18歳未満の方は入場をご遠慮下さい。

昔の日記 〜その7

 2010年03月24日(水)
 エロ動画を見ていて最近気づいたことがある。私は徹底的に早送りしながら鑑賞するし、いつもマンコしか見ていないから、そのことに気がつくのがこんなに遅くなった。
 それはキスシーンがあんまりないことだ。これは洋物のエロ動画でも同じだ。
 助平行為のスタート時にキスシーンは結構ある。しかし、ファックに入ってからキスがそんなになくて、それが不思議だ。考えられる理由は次だ。
(1) もっとエロい性愛行為を鑑賞者は見たがるから、キスシーンは邪魔だ、と制作者が思っている。
(2) 愛のないセックスを仕事でするから、出演者が愛の象徴たるキスを必要最小限にしたい。
 本当のキスはペニスがバキナにぶっ刺さっている時に交わすものだろう。
 私は「ディープキスは女からの吸いがなれけばならない」と書いているが、この女からの「吸い」にしても「(舌による)探り」にしても、より一層発揮されるのは2人の体が重なり合っている時だ。
 熱いクンニリングスをじっくりして官能の海に浸らせた後体を合わせ、唇を寄せると、濃厚なキスに必ず至る。性器の連結と口唇の重なり合わせ、この二重結合が気持ちを熱くする。
 これ以外のキスなんて殆ど挨拶のキス同様だ。
 ペニスがバギナに入っている時にそれほどキスを交わさないのは、ひょっとしたらエロ動画だけでなく、ソープのファックでも家庭のファックでも同じなのであろうか。
 テレビで芸能人がキスについて語るのを聞いていると、子供じみて、お笑いだ。本当のキスはファックに伴ってするもので、それ以外のキスは皆挨拶キスだ。「おはよう」「こんにちは」を唇の接触でしているだけだ。
 なのに、恋愛経験豊富らしき芸能人がこういうキスだけを念頭に置いて、キスを分析したり、キスの作法を述べたり、あれこれ評論している。クリームソーダとミルクセーキで育ったお子ちゃまかと言いたい。
 私はペニスがバギナに入っている時に常にキスを求めるのではない。チンボを受け入れている女から本気のキスが返されるはずだと判断する時だけキスを仕掛ける。大方の場合大変麗しいキスを繰り広げられる。
 二人が合体している時のキスだけが本当のキスで、その他のキスは握手などと変わらない。さほど大きな意味はない。そんなキスについて論じたってしょうがないのだ。

 で、今日の金津園の相方(シルクロードのカエデ)は見事なキス女だった。初対面でああもキスを求められると、キスのディープさで親密さを測る私としては些か困る。
 ここの長い遊興談は珍しく後背位でアナル射精に載せた。
 2010年03月28日(日)
 ネクタイをゴソッと捨てた。スーツも革靴も捨てた。こうまでもネクタイやスーツや革靴を使わないとは思っていなかった。ネクタイもスーツも一昨年ごっそり捨てたつもりなのにまだ余剰があったのだ。
 名刺入れも書類入れも不要。昔の辞令書や資格通知書も不要。何やらとっても寂しい。ズック靴で繁華街に出かけると、何やら浮浪者になった気分だ。
 ラブホテルに行った時よれよれのパンツは嫌だから、ワイフに購入を頼みたいところだが、やっぱり言いにくい。自分で買いに行けばいいのだろうが、どこへ行って何を基準にして買ったらいいのか、よくわからない。生まれてこの方下着という物を自分で買ったことが殆どないことに気がついた。
 2010年03月30日(火)
 煙草を止めて1ヶ月半が過ぎようとしている。ここまで見事に止められるとは思わなかった。
 これまで何度も禁煙したが、その時は金津園に行くたびにサービス品の煙草を貰い、その1箱を5日以上かけて吸った。無理な禁煙は心に良くないという考えだ。節煙から禁煙へと狙いを定めていた。そして、全て禁煙に失敗した。
 今回は店のスタッフが差し出した煙草を「禁煙したから」と言って断っている。嬢からも煙草をもらってない。ただでもらうのは大好きなくせに、立派だ。
 ソープ店で煙草を断れるとは思ってなかった。本当に凄い。チンボだけでなく意志も存外にカタかった。
 その結果窪んだ頬がふっくらしてきて、腹がはっきり出腹になり、全く滑稽な裸体になった。断じて食事の量は増えていない。それでも太るのは、喫煙は太るのを抑える何かがあるのだ。
 2010年04月08日(木)
 最近読んだ本。
ん  日本語最後の謎に挑む     山口謠司 著   新潮新書 (タイトルの迫力ほどではない)
水の科学[第三版]       北野 康 著 NHKブックス (ぼちぼち。でも、凄い学者さんだ)
天孫降臨の夢 藤原不比等のプロジェクト 大山誠一 著  NHKブックス (興味深い)
 3冊をまとめて買って一気に読んだ。ちゃふにちが好調だと、どういうわけか私の脳細胞も活気が出る。ついでに睾丸のグニュグニュ動きも若かりし頃のように活気が出ると楽しいんだが。
 こういう知的な本を読むと私の前頭葉は砂漠が霧を吸い込むように森羅万象の理を取り込み、エロ動画を見ると利尻島や屋久島の泉に清水が湧き出るように性的衝動に満ちる。私の性への好奇心はいかにたくさんのマンコを見てオーラルしてきてもまるで少年のように鮮烈だ。
 この「最近読んだ本」というのを書くのが、2月06日、2月27日、以来だ。読者好きな私がそこまで読書から離れた。
 2010年04月12日(月)
 ここの長い遊興談は業界歴の短い嬢で初アナルに載せた。
 2010年04月24日(土)
 最近読んだ本。
日本語は滅びない       金谷武洋司 著   ちくま新書 (必読の書だ。前半半分は面白い)
女と男はなぜ引き寄せあうのか?なぜ理解しあえないのか? 生田 哲 著 講談社+α新書 (ぼちぼち)
 2010年04月26日(月)
 ここのセックスに関する長い話はスケベエッセイ 7性行動の考察に載せた。
 2010年05月09日(日)
 ここの悪い夢見の話は気合いだ!は有効だ夢見の改善に関する気合いに載せた。
 2010年05月13日(木)
 最近読んだ本。
38億年生物進化の旅          池田清彦 著  新潮社 (面白い)
宇宙論の飽くなき野望 知りたいサイエンス 佐藤勝彦 著 技術評論社 (宇宙論の最新版的解説)
質量はどのように生まれるのか      橋本省二 著  BLUE BACKS (量子論の最新版的解説)
 宇宙論と量子論は本当に難しい。昔はこの手の本をよく読んだ。数学と物理が一番の得意科目で、これは高1で既に大学入試級の問題に当たっていた。学校の授業よりも先を独学で勉強していた。
 しかし、理学部では25歳辺りまで親に厄介をかけそうだと思った。父は超低給取りの営業マン、母は生活のためにトヨタの重役夫人などに高級反物を売る仕事。
 両親に25歳まで負担をかけることなんて到底できっこない。大学院は金持ちの子しか行けない。
