18歳未満の方は入場をご遠慮下さい。

昔の日記 〜 その2

 2009年03月16日(月)
 陶酔記を立ち上げて20日も経つと、読者には、私が陶酔記の構想を理解頂けたと思う。小説、上手なセックスを考える、陶酔のエッセイ(どエロ編)、同(まじめ編)、金津園遊びの手引き、という構成だ。
 以前は、雑感(other_084.html)、ソープ四方山話(bangai_45.html)というファイル名で、これでは表題やファイル名を見ても何が書いてあるのかわからない。検索で、上位掲載がされにくくなるだろう。
 今回は、加藤鷹氏の『エリートセックス』を論評する(taka_hen.html)のように名前が中身を示すようにした。
 問題は旧良性記の私の雑感ソープ四方山話から何を復活させ、何を抹消するかだ。どの作品にも愛着がある。本当に困っている。
 私は実業に関して多少はエッセイを書いていた。総務、人事、会計、税務、原価について書いたものは短い文ながらも多々ある。これについて読者から賛同の意見を頂いた件数は多い。
 しかし、それらの短文の中の記述が、もう制度が変わって参考にならないとか陳腐化しているとかを危惧するのだ。
 2009年03月21日(土)
 ここの記事はスケベエッセイ3洋物のエロ動画の特徴に載せた。
 2009年03月25日(水)
 最近読んだ本。
   幕末の将軍  久住真也 著   講談社選書メチエ
 実に名著・好著・良作だ。面白いし、着眼が結構だ。
 陶酔記を立ち上げようと思ってから1ヶ月間殆ど本を読んでいなかった。だから『幕末の将軍』は買ってから1ヶ月放っておいた。とにかく立派な研究書だから推薦する。
 2009年03月31日(火)
 ソープ嬢の独り言は私の全くお遊びの作品だけれど、書いている時自分で面白がっていた。
 通い女たちから聞いた仲間のいろんなこき下ろしをちょっぴり柄悪く変えて書いたのだが、要するに創作ではない。
 千戸拾倍に言及する箇所があるが、あそこだけ想像で書いた。あの後風俗嬢の集うBBSに「あいつはどうして私たちのこと、あんなによく知っているの」と出たから愉快だった。
 まあ、嬢の控え室の雰囲気はあんなものだと思ってよい。嬢たちがどれほど素敵な女性の風情で客と対面しても、内実はあんなものだ。まともな堅気の客の姉や妹や娘とは育ちが違う。
 2009年04月06日(月)
 ここの記事はスケベエッセイ10年収の差に載せた。
 2009年04月07日(火)
 最近読んだ本。
  世界を制した「日本的技術発想」  志村幸雄 著 講談社BLUE BACKS (期待したが、つまらなかった)
  武士の成長と院政 (日本の歴史07) 下向井龍彦 著  講談社学術文庫 (なかなか面白かった)
 2009年04月10日(金)
 金津園ワールドにこんなのがあった。
お風呂利用・2桁の人:
 先輩方、こんな経験ありますか? ここしばらく、あるお気にに登楼しておったのですが、かつては4回逝けていたのが、3回になり、ついぞ2回になってしまいました。姫様のサービスが落ちているわけではないとおもうのですが、定番のコースで終わり際には多少の不完全燃焼感が残ります。かといって、他の店にいくのも億劫ですし、その店で他の姫さんにちょい乗りしたいのですが気が引けるし・・・ 先輩ならどうされますか?
 指名を重ねてなれてくれば、同じ性的行為の過程が続くと射精回数が減ってくるのは当たり前だ。
 本指名が続けば会話量が増えて、性欲鎮静的対面時間が増えるのも当たり前のこと。
 そこをいつまでも亢奮度をハイレベルにしたいのなら、性的行為の過程の質を変えねば駄目だ。少しずつエロいもの、嬢が亢奮するものに変えていかねば。
 自分が亢奮するだけのセックスをしていたらこれは永久に解決できない。
 私のサイトを見ればよいのにねえ。
 大体が、その店で他の嬢に入浴すればよいのだ。
 もう一つ金津園ワールドの書き込みに関して書いたが、それは金津園遊びを考察する失敗の入浴を避けるに載せた。
 2009年04月15日(水)
 今日女性を悦ばせるセックスマニュアルの改訂版を出して、旧作のUPが終了した。旧作を抜本的に見直する中で、イモな文章がたくさん見つけられて、それを直せたのが結構だった。
 サイトを再開すると決めた2月23日から昨日まで 毎日どれほど文章の推敲とタグなどの修正に時間を費やしたことだろう。もうものすごい時間投下だ。
 ただ、指がクリック疲れで腱鞘炎気味だ。3月下旬には右手が上げられないことがあった。あの時は、良性記から陶酔記へサイトの構成を大幅に変えたことを悔やんだぐらいだ。
 それにしても、平成5年以来私は入院が必要な病気にかかった時は別として、性風俗にずーっと毎月4回以上行っていたのに、今年に入るとそれを月1回か2回にせざるを得ないのがものすごく寂しい。
 毎月自分の生活に何かが欠けているような気がする。2週間3週間もおまんφを見ないのは、廃人になった気分がする。そんな情けない生活を過去15年間やっていないのだ。
 貯金を下ろしてソープ遊びに使いたいが、ワイフの手前そうも行かない。残念だ。
 ワイフにもわかる年金収入しかないのだからどうしようもない。チンボを使っていないから性的能力が落ちてきたような気がする。寂しい。
 こんなニュースがあった。
業績悪化報道に「盲従」する大学生 トヨタ就職ランキング96位のなぜ
 リクルートが毎年行っている「大学生の就職志望企業ランキング」(2009年版)によると、上位には不況のなか、JRなど「社会インフラ」関連や銀行、食品系の企業が並び、「安定志向」が顕著になった形だ。逆に不況の影響をもろに受けたメーカー各社は、学生に「手のひらを返された」ように、軒並み大きく順位を落とす結果となっている。こうした選択は正しいのか。(J-CASTニュース)
 記事には「インターネットやテレビの断片的な情報を、近視眼的に頼りすぎている面があるのではないでしょうか」と書いてあった。
 実にもっともな意見だと思う。
 で、ここは、就職希望の学生が、学生だからこそ存外にとろい実業界知らずだ、と思ってはならない。学生に限らず根本的にとろい人が非常に多いのだ。
 例えば、金津園で遊ぶ人。これも2chやKWを見ていると、先入観に凝り固まったとろい人、常識が飛んでしまっているとろい人が多いことが如実にわかる。浜の真砂と浅はかな人は尽きまじだ。
 2009年04月17日(金)
 再立ち上げ後昨日まで、読者から多くの激励メールを頂いている。その件数の多さに驚いている。ありがたいことだ。
