良性記

格上のソープ遊びを考える

 18歳未満の方は入場をご遠慮下さい。

 並の遊び人とはひと味もふた味も違う格上のソープ遊びをするためのポイントはなんでしょうか。
 ソープ嬢を相手にして凡庸なことをやって喜んでいることはない──確かにこの通りなんだけれど、この説明では、どうしたらよいかわかりません。どうしたらよいのでしょう。
 答は「イカせなさい」です。嬢をイカせておれば、イキが難しい女性ならよがらせておれば、そういう努力をしない人と比べて先ず格上のソープ遊びが成立します。
 対女性関係では、イカせる(若しくは、完璧によがらせる)ことが必須です。気持ち良くさせなければ本当の男女関係が育ちにくいです。
 イカせるようなセックスをする男がかなり少ないから、それを(適切なやり方で)目指す男に女は心から瞠目します。そもそも射精することだけを考えて遊ぶ男とクリトリス地獄責めの男が多いですからねえ。
 ソープ嬢は女ですから、イカせて男が上から冷ややかに見下ろしているような態度でない限り、この公理が当然当てはまります。しかも、嬢にはセックスが体質に合わないようなのはおらず、むしろ生来のエッチ好みの女性がこの職を選びます。
 よって、嬢をよがらせて、それから本当の男女関係に近いものが始まるのです。近いものと制限をつけているのは、相手が商売で会うからです。
 ただ、「生来のエッチ好み」から“ペニスピストン大好き”と考えたらいけませんよ。そういう結構なバギナの女性が希にいますが、ペニスピストンはほんのりと気持ちよい程度というのが普通です。それも、挿入して最初の頃だけです。
 女性ご本人が「わたし、ペニスピストンされるの、大好き!」と言ったって、自分が好ましいと思っている男性が自分に対してズコンズコンして、その男性が気持ちよさそうにしているのが楽しい──という程度が多いです。ピストン時間が長いと嫌になるというのが大方の女性なんです。
 多くの男性が女性への抽送快感授与の願望に浸っています。だからこそ、AV女優はチンコ男優がズコンズコンしている時に、皆どうにもなりません!という顔をしています。
 多くの女性が好むのは優しくクリトリスを刺激されることです。これが『適切な方法』で、情熱を感じさせる所作でもってクリトリスを刺激すれば多くの女性は気をやることができます。
 イカせるってとっても楽しいことなのに、どうして皆これをしないのでしょうねえ。
 嬢にも“イキ”を知らない人がいます。
 そういう嬢では話が変わります。エッチがクール基調になって本当の男女関係を育てにくくなります。でも、これはどうやってもよがりもしない不感症タイプで当てはまるのであって、アクメる感覚が得られないだけのことならよがらせれば良いのです。
 性的愛撫に頑張っても嬢にさほどの快感が出てこないなら、私は親近化は諦めます。要するに、裏を返さない。商売でしている気持から一歩前に出させることが難しいから、容姿がいかに魅力的でもジ・エンドです。イキまくったりよがりまくったりする嬢が一番親しくなりやすいです。
 なお、希に(私はクリ攻めは嫌だ。バギナで感じるから)と主張する女性がいます。人様々です。
 ───もっとも、この発言は客の下手な愛撫を嫌っている場合によく出てきます。
 また、私が親近化を諦めるのは相手が上玉からはるかに乖離して意欲が湧かない場合が殆どです。相手に快感らしきものが殆ど見られなくて、そのことがつまらなくて、また、親近化に手間がかかりそうで、それで親近化を考えないケースはそんなに多くはありません。
 ───ソープ嬢をイカせようと思うなんてとんでもないことだ。あり得ない。
 そう思っている人は、小学5年生の時、心の奥で(できるできないは別にして)学業成績がクラスで一番になりたいと夢想することが全くない児童と同じで、夢も希望もありません。そういうぶざまな男性は年金受給権が発生する前にお亡くなりいただくほうが良いと思います。
 体質的にイクことができない嬢に対しては、たかが客が歳の離れたその女に『本当のうち解け』を果たすのが難しいです。しかし、幸いにも嬢には体質的にマルチオーガズムであるのがかなり多いです。
 アクメにまで持ち込むのはかなり簡単です。中イキが難しいだけで、クリイキはいとも容易です。