 量子論や宇宙論の本を読むとそんな昔のことをしみじみ思い出す。
 私は外国語が大嫌いだった。毛唐のデカチンと言語には嫌悪感だらけ。理学部や経済学部は相当語学が必要らしいとわかっていた。相対性理論の本ならともかくも、ケインズやマックスウエーバーの本を原文で読むなんて考えただけでもイヤになる。
 文学部や教育学部ではそんなに生涯所得が多くなるとは思えない。工学部はただのエンジニアでつまらない。勉強ばかりして技術習得なんてイヤだ。
 となると進むところは法学部しか考えられなかった。

 最近想うこと。
 32歳の娘が私を爺扱いする。しかし、私は終わった男ではない。
 60代や70代の男が20代の女とファックできるなんて、買春の超特権だ。本当に小気味良い。たかが女子柔道で強かったぐらいで、小沢爬虫類親爺に着眼され、有力政党の候補として参議院選に出て、当選が確実視される人間の小気味よさと同じぐらいに小気味良い。
 子育てして柔道して、参議院議員の役目を果たすと言っているようだけれど、彼女は国会議員というものをどういうふうに考えているのだろうかねえ。
 たった一つの法律、商法でも労働基準法でもなんでも良い。それを理解するだけでものすごい勉強量が要るというのに、冗談じゃないよ。
 私が18歳の頃なら、こんな人間(谷だけじゃない。堀内に中畑だ。あきれるぞ)を簡単に当選させる我が国の民度の低さに絶望して、焼身自殺することを真剣に考えたよ。
 民度の低さなんて分かり切ったことでどうでも良い。言いたいのは20代の女だ。
 私の姪は全部30歳を超えている。30歳を超えた子持ちの女って、20歳前半の女と比べればはっきり歳の差を感じる。
 姪の顔を見るたびに(俺は20代の女のマンコを舐めてよがらせているんだぞ!)とほくそ笑む。何という素晴らしい人生かと思う。ロールスロイスやクルージングの豪華客船に乗る喜びのざっと30倍の歓喜を20代のスレンダーギャルの体に乗るたびに感じる。
 金持ちでも、有名人になるとこんなことができるか! 大量にして頻繁な買春なんて実行可能か? しかも、金持ちというのは65歳になっても金を稼ぎたがる。心理的にも買春なんてしづらい。
 俺は天下御免の無職。量子論や宇宙論や人類進化に思いを巡らせながらも、女の股ぐらのことを 365日考えることが可能だ。なんという素晴らしい人生だろう。
 しかし、禁煙って本当にやめたくなる。だって急に腹が出てきたのだ。どうしよう。
 摂食量は断じて増えていない。なのに腹が出るということは、タバコには肥満を抑える素晴らしい効果があるとしか思えない。
 禁煙→腹が出る→上から陰茎が見えない→洋式便器で小用を果たす時腰を前に突き出す→便座が汚れない
 禁煙には、家庭のトイレ掃除人を喜ばせる素晴らしい効果がある。
 2010年05月15日(土)
 最近読んだ本。
太陽系はここまでわかった   リチャード・コーフィールド 著  文藝春秋 (結構な著作だ)
 しかし、毛唐の文章って、粘着的で回りくどくて自己主張的で‘お前ら感動せい!’的で嫌いだ。どうしてあいつらはああいう書き方をするのだろう。
 こういうものに比べれば私の文章は非常にわかりやすいのではないかと思う。
 大変興味深いニュース
 奇妙な海の動物群、繁栄続く=約5億年前の化石発見−モロッコ
5月13日3時3分配信 時事通信
 アフリカ北西部モロッコの古生代オルドビス紀(5億〜4億4000万年前)前期の地層から、それより古いカンブリア紀(5億4000万〜5億年前)に繁栄した奇妙な海の動物群とよく似た化石が約1500個見つかった。米エール大などの国際研究チームが13日付の英科学誌ネイチャーに発表した。これらの動物群は、これまで考えられていたより長く生息していた可能性が高いという。
 カンブリア紀の動物群は、カナダ西部の「バージェス頁岩(けつがん)」で見つかった三葉虫や、エビに似た「アノマロカリス」などの化石が知られる。動物の種類が急増した後で、現存種の祖先とみられる種もいたが、全身とげに覆われた奇妙な形の絶滅種が多かった。
 地球上の大陸が移動と集散を繰り返していた時代で、これらの動物群は、当時は温暖な低緯度地方に生息し、カンブリア紀の中期後半には大半が絶滅したと推測されてきた。しかし、オルドビス紀前期に、当時は南極に近かったモロッコでよく似た化石が多数見つかったことから、繁栄が長く、地球規模で続いたと考えられるという。
 私の初AFは、学年でトップ達成、大学合格、就職決定、結婚、第一子誕生、聴力の喪失後の回復、東京本社に栄転、職位の上昇、頸椎症と悪性痔瘻の同時の意外な治癒、孫の誕生、アナル中イキの達成、60歳を過ぎてラブホテルの利用、こういう歓喜中の歓喜と肩を並べるぐらいに超嬉しいことだった。
 とにかく勃起が冴えないから苦労に苦労を重ねてようやくきついアナルに突入できた。相方にはもう何度も入浴しているから当初ほどの感動はなく、それでなかなか勃起が維持できなかった。協力してくれた女に申し訳ないと思ってそのことは小説にはっきりとは書かなかったと思う。初めてのアナルセックス:この相方は去年か一昨年かにようやく現役を引退したようだ。長かった)
 アナルセックスは、30代以上の男の全員がこれをしたいと思ったとしても、相手の女性が普段全くアナルセックスをしていないならば、恐らく男性の6割程度は勃起力の脆弱さからこれが遂行できないと思う。(要するに、勃起が頼りないのが6割ぐらいはいる)
 アナルセックスは結構難しいのだ。
 にもかかわらず、私は例えば今年の場合2月から5月まで全部違う女とアナルセックスをしている。対面2回以内でアナルセックスに持ち込んだ嬢が3人もいる。
 これは
(1) レビトラのおかげでペニスの剛直力が満点であり、全く苦労なくアナルに突入できる。
(2) 私に女性のアナルをじっくり拡張する優しさがあり、女性が協力する気になる。
(3) 私の強烈なエロさに、女性がアナルを差し出すことを恥ずかしいと思わなくなる。
(4) アナルセックスに本当に拒絶的な嬢というのはかなり少ない。
 ※ 相手の好意と男の持ち込み方次第でアナルセックスは結構可能になるものだ。
の4つをはっきりと示している。
 アナルセックスは本当に面白い。バックでしておればチンボを飲み込んでいる尻に見とれる。対面でしておれば寂しげなマンコがパカッと開いている。悩ましい。そのマンコにローターをぶち込んでおくと、ペニスの背に得も言われぬ快感だ。
 抽送中のペニスの息苦しさも素晴らしいし、喘ぎ声がマンコにズコンズコンしている場合とは少し違った感じだ。何よりも突入の瞬間、カリの背に交響曲が響き渡る感じ。あれが良い。
 そのことが上手な人はそのことについて人よりも楽しく深く遂行できる。この当たり前の事実をつくづく感じる。
 2010年05月19日(水)
 最近読んだ本。