 最近、平成17年にそれなりに入った店に2度行った。すると、客がはっきり減少しているとわかった。別にその店の品揃えが悪くなったわけでもないから、不況の影響というのが見てとれた。
 これ以後の記事はエロモードの入浴日記に書いたエロいソープ遊興に載せた。
 2009年04月19日(日)
 最近読んだ本。
 頼朝の天下草創 (日本の歴史09) 山本幸司 著  講談社 学術文庫 (なかなか面白かった)
 講談社学術文庫の日本の歴史は実に結構な著作だ。1、2、8巻は買う気が起きなかったけれど、買って読んだものは文句を言いたくなるものがなかった。私が再認識した史実がたくさんあった。
 昨日はぶらりと一人で日間賀島に行った。たくさん歩いて疲れた。体力のなさをつくづく思い知った。
 2009年04月25日(土)
 私は風俗遊びについて書いていた小説を世に出したいだけでなく、ソープ嬢やヘルス嬢のハメ撮り写真というめずらしいものがたまったから、平成12年の半ばにウェブサイトを出すための勉強をはじめた。
 その後ハメ撮りを嬢にお願いすると、百発百中と言って良いぐらいに許諾を得た。勿論お願いする相手は(不許可となるのが私には猛烈な屈辱だし、相手の嬢に気分の悪い想いをさせたというのが悲しいから)、その性格を見て厳選して頼んでいたが、見事な成功には驚いていた。
 見事な成功は見事な性交があったからだ。
 これ以後の記事は買春の悔悛エッセイハメ撮り尽くしに載せた。
 私がハメ撮りした女は実にアナルセックスをした嬢(アナル処女か店でするのが初めての女ばかりだ)が多い。今回の新被写体嬢も私が見事アナル処女をいただいた。
 私がハメ撮りした女にはアナルの即舐めを私に対して初めてしたという嬢が実に多い。今回の嬢も私が見事初のアナル即舐めを誘導した女だ。
 これまで私が初のアナル即舐めを誘導した女はたくさんいるけれど、それを契機に他の客にもするようになった嬢よりも、その後、私にしかアナル即舐めをやらないと説明した嬢のほうが圧倒的に多い。
 洗っていない尻の穴なんて絶対に舐められない──といかにも嫌そうな顔で言って、私には嬉しそうにやるから、それも、ウンコ臭があってもするから、こんな愉快なことはない。女の気持ちを掴むというのは実に楽しい。
 こういう普段やっていないことを女にさせる能力が性風俗遊び人にはなければならないと思う。
 ベットに寝て、女に上下動させているだけの男には絶対にあり得ない。女に花束を渡したがる男にもあり得ない。月に3コマ、6コマと入れて、会話を楽しむのが中心の男にもあり得ない。ソープの個室で小便することができない男にもあり得ない。女に、どの客にもしている程度のキスしかさせられない男にもあり得ない。女に性の悦びを感じさせない男にもあり得ない。おまんφにフィンガータッチしかしない男にもあり得ない。独身男にはなかなかない。かわいげの乏しい男にはない。
 2009年04月27日(月)
 ここの記事はスケベエッセイ6陰茎の大小に載せた。
 名古屋市長選は河村が勝ってがっかりした。私は河村君のパフォーマンスが昔から大嫌いだ。まぁ、結果は予想していたが、名古屋人の民主党好きにはあきれる。名古屋城大奥御殿の再興が×になるなら、寄付した金はどうなるのだろう。
 2009年04月29日(水)
 陶酔記でググったら、ようやく陶酔記のトップページが1位で現れた。
 ずーっとシリア陶酔記というのが1位だったから、私は面白くなかったが、大勢の人が陶酔記で検索してここにアクセスするから、当然の結果になった。
 金津園でNSを願う人の多くはペニスの勃ちが悪い人だと私は思っている。そんな検索をするのは若い人が多いだろうから、勃ちっぷりが見事でない若い男が多いということで、それは問題だと思う。(ゴムを着けたら2回イケないというのも“勃ちっぷりが見事でない”に入る)
 平成4年春まで私は金津園で遊んで「ゴムを着けてください」と言われたことがないから、今の遊興人が5万円以下でNSファックがなかなかできないのは気の毒だと思う。
 金津園+NS+5万円以下のAND検索で陶酔記にアクセスされると、NSが良いけれど高級店には行けないという歯ぎしりが伝わってくる。
 私も4万円ぐらいでNSが確実という店が出てこないかと思っている。
 これだけ需要が多そうなのに意外にNSの新店が出てこない。
 先日UPした金津園に関する漫談10に「5万円台でNS嵌めができそうな金津園の店」を並べておいたけれども、60,000円以上を使って入浴できるような女が先ずいそうもないのが問題だ。
 顔立ちが少しだけ悪い。スタイルが少しだけ悪い。(サイトに書かれた年齢がいくつであろうと)見た目年齢28歳以上が多くなる。で、──63,000円ではなくて45,000円だから、我慢しよう──と思っても、気立てと振る舞い方のスマートさ(若しくは、接客をきちんとしようとする心構え)がはっきり見劣りする。
 もし、こういう点で全く遜色のない女がいたなら──63,000円のNS店に出られるほどの玉なのに45,000円のNS店に出たバカ女だ──と思えてくる。そんな世間知らず、売春というすごいことをするのに全く研究心や判断力のないタワケ女ということになる。
 客層がかなり違って、嫌な思いをすることが少なくなり、体が楽だというメリットはものすごくでかい。
 そんなタワケにチンボを嵌めたところで面白うない。63,000円の店に採用される自信はあるけれど、躾の厳しい店では働きたくないと思うような‘あばずれ女’では、こっちも楽しくなれないだろう。
 いや、タワケ女ではなくて、63,000円の女に遜色ない玉が45,000円のNS店にいたとしよう。いてもおかしくはない。63,000円の店で5番手になるよりも、45,000円の店でも良いから1番手になりたいという思考をする女だっているからだ。(余談:私が通い詰めた女には1番手思考が大変多かった)
 それでも、私がこの4年間よく行った店七つと比べると、部屋が全くの潤いなしの射精場で、それでもってかなりガックリ来るのだ。買春行為が非常にうら寂しいものになってしまう。
 私には個室の広さ、内装のセンス、床が綺麗なこと、スタッフのきちんとした物腰、上等のブランデー、これが大変大切なのだ。
 嗚呼、難しい。
 金津園のゴム着店なら、4万円ぐらいの店で、すごい上玉がいっぱいいるのにねえ。
 平成17年からずーっと55,000円以上の単価で殆ど遊んでいる。やっぱり60,000円以上を使うことが圧倒的に多くなった。
 そういう店の嬢を観察すると、稼ぎが良いからNS店で働くというよりは、(1) NSがバギナに優しい (2) 高額店のほうが客が紳士だ この2点の有難みのほうが嬢の気持ちの上で強いように感じる。