 中イキであろうとクリイキであろうと、イク感覚が得られない女性というのは意外に多いので、ここでは、アクメはイキがなくてもよがりまくる状態になったのも含めることとします。
 上手にオーラルでクリトリスを刺激すれば、たいていの嬢はイキます。指で弄るのは基本的にはしないというぐらいが良いのです。
 たかが客なんですから、本当に親しくなっていない段階では性器や乳房に指弄りをしないのが当然です。
 こう書くと、自分には本当に親しくなった嬢がいると思って、おやすいご用!と考える人が多いです。しかし、嬢と“本当に親しくなった”客ってなかなかいません。そのことを誤解なく。
 本当に親しくなったと思っても、嬢のほうは先ず営業応対のレベルです。本当に親しくなったと思うのは本人の思いこみです。ただスムースに会話が運ぶようになっただけのことです。
 金を払う射精棒つきの男たる位置から全く抜け出していません。オキニ、オキニと連呼する輩は全てこれです。
 女のオーガズムは男のように瞬間的な快楽ではないから、長く楽しませれば、行為中はどんどん親近的に持ち込めます。行為後も(たとえ嬢に照れ隠しで一見醒めたような感じがあったとしても)甘いものがあります。
 男女の行為においてキスはとても大切です。でも、初対面の客とか、気持ちが向かないリピート客に、嬢はまともにキスをする気にならず、ただ唇や舌を男に預けるだけが当たり前です。
 しかし、本稿の対象となる修行者には、私のアドバイスの通りにやっている限りは、ペニスピストン中も嬢はしっかりキスに応ずると思います。嬢のほうから吸いついてきます。
 私は別の作品(ソープ嬢とのディープキス)で「片方向のディープキスでは駄目だ。双方向のディープキスにもちこんでこそ相手にまともに認められている証だ」という趣旨のことを書いています。
 これが本当に大切です。これなかりせば『格上のソープ遊び』は成り立ちません。双方向のディープキスにもちこめなかった時に『ディープキスをしない女』という表現をするのではなくて、『ディープキスに持ち込めなかった自分』という考え方をしなければ駄目です。(客の殆どにこういう謙虚な考えが不足しています)
 さて、性的享楽面からソープ遊びに切り込みましたが、これは勿論一面です。楽しく遊ぶためには性的技巧の良きことのほか、人間性の良きことが大切であるのは言うまでもありません。
 男性は会話でもって女性の心を捉えることが必要です。喋りあうだけで嬢に(この人はなんだか他のお客さんとは違うぞ!)と思わせねばね。
 そのためには観察力・批評力を琢磨することが大切で、話術が一流の芸人さんの会話もボーッと聞いていない目的意識があらまほしきことです。
 高度なソープ遊びへの提案で私が推奨した“馬鹿げたほどに過度のソープ遊興”を集中的にやって楽しんでおれば、セックスも上手になるし、若い女との会話のコツもわかってくるし、(年に8回程度しかソープに行かない人なら決して味わえない)プロの女の手練手管に遭遇してニタニタすることもあります。
 普段大脳を使っている人なら──「女」を観察し、性反応を楽しみ、手練手管を客観的に鑑賞する───という、プロの女との遊び方がわかってくるし、また、このようにして楽しみます。
 金を払う射精棒つきの男たる位置から一歩抜け出した瞬間を察知するのがとっても楽しいです。

 高度なソープ遊びへの提案の通りソープ遊興を集中的にやって、次の赤枠囲いの定義の嬢が見つかったなら、ソープ遊びを縮小し、その嬢に月に一度か二度入浴するぐらいにするのがよいと思います。
 逢うたびに嬢がオーガズムに浸って、互いに大いにセックスを楽しむことができるとともに次のような“別格の応対”がその嬢から引き出せて、上客気分以上の愛人気分が楽しめるという嬢。──“別格の応対”なかりせば通う意義なし。
“別格の応対”の例
(1) 基本的にはゴム着応対なのに、NSで応じてくれる。
(2) 基本的に即々のプレイをしないのに、濃厚な即々のプレイで応じてくれる。
(3) 2度目や3度目の本指名ではそれほど濃密なディープキスをしなかったけれど、今では終始強烈なキスをする。
  ※ 嬢のほうから吸いつき、吸いしゃぶりがある、というのが前提です。
(4) 2度目や3度目の本指名ではそれほどうち解けた会話をしなかったけれど、今では愛人関係のような会話が続く。
  ※ 嬢が最初からそんな調子で、指名を続けたら昂揚ぶりが落ちたような気がするのでは、単なる営業上手です。