  源氏物語とその作者たち    西村 亨 著  文春新書 (ぼちぼち)
 光源氏に求愛された女の多くはスーパー資産家・光源氏の庇護を受けてその後の暮らしが成り立つ。結構なことだ。女は男に性交させて生きていくのだ。
 私はもう高校生の頃には───女性の結婚は打算である───という意識を育てていた。古今東西の素晴らしい恋愛小説の多くに目を通していてもそう思っていた。
 どうしてそうなったのか。それは母がまだ子供の私に次のようによくぼやいたからだと思う。
 私は女学校も出ていて、もっと素晴らしい縁談話がいっぱいあった。だけど、オトウサンが父に結婚を申し込んで、父はオトウサンのくそ真面目なところが気に入って、すぐに話を決めてしまった。おかげで私は苦労しっぱなし。オトウサンの稼ぎは本当に少ないから何も買えやしない。お米から何から何まで実家の世話になりっぱなし。私はオトウサンのところへ嫁に行くのが本当に嫌だった。軍人していたというだけで、高等小学校しか出ていなくて、仕事らしい仕事をしていなかったんだもん。
 私が結婚して、その10年後ぐらいに職位が課長級に上がった。月給袋を妻に見せて「おい、すっごく給料が上がったぞ。びっくりした」と叫んだ。
 その時妻がニッコリして言った。
 私、貴方との縁談話が出た時に占ってもらったの。その時の卦が「貴女はこの結婚でお金には困らないです。お金には苦労しません。結婚を進めてください」ということだったので大いに安心して心が決まったのよ。今初めて打ち明けるけれども。……ほんと、私、金の苦労はないもん。占いの通り。嬉しいわ。
 私は───女性の結婚は打算である───と強く思った。
 その直後に金津園に通うようになったから、この考えが影響していたのかもしれない。まあ、結婚も売春も女性の行為として断じて同じようなものだ。堅気の女はお金で体を売る女を絶対に笑えない、と私は昔から思っている。
 結婚とは壮大なる売春なのだ。
 ここの排便始末の話は排尿困難と排便問題ウエットティッシュで尻穴を拭くのがいかに結構なことかに載せた。
 2010年05月24日(月)
 私が上手なセックスを考えるに書いたことでひょっとしたら“多めに”見過ぎたかもしれないと思うことがある。それはアクメを経験している女性の割合だ。
 私はもともとクリイキを果たす女によく通った。そして、クリイキができる嬢によく遭遇した。クリイキが可能な女性の割合はひょっとしたら8割ぐらいはあるんじゃないか。少なくとも6割はいるだろう。そのように思っていた。
 ところが、平成17年以降クリイキが得られない嬢によく通い、かつ、よく出くわしている。
 私と対戦する時、嬢は初会ではイカなくても、本指名でイクのは結構多いのではないかと思っていた。
 しかし、私のきちんとしたクンニリングスでイカない場合に
(1) 裏を返すと、初会でイキに近いよがり方をしていたケースでは──本指名でイク。
(2) 裏を返すと、初会でイキにほど遠い感じだったケースでは────本指名でもイキはない。
(3) よがるシーンが全然ないか、よがり方がフェイク候で、他に魅力を感じなかった時──裏を返さない。
というのをよく経験すると──クリトリスやバギナを刺激されて、快感は得られるけれども、突出した『イキ』の感覚を経験なしという女性の比率が存外高いのではないか──と思うようになった。
 女性の『イキ』は楽しいから、この期待が存在割合を考える際に高めにしすぎになるのではないか。男のイキは生殖のために絶対必要だが、女のイキは子作りに必須ではない。
 女性のイキを望まないほうが良い。よがってくれれば楽しいと思ってエッチをしよう。
 そう私は主張したい。
 それにしても、バギナ本イキは実に楽しい。エロ動画でも滅多に出てこない。
 2010年05月26日(水)
 昨年秋から今年の春まで、私が熱心に通った嬢の上がりが頻発した。あんな因果な職業から上がるのはとても結構なのだけれど、この上がり、早いのと遅いのと随分差がある。
 私が通った嬢は職業意識がしっかりしているのばかりだから、そうなると傾向としては、上がるのが30歳超えや40歳超えというのが多くなる。でも、早いのは早い。
 本指名の入浴まで小説などにしっかり書いた嬢については、ネットで詮索されて嫌な思いをさせる可能性を考えたら、早めに上がっていただいたほうが私はやりやすい。
 このところ私には大変痛い上がり(ただ金津を去っただけかもしれないけれど)が多い。上玉の喪失は実に面白くない。しかし、また別の上玉探しに向かえるという点では大変結構だ。
 よかオナゴが大金を稼ぎたくてソープにやってくるのは、ソープ愛好家としては大変嬉しい。特に、男のセックスなどにうんざりしているような女が一番ありがたい。私はそういう女に男とセックスというものについて目を開かせることができるから、女に考え方を改めさせてほくそ笑んだことなど数知れずある。

 私のセックスの特徴は、動作が濃厚なことと、セックスの最中によく喋ることらしい。現にピストン運動をしている時でもよく話しかけるのだ。
 黙ってセックスするのが多いようだけれど、皆余裕がないのだろうか。
 私は女を茶化すし、褒めるし、もっとエロくやれよと叱咤するし、塩梅が良いかどうか聞くし、マンコがしっかり潤っていたり、昂揚してパックリ開いていたりすれば、嬉しそうにその事実を指摘することもあるし、動作について注文もするし、まあ、いろいろやっている。
 2010年05月30日(日)
 このところxvideos.comをよく利用する。で、私が思うこと──日本人には軟弱なダメ男が実に多い。
 どうしてそう思うのか。xvideos.com の日本人ものをよく見てほしい。
1.レズがメインの作品の比率がとても高い。
2.女性が仰向けでオナニーする。そこへ男どもがオナニーで射精する───こんな作品が多い。
3.男が女を愛撫?するのは、バギナ指ピストンがやたらと目立つ。
4.修正済み動画を無修正ものばかりある投稿サイトに放り込んで恥ずかしくないのか。
5.アナルセックス物はやたら事前準備が出てくる。それも、どうやっても入る細い物で。
 まあ、日本人の男はセックスにおいて実に軟弱だ。軟弱ではない男は“バギナ猛然擦り”か“クリトリス猛然擦り”か“乳首ひねりつぶし”を嗜好するのだ。もうどうしょうもない。
 xvideos.com 一つで日本人男のひどさがよくわかる。それに比べれば、日本人女はええ。皆、マンコ開きとチンコ奉仕に心がある。
 2010年06月01日(火)
 最近読んだ本。
  われわれはどこから来たのか、われわれは何者か、われわれは… 帯刀益夫 著 ハヤカワ新書 (ためになる)
 それこそ毎日のように自分の老化の進み具合に愕然とし、哀しみながら、もう5月が過ぎた。老化というのは本当に寂しい。私の場合射精に関わるところで痛切に老化を感ずるともう悲しくてやりきれない。
