良性記

激写 その4

 私は熱心に嬢を撮影しても、(買春費用と食事代と旅行費用と本代以外では)相当なるけちだから、三脚や交換レンズや遠隔操作のできるカメラ、要するに、撮影機材にちっとも心を向けなかった。フラッシュ内蔵型を買ったほうが良いとも思わなかったし、フラッシュ内蔵型でないデジカメを使っていた時は、外付けフラッシュを買うことを全く考えなかった。
 今思えばとても悔やまれる。ソープ遊びには何万円と使うのに、(小型なら)たかが1万円前後の三脚やフラッシュ装置には出費を惜しんで全く心を向けなかった。今は両方とも使っているだけにそれが残念だ。まあ、写真の出来栄えよりも写真を撮る愉しさに心が向かっていたのだろう。
 デジカメも、これまで買ったものは高くて5万円、大体4万円前後の投資だった。だから、動画をまともに撮っていない。10万円クラスの物を買えば良かったと悔やんでいる。
 デジカメが世に出回るようになってすぐに購入した富士フイルムの33万画素のDS-7が一番高かったかも知れない。交換レンズを複数持っている人を羨むなら、自分もそうすれば良いのにと心から思う。ソープ代は惜しまないのにケチすぎた。あれだけカメラを向けるのが好きだったのに、本当にドケチだ。
 現在のカメラは canon EOS Mで、セルフタイマー撮りもリモコン撮影もOKで、外付けフラッシュも買ったし、一応の満足感がある。動画も出来が良い。近撮が上手くできないのが残念だ。接写用に交換レンズを買えば良いのだが、花や女性器を撮るためにわざわざ購入するのがもったいないと思ってしまう。
 それはともかく、ワンランク上のカメラを買うべきだったと悔やんでいる。
 ハメ撮りで撮りにくいのは次だ。
マットプレイ  浴室は照明が暗い。
 マットプレイの佳境でセルフタイマー撮影をするには、嬢がシャッターボタンを押さねばならない。その嬢は手がローションまみれだ。
アナルセックス  アナルセックスではローションを使うから手がべとついていることがある。
 アナルセックスでは勃起がしっかりしていることが大切なのに、ハメ撮りに心が向かうと最強勃起を阻害することが多い。
排便の撮影  排便を浴室やトイレですれば照明が暗い。
 撮影する箇所が陰になりやすい。
 シャッターボタンを押すタイミングが非常に難しい。
 要するに、リモートの撮影という気の利いたものを知らなかった。で、セルフタイマー撮影でやってみようと思う。でも、マットプレイを撮るのは難しい。
 アナルセックスでは潤滑剤のローションが指につくからまともにカメラが操作できない。指を拭ってカメラを操作しているうちに勃起が弱くなって、アナルに突入させられなくなってしまう。レビトラを使う前は実にだらしない陰茎だった。
 動画で撮るなら、先にカメラをセットしてシャッターを押し、それからローション液を用いてアナルの拡張にかかればよいので、大変結構だ。
 デジカメの動画の機能が向上してからこのやり方に気がついて、日頃ハメ撮りをしている嬢に、「ラブホテルは明るくて広くて、動画が撮りやすくなるので、ラブホテルで是非撮影したい」と頼んだ。
 OKされたときはもう欣喜雀躍で、壮烈なアナルファックがカメラに納められた。この作品を誰にも見せられないのが本当に残念だ。
 アナルセックスは動画で撮って飛躍的に面白くなる。アナルセックスがノーマルセックスと違うのは、ペニスの挿入時に女が声を出すことが多い。突入時に存外声が出る。これが撮影シーンの風味を格段に増す。動画は音声が入る。
 もちろん突きまくっている時の女の仕草も声もノーマルセックスよりも濃厚だ。アナルセックスはとても絵になる。
 たくさん撮った中でノーマルセックスの最中の写真だが、合体している局部のドUPや仰向けの嬢の顔から合体部までの眺め(要するに、手持ち撮影)をたくさん撮っても、二人の合体の全体像が実は大変少ない。理由は次だ。
 1.三脚を使ってセルフタイマーで撮ることをそんなにしていない。
 2.セルフタイマーの撮影は(レビトラ服用前ではもたもたいじっているうちに先ず)中折れに至った。
 3.リモコン撮影をしたのが2013年11月と大変遅い。
 1については、そうする知恵がなかったと言えるし、性交中の写真は合体部をアップ撮りしたものならともかく、二人の全身が写るものは度を超しているという遠慮の気持ちもあった。まあ、2が一番の要因だったのだろう。
リモコン撮影なら萎えずにうまくやれたと思うが、その機能のカメラではなかった。
セルフタイマーの撮影は次の流れだ。
 (1) 合体し、激ピストンで勃起を強化する。
 (2) 体を離し、カメラのところに向かう。
 (3) 眼鏡を外して、セルフタイマーをもたつきながらセットする。
 (4) 戻って、合体を試みる→中折れ状態に突入→絵にならず。
 例えばフェラチオ中のものは、その強力支援により私が撮影に意識が向かってペニスが萎えてしまうことがないし、そもそも手持ちで撮れるから、これは結構撮っている。
 性交中の全体像の写真を撮るようになったのは2007年以降だ。撮影を意識して二人の位置決めやカメラの設定をもたもたとやっていても、レビトラのおかげでペニスが力をなくすことがなかった。二人の顔が写った次の写真を楽しげに撮ったのが出てくる。
二人ともが立ったまま、どちらかが何かにもれて向き合ってする体位
二人とも立ったまま、女が片足だけを大きく持ち上げている体位
私が腰を下ろしたところに嬢がしゃがみ込み、嬢の後ろから接する体位
 画像の盗用とリンク貼り付けはお断り!