(5) セックスの際に、とことん淫らになってくれる。
(6) 基本的には即のアナル舐めをしないのに、自分にはこんなことまでしてくれる。
  ※ 男の大量の唾液を嬢が飲む、嬢が飲精する、というのもOKです。
(7) 基本的にはアナルセックスなんてしないのに、面白がって試させてくれた。
(8) 気分が乗っていたときに嬢が(嬢持ちで)『延長』や『1本追加』のサービスをした。
(9) なんと、デジカメ撮影に協力してくれた。
 このうち4つぐらいは実現できていなければなりません。(というか、7つですな)
 ハードでどエロで下品な行為とか金銭的なことに大変堅い考えの嬢もいるから(6)〜(9)は難しいこともあるけれど、(1)〜(5)のうちいくつかは必須です。
 ただ、(1) はピルを飲んでいない嬢では不可能です。でも、女性には(ほぼ)安全日というのがあって、こういうときには、該当の上客はNS交接を誘われるものです。
※ (ほぼ)とするのは、完全な安全日というものはないそうだからです。
 くれぐれも“別格の応対”にメルアド開示や店外デートを入れないように。店外デートを願うような性格の男は、嬢がその劣情の心根を察し、警戒的になって別格の応対が出にくくなるでしょう。
 姫予約なんていうのもガキ客が喜ぶだけのとろい行為です。姫予約は別格の応対には該当せず、これこそ見せかけの好意です。嬢が客の確保だけを念頭に置いて行為するもので、真の好意なんて殆どないと考えて良いです。
メルアド開示や店外デートなどよりも重視すべきことは次でしょう。
 (a) 本指名数月間実績や月収の状況を聞いている。
 (b) 預貯金の規模を聞いている。
 (c) 投資とか多額の預金の保全などについて相談を受けている。
 (d) 店の内情など詳しく聞いている。
 (e) 生い立ちなど詳しく聞いている。
ガキッと心を掴んだならばこれぐらいの会話ができて当然でしょう。
※ 但し、凄腕の嬢なら、月に2度3度の本指名をかける客にはこの程度の会話をすることがあります。
同時に上の(1)〜(9)の中の4つぐらいは実現できていなければ信用できません。
こういう時、上の(5) は気持を掴んでいることに強力な傍証になります。
※ 格上のソープ遊びをする人はメルアド開示や店外デートのようなものはやれるのが当たり前です。
でも、そんなことを求めようとはせずに店の個室での熱い抱擁に全力を尽くす。だから格上なのです。
※ 嬢が完璧にゴム着応対でやっていようと、格上のソープ遊びをする人はNS応対に持ち込むものです。
 別格の応対で一番間違いないのは、両者が裸の上でする超親密的性愛行為です。
 何度も入浴して、深い会話が実現できておれば、その性愛行為が“気に入りのどの客にもするもの”なのか“自分だけしているもの”なのかは見当がつくと思います。特にアナルセックスなんかはそれが初めてなのかどうかは嬢の態度や言葉でわかります。
 性愛行為のほかにも、通常の会話で嬢がどの程度心を許しているかは大人の男なら判断できるでしょう。
 嬢と客との関係で面白いのは、この別格の応対には年齢差(それも、20〜40歳の多大な開き)があんまり関係ないということです。
 普通の男女関係ではこんな莫大な年齢差でもって肉体関係がそんなにはありません。だから、ソープ遊びは愉快なのです。
 逆に言うと、年齢差が5〜10歳程度では超親密的性愛行為は先ず実現しにくいと思います。そもそもこの程度の年齢差の男には高度なソープ遊びへの提案で推奨した遊び方ができないでしょう。セックス動作も先ず様になるものではないでしょう。
 ソープはセックスで勝負するところ。セックス動作が様にならず、三こすり半の、射精回数が多いだけの男には、嬢は高い位置から面白がって見ているだけです。乃至は、仕事をしたという気分だけです。
 4回戦5回戦と熱望し、遊興費用を射精回数で割って値打ちを反芻し、自己の社会的生活では満足されない誇りを射精回数如きもので満たすという低レベルな男があまりにも多いです。それで、ソープ遊びの品格が忘れられがちになりますが、これが本道です。
 嬢との年齢差が20〜30歳もあれば、男性はセックスが上手にできる人が多くなります。嬢の初アナルセックスも、初の飲尿も、初の口内唾垂らしも、初の排便ショーも、初のハメ撮りも結構実現することがあるものです。私が説く強烈な遊び方と素敵なエッチがなされておればこそのことです。