 嗚呼、わしのあの素晴らしい射精感は一体どこへ行ってしまったのだろうか。
 私には、気絶しそうなあの射精感があったから、長年高額料金を払いながらも娼婦とセックスを楽しんできたのに、その射精感が消えてしまった。嘆かわしい。
 自分の老化に頭に来て、昨日は2時間も散歩し、中寿司(2,100円) を独りで食べた。
 私は並にぎりが絶対に食べられない。巻物が胡瓜だと頭に来るのだ。年金生活者でもカッパ巻きには我慢できない。私にかんぴょう巻きやカッパ巻きを食えと言うのは、私に、ウエスト70cmの女のマンコにペニスを嵌めろと言うのと同じだ。
 中寿司(2,100円) とはどういうことだろう。上寿司で良いのではないか。
 吉野寿司は八事のような住宅街・学生街に出店して、中寿司(2,100円) という表現はセンスが悪いのではなかろうか。上寿司と呼ぶべきだ。
 それにしても、寿司屋に入ってかんぴょう巻きやカッパ巻きを喜んで食す連中が、コンドームを嵌めてセックスしたり発射を顔にかけたりするような下劣なエロ動画に感動するのだろうか。
 人間は毅然としていなければ駄目だ。かんぴょう巻きやカッパ巻きしか食べられないなら寿司屋に入らないという毅然とした態度が肝要だ。
 出かけたのは八事。この八事というのは学生を終えてからは歩いたことがなかった。だから、40数年ぶりに散策した。
 閑静な住宅街も歩いたが、町内会の掲示板のようなところに赤旗や志位和夫のポスターが貼ってあるから驚いた。八事からそれほど遠くない私の家の近所では見たことがない。立派な家屋敷ばかりの地区にどうしてこんないかがわしいものが張ってあるのだろうか。
 社民党も共産党も全くの骨董品だ。どうしてこんなものに今でも多くの人がしがみついているのか。
 貧乏な人ほど自民党に肩入れすべきだ。金持ちがより一層潤い、その結果貧乏人にも金が廻ってくる。社民党や共産党の考えでは、国も企業も裕福な人も皆駄目になる。貧乏人はますます暮らしが成り立たなくなる。タクシーの運転手は永久にまともな寿司屋に入れなくなる。
 貧富の差は、人に能力と根気の差があるからには、あって当たり前だ。貧富の差を嘆く奴は、その差を改善できない。馬鹿はいつまで経っても馬鹿であるのと同じだ。
 志位和夫を見よ。東大卒だ。利口な奴が上に行くのだ。でも、顔はスカトロ趣味系の顔だ。
 2010年06月05日(土)
 最近読んだ本。
「科学の謎」未解決ファイル     日本博学倶楽部 著  PHP新書 (ためになる)
関ヶ原島津退き口 敵中突破三〇〇里    桐野作人 著  学研新書 (大変興味深い)
 今日は新作高身長嬢とのファックの憧れをUPした。これは平成20年にUPしたものを加筆した。
 デカ女って皆可愛い。チビ女は概ね生意気で、デカ女は意外に愛らしい。見かけに似合わず献身的。これほんと。
 天海祐希が174cm近辺らしいけれど、170cmクラスの女は皆天海祐希のような面長が多いから面白い。
 以前Googleの検索窓に「小沢一郎」と入れたら「小沢一郎 在日」が検索候補として出てきた。今回「天海祐希」と入れたら「天海祐希 在日」が検索候補として出てきた。両方とも驚いた。
 在日を暴きたがる人が多いんだねえ。有名人の親が半島人でもいいやないかと思う。
 先日ハメ撮り22人目をゲットした。
 ここの記事は買春の悔悛エッセイハメ撮り尽くしの後半に載せた。
 2010年06月08日(火)
 ハメ撮り願望をしばらく抑えていたが、これを解除すると、平成21年5月からもう4人の嬢をハメ撮りしている。
 入浴回数をガクンと落としてもこの実績だから、自分で言うのもなんだが、私は嬢の気持を掴むにおいて本当に凄腕だと思う。私にハメ撮りさせた嬢が私以外の客にそれを許すことも考えられない。
 ハメ撮りの話は2chにそんなに出てこない。やはり成功例が少なくて、また、これを成功する人にはネットで自慢するような軽薄な馬鹿があまりいないのだろう。
 まあしかし、たくさんの嬢をハメ撮りしたけれど、器量と体型において、週刊誌のグラビア写真に出てくるような上玉の女の裸が撮れないのが残念だ。金津園にあのクラスは先ずいない。
 第一18歳は先ずいない。20〜22歳の嬢もかなり少ない。

 蓮舫が大臣だ。イヤになるねえ。俺が愛撫してあの顔を乱れさせてやりたいよ。
 鳩山由紀夫も菅直人も私と同年兵だ。63歳でガンガンやっているから感心だ。羨ましい。私と人物の資質に差はないと思っている。なのにこの差は何なのかと思う。こん畜生。
 まあしかし、私のように体力のない人間は隠居しているのが正しい姿だ。
 隠居しておればいいと言ったって心身の洗濯がたまには必要だ。それで昨日は鳳来寺山に行った。若い時からここに一度は行ってみたいと思っていた。本当は湯谷温泉の泊まりがけで行きたかったけれど、そうもできない。
 新城・長篠方面は愛知県内でも名古屋からは随分遠いところだ。関ヶ原や津のほうがまるで近い。豊橋からの飯田線が意外に時間がかかる。
 車窓から眺めていると富裕層が皆無のように見受けられた。豊橋発 10.08の飯田行き特急に乗ったが、乗っている人が殆どいない。あれでは経営は成り立たない。
 鳳来寺でも観光客・参詣客に殆ど出会わない。帰りに見た湯谷温泉も寂れた感じだった。日本はどうなったのかと思う。私が今回の前に飯田線を3回ばかり利用したのは昭和40年代。国鉄の乗車率は高かったし、至るところで観光客を大勢見た。
 で、鳳来寺山の参詣。この登山が大変だった。老化をつくづく思い知った。よく登れたと思う。本当にすごい登りだった。
 まあ車で上まで行けるが、車で行っては何にもならない。
 2010年06月11日(金)
 ソープ嬢には友人にAVに出たことのあるのがよくいる。だから、私がAV男優の加藤鷹を話題にすると「友達が加藤鷹としたことがあるの」と打ち明けることがある。
 面白いのは、その友人が「あんなの、痛いだけ!」と言うのだ。それも2人も。そして、この他何かの本で読んだのだが、同じことを言ったのが1人いた。合計3人だ。
 まあ氏のペニスは長すぎる。通常の日本人女性には無用の長物だ。ペニスの長さが17cmだとか18cmだとか自慢する奴は自分の馬鹿さ加減をよく知ったほうがよい。そのペニスに感動した女がいたならダイアナさんだっただけのことだ。
 エロ動画を見ていると制作者やAV男優がちっともわかってないことがよくわかる。
 電気マッサージ機を使ってからクンニリングスする馬鹿馬鹿しいものが本当に多い。クンニリングスシーンも電マ攻撃も鑑賞者に見せたいのなら、どうして電マ攻撃をクンニリングスの後にしないのか。
 電マの刺激は強烈で、クンニリングスの比ではない。される本人のこっ恥ずかしい意識も電マのほうが数段上を行く。よって、手順前後が甚だしい。