 いろいろ書いたが、金津園で一つはっきりしていることがある。
 それは、基本ゴム着店でNSの勝負をしている嬢は、(1) スタイルがはっきり悪い (2) 見た目年齢30歳以上 (3) どうにもヤンキーだ──この三つのどちらかに該当する。特に、(1) が多い。
 非該当なら、六万円以上の店にいずれ移る。

 ニュースを見ていると、新任名古屋市長の河村君の激烈ぶりが盛んに報道されている。
 公務員が税金であぐらをかいているというのは、民間企業で働いていた私も痛感することだ。しかし、ものには言い方というものがある。
 市長は市役所の役人を部下として使って仕事をするのだ。部下がトップを尊敬・信頼して初めて良い仕事ができる。
 河村君の経歴を見ると、一橋大を出た後、部下を采配して大きな仕事を成し遂げたというにおいがない。民主党の一匹狼として吠えまくった事実だけ浮かぶ。
 河村君は、得た権力でエエ仕事をするかもしれないけれど、部下の、心からの献身が得られるのだろうかと懸念される。
 人は、人をうまく使わねば、絶対に良い仕事はできない。個人職人や芸術家ではないのだから。
 2009年05月01日(金)
 私が昭和45年に入社した会社のサイトを見た。これを開くのは多分3年ぶりぐらいだ。IE6のアドレス欄に漢字の会社名を入れただけで表示される。
 役員を確かめると昭和45年に入社したのがいないようだから、僅かにすっきりした。まあ、61〜62歳の者がそんなに残れることはないのだが。
 決算速報と次年度予想値を眺めた。
 経営成績がガタガタにならないことを祈るのみだ。業績が悪化すれば、私の年金や健康保険にも影響が出かねない。

 平成17年から高額店専門で遊びだして、今KWの問答を眺めると、高額店と非高額店とでは、客も店も嬢も住む世界が違っているという感じだ。話がかみ合っていないのだ。
 私は『初会』なのか『リピート』なのか分けて問答せよとよく言っているが、『高額店』前提なのか『非高額店』前提なのかきちんと区分して問答すべきだと思う。
 4ヶ月に1回程度やっとの思いで『非高額店』に入る男は、『高額店』に行けないし、『高額店』に行くようになった男はなかなか『非高額店』に行く気にならない。
 私は日頃『非高額店』に入って、それで楽しく遊べているのなら『高額店』に行くことを考えるな、とどこかで書いたことがあるけれど、その思いを強くする。
 2009年05月02日(土)
 最近読んだ本
  山県有朋 (愚直な権力者の生涯) 伊藤之雄 著  文春新書 (大変面白かった)
 山県有朋というタイトルの本は昭和39年に岩波新書のものを読んだ昔読んだ本、そして我が青春時代 2参照)。これが大変面白かった。
 私は『記憶の不思議』と題して次のエッセイを書いたことがある。

 豚という漢字を高校卒業後には書いたことが一度もありません。多分そうでしょう。
 パソコンというものが未だ世に出ていない頃、ある時「豚も時には、固定資産や棚卸資産になることがある」というような文章を書こうとして、豚という字が思い出せなくて驚きました。
 使わない漢字は見事に忘れてしまいます。
 しかし、反面、人間というのはつまらないことをいつまでも憶えているものです。
 雑感その15では「へんな姉ちゃん、ある晩くらいところでキスの連続」というのを書きました。不活性元素(He、Ne、Ar、Kr、Xe、Rn)の羅列です。
 こんなものも憶えています。
  リヤカーなきK村、動力は火力にするべい
 これは炎色反応です。
Li リチウム
 (赤)
Cu  銅
 (緑)
Naナトリウム
 (黄)
Caカルシウム
 (ア
K カリウム
 (紫)
Srストロンチウム
 (紅)
 動力は銅緑と引き出せますが、火力は、Ca→緑としてしまいそうです。「ちから」という字からアカのを連想せよとは、ちょっとつらいですねえ。
 次はへんな呪文です。
  がのをにへとからよりでや
  ばとてもけれどがのにのでからしてながらたり
  はもこそさえでもしかまでばかりなどなりやらか
 多分中学生の時に覚えたものを、今でも呪文のように唱えられます。
 これ、何だかわかりますか? 格助詞、接続助詞、○○助詞、のオンパレードなんです。こんなことを覚えていたところで何の役にも立たないと思うのですが。
 ネットで『助詞』について調べると、私が大昔に習った分類の仕方と違った区分になっています。私は、(陰)核女子、接続女子、含む女子(副助詞)、臭女子(終助詞)、嵌倒女子(間投助詞)、淫乱女子のほうがいいです。
  異国参照して、衣装偉大なれど、病(ヤマイ)多彩多彩……。
 これも未だに忘れていません。
 まるで、美川憲一か小林幸子が病弱になったみたいですけれど、伊、黒、山、松(して)、伊、松、伊、大(なれど)、山、伊、太、西、太、西……なんですよ。これは何かというと、
 藤博文、田清隆、県有朋、方正義、藤博文、方正義、藤博文、隈重信、県有朋、藤博文、桂郎、西園寺公望、桂郎、西園寺公望、桂太郎、山本権兵衛……。
 ということで、歴代の総理大臣です。
 この呪文は自分で考えました。私がクイズ番組に強そうなのは想像できますでしょ。
 それにしても、リピーターになって通っている風俗の女から何度誕生月を聞いたって、帰り道では必ず忘れているのに、どうしてこんなことをいつまでも憶えているのですかねえ。

 異国参照して、衣装偉大なれど、病多彩多彩……の記憶用呪文の作成に考え込んだのは『山県有朋』を読んでからだ。
 後進国の日本がなんとか列強に追いつくように頑張っていた明治の偉人たちは本当に偉いと思う。
 その後日本は間違った道に行ってしまったけれど、元勲たちを完全否定するのはおかしい。
 大体当時の授業(教科書)が良くなかった。山県有朋を、板垣退助や原敬の自由民権運動を否定し、薩長で国政を壟断し、軍備を拡大させた悪者としか描いていない。幕藩体制を、下級武士出身者が登用される近代的政府に変えたことだけで大評価されるべきだ。
 文春新書の山県有朋を読むと、大久保、伊藤、木戸、山県などの明治の偉人たちの苦労がよくわかる。

 04月25日の日記に『女に花束を渡したがる男にもあり得ない』と書いたが、これに関連して強く思うことがある。
 店のサイトに嬢の誕生月を載せている店があることを大変腹立たしく思っている。
(1) 誕生月に嬢に会いに来て、誕生祝いを出すことを要請しているのか?
(2) 個人情報をどう考えているのか?
(3) 誕生日に花束を持参するような客は、買春客として大変こなれていなくて、結局女の迷惑になることが多いという当たり前の現実を忌避しないのか?
