18歳未満の方は入場をご遠慮下さい。

激写 10

 男の買春の遊び方には
A.相手が自分に対して+の気持ちを持っていようが−の気持ちを持っていようが斟酌せずに遊べる。
B.相手が自分に対して+の気持ちを持っていないと全然楽しく遊べない。
の二つがあり、Aの男は、自分が相手を気に入ればそれでよい。勃起力が旺盛だ。Bの男はそういうわけにはいかない。相手ののりが悪いと勃起が不充分になる。当然人物的に不出来な男ほど(あいつは相性が…)と判定することが多くなる。
 出来栄えの良い性行為をし、思いやりがあって、話が面白い、接客していると何かとためになる、こうなると、その嬢は(この人とは相性が良い)と思う。
 私の想い出の女は“相性が合わない”とは対極の嬢ばかりだ。良き想い出が私にはある。撮影シーンは素晴らしい想い出だ。
 嬢の話によれば「写真を撮りたい」とのたまう客がよく現れるが、許諾が得られるようにきちんと状況を整える人がどうも少ないようだ。まともに本指名を入れる雰囲気もないまま、とりあえず頼んでみたという手合いが多い。些か嬢を軽く見過ぎだ。
 なお、私の経験では、アナルセックスまで持ち込むと写真もOKされやすい。面白いものだ。AFも撮影も許諾が得られるように嬢の気持ちを盛り上げる活動が同じなのだろう。
 私は撮影を許される前に──要するに、「写真、撮らせてよ」と言う前に──アナルセックスに持ち込んだことが圧倒的に多い。
 巨根の人は、AFだけでなく写真撮影もOKされにくいと思う。デカマラは嬢からすれば鬱陶しい気持ちが先に立つ。
 撮影した嬢はアナルセックスもしたのがとても多い。そんな想い出の嬢(=愛人)の写真を掲げている。
 画像の盗用とリンク貼り付けはお断り!
 何故か腹回りが目立つ写真になったが、それが卑猥だ。
 恥毛の縮小後の肌が卑猥だ。本人は上付きと言っていた。
 まあ、恥毛がなければ陰核茎部が丸見えだな。
 ガーターベルトを着けたままのヌード写真は素敵だけれど、そんなものは面倒なだけだからつけなくていいよと嬢に言ったので、撮影件数が少ない。
 照明が良くないね。この建屋が道路拡張行政のせいでなくなったと思うと寂しい。
 イキまくってやりまくって、嬢が「もうだめー」と言ってぐったりすると実に楽しい。
 私が放ってから撮った写真は(中出し液の流出を撮る近撮のものを除けば)かなり少ない。
 嬢のグロッキーの様子を撮ったのはこの時ともう2人の嬢だけで、いつもは私も疲労困憊でカメラを構える着想がない。毎度全身全霊のセックスで、相方に感心されたことがよくある。
 右足を上げてもらったが、この上体のラインは体が硬いことを現しているね。
 ガバッと開いて、受け入れ体勢が素晴らしい。被写体として、被挿入体として。
 M字開脚で押さえつけて励んでいる時は太い腿と感じていたけれど、すくっと立つと全然太さを感じないから不思議に思った。
 写真ではペチャッとした感じだけれど、乳房だけ手にすればやっぱり豊乳だ。この形は授乳経験ありと察するべきだったな。
 やけに下付きだったな。見る度に割れ目の位置が変だと思った。
 抜き商売の前はモデルをしたから、撮られる雰囲気が充満していたね。
 ヘルスの部屋にしては明るくて撮影しやすかった。
 脂肪過多でも、魅力たっぷりの嬢がいた。私がお相手した女性で、最高の体重ではないか。
 乳房が垂れ気味でウエストがやや大きくても、まっ裸で微笑めば、シャッター切るのが無上の幸せ。
 こんな写真を撮られたことがなかったと思うけれど、よく協力してくれました。
 ボディラインを浮き出させようと両手を挙げて足も開くように頼んだら、つま先立ちまでした。女はこういうふうに配慮するのが天性だね。
 この時は恥毛の面積と位置に驚いた。
 1ヶ月前は右の通りだから、更に縮小したようだ。こちらの写真ではもともと生えていた個所が良くわかる。まあしかし、下付きの感じもある。
 若いんだよね。私より30歳若い。随分愉しませてもらった。
 何か変わった光景を撮りたくてこの作業を頼んだのか、たまたま嬢がこれをやり始めてそこにカメラを向けたのか記憶がない。着色の淡い大土手が印象に残る嬢だ。
 結構なマン毛だね。カメラを構えるときに大土手の艶に着目した記憶だ。
 とても結構な光景だ。
 ホテルの部屋に12.30に入ってすぐにイチジク、13.00にはこれを撮っている。楽しい1日だった。
 影は何だろう。グロッキーにさせたものだ。発射前で、向きが真上に近くて素晴らしい。
 嬢のグロッキーの様子が硬直を更にかきたてた。
 マットを洗っている時に撮影した。私が見た尻穴の中で最も乱れのない形をしている。
 扇情の臀部でござる。尻穴が後ろ付きの感じがする。
 浅黒い肌に控え目な乳房。
 恥毛の縮小がどんどん進んだ。
 ハダカは良いものだな。
 お二人並べて鑑賞すると卒倒しそうだ。卑猥に開く人体構造が2つもあるととても目移りする。
 それにしても、一人は初対面なのに、(撮ってちょうだい)の雰囲気を出して、私は痺れた。
次へ  金津園遊びの実録  初会の金津園遊び  ソープ嬢を愛しむ  トップページ
(千戸拾倍 著)