 とにかく裸が良い
 裸の女性はどうしてこんなにわくわくさせるのだろう。
 私は次の写真のように休憩タイムでも嬢を必ず全裸にさせている。
 女の無防備な裸は何とも平和を感じる。
 いつも思うのは部屋の照度が足りないこと。照度があればより綺麗に見えるのに。
 私は大変多くの嬢でこんな写真を撮っている。
 フェラチオ中のこの角度で見たボディラインが好きだ。当然目に映るのは上下が逆だ。
 こちらはTバックを上から眺めながら即尺堪能だ。
 女の裸2つというのは何とも良い。二輪車入浴でカメラを使ったのがこの時しかないから、それがとても残念だ。
 私はもともと巨乳に全く魅力を感じなかったが、この嬢に通ってから少し考えが変わったようだ。
 そりゃそうだろう。このウエストのサイズなら。
 私の遊興の前半の時期はマットを楽しんでいたからこんな写真をよく撮った。
 後半の時期ではこの手の写真がない。
 後ろから見ると大きなお尻なんだけれど、厚みが意外とないんだね。
 美肌のお尻。
sho4
 白くて大きめだから、なんだか生々しいお尻。
 こんなに細い体を見たことがない。
 こんな美肌でパイパンだと欲情100%。
 結構なマン毛だね。
 ヘルスの部屋にしては明るくて撮影しやすかった。
 名古屋のソープ店のファック台は情緒なしだね。
 腿の横のシーツの染みで、ベッドの段差を利用したクンニの後だとわかる。
 ボディラインを浮き出させようと両手を挙げて足も開くように頼んだら、つま先立ちまでした。女はこういうふうに配慮するのが天性だね。
 でかい女が好き!
 165cm超えの背丈の女は素晴らしいと思う。
 私かでかい女がいかに好きかは高身長女に嵌め通い1に書いた。
 おまけ
 以下は2ちゃんねるで拾った画像で、私が入浴した嬢だ。
 ルイ、ローザ、某1嬢、某2嬢の順。



 撮影場所は、マスターズ(現クラブロイヤル)、ロイヤルヴィトン、クラブロイヤル、ラブホテルの順だと思う。
 4つ目の写真は嬢がヘルスの時のものの筈だが、ヘルスの部屋ではない。
次へ  金津園遊びの実録  初会の金津園遊び  良性記のトップページ
(千戸拾倍 著)