 特に(3) だ。本当にこういう店には腹が立つ。
 2009年05月07日(木)
 世の中はGWだったが、私は一年中GWだ。こんな馬鹿なことはない。
 GWは結局どこにも行かなかった。外食もうなぎ屋に1回行っただけ。年金生活者の生活は寂しいのだ。
 息子はGWが忙しくなるという因果な仕事で、帰省しなかった。
 GWが終わったら北海道、西海道、南海道のいずれかに(3泊ぐらいで)一人旅をすることを去年の秋からワイフと母に宣言していたが、「頼むからやめにしてくれ」と言われた。
 服を着させる、靴下を穿かせる、醤油などのペットボトルの栓を開ける、風呂の掃除をする、3人分の焼きそばをフライパンの上で捌く、こういう仕事を私がやってやらねばならないから、しょうがない。
 かくなる上は5月と6月は1回ずつ嵌め嵌めの回数を増やそう。大義名分ができた。
 だが、金がどこにある。あるにはあるが、そんなに預金を下ろしたくねえ。
 2009年05月08日(金)
 我がサイトが画像のせいで抹消を喰らうのは本当にめげる。
 エロい青少年は海外サイトなどからいくらでもポルノを見ているのに。
 私は膣口から精液が垂れているシーンがある動画が大好きだから、私も他人に、私の精液が膣口から垂れている写真を見せてやりたいと思う。
 それにしても、陰部にぼかしを入れたり、ラビアの稜線部と大陰唇が見えるだけにしたり、下着を着けていたりというレベルの画像でもアウトというのは、本当にやりすぎだと思う。
 全裸の女がM字開脚体勢をとり、その股間を
“ぼかし”ではなく
 良性記
でしっかり消しても、
“全裸の女&M字開脚体勢”の淫らな印象でアウト判定されるから、当局の(サーバー貸与者に対する)厳しい指導が感じられる。
 淫らな印象でアウト判定されるので、全裸の女の全身の後ろ姿も駄目だし、動画リンクサイトでもサムネイルの表示が不可になったようだ。
 規制化は良性記では2006年12月頃 BIGLOBEからの勧告で感じたが、2008年から更に厳しくなってきた。
 なお、女の写真にしか興味を起こさない主義も結構だが、女は抱くものだ。
 抱く相手がいないとか、抱く相手が奥方しかいないとかならばソープへ行けばよい。
 2009年05月16日(土)
 最近読んだ本
  守りの名将・上杉景勝の戦歴  三池純正 著  洋泉社新書 (大変興味深かった)
 それにしてもNHKの『天地人』の脚本はひどい。衆愚には、こういう話にしておけば喜ぶと勝手に思いすぎだ。衆愚も舐められたものだ。それぐらいに衆愚はひどいのだ。
 KWと2chを見よ。衆愚だらけだ。
 BBSがひどいというのはちゃんとした理由がある。
 どんなものにも、1級と2級と3級がある。BBSが必ず愚かしくなるのは、初めから1級の発言が現れないか、現れてもいずれ消えて、2級と3級の人間の会話になるからだ。
 KWを眺めていても、論客として1.5級はいても、遊び人の1級は滅多に見かけない。
 アナルセックスは大変面白い。アナルセックスまでするようになった男女関係が面白いし、楽しいのだ。ノーマルセックスだけよりもはるかに親密になったような気がする。
 しかし、そこまで親しくなった女でも、私は射精できないことがある。一昨日もイケなかった。若い女に卑猥なことをたっぷりしてから買春日記4の当該箇所、M字開脚の太股を抱えてしゃぶりついたのに、私はイケなかった。
 性機能の老化が哀しい。射精量が見事に減った。
 かかりつけの泌尿器科の医師に「62歳で精液が作れるというのがおかしい。作れなくて当たり前です」と暗示にかけられたのがよくない。自分が処方する(前立腺肥大の治療の)薬を正当化するためにそんなことを言ったのではないかと私は疑った。
 家康だってこれぐらいの歳で子供を作っているのだ。
 NHKの『ためしてガッテン』(5/13放映)で前立腺ガンを取り上げていた。前立腺が肥大する原因は男性ホルモンの減少だそうだ。
 2chを見ていたら http://deainotatsujin.blog44.fc2.com/ というサイトを見つけたけれど、FC2はどうしてこれを認めているのだろう。
 本当に腹が立つ。
 先日斉藤ちや子の検索でソープ道入門1へのアクセスがあった。
(へーぇ!)と思って検索を確かめたら、ソープ道入門1ともう一つの計2件しかヒットしなかった。
 驚いたことに斉藤チヤ子の検索では超多数ヒットした。斉藤チヤ子というのは今でも結構有名なのだ。昭和17年生まれだそうだ。46年ぶりぐらいに写真の顔を確認できた。アナルセックスが似合いそうな顔をしていた。
 7年ぐらい前に良性記でソープ道入門をUPする時、斉藤ちや子の写真を確かめようとしてネットで検索した。らしいものにヒットしなかったから(やっぱり古い歌手なんだ!)と思っていたが、斉藤チヤ子で検索すれば良かったのだ。
 2009年05月19日(火)
 中日・落合監督は立派な現場指揮官だと思う。しかし、一つだけ気に入らないところがある。交流戦の初戦、7回の表、西武に2点のリードを許しているところで、先頭バッターの9番谷繁が出塁した。1番の井端に案の定バントを命じたから、ガックリ来た。
 どうしてアウト1つ相手にくれてやる作戦があんなに好きなのだろう。それに、送りバントの成功率はそんなに高くないのだ。
 まあ、結局7:5で逆転勝ちしたから、良かったが。ブランコの2発がすごかった。
 先月から勃起度がかなり悪くなった。エロ動画を見てもフニャチンのままだ。レビトラで勃起させたものを20代の女に使用してもイケない。1月2月の悲惨が再発した。
 このところ母の体調が極めて悪く、危ういかと思ったことがあるから、それで心がダメージを受けているのかもしれない。
 最近はまとまったお金を銀行から下ろそうとすると、本人しか引き出せないというイメージがある。それは厄介なので、昨日は母の信託銀行の預金について、私が代理人になる手続をしておいた。
 2009年05月20日(水)
 最近読んだ本。
  蒙古襲来と徳政令 (日本の歴史10) 筧 雅博 著  講談社学術文庫 (大変つまらなかった)
 今日の中日:西武の戦いは中日のバント失敗が大変目立った。バント失敗を責める論はいくらでも出し得るが、バントの成功率なんて結構低いのだ。
 もっとのびのびとバットを振らせてほしい。
 2009年05月21日(木)
 2chにこんなのがあった。
344 名前: なまえを挿れて。 投稿日: 2009/05/21(木) 18:12:13 ID:MK1MYPTF0
 昔大学生で一人暮らししてたとき、彼女もいなくて日々悶々状態だったため
 毎晩AVを音量上げて聞いてた
 それで、いつもどおりAVをヘッドホンもつけずに聞いてたらチャイムが鳴った
 オナニー中に誰じゃいと思って見ると隣に住んでた女性だった
 何ですか?と聞いたら「毎晩毎晩Hなビデオが聞こえるのでうるさいんです」と言われた
 それではいはいすいませんって感じで謝ったのに動こうとしない
 どころかまだ抗議の声を言う
 うるせえなと思ってたら抗議の内容がだんだんと
「いつもいつもいやらしいスケベな物ばかり見て恥ずかしくないんですか」
「おまんこにおちんちん入れるビデオばっかり見て」などと変な内容に変わってきた
 これはもしかして誘ってるのかしらと思って軽く肩を掴んでも何も言わない
