18歳未満の方は入場をご遠慮下さい。

激写 その6

 裸の女が一番魅力的だ。この当然の理をわかっていない男女がとても多い。
 私は嬢が全裸で日常の動作をするのを眺めると幸福感に浸る。私を意識せず、普段通りの自然な振る舞いを無防備な姿でするのが楽しい。
 例えば、収納棚の下から、何かものを取り出す。上体を屈めて、尻穴が見えるか見えないかのところに来る。体勢のせいでそこが浮き出たのを認めると、とっても素晴らしいものを見た気分になる。
 嬢が横に座って談笑する。大笑いして、下腹に起伏が生ずる。それを認めると、何やら納得する。遠くの食べ物を取るために手を伸ばす。綺麗な腋が横から覗くと、最前の絡みの汗が引いたのを察して、残り香が嗅ぎたくなる。
 とにかく女の日常動作で、肉体がどのようにラインを成すのか全てを確認したい。それが楽しい。全裸だからこその愉しみだ。
 女は顔だけじゃない。お尻も下腹も胸も陰裂の中も、全部を賞味したい。観賞したい。そんな心に応えたソープやヘルスの通い女に感謝する。
 ソープ遊びは真に親しくなれば、ロングコースやダブルの時間で入浴するほうが良いものになる。逆に、真に打ち解けてないなら、ロングやダブルの時間で入浴すべきではなく、標準の時間で入れば良い。
 長い時間が良い理由は次だ。
 (1) 嬢の素の姿がより出やすい。
 (2) 愛撫でもって攻め倒せる。
 (3) 愛撫させるにおいても、動作がより濃厚になる。
 (4) 酒をじっくり楽しめる。
 (5) 排尿見学を楽しむとか、会話が途絶えた時の嬢の努力がわかるとか、楽しみ方が増す。
 (6) 嬢の口が軽くなり、店・仲間・経歴など情報が得られる。
 (7) 暇な嬢が遊びに来ることがある。
 (8) 遊興効果/コスト が向上するような気がする。
 (6)と(7)があり得ないRグループは情緒零の抜き場だ。女は噂話がとても好きなのに、それが活用できなければ、女と客には不良の談笑場となる。最善の談笑場が成立しなければ最良の買春場にはなりにくい。
 更に、女は仲間から客の情報──例:とても遊ぶ回数が多い、気に入ったらしっかり通う人だ、振る舞いが紳士的だ、エロくて話が面白い、舐めがうまい、絡みがすっごく長い、ちょっと他では見ない客だ、ハメ撮りをしたがる、AFをしたがる──が得られない。これは客からしても宜しくない。
 そういう観点からは、艶グループやルーブルのほうが雲泥の差で遊びやすい。嬢から好かれない客や興味を持たれない客はRグループやシルクロードや恵里亜が遊ぶに適している。
 要するに、深く深くソープで遊ぶ時は「キミは誰と仲が良いの?」という質問が意味を成さない店で遊ばないほうが良い。

 画像の盗用とリンク貼り付けはお断り!
 金津園の高級店の初会で、嬢は即尺を、下着を着けたままで取りかかることが多い。私は自分のものを咥えられれば、必ずお返しにクンニするので、ショーツを着けたままの開戦は流れが悪いと思う。
 だから、基本的に全裸でしていただくが(本指名では必ず)、ショーツからどーんとはみ出た尻たぶが楽しくて、穿いたまままでしゃぶらせた。案の定面白い景色が撮れた。
 初会で、ドレスを着たままペニスに作業にかかる積極姿勢を売りにする嬢がいるが、私はこれは好きではない。即のプレイの前に、下着も脱いだほうが良いか希望を聞く嬢がいる。私はこれを褒めたい。
 即々の嬢の初会の進め方として、私の印象は次の通りだ。
 (1) 下着姿またはドレスを着たままでパックリ───────30%
 (2) ドレスを脱いでから下着も脱いだほうが良いか問う嬢──20%
 (3) 全裸になりドレスや下着をかたづけてから始める嬢───50%
 私は、ドレスや下着をかたづけてから始める嬢が一番落ち着く。
 肌がやや浅黒いが健康的だ。浅黒くても、恥毛の本来の広がりがよくわかる。
 私の女神。見ていて落ち着く体型だ。
 こちらも、恥毛はもともとよく広がっていたようだ。
 浴室に向かう前に髪を束ねている。
 品の良い乳房だ。
 艶やかな黒髪。
 ヘルスの部屋にしては明るくて撮影しやすかった。
 スタイルは良かったけれど、美肌に遠いのが残念だねぇ。
 括れを撮るのが狙いだ。
 おっぴろげは美しい。大土手が清々しい。
 愛らしい笑顔が出せないのが残念だ。
 恥骨の出っ張りが素晴らしい。
 私があんまりお目にかかっていない体型だ。ファックにこの太股は邪魔。
「お乳の下に汗がたまったー!」
 性行為にかけたエネルギーの多さをこのように表明されると幸せになる。
 こんなに細い体を見たことがない。
 ガーターベルトを着けたままのヌード写真は素敵だけれど、そんなものは面倒なだけだからつけなくていいよと嬢に言ったので、撮影件数が少ない。
 イキまくってやりまくって、嬢が「もうだめー」と言ってぐったりすると実に楽しい。
 グロッキーの様子を撮ったのはこの時ともう1人の嬢だけで、いつもは私も疲労困憊でカメラを構える着想がない。
 写真ではペチャッとした感じだけれど、乳房だけ手にすればやっぱり豊乳だ。この形は授乳経験ありと察するべきだったな。
 全身像が極めて見事だ。
 だけど、もっと素晴らしいのは、ぼかしの修整をかけた個所の垂れ下がりぶりだろう。
 色合い、体積、皺の入り方…。
 ほんと 迫力。そして、乳房に張りがある。
 腰の双曲線と巨乳の対照が素晴らしい。
 私はもともと巨乳にあんまり魅力を感じなかったが、この嬢に通ってから考えが変わったようだ。
 そりゃそうだろう。このウエストのサイズなら。
 脂肪過多でも、魅力たっぷりの嬢がいた。私がお相手した女性で、最高の体重ではないか。
 しっかりお汁を出しても、粘度があると濡れが広がらないから、残念ながら遮蔽物に隠れてしまう。
 名古屋のソープ店のファック台は実に情緒がない。ただの台だ。
 恥毛の左右と上端を見ると、手当てが不要だったことが見てとれる。
 このカメラ(オリンパス C-3040ZOOM 300万画素)はなかなか良かったな。
 巨乳でもウエストが締まっていれば嬉しくなる。ウエストが平行線を形成すると感興が滅失する。
 ウェストの括れの位置が高い女性を時々見る。骨盤が縦長なのかもしれないけれど、何やら奇妙だ。広がった下腹が大層綺麗に見える。大腸と小腸の領域が気になる。
次へ  金津園遊びの実録  初会の金津園遊び  ソープ嬢を愛しむ  トップページ
(千戸拾倍 著)