 彼女がいて、電マ攻撃が許されるかもしれない感触があって、これをやりたいと考えている男はAVの愚かな手順を真似してはいけない。オーラル行為でもって女性器が濡れ、女性が刺激を求めて性器を男の唇に突き出すようになってから電マによる激しい刺激を喰らわすのだ。
 ペッティングしてからクンニリングスするのもこれと同じで手順前後だ。クンニリングスしてからペッティングするのがベターな流れだ。
 それにしても、エロ動画を見ていて、(電マを使った後にクンニするなんてオカシイぞ!)と思う男が日本全国で私の他に一体何人いるだろうか。そういうふうに考えればセックスに関してわかっていない男は相当多いと言える。
 2010年06月13日(日)
 最近読んだ本。
モンゴル襲来と神国日本 「神風伝説」誕生の謎を解く 三池純正 著 歴史新書y(さほどの話ではない)
戦国軍事史への挑戦 疑問だらけの戦国合戦像   鈴木眞哉 著 歴史新書y (さほどの話ではない)
 先日高校の同窓会の案内が来た。それで、卒業アルバムを取りだし、昔を振り返った。
 東海高校ではクラスがA組からK組まで11組あった。3年の時はA〜D組がA群で、その他がB群。A群とB群とは成績だけですぱっとわけていた。
 A群のうちA、B、Cの3クラスが数学や物理や化学などをしっかりやるクラス(国立大学や早慶などの理科系狙い──国立T期コース)、D組が数学や物理などを放棄したクラス(早慶などの文科系狙い)で、私は国立T期コースのクラスだった。
 私の親しい友達はD組に多かった。ここは本を読む奴と麻雀をしたがる奴が多かった。
 私は2年の時はJ組、1年の時はI組だった。ずーっとA群にいたから、アルファベットの前のほうがA群だったりB群だったり、年度によって違っていた。
 東海は中学・高校と一貫教育だ。私が中学生の時の友達は次の男を集めていた。
(1) エロい奴。
(2) おもしろい奴。
(3) 小説を読む奴。
(4) 私と徹夜麻雀をする奴。
 こういうのは殆どがB群に行った。A群B群と分かれるとどうしても疎遠になる。B群に入れられたほうはどうしても僻みが先に立つし、教室がA群とB群とでは離れていた。
 私は寂しかった。A群の連中は大方くそまじめでつまらない。勉強ばっかりというのが多かった。それこそセンズリをしたことがないのもいたと思う。
 というわけで高校生になると友達が少なくなった。私は今池のビリヤード場で893志願の完璧に崩れた男と会話したり、ストリップ劇場の銀映へ独りででかけたり、山に登ったりするのを娯楽とした。
 中学3年の時1度学年でトップの成績を取り、高校1年では学年で5番の成績を取ったことがある。でも、それ以降は凋落の一途で、高校2年の最後には学年順位120位まで落ちた。
 ところがそこから盛り返して、志望した大学の学部に、千点満点中630点以上の得点で合格ラインを多分40点以上超えて楽々合格したから、どこにそんな力があったのかと不思議だった。本当に受験勉強はいやいや渋々ダラダラとやって、チンボをかまってばかりいたのに。
 3年のA組B組C組のクラスで3番以内の生徒は東大現役合格が確実視されて、舌を巻くほどの秀才だった。
 でも、数学や物理の問題を解く技能が秀でているだけで、物理に高得点を得てもガモフ全集を読むようなのは見あたらず、また、日本の現代政治や世界文学に興味がありそうな奴がおらず、銀映(東海や旭丘の近くにあるストリップ劇場)に行っておまんこを見たがるのもおらず、そういうのを見ているとますます勉強する気が失せた。
 卒業アルバムに仲間の進学先をメモしてあった。( )は人数だ。
A組──名大(21)、名工大(4)、東大(3)、京大(7)、東工大(1)、北大(1)、岐阜大(4)
B組──名大(25)、名工大(3)、東大(2)、京大(4)、金沢大(2)、信州大(2)
C組──名大(21)、名工大(3)、東大(3)、京大(3)、東工大(1)、大阪大(1)
D組──名大(9)、北大(2)、横浜国立大(1)、京大(2)、富山大(1)、神戸大(1)
E組──名大(1)、名工大(1)、岐阜大(3)、信州大(3)…非東海中学出身者のクラス
B群──名大(1)、名工大(2)、茨城大(1)、秋田大(1)、信州大(2)〜6組での実績
※ 現役での進学先で、浪人して翌年進学したのを加えればこれは増加する。
 早慶などはメモってないが(私は早稲田や慶応のような受験科目の少ない大学へ行く奴はかたわ者だと思った)、何しろ裕福な家庭の子供が多いから、ここに進学した男がとても多かった。日大(法)、法政、青山、成蹊などに行くのは相当出来の悪い生徒だ。
 だから、私の高校時代はものすごい環境の中にいたことになる。一般の高校と比べれば異次元の世界だ。
 東海高校のA群だけ見れば、日本の最優秀進学校と同等以上だ。
 そして、北杜夫や畑正憲や谷崎潤一郎や秋山真之が17歳の頃に過ごした世界は私の過ごした世界とそんなに変わってなかった。
 私はクラスの仲間とそんなに語りあわなかったけれど、今にして思えば、皆青雲の志で胸を熱くしていた者が多かったのではなかろうか。有名人になったのは1人もいないが。

 卒業アルバムに次がメモってあった。1965年の大学合格実績だ。
旭丘高 明和高 東海高 うち現役 うち浪人
東大 46  11 
京大 54  10  19  16 
名大 161  160  100  78  22 
 私は何でもきちんと調べてメモっておくのが性癖だ。紹介はしないが、向陽高、瑞陵高など他の高校と、一橋大、東工大など他の大学も数値がまとめてある。早稲田、慶応なんていうのは眼中にない。かたわの行くところだと思っていたから。
 まあ、追求心、執着力、好奇心、調査したいという心、こういうものは人一倍ある。高校3年生の時の心は63歳の今でも同じだ。だから陶酔記のようなサイトも作れる。
 私は──凡庸とはつまらないものである。しかるに、この世は東海高のA群ですらも凡庸が満ちあふれている──とこの頃から思っていた。
 2010年06月15日(火)
 ここの排便始末の話はスケベエッセイ 13東海高校昭和40年3月卒業生に載せた。
 2010年06月16日(水)
 日本の素晴らしい科学技術の成果については是非この陶酔記にも記録を残しておきたい。
『<はやぶさ>「金メダル級」成果、次々 ギネス申請も検討』
6月15日11時28分配信 毎日新聞
 はやぶさの旅は「金メダルが何個ももらえる」と言われるほど「世界初」の成果が並ぶ。
 技術面では、往復飛行を実現させた新型電気推進エンジン(イオンエンジン)。長寿命が期待できる半面、性能は劣るため、業界では傍流と考えられていた方式をあえて採用した。結局、1万時間を大きく超える長寿命と必要な推進力を確保できた。レベルの高さに米国が注目、NECはNASAへの技術移転を目指している。