 なので「じゃあ一緒に見ません?」と聞いたら無言のままなのでそのまま部屋に連れ込んだ
 その日は一晩中Hした
 どうやら毎日AVを聞いててムラムラしてたらしい
 2009年05月23日(土)
 ここのルーブルで愉快に遊んだ話は買春日記4の同日に載せた。
 2009年05月24日(日)
 最近読んだ本
  戦国武将のゴシップ記事  鈴木眞哉 著  PHP新書
  人類進化99の謎     河合信和 著  文春新書 (面白くなかった)
 近頃は買った本の活字をしっかり追う根気がない。脳のパワーが落ちた。完全にエロ惚けだ。
 2009年05月25日(月)
 また、アナル処女を頂いた。しかも初会でだ(注:5月23日の日記及びかなり細身の美女に初会で!の通り)
 それも、超美人で業界歴の浅いスレンダーギャルだ。何という幸せ! 風俗嬢の気持ちを掴むにおいて何という達人!。私と同じ能力がある男というのは我が国に一体何人生息しているだろうか。
 私がアナルセックスに挑んだ最初が平成10年(何と、51歳になって)と遅くて、それで11年間に(しかも、その11年間というのはできるだけ同じ嬢に通いたいという時期が長かったのに)基本的に普段アナルセックスをしていない嬢ばかりと、何と15人もアナルセックスをしたというのは大変すごい実績だと誇れると思う。
 それも(アナル!アナル!)と願望を煮え立たせていたのでは決してない。いわば自然の成り行きでそこまで行ってしまうのだ。
 とにかく女のアナルに指を入れるのが好きなのだ。アナルセックスなんて念頭になかった昔から好きだ。ローションなんて面白いものがあるからいけないのだ。
 もともと私は自分の重度の痔瘻のせいでアナルというものに忌避感しかなかったけれど、昭和63年に重度の痔瘻が治って、その後アナルへの拒絶感を次第になくして、平成3年頃には相方が受け入れるならアナルに指を入れていたと思う。
 69が大変好きで、これをしていると手が暇になるから、どうしてもアナルに悪戯がしたくなる。
 アナルに指を入れて遊べるようになれば、チンコを入れようかと思うのが当然だ。
 05月23日のアナル初嵌めのフウカは実に美貌だった。いわゆる“チンピラ”系で人物としての魅力はどうかなと思うことがあろうと、やっぱり一過性の嵌めの相手という女は“美しさ”がポイントだ。
 その顔にはパーツ的に最良でないところがあっても、目の美しさがすべてを補う。女の美しさは“眼”とその輝き方だ。
 美貌の女で、笑顔が多くてもそんなにペラペラと喋らないタイプは、男がエロく迫れない。崇めたり愛でたりするだけで終始する。
 だから、私のように卑猥路線でつっ走ってくる男にはあんまり遭遇していないと思う。(この人、どこまでやらせるのだろうか)と興味があっただろうと想像する。
 その女を気に入って通っている男には想像のできないことを私はさせたことになる。そう考えれば面白くてたまらない。
 それにしても肛門は変な孔だ。脊椎動物は皆管だ。口から肛門までの肉の管に手や足や脳みそがついている。ミミズに脊椎や手や足や脳みそをつけたようなものだ。
 その管の片方の開口部である口の粘膜の皺を舐めるなら、もう一つの開口部である尻穴のシワシワを舐めるのは当然の行為だ。
 管の両端を賞味しないのはクダラナイ。
 その管の片方の開口部である口にチンボを入れるのなら、もう一つの開口部である尻穴にチンボを入れるのは当然の行為だ。
 管はしっかり使わねばクダラナイ。
 その管が、片方の開口部から食物を入れているのを眺めるのなら、もう一つの開口部から消化終了物が出てくるのを眺めるのも当然あり得る行為だ。
 管はそのすべてを愛でねばクダラナイ。
 今日は午前11時頃に南山大学の前を通った。タクシーの中から登校する女子大生を20人近く眺めた。
 殆ど不細工がいなかった。私が嵌めたくなるピチピチギャルばかりだ。しかし、ヘアースタイルと服装が金津園に出勤する嬢とさほど変わらない。南山大学でも名古屋大学に行く女子大生とはかなり様子が違うのだ。驚いた。
 まぁ、あの中に処女はいるまいと思った。
 皆くだらないセックスしか経験してないだろう。私が対戦すれば、濡れ濡れの気持ちいいセックスができて、アナルに指を受け入れるのも知らぬ間に応じているだろうに、ただチンボを突き入れられただけのセックスしかしていないだろうから気の毒なものだ。
 2009年06月03日(水)
 地方税の納付書が届いたが、予想外に高額で驚いた。
 現在年金のみで生活しているが、この年金は生活費で全部消える。だから、大口の慶弔金、固定資産税、所得税、地方税、住宅補修費の5項目は銀行預金から支払うことになる。
 預金が着実に減る一方だから、なかなか大変だ。どうして皆さん、海外旅行なんかができるのだろうか。
 私は来年辺りは金津園なんか行けなくなる。ならば、煩悩で苦しまないためにも、性的不能者になりたいと思う。
 例えば、自分が8年以内に死に、ワイフが10年以内に死ぬことがわかっておれば、遺産で残すべき現金などを除いたお金で、たっぷり余生を嵌め道楽で過ごすのだが。
 しかし、75歳以降まで生きるのであれば、もう金津園に金を落とせない。もしワイフに先立たれ、息子がずーっと名古屋以外の土地にいることになれば、私はかなりお金が要ることになる。
 生涯所得中規模者の寂しい想いだ。
 考えてみれば、一流芸能人や一流プロ野球選手の稼ぎはすごい。1億3億の年収だなんて気が遠くなる。いつも財布の中に80万円入れているような生活をしたかった。
 ただ、金津園なんかに行っていられない生活というのはイヤだなぁ。有名人であることにより顔ばれしている男は、金津園にいたということがわかっただけで無茶苦茶書かれてしまう。
 この後浣腸プレイについて書いた。その記事はソープの変態プレイ考変態プレイに載せた。
 2009年06月08日(月)
 ここの記事はスケベエッセイ6超親密的性愛行為に載せた。
 2009年06月17日(水)
 ここの記事は買春の悔悛エッセイにおう尻穴を舐めさせるに載せた。
 2009年06月22日(月)
 最近読んだ本。
  太平記の時代 (日本の歴史11) 新田一郎 著  講談社学術文庫 (大変つまらなかった)
「この5年間でこれこれの古文書が見つかり、……の新発見があった」というような書き方をしてくれたら興味が湧くのに、そういう書き方をしてくれないのだ。
 2009年06月24日(水)
 将棋・名人戦、羽生ちゃんが防衛した。喜ばしいことだ。
 挑戦者の郷田九段も見事な戦いをした。
 興味深い記事だ。
  日本の年金は現役時の34%、OECD加盟国ワースト2 6月24日0時22分配信 読売新聞
 【ロンドン=是枝智】経済協力開発機構(OECD)は23日、加盟30か国の年金制度に関する報告書を発表した。その中で、日本については、現役時代の所得に対する公的年金の受給額の割合が加盟国の中で2番目に低いと指摘した。
 さらに、65歳を超える高齢化世代の貧困層の割合が22%と、OECDの平均(13.3%)を大きく上回り、高齢者と現役世代との間に大きなギャップがあることが示された。
 発表によると、現役時の所得に占める公的年金の受給額の割合は33.9%と、英国に次いで低かった。OECD諸国の平均は59%だった。
