の背、女の腰、女の尻で、男と女が抱き合っているのよりもずーっと美的だ。
 2人の艶めかしい横顔を見て、キララとチサトがたっぷり盛り上がっているのを悦ぶ一方で、女同士がキスをしているというのを何やら奇異に感じた。私は5万円ぐらい貰わなければ、男とキスすることはできない。
 私は、キララとチサトが髪を揺らしながらキスしているのを横から眺めながら、ペニスの先をこすっていた。そして、その日初めてペニスが寂しいという事実に気づいて、もう即のプレイも随分長くなっているはずだから、どちらのマンコで射精しようかと考えた。
 キララの中で放った数のほうがチサトに放った数より多いから、やはり客人のチサトにぶっ放そうと思った。
 キスをしている2人に「嵌めたい」と声をかけた。
 私はチサトを普通の向きに寝かせ、正上位でつながった。最初は上体を立て、チサトの太腿の裏を両手で押さえつけて、合体部を見ながら腰を送った。チサトの陰裂がパックリ割れて中がポッポとしていた。
 キララが寄ってきて唇を求めた。私は腰をゆっくり動かしながら長々とキスをした。
 それまで殆どの時間カリが刺激されていたのに、早漏のペニスが長持ちして、縦横無尽にチサトの膣の中を暴れまくった。チサトのよがりっぷりが愉しい。マンコの色がかなり淡いから、ひたすら突いていると何やら痛々しい感じがした。
 私は唇を離すと、接合部がキララに見やすいように、チサトの両足をたたむようにして上に被さった。マンコがやや上向きになり、抽送は、上から腰を落とすようにやった。ヌチャヌチャ感が増した。
 キララがベッドの上で這いつくばるようにしていたから、チサトのアナルがよく見えるはずだ。
 キララは私の後ろから顔を寄せ、2人のアナルや私のタマキンを舐めていた。
「キララさん、すご〜い!」
 チサトがキララの淫乱な攻めに驚いて叫んだ。
 たぶんキララが顔を沈めて、チサトのアナルを舐め、ペニスを咥えている割れ目の下端をペニスと一緒に舌で掃いたからだろう。
 私も、現にチサトに腰を送っている最中に、キララがチサトのアナルから私のペニスを経由してアナルまで舐めあげ、指でタマキンを揉んだりするのがたまらなかった。とにかく私のアナルはまだ洗っていないのだから、そこを舐めるというのはどう考えても凄い。よほど気持ちがのっている証拠だ。
 チサトとキララが互いにマンコに口をつけたり、私のペニスをしゃぶり合ったりしたこと振り返ると、私が男2人女1人の3Pプレイをした時、他の男が舐めたばかりのマンコに口を寄せられるだろうかと考えてしまう。
 ここまで刺激尽くしの二輪車なんてやったことがない。
(期待していた以上だぜ。ここまでエロくやってくれるとは!)
 なにしろキララとチサトの年齢を足しても、私の年齢よりもはるかに下回るのだ。これが愉快でたまらない。私は目一杯にやけながらチサトの股ぐらで腰をモコモコ動かしていた。
 私はチサトのよがり顔を見ているといつもの悪い癖が出た。
「チサトちゃん、口を大きく開けて」
 組み敷いたチサトの喉までが見えた。奥歯に被せものがないのが羨ましい。
「飲んでくれるよね」
 チサトが一段と舌を突き出した。私は唾を溜め、紅い綺麗な舌の上にドローッと落とした。
 それをチサトがためらいもなく飲み込み、私を見つめると、私は熱くキスをした。
「キララちゃん。チサトちゃんって本当にすごいよね。前回初対面でこれを僕にしてくれた。僕は女の子に唾を飲んでもらうのが大好きだけれど、初対面でこれをやった子はそんなにはいないよ」
 キララが何と言ったのかは覚えていない。
 射精しそうな感じが出てきた。ずーっとカリが刺激されっ放しで、もうこれ以上こらえるのは気の毒だった。私はチサトの細い腰に手を強く宛がって急ピッチで腰をふった。
 気が遠くなるような快感を得て、めでたくも絶叫しながら射精した。
 呼吸を整える間、「気持ちいい!」を2度言った。
 ペニスを抜くと、ティッシュペーパーをとろうとしたチサトに求めた。
「チサトちゃん、僕のザーメンが出てくるところを、キララちゃんと僕によく見せて」
 チサトが両足をおろさずにじっとしていた。腿も尻の底も白い。アナルの色も薄い。すべすべの美肌がとても素敵だ。
「ちょっと、垂れが少ないなぁ。チサトちゃん、ちょっと力を入れてみて。……あっ、出てきた、出てきた」
 2人で精液が垂れるのをしばらく眺めた。
「エロいなぁ。初めて見た!」
 キララが叫んだ。
 そりゃあそうだろう。金津園の女で、二輪車のパートナーが明るい部屋でM字開脚して、中出しされた精液を会陰に垂らし、それを男と一緒に観賞したことがあるのというは滅多にいないだろう。そこまで誘導するエロい客がなかなかいない。しかし、二輪車の経験がかなりあるはずのキララが「初めて見た!」と言ったのはやはり意外だ。
 キララは面白がって半透明の液を指先ですくい、チサトのクリトリスに塗りつけ、揉んだ。
 この手の動作は女が複数の乱交プレイの作品のエロビデオでもよく見かけるけれど、指ですくい取るのは先ず疑似精液で、しかも、シナリオに沿った淫乱動作だ。キララの動作は完全に自発的で、かつ、膣口から垂れているのは本物のザーメン。もう雲泥の差で値打ちがある。それを思うと幸せになる。
 チサトの陰核茎部は頼りないほど柔らかくてフニャフニャだから、キララが指先で軽く押しただけであっさりとへっこみができた。
 チサトが「あはぁーん」と言いながら腰を揺らしていた。
 演技の嬌態なのか自然なものなのか、それが知りたい。
「昔はもっと出たんだけれどなぁ」
 私はそう呟いて、陰核茎部を揺らしている指を眺めていた。
 二輪車プレイはゴム使用でやるものではないとつくづく思う。ザーメンの流れ出の観賞はともかくも、バギナに突っ込んでいたペニスを別の女にしゃぶらせるのが二輪車の妙味だ。
 ゴムを着けていたのでは全く様にならない。私はゴムフェラはフェラチオだとは思っていない。女の唾液がカリにつき、ペニスのカウパー氏腺液が女の口の中に入ってこそフェラチオだ。
 女2人を相手にして、生のチンコを嵌めてはしゃぶらせ、しゃぶらせては嵌める。この繰り返しが陶酔を呼んでくれる。(続く)

次へ  『金津園遊びの実録』  『初会の金津園遊び』  トップページへ戻る
(千戸拾倍 著)
St herb ナノ ブレストクリーム