 まあ、(そんなことが期待する別格の応対なら、女性冒涜で、俺は好かんから、求めん)と思う美しき心の男性もいるでしょう。
 それでも、心からの親密なキスが逢瀬の間終始繰り広げられ、嬢がいかにも歓迎的に股を開けば、これは楽しいものです。何よりも、陶酔の顔を見せっ放しなのが楽しいです。
 嬢を気持ちよくさせるセックスをする客が殆どいないだけに、気持ちよくさせるセックスは最強です。BBSを眺めていても、嬢をよがらせる遊びをしている男は先ず現れません。精々嬢のフェイクに舌なめずりしている男がいる程度です。そんな低レベルの連中とは一線を画す毅然とした心意気が望まれます。
 格上の遊びをしていたら嬢とのうちとけ具合は最上級になります。
 通常嬢は客をひけらかしません。普段客をとっている雰囲気を出さないようにしています。だから、他の客のことを話題にはなかなかしません。「貴方の後は本指名が二つ入っているのよ」なんて会話はせず、うちとけたふりをしておきたい客に、腹が立った客のことを話題にすることがあるだけです。
 遊びが終わると嬢がフロントに終了の連絡をします。そのインターフォンでフロントの男が嬢に「次、続きますから」と告げることがあります。
 この時貴方が格上の遊びをしていて、その日嬢から仕事が暇であるという愚痴を聞かされていたら、嬢は次のように言うと思います。
「今ね、続きます、と言われたわ。嬉しい! ××さんは、アゲマンではなくて、アゲチンだわ」
 貴方の馴染みの嬢がこの手の発言をすることが考えられないとしたら、うちとけ度は低レベルです。客に客のことを絶対に言わないという基本原則を忠実に守っているのですからね。
 BBSを眺めていると、若い独身のソープ愛好家が、妻帯者がソープに行くのを不道徳だと非難するのや老人がソープに行くのを嗤っているのを見ますが、咎められるべきはその人たちです。
 若い独身者は純愛に彷徨すべきでしょう。貯金に励むべきです。下手なセックスで買春して多回数射精だけ望むなら、エロ動画を見てセンズリに熱中しておればよい。
 格上のソープ遊びを妨げる最大の障害も書いておかねばなりません。該当者が大変多いからです。
 それは、(1) 口臭、(2) 見苦しいほどの出腹、(3) 早漏、です。ソープ談義では客が随分勝手なご託を並べていますが、この3つの存在率は高く、このどれかに該当するなら、格上のソープ遊びをなす観点からはもうお話になりません。
 口臭を発する男が如何に多いか、それは私のように背の低い男が同性と立ち話をすればよくわかります。
 早漏がいかに多いかはソープ遊興ルポを眺めればよくわかります。早漏を隠そうとする意識で書いた文章でもあの程度なんですから。

 私が説く格上の遊び方に対極的な“極度にくだらない遊び方”は何でしょうか。それは単に金にものを言わせるだけの入浴です。(金津園で言えば、貴公子、英國屋、クラブロイヤルにやたら行きたがる男は先ずこれに該当します)
 ネットではよく貸し切りでゴージャスな遊びをしたという報告が出ています。
 貸し切りともなれば嬢は当然頑張ります。本指名をちゃんと稼いでいる嬢を貸し切りすれば豪勢なサービスが受けられることは間違いないでしょう。
 これは貸し切りではなくトリプルの入浴ぐらいでも期待できます。
 でも、歓待は嬢が心を曲げてしているものと思えば私は感動できません。
 毎回シングルで入っていた馴染みの嬢に自分の管理職就任祝いとか栄転祝いなどの名目でもってそのめくるめく歓喜の心で、例外的遊びとしてこういうことをするなら、まあ意義はあろうかとは思いますが。これは相方もきっとその気になるでしょう。
 私は、馴染みの薄い客でも貸し切りや4コマ入れてくれた客には猛然と頑張るタイプの嬢は性格として好きになれません。現に私の通い嬢はその手の接客経験を苦痛に感じる嬢ばかりでした。
 それで、私は貸し切りや4Pプレイや4コマ入浴を複数回するような人は唐変木の男が多いと認識しています。
 金にものを言わせる入浴をするということがやっぱりとろい男ということなのでしょう。例えば、ソープの狭い部屋・狭いベッドに嬢3人を呼ぶのは阿呆という言いようがありません。