 これに対し厚生労働省は、日本は無職の人も含めた「皆年金制度」のため、一定水準以上の収入がある人々を加入対象とする国と比べて順位が低くなる傾向があると分析している。

 次のソープ遊び(フウカ)の記事は金津園のシャトールーブルルーブルの1シーンからに載せた。
 2009年06月25日(木)
 夜NHK「クローズアップ現代・かぐやが開いた月探査新時代」を見た。
 これをUPする2時間前に見た番組だから正確に数値等書けないと思うが、感想がある。
 かぐやは通常月面から100Kmの高度の軌道を周回し、今年の3月からは高度30Kmと月面に接近して、月面や月の内部の状況を精査した。そして、最近月面に落下した。
(1) アポロの痕跡(ロケット噴射の名残、星条旗など)をどうして捉えて紹介しなかったのか。
 高度100Kmの時に「アポロの痕跡」と思われるものを画像で捉えたとしている。ならば、高度を30Kmまで落とした時に、更にそれをトレースすべきだろう。
(2) かぐやは次の事実を発見した。
 月の表側と裏側では随分重力に違いがあり、そのため円軌道周回を維持することはできなく、月の表側では相対的に強い重力の影響で月面に近づいてしまう。
 かぐやが高度30Kmまで降下する際は、月面への激突を避けるために逆噴射から通常の噴射に変えねばならない。
 これほど月の表と裏とで重力が違うなら、アポロの時にそれが認識されていなければならない。
 30年前に月周回軌道から月面へ降下する際のいろんな苦労話・単純に円軌道周回が維持できないことへの驚きなどが語られねばおかしい。
 よって、本当にアポロで月面着陸があったのかと思わざるを得ない。
 かぐや関係者には、アポロの真実をえぐることへのタブーがあるのだろうか。
 もうとにかく“アポロへの不思議・怪訝”と“万発の看板の鬼の悦び”が渦巻いて、しかも、美女のマンコにチンボをぶっ刺した悦びの反芻(これは実行から何日経っても嬉しい)があって、更に、暑さ故の寝苦しさにうちひしがれて、今日は熟睡できそうにない。
 2009年06月26日(金)
 どうしてアメリカは月を放っておいて、火星、金星、木星、土星などの探査に注力しているのだろう。
 月の研究は火星などを研究するよりも地球科学のためにうーんと意義があるのに。第一、人類が火星に移住するなんていうことは殆ど不可能だ。
 アポロの痕跡を見つけられないことがわかっている──という恐ろしい事実を勘ぐりたくなる。
 今の日本の科学力は、月面に探査機を下ろすことができるのだろうか。それが知りたい。
 昨日のNHK「クローズアップ現代・かぐやが開いた月探査新時代」では管制室?にいた人の多くがNECの大きな文字を背に浮かべたジャンバーを来ていた。NECにはすごい宣伝になっただろうが、あそこまでする必要があるのか。奥ゆかしさ零だ。
 私はNECが大嫌いだ。
 そこのBIGLOBE は予告なしに、また、サイトの内容の変更の依頼もなしに、一方的に良性記を葬った。
 それだけではない。無断でプロバイダー契約を打ち切り、私のネットの利用を不可能にした。
 何も連絡がなかったから、ネット技術に詳しくない私は、パソコンの不具合なのか回線の不具合なのか終端装置の不具合なのかがわからず、大変困った。4日間途方に暮れた。
 連絡なしにネットを切るというのは、現在の社会においては、人に1ヶ月の重傷を負わせるに等しい悪事だと思う。
 2009年06月27日(土)
 今日は新作ソープ嬢とのディープキスをUPした。
 ゴム着で初めての通いに次の文がある。
 ミユキのキスは激しかった。お互いに唇のまわりが唾液でべとつくような熱烈な接吻は女と親しくなれば経験することもあったが、ミユキのは歯垢から胃袋の中の空気まで吸い出す強烈な口吸いだ。長い舌が私の口内を奔放に探り、歯茎を撫でたかと思うと私の舌に絡みつき押し合い、舌の裏側の根元の筋まで弄った。
 そこまで積極的な深い接吻をする女は殆どいなかった。
 確か昭和50年代の前半のことだろうと思うが、俳優の近藤正臣と中田喜子がテレビドラマでキスシーンを演じたのを見たことがあった。
(おやっ、随分と長い口付けをしているなぁ。なかなか激しそうだぜ)
 そう思って眺めていたら、抱き合っていた2人が離れた。
 見ると、女の唇のまわりが濡れて、離れようとする互いの唇の間を、唾液が糸を引いて懸垂線となって渡っていた。その曲線は、スタジオのライトを浴びて光りながら長く伸び、やがて切れた。
 こいつら、本気だぜ!と羨ましくて、まだそのシーンを憶えていたが、ミユキと口付けを交わすと、ふとそんなことを思い出したりした。
 昭和50年代の前半に見た中田喜子のキス、ライトにきらきら光る唾液の素晴らしい懸垂線が私のキス観の方向付けをし、それでソープ嬢とのディープキスという作品が生まれたと思って良かろう。
 私は、金津園で、私が言う完璧なキスをしている客はかなり少ないと思っている。
 ペニスピストンしながら完璧なキスを交わしていると本当に狂おしくなる。
 2009年07月04日(土)
 ここのソープ談義の記事は買春日記4に載せた。
 2009年07月30日(木)
 ここの記事はスケベエッセイ10エロの謳歌に載せた。
 2009年08月02日(日)
 初めて日光へ行った。東京の息子と二人で1泊旅行だ。
 昨日は東照宮(及び奥社)、二荒山神社、輪王寺大猷院、東照宮宝物殿、日光山輪王寺と回ってくたくたになった。想像していた以上に結構なところだった。
 石の階段の立派なこと。鬱蒼とした木立の中を歩くのは本当に楽しい。
宝塔
 宿泊は中善寺湖畔。温泉がなかなか良かった。
 今日は華厳の滝を見てから明智平→東武日光駅。帰宅するとぐったり疲れていた。
 やはり日本人は華厳の滝と東照宮を見ておくべきだと思った。東照宮へ行った人の2割ぐらいが輪王寺大猷院まで足を伸ばす感じだ。多くの人が大猷院を拝観しないのはいかにももったいないと思う。
 明智平からの景観は本当に素晴らしい。
 外国人観光客が多いことに驚いた。スレンダーな美人の白い毛唐が多かった。
 宿の大浴場は野天風呂のほうが客がいた。8人ばかり全裸の男を眺めたが、珍しく陰部を隠そうとする奴が1人もいなかった。隠そうとしないだけあって、皆自慢げに?ぶらぶらさせていた。私のチンボより皆太くて長いのだ。
 これはいかんと思ったのが、(どいつもみっともなく下腹が膨らんでいることの他に)皆陰毛が強烈なことだ。キンタマなんて正面からあんまり見えない。チンボの付け根の毛も皆鬱蒼とさせている。
 あれでは女や男がフェラチオしたら、鼻の穴の中に毛が入るし、キンタマをオーラルしようとしても口の中がジョリジョリになる。
 オーラルプレイを楽しむ男はやはり陰毛を大人しくさせておくべきだと思った。
 キンタマは女にはないから、女の多くはキンタマを面白がる。チンボのように女を蹂躙するものではない。だから、愛らしく感じる。
 そんな位置づけのキンタマを可愛がってもらうためには、キンタマの毛を剃っておくのがよい。私の経験ではこれは実に効果的だ。
 後、めざましく感じたのは東武鉄道の立派なことだ。線路も特急の座席間隔も立派。資産価値から見ても名古屋鉄道とは全然格が違うことがわかった。
 最近読んだ本。