 自律航行システムは、目的地が遠距離の飛行には欠かせない。地球から遠のくほど、指令が届くのに時間がかかる。このためはやぶさは、カメラ画像などの情報を基にどう行動するかを自分で判断した。ロボット技術にも通じ、日本の得意分野が生かされた形だ。
 科学的にもはやぶさは成果を残した。05年9月から約2カ月、イトカワを近距離から隅々まで観測。小惑星をここまで詳細に観測した例は過去になく、観測結果は米科学誌「サイエンス」で特集された。
 さらに大きな成果が期待されるのが、カプセルの「中身」。分析により、太陽系の起源や進化がより詳しく解明できる可能性がある。【ウーメラ(オーストラリア南部)永山悦子】

 一方、JAXAは、はやぶさを「世界一遠くまで往復した人工物」などでギネスブックに申請する検討を始めた。川端達夫文部科学相の強い意向を受けたもの。川端文科相は今月11日の会見ではやぶさの長い旅を絶賛していた。イトカワ(全長約540メートル)も、「機体が着陸した最小の天体」として07年からギネスブックに掲載されている。【横田愛、山田大輔】

 テレビでインドかどこかの女性が66歳で三つ子を産み、最高齢出産とのニュースを流していた。
 驚異的な話で、ワイフに「お前には無理だな」と言うと、ワイフが「当たり前でしょ。もう10数年前にアンネがないから」と答えた。
 私は閉経に驚き「一体いつ?」と聞くと、「女はだいたい50歳前後で女でなくなるのよ。私は49歳の時」との返事。
 そのことをその頃聞いた記憶はあるがすっかり忘れていた。その無関心ぶりを咎められたけれど、10数年前ならもうワイフとセックスをしなくなってから久しい時期だから忘れるのも仕方がない。
 要するに、その高齢出産の話は90%から50%ぐらいは新記録と言えるけれど、文句なしの新記録とは言えない。
 何故なら、医師の人が解説していたが、「他人の卵子で受精させた可能性が高い」ということだからだ。
 2010年06月17日(木)
 ここの記事は金津園の嬢に想いを込めてベテラン嬢に載せた。
 2010年06月19日(土)
 金津園の高級店を考えるへのアクセスが予想以上で、私のRグループ批判がかなり共感を得ていると思われる。だから、第2弾を書くことを急に考えた。すぐに材料が貯まるから面白い。
 今日はその新作金津園の生店をUPした。これは金津園の高級店を考えるに続くRグループ弾劾の第2弾で、私の奮闘によって、Rグループを嫌う嬢と客が増えたら大変嬉しい。
 Rグループのやり方はあくどすぎるから、そうなって欲しい。
 2010年06月20日(日)
 面白いことがあった。金津園の生店をUPすると私のRグループ弾劾に対する反発のメールが24時間の間も置かずに来た。
 論理的で納得できるような批判文ではないから皮肉の返事をして、迷惑メールの処理をした。
 以前も批判メールが来て(参考:ある批判で思ったこと、共通の特徴は次だ。
(1) UPして1日の間も置かずに、長文で着信した。
 いくらRグループ礼賛の熱烈なファンでもこの素早さ、反駁の熱意は先ずあり得ない。客を装った関係者の手によるものではないかと疑った。
(2) フリーメールの使用で、メルアドはいかにも当座の間に合わせで作った感じのものだ。
 メールの中で言いたい論の正誤は別としてトップページ記載のメルアドへのかなりの数に達した受信物の内容の分析からすると
  フリーメールで来る意見のまとも率── 30%以下
  本メールで来る意見のまとも率──── 95%程度はありそう
とはっきり違いがある。いろいろメールを頂く私の経験値だ。
 フリーメールでも本メールでもアドレスの頭に本名を想起させるものが入っていると絶対にまともだ。しかも、主張が純真だ。
(3) ファンを装い、いつも私のサイトをよく眺めているという殊勝な?前置きで始まる。
 しかし、中味は批判というか罵りだ。
(4) 私がRグループについてたくさんの事象で非難を上げているのに、特定の1箇所か2箇所でもって、おたくの考えは自分の理解するところと違っている、と主張する。
 今回のメールでは、私が金津園の生店に〜Rグループでは疾病による早退がなかなか認められない〜という趣旨のことを書いたのに対して、嬢が何かの事情による早退の事実があったとの主張だ。
 そういう事実が一度あったとして、それが私の問題提起への反論になるのか。
 客として馴染み嬢の早退に一度出くわしたという事実と、Rグループにいたことのある複数の嬢から私が嬢の傷病や傷病予防に関わることについて聴取した些か異常な話とは、事実の重みがかなり違う。
(5) おたくはRにさほど好かれなくてその結果そのように感じたのだろう。
 自分はRのスタッフと歓談し、愉快に応対されたよ──と主張する。
 Rグループのスタッフは一見の客にはやけに馬鹿丁寧に応対して、よく顔を見る客には応対が事務的だ。
 上がり部屋で飲み物を処理する間もなく、機械的に送迎車に案内されることがよくある。
 迎えの車がRグループの他の店の客と、送りの車が一緒に待合室にいた他の客と、乗合になることがあり、送迎効率優先の姿勢に、些か疑問を覚える。
 こんな趣旨のことをどこかで書いたから、(5)の反論を出したのだろう。
 Rの上級スタッフは全くサラリーマン根性だ。頻繁利用客に対する“お客様”の意識が、艶グループやルーブルと比べれば明らかに落ちる。
 このような店では、私よりも利用度が低いと思しき客なんぞ放っておいて、私を優先して送りの車を動かしたのではないかと思うことによく遭遇した。上がり部屋で最上級スタッフがご機嫌伺いに現れるのもよく経験した。Rグループでこれはない。
 他の客と送りの車が乗合になることは他の店でもたまにはあるが、上級スタッフがとても申し訳なさげに私の了解を求める。Rグループでこれはない。了解を求めてもまるで事務連絡の顔つきで、頻度高い上客様の意識が見られない。
 店の手取りが悪くなる本指名客よりも、店の手取りが多くなるP指名客のほうが大切で、嬢にいろんな有害事項を教えかねない本指名客よりも、相対的に問題の少ないP指名客ほうがありがたいと考えて、P指名客を増やすのがRグループの方針であると思いたくなるような動きだ。
 Rのスタッフから私が敬遠されていると一体何を持って想像したのだろう。頻繁に入り、紳士的に振る舞う客がスタッフから尊重されない筈がない。
 私はソープ客が店のスタッフと仲良しのように談笑することに全く意義を認めない。
 店で親しくなるべきは嬢だけだ。店の男と親しくして、名古屋駅でばったり会ったときに挨拶なんかされても困る。店のスタッフと私とは住む世界が違う。
 要は、違和感を持たれないようにさえしておればよい。
(6) この程度の理屈でもって、おたくの考えは間違っていると断定する。
(7) で、私が最も非難していることの