 4コマ入浴については、お気に入りの男でもないのに長時間つきあわされるという嬢の気持ちを慮る心が女遊びには大切なんです。交際は心です。
 まっ、私は長年のソープ遊びで相方から貸し切りやこれに類する入浴をする客のことをよく聞いていますが、不思議なことに、その相方がその客に心から親しんでいる雰囲気を感じたことは全くありません。どちらかと言えば否定的な気配ばかり感じています。要するに、揶揄っぽい。
 退屈だとか、どうしてそんなことをしたがるのかわからないとか、気が重いとか、体が楽で良いとか、会話に神経すり減らすだとか、こんな報告です。
 だから、こういう遊び方をする男は、女にその月の本指名実績を増やす貢献をしたという意義を感じさせただけの唐変木が多いと思っています。
 さて、貴男は、初会の嬢に「いつも違う女の人に入っているのですか?」という質問をされることがどれぐらいありますか。
 私は殆どの初会の嬢にこの質問をされています。
 以前は嬢にこの質問をされると、(毎回違ったマンコに嵌めたがる下劣な男だと俺を観測するんかい!)とか、(おいおい、いきなり打算の気持(私を値踏みする心)を出すのかい!)とか思って、どちらかというと少し白けていたのですが、あまりによく経験して思い直しました。
  (1) この言い方をされる男って一体どれぐらいいるのだろうか。
  (2) 打算の気持ではなくて、私に対するやる気と見るべきではないか。
 こう思ったらよいのではないか。
 初対面の嬢の悉くにこれを聞かれるという経験をしている人が一体どれぐらいいるのでしょうか。大いに気になります。
 私が説く格上の遊び方に対極的な“極度にくだらない遊び方”のもう一つは当然毎度フリーで遊ぶことでしょう。
 ネットを眺めていると、(嬢にとって本指名数がいかに大切なものであるかを考えようともせずに)この遊び方で良いと主張する意見を頻繁に見るので驚きます。
  (1) 廉価になるのを優先するとは何というさもしい男か。
  (2) 特別なことを望まないからフリーでよいとは何という情けない考えか。
 こう思います。まあ価値観の違いだからそれでよい、射精が気持ちよければよい、ということですが、そんな程度では誠に情けないということに気づかないのが情けないです。それこそ年金受給権が発生する前にお亡くなりいただくのが相応しい人です。
 良性記を知っていて「俺はあのエロ爺とは違ってマニアックなことは望まないから…」と言いたい人もいるのかもしれません。
 でも、私は変態プレイを望んでいるのではなくて、嬢の、心からの歓待を望んでいるのだけれどねえ。心の本質的な結びつきを望まずに、射精快感が楽しめればよい、なんていう人のほうがよっぽど異常だと私は思っています。
 商売女に惚れる価値なし、中出しできればそれでええ、というスタンスで、確たる気持でこう言い張るのなら、ある意味立派ですが。
 最後に格上のソープ遊びをしている男の行動をまとめます。
(1) 超親密的性愛行為を楽しむ。好感獲得が別格だ。
(2) 入浴回数が多い。
※ 入浴回数が多くできない男は入浴回数が多いことが大変大切だとなかなか認めたがらない。
  一方、入浴回数が多い男でもその効果がまるで出ていない男というのはたくさんいる。
(3) 嬢にこの人はどういう人だろうかと興味を呼び起こす程度が高い。
嬢の想い──男前だ、ほがらか、なんだか可愛いところがある、本指名が期待できそう、
エッチが楽しい、実に気が置けない、話が楽しい、知的、助平すぎて飽きない、
ソープの仕事について勉強になることを学べる、金津園のことに詳しくてためになる、
店の人がこの人の気持ちを掴みなさいと言った、この手の人には会ったことがない
(4) 嬢とメールをやりとりするとか店外デートをするとかを『邪道』としてやらない。
※ メールを交わすと切りにくくなるから望まない。
(5) 現役嬢の名前を出してネットに書き込むようなことはしない。
(6) 意に染まぬ嬢と対面しても、嬢にやる気を出させて楽しく遊べる。
(7) 予約困難嬢を狙わない。10万円の店のような異次元の女に願望をかき立てない。
※ 客に10万円払わせてセックスに応ずる女は心が正常から離脱していると思う。
(8) セックスがうまい。
ソープ遊びを考える  良性記のトップページ
ソープ嬢を愛しむ  ソープ嬢の秘技を考える  金津園遊びの手引き
(千戸拾倍 著)