  カぺー朝 (フランス王朝史1) 佐藤賢一 著  講談社現代新書 (面白かった)
  室町人の精神 (日本の歴史12) 桜井英治 著  講談社学術文庫 (非常に面白かった)
 中学生や高校生の時フランス史と英国史には夢中だった。その時の情熱と好奇心を思い出しながら『カぺー朝』を読んだが、さすがに10代の頃のようには熱中できない。
 良い著作だけれど、こういう領域の本を買う人間はかなり少なかろう。
 室町人の精神は結構な力作だ。
 2009年08月05日(水)
 03月10日の日記(昔の日記その1)に生涯初めてのラブホテル利用経験を書いた。
 何と、今日2度目のラブホテル突入ができた。随分長時間いた。楽しかった。
 ラブホテルは生涯自分には縁のないものだと確信していた。週刊誌などでラブホテルでのお楽しみを読むと別世界の日常生活のように思えた。
 ラブホテルを利用する人間は買売春する人間よりも不謹慎で不道徳な輩だと妬んでいた。玄人ではなく素人の女と不倫のファックを楽しむのは許せないと思っていた。
 ところが今年になってラブホテル突入を2度も経験した。不思議なものだ。
 62歳になって何という幸せが転がり込むのか。2回とも相手は私よりも20歳以上歳が離れている。
 私はマイケル・ジャクソンや酒井法子や矢田亜希子よりも100倍も幸せだ。
 2009年08月07日(金)
 火曜日から息子の嫁が孫を連れて泊まっている。今日は息子が東京から戻る予定だ。
 2人の孫がおれば我が家は騒がしくなる。このところ孤独が好きになった私は大変落ち着かない。
 今日は朝から銀行に行った。定期預金を百万円取り崩して、ワイフに内緒の銀行口座に入れておいた。
 前回は3月に同じことをしたから、消費が早すぎるということをつくづく認識した。だから、パチンコは07月25日を最後にしてやっていない。多分年内はパチンコをやらないと思う。
 大原麗子さんが亡くなられた。同じ年齢の人の逝去ニュースはショックだ。
 酒井法子に逮捕状が出たというから驚いた。悲劇の妻から馬鹿な女への転落だ。
 いろんな人の人生を見ていると、ソープ狂いの人生もなかなか良かったと思う。昨年まで私は月に4回金津園に行っていた。ということは、まるっきり無精な私がコンスタントに (1) 爪を切る (2) 洗髪する (3) 指の股の垢を落とす の作業をしたから大変結構だった。
 これが月2回となると、この作業が半分になってしまう。それは良くない。
 月2回でもファックは私の健康法だ。
 ソープの女は70歳の男でも相手をしてくれる。8年後に私はファックが可能なのだろうか。
 2009年08月09日(日)
 息子夫婦とのしばしの同居が続いて家の中はてんやわんやだ。母は曾孫の教育・躾がなっていないと怒っていて、熱を出してしまった。
 私から見ても息子夫婦の子育てがかなり甘いように見える。まあ、怒ることをしない嫁というのもいるのだ。
 ビシッとしていないということは、この幼児たちが小学校高学年の段階で、クラスで1番2番になることはないと思う。
 人間は小学校ぐらいで1番2番の成績になることは簡単なのだから、残念なことだ。
 今日息子一家はワイフと、ワイフの実家に行った。だから今は大変静かだ。
 で、ゆっくりセンズリを楽しもうとしたけれど、どうも勃起がままならない。昨日中日が横浜に負けたことが性神経に作用している。
 2009年08月11日(火)
 伊東美咲が京楽の社長と結婚だってさ。馬鹿馬鹿しい。
 昨日は酒井法子 全裸 膣 肛門のgoogle検索でここにアクセスがあったから笑った。酒井法子の全裸での穴チェックに激しく関心を持つ男が私以外にもいるのだ。
 それにしてもこの日記に酒井法子という単語が入ったのは8月5日だから、ロボット巡回が早かった。

 今日息子夫婦が出ていった。家の中が静かになった。
 4歳の孫(男)の一日中騒がしいのには参った。私はその歳の頃でも沈思黙考タイプだったと思う。剽軽なところはあったが動きづめに動いていることはなかった。
 自分が関心のあることにじっくり取りかかる性格でないと、大人になってから大をなすとか生涯所得がそれなりにあるとかの人生成就は難しいと思う。
 正月に息子夫婦が泊まりに来た時、母が息子の嫁(母からは孫の嫁)に「アンタ、いつまでお客さまになっているの?」と小言を言ったらしい。
 嫁が家事の手伝いを積極的にせずに自分の子供の世話ばかりしているか部屋にこもっているかという状態でも、私のワイフは愚痴を言わず身障者の不自由な体でも大勢の料理を作り、洗い物をしていた。ワイフは気が優しすぎて、嫁に何も注文できない。
 嫁も大変大人しい性格で、ワイフがせっせとやっていると遠慮して眺めてしまう気質なのだろう。
 母が一言言ってくれたのが良かった。今回は積極的に家事に関係してくれた。
 私は嫁に「家のことを手伝え」と言える性格ではない。女同士の問題だと思うからだ。そんなことにやきもきするよりも、対戦した嬢の全裸姿とおまんφのことを考えてしまう。
 2009年08月12日(水)
 巨人が負けて中日が勝った日と、巨人が勝って中日が負けた日とでは、私の精神状態が全く違う。
 どうしてこんなことでこうまで心を鬱と歓喜に振らねばならないのかと思うが、どうしょうもない。後者の時は本当に死にたくなるぐらいに憂鬱になる。すべてのことが上手く回っていない気分になる。
 6月以降は中日が勝っても巨人が勝つと不機嫌になる。
 地上波からプロ野球の放映が消えたのは何故か。
 J1やゴルフなど趣味の多様化もあるが、一番大きな原因は巨人の横暴が良心的な巨人ファンを白けさせたことだと思う。巨人ファンが減らなければ絶対に視聴率(於いて、測定地区←東京周辺)は下がらなかった。
 すべてが東京中心に回るから本当に腹が立つ。

 ネットのエロ動画の凡作をクリックするとしまった!と思ってしまう。日頃職業に邁進している人には良作を捜すのが大変だ。
凡作とは次だ。
 (1) 女が若いとか、綺麗だというだけで、何らエロさがない。
 (2) マンコが良く見えない。
 (3) 射精が外出し(口内全量ぶっ放し→ゴックン、これなら許せる)。
 (4) マンコがつまらない形をしている(股を開いても一本筋、小陰唇や陰核茎部が目立たない)。
 (5) 体操のような抽送を鑑賞させられるだけのもの。
 (6) 女がファックに無感動である。
 特に射精を外出しで終える馬鹿な作品に亢奮するような非エロ人間に落ちぶれてはならないと思う。
 精液は断じて女の顔や胸にかけるものではないのだ。
 エロいことにかけては人後に落ちぬ私が(これだ!)と思う作品を紹介するのはエロ人間である読者には利便性が高いと思う。現に、コピペして鑑賞している読者が大変多い。
 やっぱり鑑賞してチンボ汁が流れる作品というのは、(1) 女が正真正銘にエロい (2) 連続中出し (3) アナル中出し (4) 中出しされたところの大拡張による排出 (5) 中出し液のすすり込み、または、もてあそび (6) 大量の射精 (7) エロマンコ・エロアナル、であって、女の若さや美貌は二の次だと思う。
 エロ動画は基本的には女性が男性に奉仕するシーンで構成されている。
 これはクソな男性の自分勝手な願望をそのまま絵にしただけのものなのだ。それを忘れてはならない。