A 日毎時間帯毎のリアルタイムの予約状況開示という嬢に対する非人間的な仕打ち
B 月間売れ行きの開示という嬢に対する非人間的な仕打ち
C 嬢同士の交際遮断という嬢に対する非人間的な仕打ち
 についてぱ何も書いていない。
 今回の反論メールには更に次のおかしなことがあった。
(a) 私の出身高校の名前を出し、そんな立派な進学校を出て変な極論を書くのですかと揶揄している。
 何の関係があるの?と言いたい。
(b) ××部長がどうのこうのと書いている。(対面した上でのお話らしい)
 一般客が店の店長の名前を知ることがあるのか。893の客ならともかくも、一般客が店長の名前を知りたがるのか。2chには店長の名前がよく出てくるが、これは
(1) 同業者の書き込み(893の世界の者を含む)
(2) 希なケースとして、店との昵懇度を主張したい軽薄でとろい客の書き込み
だろう。
 普通のまともな客は店長の名前なんて意識しないし、(ルーブルの女性店長以外の)店長と親しく語りあいたいとも思わない。ええ女とファックできればそれでよいのだ。
 店長が自己の名前を私に知らしめようとしたのは、私は30年近く激しく金津園に通って、トキハ、クラブ美人、MGM(店長が元艶グループ)、すずめ、コットン、これだけしかない。全部艶グループだ。艶グループの店長だけが変わった振る舞い方をしている。
 普通の店は(客が悶着を起こさない限り)──私が店長です──と出てこない。Rグループもそうだ。
 ましてや店長のサラリーマン生活を左右しそうな、大変偉い××部長が客に対して自らの名前を示して現れることはなかろう。特に月に1回程度の貧弱な客ならばなおのこと。
 部長というのは、店が検挙された時店長まで刑罰を受け、それをトカゲのしっぽ切りにしてまともな刑罰を逃れる立場の人で、客と会話するなどやらない。
 私は××部長の名前なんて今年の4月までは知らなかった。店長の上にもっと偉いのがいて、その人が嬢の採用面接をすることを知っている程度だ。
 これは他の客だって同じだろう。ましてや、発信者は「月に1度程度しかRに行っていないけれど、おたくと違ってきちんとした応対を受けている」と主張していて、その人にいかなる形で普段客の前に姿を出さない××部長が顔と名前を知らせるのだろうか。
 メールには「おたくのサイトに我がメールを引用すること不可」の旨が書かれていたので、返信をするとすぐに削除してしまった。だから、××部長について何が書いてあったのか一晩過ぎると記憶していない。
 ただ、××部長から指示を受けてこれを書いたのかな、とその時私は思った。
 2020年12月にRグループ再考をUPしたが、その時Rグループのサイトを見ると深田部長の名が出ていた。上の文で××部長は早くから伏せ字にしたから何だったか忘れていたが、この名だったように思う。
 まあ、当時この名を客が知ることはなさそうに思う。
 2回の反論メールはいずれも私がRグループのスタッフに不愉快な思いをしたことがあるような想像めいたことが書いてあった記憶だ。それはゲスの勘ぐりというもの。
 Rグループのスタッフに、(何と雇われ人根性!と)小馬鹿にしたくなるようなとろい振る舞いはあっても、私が恨みを覚える不快な応対など、あのスマートな、天下のRグループがするわけがないではないか。
 両メールとも私が言う『嬢に対する非人間的な仕打ち』の重みをさっぱり理解していない。これについては毎度反駁の話題から完全に外している。
 確かに売れ筋の開示をする性風俗店はたくさんありそうだが
(1) リアルタイム
(2) 店に一度も来たことのない客にも丸わかり
(3) 最大2ヶ月分も公開!
の三つはないぞ。二つ該当も先ずない。
 メンバーにメールや専用サイトで情報を提供するのと、リアルタイム完全開示は重みが違う。Rグループは女を道具としてしか見ていないから私は怒り狂っているのだ。
 なお、艶グループ以外の普通の店(当然Rグループを含む)は店長が自己紹介して客に対応することはあんまりないが、私は店長の仕事ぶりを確認したいから──誰が店長か。店長が女たちとどのように接触しているか──これを知りたがる人間だ。
 当然こういうことを嬢に聞く。すると、Rグループでは驚くほど大勢の嬢が店長のことを知らない。店長との会話がないことを訴えるから、箝口令のせいとは思えない。要するに、他の店よりも雲泥の差で接触が乏しい。ビジネスライクに互いに金を稼ぎあうだけ。コマの埋まり具合以外の情報は徹底的に伏せる。Rグループはこういうところであるらしい。
 そういえば、はっきりとは記憶していないが、ヤフーメールの頭が kanazuboyだったかもしれない。何だこれは。客がこんなのを使うのかい。

 その後メールの受信があった。
 嬢を人間扱いしていないという非難に賛成! コマの埋まり具合などは会員専用ページなどに移すべき───こういう趣旨の援軍だった。私は嬉しくなった。
 2010年06月22日(火)
「親の所得が学力左右」文部科学白書が指摘
6月18日13時31分配信 読売新聞
 川端文部科学相は18日の閣議に、2009年度版文部科学白書を報告した。家庭の経済力の差が子どもの教育機会の格差拡大につながりつつある現状を挙げ、教育への公的投資の必要性を指摘した。
 白書では09年度の全国学力テストの結果などを分析し、就学援助を受ける生徒の割合が高い学校は正答率が低い傾向があること、親の年収が400万円以下の子どもの大学進学率は31%なのに対し、同1000万円超だと62%に達することなどを指摘。子どもの学力の伸長が親の所得に左右される可能性があることなどをとりあげた。
 そのうえで、幼稚園や大学などへの公的財政支出が少ないことを挙げ、「経済的格差が教育格差に影響し、それが格差の固定化や世代間の連鎖につながりかねない。教育に社会全体として資源を振り向けることが喫緊の課題だ」とした。 最終更新:6月18日13時31分
 この記事を読むと、経済的格差が教育格差に影響するのがまるで悪いことのような感じだ。
 私はこんなことは当然の流れ、自然の摂理だと思う。何しろ子供が幼児の時の親の指導の仕方で子供の学習への行動姿勢が決まる。勉強が大切だとしっかり植えつけようとする親とそうではない親との違いだ。
 親が裕福とか高学歴とかだと、幼児の時から親の指導の仕方が、貧乏な親とか低学歴の親とかと比べてまるで違うことが多いのだ。
 経済的格差が教育格差につながるのではない。親の意識の違いが子供のレベルの違いに直結する。
 家が貧乏で、新聞配達などしなければならないから優秀校へ行けない、というものではない。経済力のある親と、ない親とでは、もう子供に対する日常の動機付けがまるで違うから、文部科学白書が指摘する現象が起きる。
 なお、子供に動機付けするのは子供と長時間接触する母親だ。私は小学校の2年や3年の時、「11時40分から14時10分までは、何時間何分?」とか「大正11年生まれの人は昭和20年で何歳?」とかの質問攻めで嫌になっていたけれど、それで頭脳を使わねばという意識が植えつけられたことは間違いない。
 家になかなかいない父親は教育に関しては無力。だから、共稼ぎは子供を伸ばすには絶対にマイナスになると私は思っている。
 よく親が裕福だと子供が塾などに通えて成績が上がるとする論を見るけれど、本当の学力は塾などでつくものではない。自分の部屋で黙考する人間が学力を上げるのだ。塾は学力急進の妨害物だということを多くの人がわかっていない。
 ただ、予備校は、自堕落になりがちな浪人生をしゃきっとさせる効用がある。自堕落にならないしっかり者の浪人生なら、予備校に行くだけ時間と金の無駄というものだ。なお、予備校に行かずして一発で志望大学に進むほうが、予備校に通って大学へ進むよりもはるかに素晴らしい人生だ、と強調する必要がある。平たく言えば、浪人して東大へ行くよりも、浪人せずして合格しやすい大学に行くほうが絶対に良い。
 弁護士、税理士、公認会計士、司法書士、こういうものになるためには専門学校へ行かねばならないと思うのはノータリンの考え方だ。全部自分で独学でできる。所詮同じ人間が考えていること。子供が専門学校に行きたいと言い出したら「馬鹿!」と言えばよい。自分で教科書と問題集を買って勉強すればよいのだ。
 貧乏人の子供は塾へ行けないから裕福な人間よりも損だとするのは完全に間違っている。問題集を揃えられないから損だというのは一応合っている。ただ、問題集の値段などはしれている。要は気持の問題だ。
 塾や学校の先生には、大人の実業の世界で格闘するのが怖くてその道を選んだ、心がいささか軟弱な人がなる傾向にある。指導者として適切ではない人がいくらでもいるのだ。
 貧乏人で左翼思想にはまっている奴は「貧乏が子供の学力を損なっている」と言いたがるが、余計なアルバイトが学習時間を大きく減らした事実があるなら、その言い分は正しい。しかし、こういうことがなければ、それは、親として子供への動機付けが下手くそだったというだけのことだ。
 私の娘も私の息子の嫁も最初から専業主婦だ。これは偉いと思っている。
 今、多くの人が、贅沢できる生活を求めて共稼ぎをする。皆が移動端末を持ちたがって、みそ汁のネタは味噌だけ、ご飯に鰹節削りと醤油をかけて食べるという耐乏生活ができない。それで、保育園や託児所を強化せよと叫んでいる。
 母親は子供の頭脳の強化という狙いで子供と目一杯の会話をすることなく、自分のネールアートやフットマッサージに凝り、1分置きに移動端末を弄っている。とことんだめだ!。こんな女に子供の教育を云々する資格はない。
 貧乏な家庭の子供は勉強する傾向が少し劣ってくる。当たり前のことで、何故それが問題なのだ。どうして『世代間の連鎖』につながると危惧しなければならないのだ。
 そんなことよりも政治家の子供が政治家になること、この固定化のほうがよっぽど問題だ。
 背の低い男は背の低い女としか結婚しない。で、子供は確実に低身長になる。低身長が「世代間の連鎖につながりかねない」。よっぽどこっちのほうが大問題だ。
「教育に社会全体として資源を振り向けることが喫緊の課題だ」とするなら、高身長の女が定例収納ペニスとして選ぶ男の身長をもっと大小平準化するように立法措置をとるべきだ。
 私は厚生労働省や文部科学は次の施策を講じるべきだと思う。
(1) 専門学校へのくだらない援助・支援をやめる。
(2) 独学で弁護士、税理士、公認会計士、司法書士、行政書士、一級建築士、看護師などの資格を取るべく勉強した人の学習方法体験談をまとめて出版し、強力にPRする。
(3) 若い男女の愚かな思考のために低身長が世代間の連鎖につながりかねない現状を憂いうる白書を作る。
(4) 子供の教育への親の熱意の違いによって、子供に対する日頃の語りかけがいかに違っていて、その結果学力にどのような違いが出たのか調査して、もっと立派な白書を作る。
(5) 長身・デカマラの男は低身長の女と結婚できずに高身長の女を独占しがちであるから、チン長17cm以上のデカマラの男には特別な課税を行う。
(6) 高身長の女が低身長の男と結婚したら、特別に報奨金を出す。
 06月20日の記事のRグループに関するメールの件。
 人が人を観察するとき、どうしても相手がしたこと(語ったこと、書いたこと…)についての考察にのみ注力してしまう。それは少し愚かだ。
 作為の考察ではなく、しっかり思いを巡らせて、不作為の考察に努めなければならない。相手が何をしてないか、何を言わないか、これにしっかり注意することが、惚れ合った男女関係、嫌いはじめた男女関係、上司と部下の関係などにおいて、相手の気持を判断する際に大切だ。
 投げかけられた言葉だけに素直に反応しているだけでは賢くない。
 例の不愉快なメールは、例えば「おたくはRグループの嬢情報の開示がやりすぎだと書いているが、俺はあのやり方が大変ありがたいと思っている。おたくは考えが堅すぎる」とでも書いてあれば、私と同じ、売春婦とマムコすることが大好きな男が書いたな、と判断できる。でも、それがなかった。
 で、奇妙なことに××部長についての主張が意外な量あった。私は××部長について何も論じていない。あくまでRグループの経営手法について論じているのであって、××部長というものは、コピペした2chの書き込みにあっただけ。
 Rの副社長兼部長とか常務兼部長なら関心はありえるけれど、平部長なら、その人が嬢にしていること以外は私は興味がない。
 まあしかし、思い返すとなかなか面白い。私は「病気による早退がない」と書いたのだから、「病気による馴染み嬢の早退に出くわしたことがある」と嘘でも良いから書けばよいのに、「(理由説明なしの)馴染み嬢の早退に一度出くわしたぞ」という反駁だから、迫力なしだ。
 漠然とした記憶なのだが、確か早退理由が書いてなかった。
 ドタキャンされた時にボーイが説明した理由と、後日その嬢に入浴した時に嬢が説明したドタキャンの理由とが一致していた───という意味の説明がゴニョゴニョ書いてあった。
 いくら鬼のRグループでも嬢の親が危篤なら予約客につかないのを許すだろう。
 こっちは、病気による早退が簡単には許されないということを書いているのだから、それを反駁してくれないとねえ。
1. ヒモの男にも親にも、ついた客、これからつく客の数がまるわかりという状態。
2. 独房に入って看守の指示の元に売春しているのと同じで、ルーブルや艶グループのように、仲間と情報交換したり、スタッフから情報をもらうことがない。
 この2点の大問題に対する反論がないのでは論議にならない。
次へ 日記 えろえろ考察 秘密の愉しみ トップページ
(千戸拾倍 著)