 本当に結構なセックスは互いに相手に奉仕しあうものだ。女性の顔に精液をかけるのを当然の行為だと思うようでは駄目だ。
 エロ動画で涎を垂らして見るエロ行為は“ぶっかけ”のような女性冒涜のものを除き、自分でやってみて意義のあるものになる。
 エロ動画を眺める男は‘見るだけ人間’になってはならない。そういうエロ行為がやれそうもない男はこんなものを見てはならない。
 以下の記事は買春の悔悛エッセイ浣腸プレイに載せた。
 2009年08月14日(金)
 ここの記事はソープ客のおかしな思考信頼できる客に載せた。
 2009年08月18日(火)
 最近読んだ本。
  一揆と戦国大名 (日本の歴史13) 久留島典子 著  講談社学術文庫 (少し面白かった)
 民主党の年金政策と高速道路無料化策には本当に怒れてくる。特に後者は
ETC車載器がいらなくなる──冗談じゃない
料金徴収所のおじさんたちが失業──冗談じゃない
車社会が一層拡大──冗談じゃない
新幹線や航空事業に打撃──冗談じゃない
排ガスによる環境への打撃──冗談じゃない
受益者負担の原則からの離脱──冗談じゃない
今後の高速道路の整備と補修の財源は?──冗談じゃない
 我が国は公共交通機関の拡充と利用拡大へもっと注力すべきだ。自動車メーカーの国内売上は停滞させたままでよい。
 自家用自動車保有税(一定量以上の社有乗用車を含む)を設けよ。例えば、(人口密度の高い地域での)3百万円以上クラスの自家用車には毎年取得価額の10%の税を徴収せよ。
 ゴルフ場と駐車場は資源の無駄遣いだろう。しかも、国土から緑を無くする。高速道路の利用料金は3倍にして、その収入金で地下鉄をどんどん増やせ。私鉄などの学割を無料にせよ。名古屋の地下鉄の初乗り運賃を140円にせよ。
 とにかく民主党に投票する奴は(生涯収入がかなり下層にあると想定できる人を除き)すべて見識と良識のない奴だ。心からそう思っている。
 民主党現党首・前党首のは虫類顔、幹事長のどんよりまなこ、もう顔からしてだめだ。
 真紀子まで加わった。
 民主党の年金政策の考えはおかしい。次世代の者に年金給付の財源を頼る今の年金の仕組みからすれば、少子化と経済の低成長化によって財源が目論見違いとなった今、財源確保は消費税upしかない。
 これをやらずして、高額年金者の分を無年金者・小年金者にまわして調整を図るのは、現50〜63歳の者に不利益を与え、64〜99歳までの者の相対的既得権の有利さを確立させるだけだ。
 然るべき負担をしなかった者が年金受給で不利益になるのは当然のこと。しっかり働き、しっかり負担をしてきた者がより大きな年金を得るのは当たり前だ。
 それをなしくずしに壊そうとしている。許せん。
 政治というのは、低知識層、低所得層、低勤労意欲層、ミーハー層、要するに、大衆の中の比較的厚い特定層におもねる政策を集票のために一生懸命考えているようではダメだ。それでは国はダメになる。とにかく民主党の発想は悪平等主義だ。
 能力のある者、心の真っ直ぐな者、気概のある者、これらに非該当でも親がこれに該当する者、以上に該当していなくても親から相続する資産が大きい者、こういう人は自民党に投票しよう。
 凡庸人の感性に乗った民主党政権交代の風潮に付和雷同してはならない。

 我が家はコンクリートジャングルの中に建っており、しかも、道路に面して、近くに高い建物がない。庭はあっても木立の並びが作れるほどの面積はない。日差しが容赦なく浴びせられ、とにかく暑い。避暑はラブホテルが最高だ。
 どうしてラブホテルのような素晴らしいものがこの世にあるのだろう。
 今回またラブホテルに突入できた。相手がおればこその結構な避暑、かつ、適度な腰の運動つき・心の活性化の超絶的躍進で、幸せこれに優るものなし。思い返すだけでチンコ汁流れて止まず。チューチュー・チューチュー際限なきキスが堪能できた。
 松山ケンイチ(24)が小雪(32)宅に3連泊とニュースに出ていたが、私は断然上を行く。私62、相手30代だ。絶対に松山某よりもシアワセ。(松山某はチンコピストン以上のことができるのだろうか)
 2009年08月22日(土)
 嬢に奉仕させるだけの遊興をする奴は、金を払えばそれでよいと考え、嬢を性的奉仕人としか思っていない。完璧な売女扱いだ。そんな遊び方で入浴回数3桁になるまでもソープに行く男が大勢いる。
 その手の男がKWに「姫様がたはどう思っていらっしゃるのでしょうか」などと書くのはチャンチャラおかしい。
 プロ野球を熱心に見る人には高校野球の全国大会を熱心に見る人も多い。
 しかし、私は昔から高校野球や社会人野球には興味がない。
 社会人野球──その参加者の社会人を自分の職場に抱えた人には迷惑だ。仕事が中途半端だからだ。
 高校野球───本業の勉強をせずに野球ばかりやって、どうして一人前の男と言えるのか。
 高校野球や社会人野球で美しい人間は、プロ野球界に入って億の稼ぎを得る男だけだ。
 大体高校野球というのはバントばかりで美しくない。行きたくもないのに全体主義で応援のため甲子園にまでバスで連れて行かれる人間の気持ちを考えろ。
 一番頭に来るのはバッターが一塁ベースにヘッドスライディングするやつ。
 そんな馬鹿げた行為で悲壮感やら頑張り度を表現している。見るほうもそれを称揚する。どう考えてもすべて愚人の集団だ。
 走る人間が速度を得るのは足の裏が地面を蹴るからだ。飛び込んだらもう推力は得られない。タッチプレイならタッチを避けるために姿勢を低くするのが理解できる。しかし、この一塁はタッチプレイではなくフォースプレイであるから、これをするのはおかしい。駆け抜ければよいのだ!。100m競争で最後にダイビングする奴は一人もいない。
 こんな馬鹿げたものを“美しい青春の感動の一コマ”と見る奴は馬鹿だ。
 私はたまたま見たテレビに高校野球が出ていたら、チアガールが写るのだけを待つ。

 先日レビトラを買った。1,200円×30錠+診察料1,000円=37,000円を支払った。
 この薬には本当に感謝だ。これがなかったなら私は勃起したままで20分撮影を続けることも、アナルセックスもバギナ中イキもアナル中イキも二回射精も楽しむことはなかった。
 金額は愕然とするほどの高さだが、1回千円と思えば大したことはない。個人輸入も考えるが、代金決済の不安を思うと足踏みする。
 レビトラは1錠半ずつ使ったこともある。他にバイアグラやシアリスを合計20錠ほど買った。2005年5月から2009年8月までの4年3ヶ月の間の206回の買春で、3種の薬を全部で220錠ほど消化した。
 これだけ人間を幸せにする薬なのに、薬局で簡単に買えないのはおかしいと思う。現に診察なんて何もしないに等しい。ちょっとした健康状況の口頭確認があっただけだ。
「持病は?」「健康診断を受けていますか?」「健康診断で何か問題は出ていましたか?」
 この程度だ。
 この手の薬は強姦などの犯罪を誘発しやすいから、規制はしょうがないという気もするが。
 私としてはレビトラをできるだけ長く続けたいと思う。使えなくなったら終わりだ。今後私は死ぬまでにレビトラを何錠買うのだろうか。
 直前の購入40錠の消費期間よりも今回の30錠の消費期間のほうが延びることは間違いない。
次へ  日記  えろえろ考察  秘密の愉しみ  トップページ
(千戸拾倍 著)